最終更新日:2015年4月21日 18時17分

English page
吉野 孝 写真

博士(情報科学)

教授 (和歌山大学システム工学部デザイン情報学科)


和歌山大学前駅から行き方 [PDF]
GoogleMapsで見る
e-mail: yoshino@sys.wakayama-u.ac.jp
blog: http://yoslab.net/~yoshino/ty_blog/
twitter: takashi_yoshino
〒640-8510 和歌山市栄谷930
和歌山大学システム工学部デザイン情報学科 吉野 孝
Tel/Fax: 073-457-8441

学位:博士(情報科学)
研究分野:CSCW,グループウェア,HCI
所属学会:情報処理学会,電子情報通信学会,医療情報学会,日本バーチャルリアリティ学会,ヒューマンインタフェース学会,人工知能学会,映像情報メディア学会,IEEE-CS,ACM
※研究内容の詳細は,研究室のホームページに載っています!
講義・演習関連のページ 吉野研究室のページ 研究紹介のページ

著書/Book

  1. Takashi Yoshino, Katsuya Ikenobu: Language-Barrier-Free Room for Second Life, Toru Ishida (eds.) The Language Grid: Service-Oriented Collective Intelligence for Language Resource Interoperability, Cognitive Technologies Series, Springer, pp.167-182 (2011).
  2. Mai Miyabe, Takashi Yoshino, and Aguri Shigeno: Sharing Multilingual Resources to Support Hospital Receptions, Toru Ishida (eds.) The Language Grid: Service-Oriented Collective Intelligence for Language Resource Interoperability, Cognitive Technologies Series, Springer, pp.119-132 (2011).
  3. Kenichi Okada, Thru Hoshi, Tomoo Inoue ed., Jun Munemori and Takashi Yoshino: E-ONIGOCO: Electronic Tag-Playing Support System with Awareness Function, pp. 165-181, IOS Press /Ohmsha (2005).
  4. Claude Ghaoui ed., Takashi Yoshino and Jun Munemori: SEGODON: Learning Support System that can be Applied to Various Forms, in E-Educational Applications: Human Factors and Innovative Approaches, pp. 132-152, Information Science Publishing/USA (2004-3).

学術論文/ジャーナル

論文本体は,研究室のページからダウンロードできます.
  1. 濵村 朱里,福島 拓,吉野 孝,江種 伸之:日常利用可能なオフライン対応型災害時避難支援システム “あかりマップ” の実環境における利用可能性,情報処理学会論文誌,Vol.57,No.1, pp.319-330 (2016-01)
  2. 山本里美,福島拓,吉野孝:クラウドソーシングにおける会話文を用いた応答用例対作成手法の提案,情報処理学会論文誌,Vol.56,No.3, pp.1080-1089 (2015-03).
  3. 福島 拓,吉野 孝:正確かつ自由度を高めた多言語間対話支援を目的とした応答用例対構築モデル,情報処理学会論文誌,Vol.56,No.1, pp.219-227 (2015-01).
  4. 濵村 朱里,福島 拓,吉野 孝,江種 伸之:オフライン対応型災害時避難支援システム"あかりマップ"の日常利用可能性に関する評価,情報処理学会論文誌,Vol.56,No.1, pp.185-195 (2015-01).
  5. 川島 基子,吉野 孝,紀平 為子,伊井 みず穂,岡本 和士,江上 いすず,藤原 奈佳子,石川 豊美,入江 真行:新規料理登録機能を持つ高齢者を対象にした栄養管理システムの開発と評価,情報処理学会論文誌,Vol.56,No.1, pp.171-184 (2015-01).
  6. 吉野 孝,西田 祥子,福島 拓:携帯端末の通知機能を活用した用例対訳登録における利用者への貢献情報の提示による動機付けの検証,情報処理学会論文誌,Vol.56,No.1, pp.118-125 (2015-01).
  7. Taku Fukushima and Takashi Yoshino: Translation Repair Method for Improving Accuracy of Translated Sentences, IEICE Transactions, Vol.E97-D, No.6, pp.1528-1534 (2014-06).
  8. 諏訪智大,宮部真衣,吉野 孝:日本語版・中国語版Wikipediaを用いた文化差検出手法の提案,情報処理学会論文誌,Vol.55, No.1,pp.257-266(2014-01).
  9. 田中優斗,福島 拓,吉野 孝:Docoitter:未来の在室情報を予報する在室管理システム,情報処理学会論文誌,Vol.54, No.9,pp.2265-2275(2013-09).
  10. 吉野 孝,松尾知哉:コミュニケーション支援のためのキャラクタ化した写真を用いた写真共有システムの開発と評価,映像情報メディア学会論文誌,Vol. 67, No.2,pp.64-73(2013-01).
  11. 吉野 孝,藤田 真吾:重畳表示型ビデオチャットにおける枠の3次元的な移動と存在の効果,情報処理学会論文誌,Vol.54, No.1,pp.249-255(2013-01).
  12. 福島拓,吉野孝,重野亜久里:用例対訳と機械翻訳を併用した多言語問診票入力手法の提案と評価,情報処理学会論文誌,Vol.54, No.1,pp.256-265(2013-01).
  13. 福島拓,吉野孝,重野亜久里:正確な情報共有のための多言語用例対訳共有システム,情報処理学会論文誌 コンシューマ・デバイス&システム(CDS4),Vol.2 No.3,pp.23-33(2012-12)
  14. 宮部真衣,吉野孝:折り返し翻訳を用いた高精度なコミュニケーションのための複数翻訳機による精度不一致検出サービスの提案,情報処理学会論文誌, Vol.53,No.8,pp.2036-2043(2012-08).
  15. 福島拓,吉野孝:多対多の関係性を持つ多言語用例対訳グラフにおけるメタノード作成手法,情報処理学会論文誌データベース, Vol.5,No.2,pp.1-10(2012-06).
  16. 宮部真衣,吉野孝:ユーザの翻訳精度判定に対する既判定精度提示の影響,情報処理学会論文誌, Vol.53,No.1,pp.39-48(2012-01).
  17. 狩野翔,福島拓,吉野孝:用例評価のモチベーション維持支援システム「用例の森」の開発と評価,情報処理学会論文誌,Vol.53,No.1,pp.138-148(2012-01).
  18. 宮部真衣,吉野 孝:折り返し翻訳文と対象言語翻訳文の精度不一致要因,電子情報通信学会.電子情報通信学会論文誌 D,Vol.J95-D,No.1,pp.11-18(2012-01).
  19. 吉野 孝,山野孝幸:キャラっとスケジュール:アバタを用いたカジュアルなスケジュール管理・共有システム,情報処理学会論文誌.Vol.52, No. 3,pp. 1234-1244(2011-03).
  20. 岡本健吾,吉野 孝:会話中の名詞の関連情報を用いた対面型異文化間コミュニケーション支援システムの構築と評価,情報処理学会論文誌.Vol.52, No. 3,pp. 1213-1223(2011-03).
  21. 福島 拓,吉野 孝:用例の正確性評価を目的とした用例評価手法の比較,情報処理学会論文誌.Vol.52, No. 1,131-139(2011-01).
  22. 宮部真衣,吉野 孝:多言語対面会議支援システムのためのAll for one型支援の効果,情報処理学会論文誌.Vol.52, No. 1,pp.90-96(2011-01).
  23. 宮部真衣,吉野 孝:All for one型対面会議支援システムのためのワークスペースアウェアネスの効果,電子情報通信学会.電子情報通信学会論文誌 D,Vol.J94-D No.1,pp.27-36(2011-01).
  24. 宮部真衣,吉野 孝:機械翻訳を介したチャットコミュニケーションにおける精度判定に基づく送信拒否の適用可能性,情報処理学会論文誌.Vol.51, No. 3,pp.784–795(2010-03).
  25. 吉野 孝,井出美奈:All for one型多言語会議支援システムの構築と評価:情報処理学会論文誌,Vol. 51,No. 1,pp. 36-44(2010-01).
  26. 福島 拓,吉野 孝,喜多千草:共通言語を用いた対面型会議における非母語話者支援システムの構築,電子情報通信学会論文誌 D,Vol.J92-D No.6,pp.719-728(2009-6).
  27. 宮部真衣,吉野 孝,重野亜久里:外国人患者のための用例対訳を用いた多言語医療受付支援システムの構築,電子情報通信学会論文誌 D,Vol.J92-D No.6,pp.708-718(2009-6).
  28. 宮部真衣,吉野 孝:翻訳不適箇所の指摘による翻訳リペア効率の改善効果の検証,情報処理学会論文誌,Vol.50, No. 4,pp.1390-1398(2009-4).
  29. 宮部真衣,吉野 孝:リアルタイム遠隔テキストコミュニケーションにおける対人許容応答時間の評価,情報処理学会論文誌,Vol.50, No. 3,pp. 1214–1223(2009-3).
  30. 吉野 孝,中濱 誠司:言語化しにくい画像を用いた出席確認システムAGENGOの構築,情報処理学会論文誌,Vol.49, No. 7,pp.2722-2730(2008-7).
  31. Tomohiro Shigenobu, Takashi Yoshino, Jun Munemori: Evaluation and Application of Creativity Collaboration Support System GUNGEN DX II for Consensus-Building among Users. International Journal of Information Technology and Decision Making 6(3): 475-490 (2007).
  32. 宮部真衣,吉野 孝,重信智宏:折返し翻訳を用いた翻訳リペアの効果,電子情報通信学会論文誌 D,Volume J90-D,No.12,pp.3141-3150(2007-12).
  33. 藤井薫和,重信智宏,吉野 孝:機械翻訳を用いた異文化間チャットコミュニケーションにおけるアノテーションの評価,情報処理学会論文誌,Vol.48, No. 1,pp. 63-71(2007-1).
  34. 宗森 純,大野純佳,吉野 孝:絵文字チャットによるコミュニケーションの提案と評価,情報処理学会論文誌,Vol.47,No.7,pp. 2071-2080 (2006-7).
  35. 宗森 純,上坂大輔,タイ ミン チー,吉野 孝:位置情報を用いた汎用双方向ガイドシステムxExplorer の開発と適用,情報処理学会論文誌,Vol.47,No.1,pp. 28-40 (2006-1).
  36. 宗森 純,重信智宏,丸野普治,尾崎裕史,大野純佳,吉野 孝:異文化コラボレーションへのマルチメディア電子会議システムの適用とその効果,情報処理学会論文誌,Vol.46,No.1,pp. 26-37 (2005-1).
  37. 重信智宏,吉野 孝,宗森 純:GUNGEN DX II:数百のラベルを対象としたグループ編成支援機能を持つ発想支援グループウェア,情報処理学会論文誌,Vol.46,No.1,pp. 2-14 (2005-1).
  38. 重信智宏,野田敬寛,吉野 孝,宗森 純:SEGODON-PDA:無線LANとPDAを用いた柔軟な授業支援システム,情報処理学会論文誌,Vol.45,No.1,pp. 255-266 (2004-1).
  39. 宗森 純,森 直人,吉野 孝:状況の半自動自己申告機能を備える疎な連帯感支援システムの開発と適用,情報処理学会論文誌,Vol.45,No.1,pp. 188-201 (2004-1).
  40. 野田敬寛,吉野 孝,宗森 純:GDA: 複数のPDAによる画面結合および共有システム,情報処理学会論文誌,Vol.44,No.10,pp. 2478-2489 (2003-10).
  41. Takashi Yoshino, Takahiro Noda and Jun Munemori: Group Digital Assistant: Shared or Combined PDA Screen, IEEE Transactions on Consumer Electronics, Vol. 49, No. 3, pp. 524-529, Aug. 2003.
  42. 梶田耕平,吉野 孝,宗森 純:多人数対応型リアルタイム4コマ漫画作成支援システムの開発,情報処理学会論文誌,Vol.44,No.2,pp. 317-327 (2003-2).
  43. 吉野 孝,吉永孝文,宗森 純:アウェアネス支援機能を持つ電子鬼ごっこ支援グループウェアの開発と適用,情報処理学会論文誌,Vol.44,No.2,pp. 297-308 (2003-2).
  44. Takashi Yoshino, Tomohiro Muta and Jun Munemori: NAMBA: Location-Aware Collaboration System for Shopping and Meeting,IEEE Transactions on Consumer Electronics, Vol. 48, No. 3, pp. 470-477, Aug. 2002.
  45. 吉野 孝,宗森 純:分散型遠隔ゼミナール支援システムRemoteWadaman IIの2年間の適用と評価,情報処理学会論文誌,Vol.43,No.2,pp.555-565(2002-2).
  46. 宗森 純,宮内絵美,牟田智宏,吉野 孝,湯ノ口万友:電子鬼ごっこ支援グループウェアの開発と適用,情報処理学会論文誌,Vol.42,No.11,pp.2584-2594(2001-11).
  47. Kiyotaka Kamata, Kazutomo Yunokuchi, Takashi Yoshino, Keita Yamazaki, Kazuo Kato, Toshiyasu Nagao: The Development of a Measuring System for the Electromagnetic Phenomena Caused by Volcanic Activity of Mount Sakurajima, IEEE Transactions on Magnetics, Vol.37, No.4, pp.2724-2726, July 2001.
  48. Takashi Yoshino,Jun Munemori,Tomohiro Shigenobu, Kazutomo Yunokuchi: A Spiral-Type Idea Generation Method Support System for Sharing and Reusing Knowledge and Information Among a Group, IPSJ Journal, Vol.41, No.10, pp.2794-2803 (2000-10).
  49. 吉野 孝,宗森 純,湯ノ口万友,泉 裕,上原哲太郎,吉本富士市:携帯情報端末を用いた発想一貫支援システムの開発と適用,情報処理学会論文誌,Vol.41,No.9,pp.2382-2393 (2000-09).
  50. Takashi Yoshino, Jun Munemori, Takaya Yuizono, Yoji Nagasawa, Shiro Ito, Kazutomo Yunokuchi: Application of Distance Learning Support System SEGODON to Exercise-type Classes, Transactions of Information Processing Society of Japan, Vol.40, No.11, pp.3946-3956 (1999-11).
  51. Honggang Zhang, Taro Hayashida, Takashi Yoshino, Shiro Ito, Yoji Nagasawa: A Deterministic Model for UHF Radio Wave Propagation through Building Windows in Cellular Environments, IEICE Trans. on Communications, Vol.E82-B, No.6, pp.944-950 (1999-06).
  52. 吉野 孝,宗森 純,伊藤士郎,長澤庸二:多人数対応電子会議システムDEMPO IIIの開発,情報処理学会論文誌,Vol.40,No.1,pp.150-160 (1999-01).
  53. 吉野 孝,伊藤士郎:AMeDASデータを利用したマルチビーム型衛星放送における増力ビームの選択方法,電子情報通信学会論文誌,Vol.J82-B,No.1,pp.64-70 (1999-01).
  54. 吉野 孝,井上 穣,由井薗隆也,宗森 純,伊藤士郎,長澤庸二:インターネットを介したパーソナルコンピュータによる遠隔授業支援システムの開発と適用,情報処理学会論文誌,Vol.39,No.10,pp.2788-2801(1998-10).
  55. Honggang Zhang, Takashi Yoshino, Shiro Ito, Yoji Nagasawa, Hirokazu Ando, Rampo Sato: The Prediction of Attenuation Due to Aircraft 's Flying across the Earth-Satellite Link at SHF, IEICE Trans. on Communications, Vol.E81-B, No.8, pp.1687-1695 (1998-08).
  56. 吉野 孝,宗森 純,伊藤士郎,長澤庸二:教育用プラットフォームDEMPO IIの開発とプログラミング演習への適用,情報処理学会論文誌,Vol.37,No.5,pp.891-901(1996-05).
  57. 宗森 純,吉野 孝,長澤庸二:分散型マルチメディアプラットフォームDEMPOの開発とその知的協調作業への適用,情報処理学会論文誌,Vol.34,No.6,pp.1385-1394 (1993-06).

