IRINO Toshio (Auditory Media Lab.)

[Japanese/ English]

Prof. Toshio IRINO

入野 俊夫 (教授)

〒640-8510 和歌山市栄谷930番地
和歌山大学 システム工学部
デザイン情報学科 メディアデザインメジャー 聴覚メディア研究室
e-mail: irinosys.wakayama-u.ac.jp

Link to English page
amlabのロゴ 和歌山大学のロゴ
目次: 教育・研究紹介 研究業績
Link to : 研究室HP 講義資料ページ(学内) → 講義資料ペー ジ(login) 研究資料ページ(学内) researchmap ページ 研究者総覧ページ

教育・研究内容紹介

「音の世界」:これは、私が担当していた教養科目の講義名です。しかし、単 なる講義名としてだけではなく、広がりのあるイメージを持って名付けました。 聞こえない音としての超音波や地震から、常に囲まれている身近な音である音 声・音楽・鳴声・環境音・騒音・・・。
このような音を聞く(知覚する)ためには、人間の聴覚系にどのような機能が 備わっていれば良いのでしょうか? さらに、なぜそのような機能が遺伝ある いは学習により獲得されてきたのでしょうか。この解明のために、人間の聴覚 機能を数理的なモデルとして捉え、コンピュータ上で同じ機能が実現できるレ ベルの理解を得るという「計算論アプローチ」を取って、研究を進めています。 もちろん、基本的な生理学・心理学・脳計測等の実験データに基づかない、う わべだけの物真似では理解は進みません。(例えば、物理学では、理論と実験 が車の両輪となってはじめて理解が進んだのです。)そこで、聴覚心理実験や fMRI装置を用いたイメージング実験を通して、人間の聴覚機能を観測すること も行っています。さらに、世の中に役立つ技術として、得られた知見を工学的 にたとえばソフトウェアとして実現し、人に優しい「音のデザイン」を可能と する基盤を提供することも行っています。
これらの実践を通して、(「世界のケンブリッジ」とはなれずとも)「 音の世界に和歌山あり 」と称されるように活動を進め ています。


研究活動・業績


Last modified: 2016-09-16 21:47:30 JST , by IRINO T.