国際会議/ワークショップ

  1. Akari Hamamura, Taku Fukushima, Takashi Yoshino, Nobuyuki Egusa: Evacuation Support System for Everyday Use in the Aftermath of a Natural Disaster, the 16th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2014), LNCS 8529, pp. 600-611 (2014-06).
  2. Takashi Yoshino and Mai Miyabe: Analysis of Factors that Affect the Understanding of Plain Japanese sentence and Machine-translated sentence to Facilitate Cross-culture System Design, HCII 2014 Posters, Part II, CCIS 435, pp.600–605 (2014-06).(Poster Paper)
  3. Taku Fukushima and Takashi Yoshino: Automatic Translation Repair Method for Improving Accuracy of Translated Sentences, IEEE Seventh International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems, pp.43-49 (2012-11).
  4. Taku Fukushima and Takashi Yoshino: Metanode Composition Method for Multilingual Parallel-text Having Many-to-many Relationship, KES 2012, IOS Press, pp.500-508, Sep. 2012.
  5. Takashi Yoshino and Shingo Fujita: DOACOM: Video Chat System with Door-type Interface, 26th International Conference on Advanced Information Networking and Applications Workshops, pp.227-231, March 2012.
  6. Iori Osada and Takashi Yoshino: Proposal and Evaluation of User’s Actions Distribution Method using Life Streaming Service on Lifelog System, 26th International Conference on Advanced Information Networking and Applications Workshops, pp.99-104, March 2012.
  7. Mai Miyabe and Takashi Yoshino: Features of Accuracy Mismatch between Back-translated Sentences and Target-translated senteces, IEEE 2011 Second International Conference on Culture and Computing, pp. 65-68, Oct. 2011. (Best paper award nominee)
  8. Taku Fukushima, Takashi Yoshino, and Aguri Shigeno: Development of Multilingual Interview-Sheet Composition System to Support Multilingual Communication in Medical Field, KES 2011, LNAI 6882, pp. 31–40, Sep. 2011.
  9. Takashi Yoshino and Takayuki Yamano: Casual Schedule Management and Shared System using an Avatar, KES 2011, LNCS 6881, pp. 220–229, Sep. 2011.
  10. Takashi Yoshino and Tomoya Matsuo: GAZO GAZO KUN: Photo-Sharing System Using an Anthropomorphic Photo Frame for Communication Support, HCII 2011, LNCS 6778, pp. 297–305, July 2011.
  11. Shun Ozaki, Takuo Matsunobe, Takashi Yoshino, and Aguri Shigeno: Design of a Face-to-Face Multilingual Communication System for a Handheld Device in the Medical Field, HCII 2011, LNCS 6762, pp. 378–386, July 2011.
  12. Mai Miyabe and Takashi Yoshino: Can Indicating Translation Accuracy Encourage People to Rectify Inaccurate Translations?, HCII 2011, LNCS 6762, pp.368–377, July 2011.
  13. Takashi Yoshino and Katsuya Ikenobu: Development of Community Space for Multilingual Informal Communication Support Using Augmented Reality and Second Life, IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2011), pp.542-547, March 2011.
  14. Taku Fukushima, Takashi Yoshino, Aguri Shigeno: Proposal and Evaluation of an Extraction Method for Inaccurate Example Sentences Using a Web Search Engine for Multilingual Parallel Texts, IEEE International Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications, pp.538-543, March 2011.
  15. Mai Miyabe and Takashi Yoshino: Effect of Workspace Awareness for the All-for-One-Type Multilingual Conference Support System, International Conference on User Science and Engineering 2010 (i-USEr 2010), pp. 310-315, Dec. 2010.
  16. Mai Miyabe and Taku Fukushima, Takashi Yoshino, and Aguri Shigeno: Development of Circulating Support Environment of Multilingual Medical Communication using Parallel Texts for Foreign Patients, Proceedings of World Academy of Science, Engineering and Technology, Vol.71, pp. 212-216, Nov. 2010.
  17. Mai Miyabe and Takashi Yoshino: Development of Multilingual Medical Reception Support System with Text-to-speech Function to Combine Utterance Data with Voice Synthesis, Proceedings of the International Conference on Intercultural Collaboration (ICIC2010), pp. 195-197, Aug. 2010. (Poster Paper)
  18. Mai Miyabe and Takashi Yoshino: Influence of Detecting Inaccurate Messages in Real-time Remote Text-based Communication via Machine Translation, Proceedings of the International Conference on Intercultural Collaboration (ICIC2010), pp. 59-67, Aug. 2010.
  19. Takashi Yoshino and Katsuya Ikenobu: Availability of Multilingual Chat Communication in 3D Online Virtual Space, International Workshop on Agents in Culture Context (in The First International Conference on Culture and Computing) (LNCS 6259 Culture and Computing, pp.28-40), pp. 77-89, Feb. 2010.
  20. Mai Miyabe, Takashi Yoshino: Effects of All-for-one-type Support in Multilingual Conference Support System, The Eighth International Conference on Creating, Connecting and Collaborating through Computing (C5 2010), IEEE, Jan. 2010.
  21. Mai Miyabe, Takashi Yoshino: Accuracy Evaluation of Sentences Translated to Intermediate Language in Back Translation, 3rd International Universal Communication Symposium (IUCS 2009), ACM , pp.30–35, Dec. 2009.
  22. Takashi Yoshino and Yuichiro Nagano: Travel-information-gathering System Using Geographics Information Synchronous Function Designed for Foreign Travelers, The Fifth International Conference on Collaboration Technologies, pp.60–61, Aug. 2009.(Poster Paper)
  23. Mai Miyabe and Takashi Yoshino: How long will people wait for a message during text-based chats?, The Fifth International Conference on Collaboration Technologies, pp.48–55, Aug. 2009.
  24. Mai Miyabe and Takashi Yoshino: Design of Face-to-Face Multilingual Communication Environment for Illiterate People, HCII 2009, LNCS 5623, pp.283–292, July 2009.
  25. Tomoya Matsuo and Takashi Yoshino: BunBunMovie: Scenario Visualizing System Based on 3-D Character, HCII 2009, LNCS 5610, pp.634–643, July 2009.
  26. Takashi Yoshino, Taku Fukushima and Ryuichi Nisimura: A Web-based Multilingul Utterance Collection System For the Medical Field, Proceedings of 5th International Conference on Web Information Systems and Technologies (WEBIST 2009), pp.370-375, March 2009.
  27. Takashi Yoshino, Taku Fukushima, Mai Miyabe, Aguri Shigeno: A Web-based Multilingual Parallel Corpus Collection System for the Medical Field, Proceedings of the 2009 ACM International Workshop on Intercultural Collaboration (IWIC'09), pp.321-324, Feb. 2009.(Poster Paper)
  28. Mai Miyabe, Takashi Yoshino, Tomohiro Shigenobu: Effects of Undertaking Translation Repair using Back Translation, Proceedings of the 2009 ACM International Workshop on Intercultural Collaboration (IWIC'09), pp.33-40, Feb. 2009. (Best paper award nominee)
  29. Takashi Yoshino, Taku Fukushima, Chigusa Kita: A Face-to-face Conference Support System for Non-native Participants, The Third International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems (KICSS 2008), pp.185-191, Dec. 2008.
  30. Mai Miyabe, Takashi Yoshino and Tomohiro Shigenobu:Effects of Repair Support Agent for Accurate Multilingual Communication, 10th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (PRICAI 2008), pp.1022-1027, Dec. 2008.(Poster Paper, accept rate 48.7%)
  31. Takashi Yoshino, Kunikazu Fujii and Tomohiro Shigenobu: Availability of Web Information for Intercultural Communication, 10th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (PRICAI 2008), pp.923-932, Dec. 2008.(Regular Paper, accept rate 35.0%)
  32. Takashi Yoshino, Daisuke Morita: Development of Head-motion Communication System with Avatar, The Fourth Annual Conference on Collaboration Technologies (CollabTech2008), pp.134-139, Aug. 2008.
  33. Satoshi Sakai, Masaki Gotou, Masahiro Tanaka, Rieko Inaba, Yohei Murakami, Takashi Yoshino, Yoshihiko Hayashi, Yasuhiko Kitamura, Yumiko Mori, Toshiyuki Takasaki, Yoshie Naya, Aguri Shigeno, Shigeo Matsubara and Toru Ishida. Language Grid Association: Action Research on Supporting the Multicultural Society, International Conference on Informatics Education and Research for Knowledge-Circulating Society (ICKS'08), pp. 55-60, Jan. 2008.
  34. Tomohiro Shigenobu, Kunikazu Fujii, Takashi Yoshino: The Role of Annotation in Intercultural Communication. HCI International 2007, pp.186-195 (2007).
  35. Takashi Yoshino, Yujiro Sakanishi, Tomohiro Shigenobu: Photograph-based Question Solution Support System for Foreign Travelers, The Third International Conference on Collaboration Technologies (CollabTech2007), pp.51-56, July 2007.
  36. Mai Miyabe, Kunikazu Fujii, Tomohiro Shigenobu, Takashi Yoshino: Parallel-text Based Support System for Intercultural Communication at Medical Receptions, Proceedings of The First International Workshop on Intercultural Collaboration (IWIC2007), pp. 132-143, Jan. 2007.
  37. Takashi Yoshino, Yoko Yukimura, Kunikazu Fujii, Yoshiki Kusumoto and Masayuki Irie: Development of a Medical Information Gathering System Using JMA Standard Health Insurance Claim System ORCA on IPv6 Network, Proceedings of 10th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2006) (LNAI 4253, Springer Verlag), pp.205-211, Oct. 2006.
  38. Takashi Yoshino, Takuma Matsuno: Development and Evaluation of No-Record Chat System Against Screen Capture, Proceedings of 10th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2006) (LNAI 4253, Springer Verlag), pp.181-188, Oct. 2006.
  39. Naoki Matsushita, Takashi Yoshino, Takashi Hattori, Kaoru Hiramatsu, Takeshi Okadome: Proposal of Visualization of Reasoning Processes in Sensor Network Environment, The 3rd International Conference on Ubiquitous intelligence and Computing (UIC-03)(LNCS 4159, Springer Verlag), pp.576-585 , Sept. 2006.
  40. Takashi Yoshino, Takuma Matsuno: you-me Chat: No-record Chat System against Screen Capture, The Second International Conference on Collaboration Technologies (CollabTech2006), pp.37-41, July 2006.
  41. Takashi Yoshino, Hiroaki Murakami: Dancing Chat: A Step-exerciese Chat System that Aims at Network Entertainment, The Second International Conference on Collaboration Technologies (CollabTech2006), pp.27-30, July 2006.
  42. Takashi Yoshino, Mitsunori Matsushita, Jun Munemori: Proposal of a Multi-layer Structure for Multilingual Display on a Lumisight Table, First IEEE Internatonal Workshop on Horizontal Interactive Human-Computer Systems (TableTop 2006), pp. 127-128, Jan. 2006.
  43. Hajime Yoshida, Tomohiro Shigenobu, Takaya Yuizono, Takashi Yoshino and Jun Munemori: Development and Evaluation of an Emotional Chat System Using Sense of Touch, Proceedings of Ninth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2005) (LNAI 3681, Springer Verlag), pp.1057-1063, Sept. 2005.
  44. Takaya Yuizono, Akifumi Kayano, Tomohiro Shigenobu, Takashi Yoshino and Jun Munemori: Groupware for a New Idea Generation with the Semantic Chat Conversation Data, Proceedings of Ninth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2005) (LNAI 3681, Springer Verlag), pp.1044-1050, Sept. 2005.
  45. Kunikazu Fujii, Takashi Yoshino, Tomohiro Shigenobu and Jun Munemori: Development of an Intercultural Collaboration System with Semantic Information Share Function, Proceedings of Ninth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2005) (LNAI 3681, Springer Verlag), pp.425-430, Sept. 2005.
  46. Takashi Yoshino, Mitsunori Matsushita, Takeshi Okadome, Jun Munemori: A Multilingual Face-to-face Idea Generation Support System on Lumisight Table, The First International Conference on Collaboration Technologies (CollabTech2005), pp.74-78, July 2005.
  47. Takashi Yoshino, Tomohiro Shigenobu, Fujii Kunikazu, Jun Munemori: Development of an Electronic Conferencing System with Collaboration Process Replay Function and Annotation Function for Intercultural Collaboration, The First International Conference on Collaboration Technologies (CollabTech2005), pp.13-16, July 2005.
  48. Tomohiro Shigenobu, Takashi Yoshino, Jun Munemori: Evaluation and Application of Creativity Collaboration Support System GUNGEN DXII for Supportning Consensus among Users, The Sino-Japan Workshop on Meta-synthesis and Creativity Support System (MCSS 2005), pp.37-38, July 2005.
  49. Takashi Yoshino, Tomohiro Shigenobu, Mitsunori Matsushita, Takeshi Okadome, Jun Munemori: Development of Multilingual Face-to-face Creativity Support System on Lumisight Table, The Sino-Japan Workshop on Meta-synthesis and Creativity Support System (MCSS 2005), pp.35-36, July 2005.
  50. Hajime Yoshida, Takashi Yoshino, Jun Munemori: Prototype of an Emotional Chat System using Sense of Touch, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics 2005 (ICCE 2005), Jan. 2005.
  51. Daisuke Kamisaka, Takashi Yoshino and Jun Munemori: NAMBA Explorer: A Participative Location-Based City Area Information Sharing System, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics 2005 (ICCE 2005), Jan. 2005.
  52. Jun Munemori, Daisuke Kamisaka, Takashi Yohino and Masaya ChiBa: The Beijing Explorer: Two way Location Aware Guidance System, Proceedings of Eighth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2004) (LNAI 3214, Springer Verlag), pp.905-911, Sept. 2004.
  53. Hajime Yoshida, Takashi Yoshino and Jun Munemori: Development of an emotional chat system using sense of touch and face mark, Proceedings of Eighth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2004) (LNAI 3214, Springer Verlag), pp.891-897, Sept. 2004.
  54. Takaya Yuizono, Jun Munemori, Akifumi Kayano, Takashi Yoshino and Tomohiro Shigenobu: A Proposal of Knowledge Creative Groupware for Seamless Knowledge, Proceedings of Eighth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2004) (LNAI 3214, Springer Verlag), pp.876-882, Sept. 2004.
  55. Takashi Yoshino, Tomohiro Shigenobu, Shinji Maruno, Hiroshi Ozaki, Sumika Ohno, Jun Munemori: Development and Application of an Intercultural Synchronous Collaboration System, Proceedings of Eighth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2004) (LNAI 3214, Springer Verlag), pp.869-875, Sept. 2004.
  56. Jun Munemori, Noda Takahiro, Takashi Yoshino: Group Digital Assistant: Combined or Shared PDA Screen, Proceedings of The 24th IEEE International Conference on Distributed Computing Systems (ICPADS 2004), pp. 682-689, March 2004.
  57. Takaya Yuizono, Takashi Yoshino, Jun Munemori: GUNGEN-GO: Real-time Groupware Development Environment for a Hypermedia System, Proceedings of Seventh International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2003) (LNAI 2774, Springer Verlag), pp.779-785, Sept. 2003.
  58. Takashi Yoshino, Yoshinori Fujihara, Jun Munemori: Data Processing Method of Small-scale Five Senses Communication System, Proceedings of Seventh International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2003) (LNAI 2774, Springer Verlag), pp.748-755, Sept. 2003.
  59. Tomohiro Shigenobu, Takashi Yoshino, Jun Munemori: Idea Generation Support System GUNGEN DX II Beyond Papers, Proceedings of Seventh International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2003) (LNAI 2774, Springer Verlag), pp.741-747, Sept. 2003.
  60. Takashi Yoshino, Takahiro Noda and Jun Munemori: Group Digital Assistant: Shared or Combined PDA Screen, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics 2003 (ICCE 2003), pp. 4-5, June 2003.
  61. Jumpei Kuroda, Takashi Yoshino, Jun Munemori: Universal Information Sharing System Including Automatic Awareness Reporting Functions, Proceedings of 1st International Forum on Information and Computer Technology (IFICT 2003), pp.191-196, Jan. 2003.
  62. Yoshinori Fujihara, Takashi Yoshino, Jun Munemori: A Robot Control System using Touch-Sense Information via Bluetooth, Proceedings of 1st International Forum on Information and Computer Technology (IFICT 2003), pp.54-59, Jan. 2003.
  63. Takahiro Noda, Takashi Yoshino, Jun Munemori: GDA: A Flexible Personal Digital Assistant that Combines the Screen of PDAs and Their Radio Communication Methods, Proceedings of 2002 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC 2002), Vol. 1, pp. 300- 305, Oct. 2002.
  64. Jun Munemori, Takashi Yoshino, Atsushi Yoshida: Movable Lecture Support System Using PDAs, Proceedings of 2002 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC 2002), Vol. 1, pp. 294- 299, Oct. 2002.
  65. Takashi Yoshino, Jun Munemori: Application and Evaluation of Distributed Remote Seminar Support System RemoteWadaman II, Proceedings of Sixth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2002), pp.1058-1062, Sept. 2002.
  66. Tomohiro Shigenobu, Takashi Yoshino, Jun Munemori: GUNGEN DX II: New Idea Generation Support System for Hundreds of Ideas, Proceedings of Sixth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2002), pp.1053-1057, Sept. 2002.
  67. Takashi Yoshino, Jun Munemori: Electronic Tag-Playing Support System with Awareness Function, Proceedings of Sixth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2002), pp.822-826, Sept. 2002.
  68. Jun Munemori, Takashi Yoshino: The Prototype of Brain Model Hyper Communication Mechanisms, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics 2002 (ICCE 2002), pp. 232-233, June 2002.
  69. Takashi Yoshino, Tomohiro Muta, Jun Munemori: NAMBA: Location-Aware Collaboration System For Shopping and Meeting, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics 2002 (ICCE 2002), pp. 92-93, June 2002.
  70. Jun Munemori, Tomohiro Muta, Takashi Yoshino: E-ONIGOCO: Electronic Playing Tag Support System for Cooperative Game, Proceedings of The 16th International Conference of Information Networking (ICOIN-16), pp.5D-1.1-5D-1.10, Jan. 2002.
  71. Takashi Yoshino, Jun Munemori, Yoji Nagasawa, Kazutomo Yunokuchi: Development and Evaluation of a Distance Learning Support System SEGODON, Proceedings of 2001 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC 2001), pp. 1081-1086, Oct. 2001.
  72. Jun Munemori, Takashi Yoshino, Kazutomo Yunokuchi: A Spiral-Type Idea Generation Method Support System for Sharing and Reusing Ideas among a Group, Proceedings of 2001 IEEE International Conference on Systems,Man, and Cybernetics (SMC 2001), pp. 1898-1903, Oct. 2001.
  73. Takashi Yoshino, Jun Munemori, Kazutomo Yunokuchi: A Spiral-Type Idea Generation Method Support System for Sharing on WWW, Proceedings of Fifth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES'2001), pp.1550-1554, Sept. 2001.
  74. Jun Munemori, Emi Miyauchi, Tomohiro Muta, Takashi Yoshino, Kazutomo Yunokuchi: Development and Application of the Electronic Playing Tag Support System, Proceedings of Fifth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES'2001), pp.1545-1549, Sept. 2001.
  75. Jun Munemori, Takashi Yoshino, Kazutomo Yunokuchi: SEGODON: A Distance Learning Support System Using Personal Computers via the Internet, Volume 2 of the Proceedings of HCI International 2001(9th International Conference on Human-Computer Interactoin), pp.765-769, Aug. 2001.
  76. Takashi Yoshino, Jun Munemori, Kazutomo Yunokuchi: Development of a PDA Based Idea Collecting System and Its Application to an Idea Generation Consistent Support System, Proceedings of the 15th International Conference on Information Networking (ICOIN-15), pp.737-742, Feb. 2001.
  77. Jun Munemori, Takashi Yoshino, Kazutomo Yunokuchi: Development of an Idea Collecting System and the Application to GUNGEN, Proceedings of Fourth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES'2000), pp.237-240, Aug. 2000.
  78. Takashi Yoshino, Jun Munemori, Kazutomo Yunokuchi, Shiro Ito: Development and Application of PDA-Based Data Collection System for an Idea Generation Support Groupware, Proceedings of the 1999 ICPP Workshops on Collaboration and Mobile Computing (IWCMC), pp.88-93, Sept. 1999.
  79. Takashi Yoshino, Jun Munemori, Takaya Yuizono, Yoji Nagasawa, Shiro Ito, Kazutomo Yunokuchi: Development and Application of a Distance Learning Support System Using Personal Computers via the Internet, Proceedings of the 1999 International Conference on Parallel Processing (ICPP), pp.395-402, Sept. 1999.
  80. Kenji Yunoki, Tanaka Yasuyuki, Takashi Yoshino, Hiromitsu Hirakawa: Theoretical study and experiment on frequency characteristics of a probe microphone, Proceedings of the SICE Annual, 1999. 38th Annual Conference, pp. 875 - 878, July 1999.
  81. Honggang Zhang, Taro Hayashida, Takashi Yoshino, Shiro Ito, Yoji Nagasawa: Predictions and Measurements of UHF Wave Penetration Loss through Building Windows for Cellular Communications, Proceedings of 1998 Asia-Pacific Microwave Conference (APMC '98), pp.941-944, Dec. 1998.
  82. Honggang Zhang, Takashi Yoshino, Shiro Ito, Yoji Nagasawa: A UTD-based Approach to Predicting Diffraction by Building for Cellular Mobile Communication, Proceedings of 1998 IEEE-APS Conference on Antennas and Propagation for Wireless Communications, pp.13-16, Nov. 1998.
  83. Honggang Zhang, Hirokazu Ando, Rampo Sato, Takashi Yoshino, Shiro Ito, Yoji Nagasawa: Propagation Impairment Caused by Aircraft's Flying Across the Earth-Satellite Link, Proceedings of the Ninth IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications, Vol.3, pp.1223 -1225, Oct. 1998.
  84. Takashi Yoshino, Jun Munemori, Shiro Ito, Yoji Nagasawa: Development of a Multi-User Electronic Conference System DEMPO III for Supporting New Ideas, Proceedings of 3rd Asia Pacific Computer Human Interaction (APCHI'98),pp.95-100, July 1998.

査読付きレター

  1. 重信智宏,藤井薫和,宮部真衣,藤原義功,吉野 孝:コミュニティ指向の異文化コラボレーションツールの開発,FIT2006 情報科学技術フォーラム 情報技術レターズ, Vol.5, pp.317-320 (2006-9).
  2. 宗森 純,木家千晶,吉野 孝:GPS携帯電話を用いた育成ゲームによるウォーキング支援システム,FIT2005 情報科学技術フォーラム 情報技術レターズ,pp.299-300 (2005-9).
  3. 宗森 純,大野純佳,吉野 孝:絵文字チャットの異文化コミュニケーションへの適用,FIT2005 情報科学技術フォーラム 情報技術レターズ,pp.227-228 (2005-9).
  4. 大野純佳,重信智宏,吉野 孝,宗森 純:異文化コラボレーションにおける共有ホワイトボードの効果,FIT2004 情報科学技術フォーラム 情報技術レターズ,pp.337-338 (2004-9).
  5. 重信智宏,吉野 孝,宗森 純:触覚情報を用いた緊張感伝達支援システム,FIT2003 情報科学技術フォーラム 情報技術レターズ,Vol.2,pp.367-368 (2003-9).
  6. 吉野 孝,森 直人,宗森 純:暇々手帳:半自己申告機能を持つ疎な連帯感支援システム,FIT2003 情報科学技術フォーラム 情報技術レターズ,Vol.2,pp.345-346 (2003-9).
  7. 吉野 孝,黒田淳平,宗森 純:多種の情報機器を利用可能で状況の自動判断機能を備えたアウェアネス情報共有システム,FIT2003 情報科学技術フォーラム 情報技術レターズ,Vol.2,pp.343-344 (2003-9).
  8. 吉野 孝,上坂大輔,宗森 純:NAMBA Explorer: 位置情報と関連付けされたリアルタイム市街地インフォーマル情報共有システム,FIT2003 情報科学技術フォーラム 情報技術レターズ,Vol.2,pp.341-342 (2003-9).

紀要(査読なし)

  1. 吉野 孝,由井薗隆也,長澤 庸二,湯ノ口万友:遠隔授業支援システムSEGODONの開発,鹿児島大学工学部研究報告,第41号,pp.183-189(1999.9).

解説記事(査読なし)

  1. 吉野孝:日本を元気にするICT:3.学と民との協働によるシステム開発-医療現場における多言語対話支援を目指して- ,情報処理,Vol.53,No.4,pp.365-368(2012-04).
  2. 吉野 孝,福島 拓,尾崎俊,東 拓央,宮部真衣:多言語医療対話支援システムの開発と公開 〜用例対訳と機械翻訳の併用〜,AAMTジャーナル,No.50,pp.40-44(2011-10).
  3. 吉野 孝,宮部 真衣,福島 拓:M3(エムキューブ)と TackPad(タックパッド) - 用例対訳を用いた多言語医療対話支援システム,AAMTジャーナル,No.48,pp.23-27(2010-12).
  4. 吉野 孝:未来をプロデュースするICT【若手プロデューサ10】コミュニティの力を働かせる〜多様で良質なコンテンツをみんなの力で創出〜,情報処理,Vol.52,No.1,pp.50-51(2010-1).
  5. 石田 亨,内元清貴,山下直美,吉野 孝:異文化コラボレーション:1.機械翻訳を用いた異文化コラボレーション,情報処理,Vol.47,No.3,pp.269-275(2006-3).

研究会・シンポジウム(査読なし)

  1. 山本理絵・吉野 孝(和歌山大)・曽根原 登:地域観光まちづくりのための土地獲得ゲームを活用した位置情報付きデジタル写真収集システムの開発,電子情報通信学会技術報告,SC2014-22,pp.49-54(2015-03-28).
  2. 濵上 宏樹,宮部 真衣,吉野 孝遠隔空間内の三次元的移動を表現する:深度情報を用いた部分重畳表示型ビデオチャットの提案,情報処理学会,インタラクション2015,pp. 526-529(2015/03/06)
  3. 福島 拓・吉野 孝:多言語用例対訳共有システムにおける穴あき用例の利用可能性,電子情報通信学会技術報告,AI2014-35,pp.23-28(2015-02-23).
  4. 山本里美・福島 拓・吉野 孝,クラウドソーシングを用いた単言語話者による用例対訳作成手法の多言語への適用,電子情報通信学会技術報告,AI2014-35,pp.17-22(2015-02-23).
  5. 李 国慶・吉野 孝:外国人向け敬語文理解支援システムの開発,電子情報通信学会技術報告,AI2014-35,pp.7-12(2015-02-23).
  6. 諏訪智大,宮部真衣,吉野 孝:文化差検出手法を用いた異文化間チャットコミュニケーションシステムの開発と評価,電子情報通信学会技術報告,AI2014-35,pp.1-6(2015-02-23).
  7. 山本 里美,福島 拓,吉野 孝:クラウドソーシングにおける機械翻訳文の評価結果を活用した用例対訳作成手法の提案,情報処理学会,研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN),2015-GN-93(38),pp.1-8 (2015-01-19).
  8. 藤原 佑歌子,吉野 孝 :パノラマ画像における興味の共有が可能な観光支援システムの開発,情報処理学会,研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN),2015-GN-93(44),pp.1-8 (2015-01-19).
  9. 福島 拓,吉野 孝:翻訳パズル:クラウドソーシング上における不完全な翻訳を用いた対訳作成手法,情報処理学会,研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN),2015-GN-93(37),pp.1-7 (2015-01-19).
  10. 濵村 朱里,福島 拓,吉野 孝,江種 伸之:日常的に利用可能な災害時支援システムの実環境への適用,情報処理学会,研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN),2015-GN-93(18),pp.1-8 (2015-01-19).
  11. 谷岡遼太,宮部真衣,吉野孝:つぶやきからTo-Doを発掘する:入力負荷を軽減したTo-Do管理システムの提案,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2014(GN Workshop 2014) 論文集,pp.1-7 (2014-11-20) .
  12. 藤原佑歌子,吉野孝,児玉康宏,吉住千亜紀,尾久土正己:パノラマ動画を用いた観光支援システムの開発,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2014(GN Workshop 2014) 論文集,pp.1-6 (2014-11-20) .
  13. 田中優斗,福島拓,吉野孝:入退室時に利用者がとるポーズを用いた在室管理システムの提案,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2014(GN Workshop 2014) 論文集,pp.1-6 (2014-11-20) .
  14. 今村 美聡,吉野 孝,児玉 康宏,吉住 千亜紀,尾久 土正己:スマートフォンを用いた高野山町石道案内システムの開発,観光情報学会,第10回研究発表会,pp.17-18(2014-11-15).
  15. 藤原 佑歌子,吉野 孝,児玉 康宏,吉住千亜紀,尾久 土正己:高野山町石道観光のためのパノラマ画像およびパノラマ動画を用いた情報共有システムの開発,観光情報学会,第10回研究発表会,pp.5-8(2014-11-15).
  16. 濵村 朱里,福島 拓,吉野 孝, 江種 伸之:あかりマップ:日常利用可能なオフライン対応型災害時避難支援システム,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム,pp.2070-2078(2014-07-10).
  17. 山本 理絵, 吉野 孝:土地獲得ゲームを活用した地理情報付きデジタル写真収集システムの提案,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム,pp.1299-1306(2014-07-10).
  18. 濵村 朱里,福島 拓,吉野 孝, 江種 伸之:位置情報をもとに利用者からの情報提供を促進する日常利用可能な災害時支援システム,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム,pp.1291-1298(2014-07-10).
  19. 山本 里美, 福島 拓,吉野 孝:クラウドソーシングを用いた応答用例対作成手法の提案,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム,pp.1216-1225(2014-07-10).
  20. 福島 拓,吉野 孝:クラウドソーシングを用いた高精度対訳作成のための低品質翻訳の活用,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム,pp.1209-1215(2014-07-10).
  21. 吉野 孝,宮部 真衣:地域間の文化差事例収集システムの提案,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム,pp.438- 444(2014-07-09).
  22. 藤原 佑歌子,吉野 孝:観光予定者のためのパノラマ画像を介した情報共有システムの提案,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム,pp. 430-437(2014-07-09).
  23. 吉野孝,宮部真衣:可動枠を用いた部分重畳表示型ビデオチャットにおける発言の分析,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.16,No.3,pp.83-88 (2014-05-29).
  24. 吉野孝,宮部真衣:やさしい日本語文は機械翻訳文よりも理解しやすいのか?-日本語初学者にとって理解しやすい在日外国人向けテキストの検証-,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理,AI2013-41,pp.23-28 (2014-02).
  25. 山本里美, 福島拓, 吉野孝: クラウドソーシング上における使用者の属性情報を用いた用例対訳生成手法の提案, 電子情報通信学会研究報告, AI2013-37, pp.7-12 (2014-02).
  26. 西田祥子, 福島拓, 吉野孝: 用例対訳登録における利用者への貢献情報の提示による動機付けの検証, 電子情報通信学会研究報告, AI2013-36, pp.1-6 (2014-02).
  27. 川島基子 , 吉野孝 , 紀平為子 , 伊井みず穂 , 岡本和士 , 江上いすず , 藤原奈佳子 , 石川豊美 , 入江真行 :高齢者と栄養士のための栄養管理システムMofyの評価,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2014-GN-90, No. 23,pp.1-8 (2014-01).
  28. 山本 里美, 福島 拓, 吉野 孝:クラウドソーシングとマイクロブログを用いた多言語用例対訳の評価手法の提案,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2013,pp. 1-8(2013-11-29).
  29. 西田 祥子, 福島 拓, 吉野 孝:貢献情報の提示による用例対訳登録に対する動機付けの効果,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2013,pp. 1-8(2013-11-29).
  30. 濵村 朱里, 福島 拓, 吉野 孝, 江種 伸之:災害時避難支援システムにおける災害モードの平常時利用効果の検証,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2013,pp. 1-7(2013-11-28).
  31. 濵村朱里,福島拓,吉野孝,江種伸之:災害時の操作体験機能を備えた日常利用可能な災害時支援システム,人工知能学会,社会におけるAI研究会,pp.1-6(2013-10)(https://sites.google.com/site/jsaisigsai/meeting-2013-10).
  32. 吉野 孝:デジタル和歌山プロジェクト:紀伊半島のデジタルアーカイブの作成と高度利用システム,情報処理学会,デジタルドキュメント研究会,Vol.2013-DD-91,No.3,pp.1-6(2013-09).
  33. 吉野 孝,宮部 真衣:やさしい日本語文と機械翻訳文の理解のしやすさに対する影響要因の分析,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2013-GN-89,No.31,pp.1-6(2013-09-13).
  34. 濵村 朱里,福島 拓,吉野 孝,江種 伸之:利用者の移動を考慮した日常利用可能な災害時支援システムの開発,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム,pp. 1930-1937(2013-07-12).
  35. 谷岡 遼太,吉野 孝:タスクの公開提示によるToDoリスト利用促進システム「ぷくりす」の開発,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム,pp. 1387-1394(2013-07-11).
  36. 福島 拓,吉野 孝:クラウドソーシングを用いた日本語オノマトペの対訳作成手法の提案,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム,pp. 989-995(2013-07-11).
  37. 吉野 孝,森田 沙奈:ARを用いたコンセントプラグを抜く習慣付け支援システム「ぷらとん」の開発と評価,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム,pp. 632-640(2013-07-10).
  38. 吉野 孝,松原 嘉那子:実世界のモノと関連づけたアイデアの共有による発想支援システム「ものぴこん」の開発と評価,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム,pp. 599-607(2013-07-10).
  39. 田中 優斗,福島 拓,吉野 孝:利用者からの提供情報を積極的に活用した在室管理システムの提案,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム,pp. 316-321(2013-07-10).
  40. 吉野孝,狩野翔,福島拓:用例評価におけるモチベーション維持支援手法の提案と評価,ヒューマンインタフェース学会研究報告集 Vol.15 No.3,SIG-CE-07,pp.59-64(2013-05-30).
  41. 吉野 孝,奥村賢悟:迷いやすい人の特徴を考慮した屋内ナビゲーションシステムDoCoKaの開発と評価,情報処理学会研究報告,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2013-GN-88,No.18,pp.1-8(2013-05).
  42. 吉野 孝,宮部真衣:文化差事例の収集手法の提案と評価,情報処理学会研究報告,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2013-GN-87,No.12,pp.1-8(2013-03).
  43. 吉野 孝,宮部 真衣:可動枠を用いた部分重畳表示型ビデオチャットにおける遠隔地への影響を表現可能な“ドアコム3”の提案,情報処理学会,インタラクション2013,pp.427-430(2013-03).
  44. 宮部真衣,吉野 孝:翻訳精度評価における原文参照の影響分析 ,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理研究会,Vol.112,No.435,pp.103-108(2013-01).
  45. 東 拓央,宮部真衣,吉野 孝:在日外国人を対象としたやさしい日本語文と機械翻訳文間の理解のしやすさの比較,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理研究会,Vol.112,No.435,pp.91-96(2013-01).
  46. 狩野 翔,福島 拓,吉野 孝:多言語用例対訳評価におけるエンタテイメント要素の作業精度への影響,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理研究会,Vol.112,No.435,pp.63-68(2013-01).
  47. 尾崎 俊,福島 拓,吉野 孝:多言語対話支援システムの用例検索ログを利用した用例作成手法の提案,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理研究会,Vol.112,No.435,pp.45-50(2013-01).
  48. 福島 拓,吉野 孝:多言語用例対訳の収集および利用システムの構築,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理研究会,Vol.112,No.435,pp.39-44(2013-01).
  49. 諏訪智大,宮部真衣,吉野 孝:Wikipediaを用いた文化差検出における誤検出語句の分析,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理研究会,Vol.112,No.435,pp.11-16(2013-01).
  50. 吉野孝,宮部真衣:文化差理解支援における可視化効果の検証,情報処理学会研究報告,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2013-GN-86,No.36,pp.1-8(2013-01).
  51. 尾崎 俊,吉野 孝,重野 亜久里:携帯型多言語間医療対話支援システムの構築と医療機関への導入,情報処理学会研究報告,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2013-GN-86 No.35,pp.1-8(2013-01).
  52. 長田 伊織,吉野 孝:ライフログシステムにおける漫画表現を用いたデータ提示手法の提案,情報処理学会研究報告,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2013-GN-86,No.34,pp.1-8(2013-01).
  53. 狩野翔,福島拓,吉野孝:競争相手に見せかけたエージェントによるモチベーション維持支援,情報処理学会研究報告,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2013-GN-86 No.33,pp.1-8(2013-01).
  54. 福島 拓,吉野 孝:クラウドソーシングを用いた,画像提示型多言語用例対訳作成手法の提案,情報処理学会研究報告,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2013-GN-86 No.32,pp.1-7(2013-01).
  55. 吉野 孝,宮部真衣:クラウドソーシングを用いた文化差判定コーパス構築手法の提案:電子情報通信学会,電子情報通信学会技術報告,言語理解とコミュニケーション(第4回集合知シンポジウム),Vol.112,No.367,NLC2012-33,pp. 1-6(2012-12).
  56. 福島 拓,吉野 孝:クラウドソーシング労働者の作業特徴に着目した多言語テキストペアの正確性評価手法,第5回 Webとデータベースに関するフォーラム(WebDBフォーラム2012),B4-3,pp.1-8(2012-11)(採択率64%).
  57. 吉野 孝,宮部 真衣:日本語版・中国語版 Wikipedia における相互言及の有無を用いた文化差検出方法の提案,第5回 Webとデータベースに関するフォーラム(WebDBフォーラム2012),B2-2,pp.1-8(2012-11)(採択率64%).
  58. 吉野 孝,宮部真衣:可動枠を用いた部分重畳型ビデオチャットにおける越境表現の効果,情報処理学会,第9回グループウェアとネットワークサービスワークショップ2012(GNWS2012),No.6,pp.1-6(2012-11).
  59. 福島拓,吉野 孝,江種伸之:オフライン対応型災害時避難支援システムの提案,情報処理学会,第9回グループウェアとネットワークサービスワークショップ2012(GNWS2012),No.2,pp.1-4(2012-11).
  60. 森田 沙奈,吉野 孝:ぷらとん: 抜きたくなるコンセント支援システム,情報処理学会,エンタテインメントコンピューティング2012(EC2012),pp.156-162(2012-09).
  61. 松原嘉那子,吉野 孝:ものぴこん: 実世界の「もの」と関連づけたアイデアの共有による発想支援システム,情報処理学会,エンタテインメントコンピューティング2012(EC2012),pp.135-142(2012-09).
  62. 吉野 孝,宮部 真衣,諏訪 智大:Wikipediaを用いた文化差可視化サービスの開発,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム,pp. 2287 - 2294(2012-07).
  63. 吉野 孝,宮部 真衣,諏訪 智大:Wikipediaを用いた文化差可視化サービスの開発,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム,pp. 2287 - 2294(2012-07).
  64. 田中 優斗,福島 拓,吉野 孝:未来の在室情報を予報する在室管理システム「Docoitter」の開発,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム,pp. 1417 - 1424(2012-07).
  65. 川島 基子,吉野 孝,江上 いすず,岡本 和士, 藤原 奈佳子, 石川 豊美,紀平 為子, 入江 真行:高齢者のための簡易栄養管理システムにおける食事記録方法の検討,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム,pp. 1101 - 1109(2012-07).
  66. 福島 拓, 吉野 孝:正確な多言語間対話支援を目的とした応答用例対構築モデルの検討,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム,pp. 551 - 559(2012-07).
  67. 吉野 孝,山中崇規:おしゃべり鉢べえ:場の親近感向上を目指した発言伝言ボットシステム,情報処理学会研究報告,ヒューマンコンピュータインタラクション研究会,Vol.2012-HCI-148,No.17,pp.1-8(2012-06).
  68. 吉野 孝,安 曉旭:留学生のための生活日本語共有システム,情報処理学会研究報告,グループウェアとネットワークサービス研究会, Vol.2012-GN-84,No.6,pp.1-8(2012-05).
  69. 藤田 真吾,吉野 孝 :重畳表示型ビデオチャットにおける枠の3次元的な移動と存在の効果,情報処理学会インタラクション2012,3EXB-08,pp.??-??(2012-03).(インタラクティブ論文賞ファイナリスト)
  70. 岡本健吾,中條夕貴,吉野 孝:留学生のための関連情報共有型講義理解支援システムの評価,情報処理学会研究報告,グループウェアとネットワークサービス研究会, Vol.2012-GN-83,No.12,pp.1-8(2012-03).
  71. 川島基子,吉野孝,江上いすず,岡本和士,藤原奈佳子,石川豊美,紀平為子,入江真行:スレート型PCを用いた高齢者のための簡易栄養管理システムの試用,電子情報通信学会技術研究報告,福祉工学研究会,Vo.111, No.472, pp.75-80(2012-03).
  72. 福島 拓,吉野 孝:Webデータを用いた多言語用例対訳候補の抽出手法の検討,電子情報通信学会技術報告,言語理解とコミュニケーション(第3回集合知シンポジウム),Vol.111,No.427,NLC2011-66,pp.59-64(2012-02).
  73. 吉野 孝,宮部真衣:日本語版Wikipediaにおける執筆者の意図に着目した日中間の文化差検出手法の検討,電子情報通信学会技術報告,言語理解とコミュニケーション(第3回集合知シンポジウム),Vol.111,No.427,NLC2012-58,pp. 13-18(2012-02).
  74. 中條夕貴,岡本健吾,吉野 孝:スレート型PCを用いた留学生のためのリアルタイム聴講支援システム,情報処理学会研究報告,グループウェアとネットワークサービス研究会, Vol.2012-GN-82,No.7,pp.1-8(2012-01).
  75. 狩野 翔,福島 拓,吉野 孝:非日常作業における利用者への貢献情報の提示によるモチベーション維持への影響,グループウェアとネットワークサービスショップ2011,pp.77-82 (2011-11).
  76. 長田伊織,吉野 孝:ライフログ公開システムにおける閲覧者の興味を喚起するライフログデータの特徴,グループウェアとネットワークサービスショップ2011,pp.71-76 (2011-11).
  77. 福島拓,吉野 孝:多言語用例対訳グラフにおけるメタノード作成手法の提案と評価,情報処理学会,データベースシステム研究会,Vol.2011-DBS-153, No. 6, pp.1-7 (2011-11).
  78. 吉野孝,宮部真衣:多言語版Wikipediaを用いた文化差検出手法の比較.電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理研究会,Vol. 111, No. 251,AI2011-15,pp.33-38 (2011-10).
  79. 東拓央,宮部真衣,吉野孝:やさしい日本語化による翻訳リペア支援効果の検証.電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理研究会,Vol. 111, No. 251,AI2011-12,pp.19-24 (2011-10).
  80. 尾崎俊,福島拓,吉野孝:Web検索を用いた多言語医療用例対訳作成のための手がかり用例抽出手法の提案,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理研究会,Vol. 111, No. 251,AI2011-9,pp.1-5 (2011-10).
  81. 藤田真吾,吉野孝:ドア型の専用インタフェースを利用したビデオチャットシステム”ドアコム”の評価,情報処理学会,エンタテイメントコンピューティング2011,3C-22,pp.1-6(2011-10).
  82. 吉野孝,宮部真衣,福島拓,尾崎俊,東拓央:循環型多言語医療用例対訳収集環境の構築,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム,pp.1705-1712(2011-07).
  83. 長田伊織,吉野孝:ライフログとライフストリームサービスの連携によるコミュニケーション手法の提案と実現,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム,pp.1444-1452(2011-07).
  84. 宮部真衣,吉野孝:折り返し翻訳を用いた高精度なコミュニケーションのための 複数翻訳機を用いた精度不一致検出サービスの提案,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム,pp.852-857(2011-07).
  85. 狩野翔,福島拓,吉野孝:システムへの定期的な機能追加による ユーザのモチベーション維持効果の検証,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム,pp.836-843(2011-07).
  86. 福島 拓,吉野 孝,重野 亜久里:多言語問診票構築モデルの実環境への適用と評価,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム,pp.218-225(2011-07).
  87. 吉野孝,宮部真衣:Wikipediaを用いた文化差検出手法の提案,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム,pp.30-36(2011-07).
  88. 岡本健吾,中條夕貴,吉野 孝:スレート型端末を用いた留学生のための講義理解支援システムの評価,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2011-GN-79,No.17,pp.1-8(2011-03).
  89. 藤田真吾,吉野 孝:ドアコム:タンジブルインタフェースを用いたビデオチャットシステム,情報処理学会,インタラクション2011論文集,pp.757-760(2011-03).
  90. 山中崇規,吉野 孝:おしゃべり鉢べえ:公共空間における第三者間のゆるやかなコミュニケーションを実現する鉢植え型会話ボットシステム,情報処理学会,インタラクション2011論文集,pp.359-362(2011-03).
  91. 池信克也,吉野 孝:発話の可視化による多言語会話内容の推測支援システムの構築,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理研究会,Vol. 110, No. 428,AI2010-49,pp. 31-38(2011-02).
  92. 尾崎俊,松延拓生,吉野孝,重野亜久里:携帯型多言語間医療対話支援システムの開発と評価,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理研究会,Vol. 110, No. 428, AI2010-47, pp. 19-24(2011-02).
  93. 福島拓,吉野 孝:Web検索を用いた不正確用例抽出手法の提案と評価,電子情報通信学会技術報告,言語理解とコミュニケーション研究会(第2回集合知シンポジウム),Vol. 110, No. 400, NLC2010-42, pp. 65-70(2011-01).
  94. 福島拓,吉野 孝,重野亜久里:用例対訳を用いた多言語問診票作成システムの開発と評価,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2011-GN-78,No.14,pp.1-7(2011-01).
  95. 宮部真衣,吉野 孝: ユーザの翻訳精度判定に対する既判定精度提示の影響,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2011-GN-78,No.13,pp.1-7(2011-01).
  96. 長田伊織,吉野 孝: ライフログ収集システムにおける閲覧者向け情報提供手法の評価,電子情報通信学会技術報告,ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会,Vol. 110, No. 282, LOIS2010-41, pp. 87-94(2010-11).
  97. 宮部真衣,吉野 孝: 機械翻訳を用いた高精度な文章作成のための翻訳精度表示の影響,情報処理学会,デジタルドキュメント研究会,Vol.2010-DD-77,No.5,pp.1-7(2010-09).
  98. 宮部真衣,吉野 孝:翻訳リペアのための言い換え文自動生成手法の実装と評価,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2010,pp.87-91(2010-09).
  99. 池信克也,吉野 孝:拡張現実と三次元仮想空間を用いた多言語インフォーマルコミュニケーション支援,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2010,pp.39-44(2010-09).
  100. 宮部真衣,吉野 孝:折り返し翻訳文と対象言語翻訳文の精度不一致要因の分析,情報処理学会,自然言語処理研究会,Vol.2010-NL-197,No.7,pp.1-6(2010-07).
  101. 吉野 孝,山野 孝幸:キャラっとスケジュール:アバタを用いたカジュアルなスケジュール管理・共有システム,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム,pp.1387-1396(2010-07).
  102. 吉野 孝,松尾 知哉:GAZO GAZO KUN:コミュニケーション支援のためのキャラクタ化した写真を用いた写真共有システム,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム,pp.140-151(2010-07).
  103. 福島 拓, 吉野 孝, 重野 亜久里:多言語用例対訳共有システムにおけるプロジェクト型用例収集支援機能の設計と評価,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム,pp.126-132(2010-07).
  104. 宮部真衣,吉野 孝:機械翻訳を介したテキストコミュニケーションのための翻訳精度表示の影響,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム,pp.117-125(2010-07).
  105. 宮部真衣,吉野 孝:機械翻訳を介したコミュニケーションのための折り返し翻訳の妥当性の検証,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理,AI2009-41,pp.65-70(2010-02).
  106. 岡本健吾,吉野 孝:音声認識を用いた対面型異文化間インフォーマルコミュニケーション支援システムの開発,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理,AI2009-30,pp.1-6(2010-02).
  107. 山中崇規,吉野 孝: おしゃべり鉢べえ:他者の存在を感じさせる鉢植え型会話ボットシステム,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2010-GN-74,No.14 , pp.1-6(2010-01).
  108. 藤田真吾,吉野 孝:距離感と抵抗感の減少を目指したフープ型ビデオチャットシステム ,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2010-GN-74,No.13 , pp.1-6 (2010-01).
  109. 長野優一朗,吉野 孝:拡張現実感技術を用いた発話可視化システムMIERUKENの開発,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2009-GN-73, No.20, pp.1-8 (2009-11).
  110. 小菅徹,吉野 孝:ライフログを用いたブログ記事自動生成システムBlogWearの開発と評価,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会,Vol.2009-GN-73, No.10, pp.1-8 (2009-11).
  111. 宮部真衣,吉野 孝:多言語対面会議支援システムのためのAll for one型支援の効果,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2009,pp.99-104(2009-09).
  112. 福島 拓,吉野 孝:多言語用例対訳共有システムTackPadにおける用例評価手法の比較,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2009,pp.87-92(2009-09).
  113. 小菅 徹, 吉野 孝:BlogWear:ウェアラブルコンピュータを用いたブログ記事自動生成システムの開発,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム,pp.1815-1821(2009-07).
  114. 松尾知哉, 吉野 孝:コミュニケーション支援のためのキャラクタ化した写真を用いた写真共有システムの構築,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム,pp.1797-1803(2009-07).
  115. 宮部真衣, 吉野 孝:機械翻訳を介したチャットコミュニケーションにおける精度判定に基づく送信拒否の適用可能性,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム,pp.1619-1626(2009-07).
  116. 福島 拓, 吉野 孝, 田淵裕章, 北村泰彦:多言語用例対訳を用いたコミュニケーションのための応答用例対作成システムの開発,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム,pp.1612-1618(2009-07).
  117. 池信克也, 吉野 孝:三次元仮想空間上における留学生を対象とした日本文化理解支援システム,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム,pp.1442-1448(2009-07).
  118. 宮部真衣,吉野 孝, 井出 美奈:All for one型多言語対面会議支援システムのためのワークスペースアウェアネスの効果,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム,pp.695-704(2009-07).
  119. 榎本紗耶香,吉野 孝,紀平為子,入江真行:在宅療養患者の救助支援を目的とした情報共有システムの開発,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム,pp.66-73(2009-07).
  120. 宮部真衣,吉野 孝:折り返し翻訳における中間言語の精度評価,情報処理学会研究報告,Vol.2009-DD-71,No.4,pp.1-6(2009-06).
  121. 池信克也,吉野 孝:三次元仮想空間における多言語チャットコミュニケーションのための対訳辞書作成システムの構築,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理,AI2008-59,pp.85-90(2009-02).
  122. 吉野 孝,福島 拓,宮部真衣:言語グリッドを用いた多言語文書作成支援システムTageDoc,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理,AI2008-56,pp.67-72(2009-02).
  123. 井出美奈,吉野 孝:All for one型多言語会議支援システムの構築と評価,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理,AI2008-48,pp.19-24(2009-02).
  124. 福島 拓,吉野 孝,重野亜久里:多言語用例対訳システムTackPadの評価機能の実現と評価,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会,2009-GN-70, pp.121-126(2009-01).
  125. 宮部真衣,吉野 孝:折り返し翻訳を用いた翻訳リペアのチャットコミュニケーションへの影響,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会,2009-GN-70, pp.109-114(2009-01).
  126. 宮部真衣,吉野 孝:翻訳リペア支援のためのWeb日本語Nグラムを用いた類義語フィルタリング,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理,AI2008-35,pp.85-90(2008-11).
  127. 宮部真衣,吉野 孝,重野亜久里:多言語医療受付支援システムの構築と医療機関への導入,電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理,AI2008-35,pp.65-70(2008-11).
  128. 福島 拓,吉野 孝,喜多千草:対面討論の場における非母語話者支援システムPaneLiveの開発,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2008,pp.37-42(2008-11).
  129. 吉野 孝,池信克也:三次元仮想空間における多言語チャットコミュニケーション実験,情報処理学会研究報告,グループウェアとネットワークサービス研究会,2008-GN-69,pp.125-130(2008-9).
  130. 吉野 孝, 村上 豊聡:SNS内の情報を用いた話題提供支援の効果,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム,pp.1549-1557(2008-7).
  131. 吉野 孝, 藤井 薫和, 重信 智宏:機械翻訳テキストおよび画像の注釈を用いた異文化間コミュニケーション支援の効果,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム,pp.1284-1293(2008-7).
  132. 宮部真衣, 吉野 孝:リアルタイム遠隔コミュニケーションにおける対人許容レスポンス時間の評価,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム,pp.1276- 1283(2008-7).
  133. 福島 拓, 宮部真衣, 吉野 孝, 重野 亜久里:医療分野を対象とした多言語用例対訳収集WebシステムTackPadの開発,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム,pp.1030-1036(2008-7).
  134. 吉野 孝,池信克也,重信智宏:言語グリッドを用いた三次元仮想空間における多言語講義室の構築,情報処理学会研究報告,コンピュータと教育研究会,2008-CE-94,pp.17-20(2008-5).
  135. 中濱誠司,吉野 孝:言語化しにくい画像を用いた出席確認システム AGENGO の適用と結果,情報処理学会研究報告,グループウェアとネットワークサービス研究会,2008-GN-66,pp.109-114(2008-1).
  136. 藤井薫和,吉野 孝:異文化間コミュニケーション支援のためのアノテーション自動獲得システムの開発,情報処理学会研究報告,グループウェアとネットワークサービス研究会,2008-GN-66,pp.141-146(2008-1).
  137. 福島 拓,宮部真衣,吉野 孝,西村竜一,重野亜久里:医療分野を対象とした多言語発話収集WebシステムOTOCKERの開発,電子情報通信学会,人工知能と知識処理,AI2007-14,pp.17-22(2007-11).
  138. 門前沙希,谷川寛樹,江種伸之,吉野 孝:マルチレイヤー型地理情報配信システム の構築に関する研究:環境システム研究論文発表会,土木学会(2007-10).
  139. 宮部真衣,吉野 孝:翻訳不適箇所指摘による翻訳リペアコストと翻訳リペア精度の評価,情報処理学会,デジタルドキュメント研究会,2007-DD-63,pp.29-34(2007-9).
  140. 村上豊聡, 吉野 孝:ユーザのコミュニティ情報を用いたSNSユーザの出会い支援システムDIの開発,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2007)シンポジウム,pp.1510-1513(2007-7).
  141. 吉野 孝, 中濱 誠司:言語化しにくい画像を用いた出席確認システムの構築,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2007)シンポジウム,pp. 749-754(2007-7).
  142. 長野優一朗, 吉野 孝:外国人旅行者向け観光地情報収集システム iTravelE の開発,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2007)シンポジウム,pp.371-377(2007-7).
  143. 吉野 孝,坂西裕次郎,重信 智宏:外国人旅行者向け画像を用いた疑問解決支援システム UJIN,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2007)シンポジウム,pp.364-370(2007-7).
  144. 宮部真衣, 吉野 孝,西村竜一:病院受付における多言語間コミュニケーション支援システムMの開発,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2007)シンポジウム,pp.355-363(2007-7).
  145. 吉野 孝, 小菅 徹,松下光範:情報の重畳提示による多言語間協調作業の支援,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2007)シンポジウム,pp.139-149(2007-7).
  146. 長野優一朗,吉野 孝:地理情報システムGoogle Earthを用いた外国人旅行者向け地域情報共有システム,電子情報通信学会,人工知能と知識処理,AI2006-23, pp.13-18 (2006-11).
  147. 宮部真衣,吉野 孝,重信智宏:折り返し翻訳を用いた翻訳リペア効果の評価,電子情報通信学会,思考と言語研究会,TL2006-38,pp.43-48 (2006-11).
  148. 藤井薫和,吉野 孝:異文化間コミュニケーションツールAnnoChat2を用いた意味情報の伝達実験,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2006,pp.121-126 (2006-11).
  149. 松下直樹,吉野 孝,服部正嗣,平松 薫,岡留 剛:ユビキタス環境における状況推論システムのための意味処理過程の可視化手法の提案,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム,pp.665-668(2006-7).
  150. 宮部真衣,藤井薫和,重信智宏,吉野 孝,石田 亨:異文化間コミュニケーションのための用例を用いた医療受付対話支援システムの開発,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム,pp.589-592(2006-7).
  151. 吉野 孝,藤井薫和,重信智宏:異文化間コミュニケーションのためのカスタマイズ可能なユーザインタフェイスを持つチャットシステムCustomChatの開発,情報処理学会研究報告,2006-GN-060,pp. 13-18(2006-5).
  152. 尾崎裕史,吉野 孝,伊藤淳子,宗森 純:円滑なコミュニケーション構築のための情報共有システムの開発,情報処理学会研究報告,2006-GN-058,pp. 25-30(2006-1).
  153. 吉田 壱,吉野 孝,伊藤淳子,宗森 純:触覚情報を使った顔文字入力を持つチャットシステムの開発と評価,情報処理学会研究報告,2006-GN-058,pp. 19-24(2006-1).
  154. THAI MINH TRI,上坂大輔,吉野 孝,宗森 純,千葉雅哉:北京Explorer II: 共有画像とチャットに重点を置いたガイドシステム,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2005,pp.31-36 (2005-11).
  155. 藤井薫和,重信智宏,吉野 孝:機械翻訳を用いた異文化間コミュニケーションツールAnnoChatの適用と評価,情報処理学会研究報告,GN-57-12,pp. 67-72(2005-9).
  156. 宮井俊輔,吉野 孝,宗森 純:位置情報を用いた同期型ゲームシステムの開発,情報処理学会研究報告,2005-GN-057,pp. 13-18 (2005-9).
  157. 松下直樹,吉野 孝,宗森 純:SEGODON-PDA2: PDAを用いた画面共有機能を持つインタラクティブ授業支援システム,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2005)シンポジウム,pp.313-316(2005-7).
  158. 宗森 純,宮本真吉,吉田 壱,由井薗隆也,吉野 孝:圧力センサを用いた電子会議チャットへの顔文字入力方法の提案と評価,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2005)シンポジウム,pp.213-216(2005-7).
  159. 宗森 純,大野純佳,吉野 孝:絵文字チャットによるコミュニケーションの提案と評価,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2005)シンポジウム,pp.209-212(2005-7).
  160. 藤井薫和,重信智宏,吉野 孝,宗森 純:異文化コラボレーションのための機械翻訳を用いたリアルタイムコミュニケーション支援システムRYUJINの開発,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2005)シンポジウム,pp.17-20(2005-7).
  161. 吉野 孝,藤井 薫和,重信 智宏:異文化間チャットコミュニケーション支援システムAnnoChatの開発と適用,電子情報通信学会,第一回異文化コラボレーション研究会(2005-6).
  162. 宗森 純,THAI MINH TRI,上坂大輔,吉野 孝,千葉雅哉:故宮博物院ガイドシステムの開発と観光客への適用,情報処理学会研究報告,2005-GN-056,pp. 19-24(2005-5).
  163. 由井薗隆也,重信智宏,榧野晶文,吉田 壱,吉野 孝,宗森 純:セマンティック・チャットのRemoteWadamanVを用いた電子ゼミナールへの適用 ,情報処理学会研究報告,2004-GN-055,pp. 69-74(2005-3).
  164. 宮井俊輔,吉野 孝,宗森 純:位置情報を用いた協調型エンタテイメントシステムの開発,情報処理学会研究報告,GN-54-16,pp. 81-86(2005-1).
  165. 上坂大輔,吉野 孝,宗森 純:NAMBA Explorer: 位置ベースコンテンツ共有サービス向けアプリケーション,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2004,pp.21-26 (2004-11).
  166. 野田敬寛,吉野 孝,宗森 純:ユーザコンテキスト情報を共有可能なマルチセンサモバイルシステムの開発,グループウェアとネットワークサービスワークショップ2004,pp.9-14 (2004-11).
  167. 吉野 孝,重信智宏,尾崎裕史,丸野普治,大野純佳,宗森 純:RemoteWadaman III: 多言語対応リアルタイム電子会議システム,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2004)シンポジウム,pp.695-698(2004-7).
  168. 宗森 純,上坂大輔,吉野 孝,千葉雅哉:北京Explorer: PDAを用いた情報共有可能なツアーガイドシステム,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2004)シンポジウム,pp.663-666(2004-7).
  169. 宗森 純,重信智宏,丸野晋治,尾崎裕史,大野純佳,吉野 孝:電子会議システムRemoteWadaman IIIの異文化コラボレーションへの適用,情報処理学会研究報告,GN-52-3,pp. 13-18(2004-5).
  170. 野田敬寛,吉野 孝,宗森 純:センサ情報を共有可能なモバイルシステムの開発と適用,情報処理学会研究報告,DPS-116-10,pp.55-60(2004-1).
  171. 上坂大輔,吉野 孝,宗森 純:NAMBA Explorer:画像共有可能なリアルタイム市街地情報共有システム,情報処理学会研究報告,DPS-116-9,pp.49-54(2004-1).
  172. 黒田淳平,吉野 孝,宗森 純:RFIDを用いたアウェアネス情報共有システムの開発と適用,情報処理学会研究報告,GN-49-11,pp. 61-66(2003-10).
  173. 梶田耕平, 吉野 孝,宗森 純:多人数対応型リアルタイム4コマ漫画作成支援システムAB-DOKAN IIの開発,情報処理学会研究報告,GN-49-2,pp. 7-12 (2003-10).
  174. 吉野 孝,野田敬寛,宗森 純:GDA:画面の結合および共有が可能なPDA,映像情報メディア学会技術報告,CE2003-34,pp.17-20(2003-7).
  175. 吉野 孝,藤原義功,宗森 純:軽快な五感情報伝達システムのデータ処理技法,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2003)シンポジウム,pp.825-828(2003-6).
  176. 上坂大輔,吉野 孝,宗森 純:NAMBA Explorer: PDAを用いた市街地インフォーマル情報共有システム,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2003)シンポジウム,pp.485-488(2003-6).
  177. 吉野 孝,宗森 純: 絵文字を用いたチャット支援システム,情報処理学会研究報告,GN-48-12,pp.63-68(2003-5).
  178. 重信智宏,吉野 孝,宗森 純:紙を越える発想支援グループウェアの開発と適用,情報処理学会研究報告,GN-48-3,pp.13-18(2003-5).
  179. 野田敬寛,吉野 孝,宗森 純:GDA:画面結合と共有が可能なPDA,情報処理学会研究報告,GN-48-2,pp.7-12(2003-5).
  180. 黒田淳平,吉野 孝,宗森 純:多種の情報機器を利用可能なアウェアネス情報共有システム,情報処理学会研究報告,GN-47-1,pp.1-6(2003-3).
  181. 上坂大輔,吉野 孝,宗森 純:NAMBA Explorer: PDAを用いた市街地情報の共有機能を持つ双方向位置情報伝達システム,MBL-24-25,pp.175-182(2003-3).
  182. 宗森 純,吉野 孝:五感情報伝達がネットワークアプリケーションに及ぼす影響,情報処理学会研究報告,GN-45-18,pp.101-106(2002-10).
  183. 吉野 孝,宗森 純:SEGODON-PDA: 無線LANとPDAとを用いた大学教育支援システム,情報処理学会研究報告,GN-45-9,pp.47-52(2002-10).
  184. 野田敬寛,吉野 孝,宗森 純:GDA: 複数の無線通信方式が利用可能で画面共有できるPDA,情報処理学会研究報告,GN-45-3,pp.17-22(2002-10).
  185. 由井薗隆也,吉野 孝,宗森 純:グループウェア基盤OS: GUNGEN-OSの提案,情報処理学会研究報告,GN-45-3,pp.11-16(2002-10).
  186. 吉野 孝,牟田智宏,宗森 純:NAMBA:リアルタイム双方向位置情報伝達システム,電気学会研究会資料,IS-02-21,pp.7-12(2002-9).
  187. 宗森 純,吉野 孝:脳をモデルとする五感情報伝達機構に基づいたシステムの試作と適用,電気学会研究会資料,IS-02-20,pp.1-6(2002-9).
  188. 野田敬寛,吉野 孝,宗森 純:GDA:無線通信を用いた組み合わせが可能な携帯情報端末,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2002)シンポジウム,pp.499-502(2002-7).
  189. 吉野 孝,吉永孝文,宗森 純:アウェアネス支援機能を持つ電子鬼ごっこ支援グループウェア,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2002)シンポジウム,pp.125-128(2002-7).
  190. 重信智宏,吉野 孝,宗森 純:GUNGEN DX IIの新しい協調型島作成機能の開発,情報処理学会研究報告,GN-43-17,pp.97-102(2002-3).
  191. 宗森 純,吉野 孝:脳モデル超伝達機構とそれに基づくプロトタイプの開発,情報処理学会研究報告,GN-43-11,pp.61-66(2002-3).
  192. 吉野 孝,野田敬寛,宗森 純:GDA:複数台の組み合わせが可能な携帯情報端末,電子情報通信学会技術報告,Vol. 101, No. 678, スペクトル拡散,pp.205-210(2002-3).
  193. 吉野 孝,牟田智宏,森 直人,宗森 純:相互の状況伝達が可能なロケーション・アウェアシステムの開発,電子情報通信学会技術報告,Vol. 101, No. 678, スペクトル拡散,pp.181-188(2002-3).
  194. 梶田耕平,吉野 孝,宗森 純:4コマ漫画作成に及ぼす協調作業者数の影響,情報処理学会研究報告,GN-42-5,pp.25-30(2002-1).
  195. 重信智宏,吉野 孝,宗森 純:発想支援グループウェア郡元DXIIの開発,情報処理学会研究報告,GN-41-9,pp.49-54(2001-10).
  196. 牟田智宏,吉野 孝,宗森 純: リアルタイム電子鬼ごっこ支援システムの適用−大阪ミナミ周辺−,情報処理学会研究報告,GN-41-5,pp.25-30(2001-10).
  197. 藤原義功,吉野 孝,宗森 純:位置情報を利用した現実環境とシミュレーション環境の融合,情報処理学会研究報告,DPS-104-15,pp.85-90(2001-9).
  198. 梶田耕平,吉野 孝,宗森 純:新しい発想を引き起こすリアルタイム協調型4コマ漫画作成システムAB-DOKAN,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2001)シンポジウム,pp.145-150(2001-6).
  199. 吉野 孝,牟田智宏,宮内絵美,宗森 純:電子鬼ごっこ支援グループウェア,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2001)シンポジウム,pp.55-60(2001-6).
  200. 吉永孝文,吉野 孝,宗森 純,湯ノ口 万友:電子ディベート支援システムE-DUROの開発と適用,情報処理学会研究報告,GW39-11,pp.59-64(2001-3).
  201. 重信智宏,吉野 孝,宗森 純,湯ノ口万友:PDAを用いた遠隔ゼミナール一貫支援システムの開発と適用,情報処理学会研究報告,GW39-9,pp.47-52(2001-3).
  202. 吉野 孝,宗森 純,長澤庸二,湯ノ口万友:遠隔授業支援システムSEGODONの適用と評価−半期の授業の完全な支援を目指して−,GW39-7,pp.37-42(2001-3).
  203. 宗森 純,宮内絵美,牟田智宏,吉野 孝,湯ノ口 万友:電子鬼ごっこ支援グループウェアの試作と適用,情報処理学会研究報告,GW39-5,pp.25-30(2001-3).
  204. 宗森 純,吉野 孝,湯ノ口万友:発想支援グループウェアGUNGEN-Spiralの開発と適用,情報処理学会研究報告, 2000-CH-047, pp.15-22(2000).
  205. 吉野 孝,宗森 純,重信智宏,湯ノ口万友:スパイラル型発想支援システムの開発,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2000)シンポジウム,pp.247-252(2000).
  206. 宗森 純,吉野 孝,泉 裕,上原哲太郎,吉本富士市:PDAを用いたデータの収集とセンター業務への適用情報処理学会研究報告,GW34-2,pp.7-12(2000).
  207. 吉野 孝,宗森 純,湯ノ口万友:リアルタイムグループウェア向けマルチメディア通信開発環境GUNGENGOの開発,情報処理学会研究報告,GW33-1,pp.1-6(1999).
  208. 宗森 純,古川研吾,由井薗隆也,吉野 孝,長澤庸二:発想支援グループウェアにおけるフェイスマークと操作権との関連,情報処理学会研究報告,HI84-8,pp.43-48(1999).
  209. 吉野 孝,宗森 純,湯ノ口万友,伊藤士郎:PDAを用いた発想支援グループウェアのデータ収集機能の開発と適用,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモーバイル(DICOMO'99)シンポジウム,pp.85-90(1999).
  210. 由井薗隆也,麓 光恵,吉野 孝,宗森 純,長澤庸二:分散環境下における研究室単位の情報共有システムの開発と適用,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモーバイル(DICOMO'99)シンポジウム,pp.507-512(1999).
  211. 吉野 孝,宗森 純,由井薗 隆也,上萬直哉,長澤庸二,湯ノ口万友,伊藤士郎:遠隔授業支援システムSEGODONの改良と授業への連続的な適用,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモーバイル(DICOMO'99)シンポジウム,pp.565-570(1999).
  212. 吉野 孝,宗森 純,由井薗隆也,長澤庸二,湯ノ口 万友,尾崎 公彦:分散型遠隔ゼミナール支援システムの開発と適用,情報処理学会研究報告,GW32-6,pp.29-34(1999).
  213. 有村晋平,吉野 孝,伊藤士郎,関口正已,大石剛史:地上デジタルテレビ放送のためのサービスエリアマップの自動作成,映像情報メディア学会技術報告,Vol.23,No.7,pp.11-16(1999).
  214. 林田太郎,張 宏綱,吉野 孝,伊藤士郎:市街地内におけるVHF・UHF波の電界強度・遅延時間分布の推定,映像情報メディア学会技術報告,Vol.23,No.7,pp.5-10(1999).
  215. 半下石修,吉野 孝,伊藤 士郎:降雨減衰補償のための21GHz帯衛星放送用マルチビームアンテナの検討,映像情報メディア学会技術報告,Vol.23,No.6,pp.65-70(1999).
  216. 吉野 孝,由井薗隆也,宗森 純,伊藤士郎,長澤庸二:PDAを用いた発想支援グループウェアのデータ収集機能の開発,情報処理学会研究報告,GW31-6,pp.31-36 (1999).
  217. 吉野 孝,由井薗隆也,宗森 純,伊藤士郎,長澤庸二:遠隔授業支援システムSEGODONの授業への連続的な適用と改良,情報処理学会研究報告,GW30-7,pp.37-42(1998).
  218. 吉野 孝,井上 穣,由井薗隆也,宗森 純,伊藤士郎,長澤庸二:インターネットを介した遠隔授業支援システムの開発と適用,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモーバイル(DICOMO'98)シンポジウム,pp.1-8(1998).
  219. 由井薗 隆也,吉野 孝,宗森 純,長澤庸二:知的生産支援システムWadamanを用いたKJ法の実施,情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモーバイル(DICOMO'98)シンポジウム,pp.415-422(1998).
  220. 吉野 孝,井上 穣,由井薗隆也,宗森 純,伊藤士郎,長澤庸二:遠隔授業支援システムの授業への適用と改良,情報処理学会研究報告,GW28-15,pp.89-94(1998).
  221. 有村晋平,田中 誠,吉野 孝,伊藤士郎,関口正已,大石剛史:電界強度地図自動作成プログラムEle-MAPの精度について,映像情報メディア学会技術報告,Vol.22,No.7,pp.1-6(1998).
  222. 田中 誠,有村晋平,吉野 孝,伊藤士郎:電界強度地図自動作成プログラムEle-MAPの開発,映像情報メディア学会技術報告,Vol.21,No.60,pp.31-36(1997).
  223. 中邑克己,吉野 孝,伊藤士郎:多分割マルチビームアンテナを用いた衛星放送の降雨減衰補償システム,映像情報メディア学会技術報告,Vol.21,No.5,pp.15-20(1997).
  224. 坂田 洋,張 宏綱,吉野 孝,伊藤士郎:GTDによるWedge回折とKnifeEdge回折の比較について,映像情報メディア学会技術報告,Vol.21,No.5,pp.9-14(1997).
  225. 吉野 孝,宗森 純,伊藤士郎,長澤庸二:教育用多人数対応電子会議システムDEMPO IIIの開発と評価,電子情報通信学会技術研究報告,SS96-23,pp.1-8 (1996).
  226. 吉野 孝,伊藤士郎:衛星放送のための送信電力制御の降雨減衰補償効果,テレビジョン学会技術報告,Vol.20,No.3,pp.59-64(1996).
  227. 松井絵里,吉野 孝,伊藤士郎:降雨減衰対策のマルチビーム放送衛星の電力配分法の検討,テレビジョン学会技術報告,Vol.20,No.2,pp.5-8(1996).
  228. 吉野 孝,山元一永,井上 穣,宗森 純,伊藤士郎,長澤庸二:教育用プラットフォームDEMPO IIの評価と改良,情報処理学会研究報告,GW15-8,pp.43-48(1996).
  229. 吉野 孝,宮田 剛,宗森 純,長澤庸二:分散型マルチメディアプラットフォームDEMPOIIの開発と授業への適用,情報処理学会研究報告,SE96-24,pp.185-192 (1994).
  230. 吉野 孝,宗森 純,長澤庸二:分散型マルチメディアプラットフォームDEMPOIIの開発,情報処理学会研究報告,GW4-4,pp.21-28 (1993).
  231. 宗森 純,吉野 孝,長澤庸二:分散型マルチメディアプラットフォームDEMPOの実現,情報処理学会研究報告,DPS59-6,pp.41-48 (1993).
  232. 宗森 純,吉野 孝,長澤庸二:分散型マルチメディアプラットフォームWildCardの情報工学科授業への適用,情報処理学会研究報告,GW2-1,pp.1-8 (1992).
  233. 宗森 純,吉野 孝,長澤庸二:分散型マルチメディアプラットフォームWildCard,計測自動制御学会,Human Interface News and Report,7,pp.441-446 (1992).
  234. 宗森 純,吉野 孝,長澤庸二:分散型マルチメディアプラットフォームWildCardの開発,情報処理学会研究報告,DPS55-11,pp.79-85 (1992).

全国大会・支部大会(査読なし)

 1991年〜2004年分もあるはずですが,探せていません.探して方教えてください.CiNiiとかで見つからないかな.
  1. 今村 美聡,吉野 孝,児玉 康宏,吉住千亜紀,尾久土 正己:山歩きを伴う高野山町石道案内システムの開発と評価,情報処理学会第77回全国大会,第4分冊,pp.799-800(2015-03-19).
  2. 辻本 拓真,吉野 孝:公共空間設置型雑談対話ボットのための「笑わせる発言」収集手法の検討,情報処理学会第77回全国大会,第4分冊,pp.231-232(2015-03-19).
  3. 竹島 未紗,喜多 千草,加藤 隆,吉野 孝,山本 里美:エンディングノート作成支援システムの構築,情報処理学会第77回全国大会,第4分冊,pp.397-398(2015-03-18).
  4. 谷口 翔吾,吉野 孝:スマートフォンを用いたジオツアーガイドシステムの開発,情報処理学会第77回全国大会,第2分冊,pp.853-854(2015-03-17).
  5. 李 国慶,吉野 孝:外国人向け敬語文理解支援システムの提案,情報処理学会第77回全国大会,第2分冊,pp.179-180(2015-03-17).
  6. 今川 七海,吉野 孝:留学生の聴講支援のための講義音声共有システムの開発,情報処理学会第77回全国大会,第4分冊,pp.823-824(2015-03-17).
  7. 濵上 宏樹,宮部 真衣,吉野 孝:部分重畳表示型ビデオチャットにおける三次元インタラクション手法の提案,情報処理学会第77回全国大会,第4分冊,pp.251-252(2015-03-17).
  8. 山本 理絵,吉野 孝,入江 真行,高野 誠,中井 國雄:在宅医療支援のための多職種医療従事者間患者情報共有システム,第34回医療情報学連合大会,pp.1048-1050(2014-11).
  9. 山本 里美,吉野 孝,喜多 千草,竹島 未紗,加藤 隆:変化する自己選択に対応したケアプランニング支援システム,第34回医療情報学連合大会,pp.1032-1034(2014-11).
  10. 山本里美,吉野孝,喜多千草,竹島未紗,加藤隆:アドバンスケアプランニング支援システムの提案,2014年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,2014,G-06,pp. 1-7 (2014-09-10) .
  11. 谷岡遼太,宮部真衣,吉野孝 :To-Do管理促進のためのマイクロブログ上のTo-Do自動抽出手法の提案,2014年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,2014,G-06,pp. 1-7 (2014-09-10) .
  12. 諏訪智大,宮部真衣,吉野孝 :異文化間コミュニケーションにおける重要度を考慮した文化差検出手法の提案,2014年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,2014,G-06,pp. 1-7 (2014-09-10) .
  13. 藤原佑歌子,吉野孝,児玉康宏,吉住千亜紀,尾久土正己 :パノラマ画像および動画を用いた観光支援システムの提案,2014年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,2014,G-06,pp. 1-7 (2014-09-10) .
  14. 田中優斗,福島拓,吉野孝:在室管理システムにおける訪問支援機能の効果,2014年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,2014,G-06,pp. 1-7 (2014-09-10) .
  15. 山本理絵,吉野孝,入江真行,高野誠,中井國雄 分散した患者情報の集約および共有を目的とした在宅医療支援のための多職種医療従事者間情報共有システムの提案,2014年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,2014,G-06,pp. 1-7 (2014-09-10) .
  16. 濱村朱里,福島拓,吉野孝,江種伸之:災害時避難支援システムにおけるゲーミフィケーションを用いた利用支援機能の効果,2014年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,2014,G-06,pp. 1-7 (2014-09-10) .
  17. 田中優斗,福島拓,吉野孝:在室管理システムにおけるコメント提示機能の効果,情報処理学会第76回全国大会,第4分冊,5ZB-9,pp.259-260(2014-03).
  18. 藤原佑歌子,吉野孝:教育や観光利用を目的としたパノラマ画像を用いたコンテンツ作成支援システムの開発,情報処理学会第76回全国大会,第4分冊,2ZB-6,pp.199-200(2014-03).
  19. 川島 基子,吉野 孝,紀平 為子,伊井 みず穂,岡本 和士,江上 いすず,藤原 奈佳子, 石川 豊美,入江 真行:高齢者向け栄養管理システムMofy における栄養士向け機能の評価,報処理学会第76回全国大会,第4分冊,1ZE-9,pp.685-686(2014-03).
  20. 山本 理絵,吉野 孝:地理情報に関連づけられたデジタル写真収集システムの提案,情報処理学会第76回全国大会,第1分冊,1N-6,pp.571-572(2014-03).
  21. 吉野 孝,尾崎 俊,福島 拓,濵村 朱里,重野 亜久里:対話の即時性を目指した携帯型多言語間医療対話支援システムの開発,第33回医療情報学連合大会,2-K-1-3,pp.1306-1307(2013-11).
  22. 川島 基子,吉野 孝,江上 いすず,岡本 和士,藤原 奈佳子,石川 豊美,紀平 為子,入江 真行,伊井 みず穂:栄養指導システムのための料理データ作成支援システムの開発,第33回医療情報学連合大会,1-K-1-5,pp.1296-1297(2013-11).
  23. 濵村朱里,福島拓,吉野孝,江種伸之:災害直後の避難支援を目的とした日常利用可能な災害時支援システム,日本災害情報学会第15回学会大会,pp.152-155(2013-10-26).
  24. 吉野 孝,宮部 真衣:やさしい日本語文と機械翻訳文の理解のしやすさにおける日本語習熟度の影響,平成25年度情報処理学会関西支部大会,F-07,pp.1-2(2013-09-25).
  25. 諏訪 智大,宮部 真衣、吉野 孝:Wikipediaの言語間差異情報を用いた文化差検出手法の提案,平成25年度情報処理学会関西支部大会,F-01,pp.1-2(2013-09-25).
  26. 濵村 朱里,福島 拓、吉野 孝、江種 伸之:災害直後のオフライン環境を想定した常時利用型災害時支援システムの提案,平成25年度情報処理学会関西支部大会,E-21,pp.1-2(2013-09-25).
  27. 田中 優斗,福島 拓、吉野 孝:利用者からの提供情報を用いた在室管理システムの評価,平成25年度情報処理学会関西支部大会,E-21,pp.1-3(2013-0-259).
  28. 川島 基子,吉野 孝、江上 いすず,岡本 和士,藤原 奈佳子,石川 豊美,紀平 為子,入江 真行,伊井 みず穂:Web上のレシピ情報を用いて自動生成した栄養計算用料理データの分析,平成25年度情報処理学会関西支部大会,E-05,pp.1-3(2013-09-25).
  29. 谷岡 遼太,吉野 孝:利用者のタスク管理意識に影響を与えるTo-Doリスト管理Webシステムの開発,平成25年度情報処理学会関西支部大会,E-04,pp.1-4(2013-09-25).
  30. 西田 祥子,福島 拓、吉野 孝:ユーザの空き時間に登録を促す用例対訳登録支援システムの開発,平成25年度情報処理学会関西支部大会,E-03,pp.1-2(2013-09-25).
  31. 濵村朱里,福島 拓,吉野 孝,江種伸之:日常利用可能な災害時支援システムにおける外出先での利用を促す通知機能の評価,FIT2013(第12回情報科学技術フォーラム),pp.655-656(2013-09).
  32. 吉野 孝,宮部真衣:日本語学習初学者を対象としたやさしい日本語文と機械翻訳文の理解のしやすさ,FIT2013(第12回情報科学技術フォーラム),pp.469-470(2013-09).
  33. 濵村朱里,福島 拓,吉野 孝,江種伸之:災害直後の避難支援を目的とした常時利用型災害時支援システムの開発,情報処理学会第75回全国大会,4ZF-2,第4分冊,pp.815-816(2013-03).
  34. 吉野 孝,宮部真衣:文化差データの収集サービスの提案,情報処理学会第75回全国大会,2C-7,第1分冊,pp.515-516(2013-03).
  35. 谷岡遼太,吉野 孝:タスクの公開提示によるToDoリスト利用促進システムの提案,情報処理学会第75回全国大会,1ZC-5,第4分冊,pp.243-244(2013-03).
  36. 川島 基子,吉野 孝,江上 いすず,岡本 和士,藤原 奈佳子,石川 豊美,紀平 為子,入江 真行:料理の新規登録を考慮した高齢者のための簡易栄養管理システムの開発,第32回医療情報学連合大会,2-K-2-4,pp.1524-1527(2012-11).
  37. 福島 拓,吉野 孝,重野 亜久里:スレート型端末を用いた多言語問診票作成システムの開発,第32回医療情報学連合大会,2-K-1-6,pp.1512-1515(2012-11).
  38. 森田 沙奈,吉野 孝:AR を用いたコンセントプラグを抜く習慣付け支援システムの開発,平成24年度情報処理学会関西支部大会,G-16,pp.1-2(2012-09).
  39. 奥村 賢悟,吉野 孝:迷いやすい人の特徴を考慮した屋内ナビゲーションシステムの開発,平成24年度情報処理学会関西支部大会,G-03,pp.1-3(2012-09).
  40. 倉長 拓海,吉野 孝:写真中の文字を利用したタイポグラフィ創作支援システムの開発,平成24年度情報処理学会関西支部大会,G-01,pp.1-2(2012-09).
  41. 吉野 孝,宮部真衣:文化差判定コーパス構築におけるクラウドソーシング利用の検討,平成24年度情報処理学会関西支部大会,E-14,pp.1-4(2012-09).
  42. 田中 優斗,福島 拓,吉野 孝:未来の在室を予報する在室管理システムにおける推測手法の比較,平成24年度情報処理学会関西支部大会,E-08,pp.1-3(2012-09).
  43. 諏訪 智大,宮部 真衣,吉野 孝:Web ページにおける文化差可視化システムの開発,平成24年度情報処理学会関西支部大会,F-01,pp.1-4(2012-09).
  44. 長田 伊織,吉野 孝:ライフログ記事作成システムにおける記事の更新情報が記事作成者に与える効果の検証,平成24年度情報処理学会関西支部大会,E-03,pp.1-3(2012-09).
  45. 松原 嘉那子,吉野 孝:実世界の「もの」と関連づけたアイデアの共有による発想支援システムの開発,平成24年度情報処理学会関西支部大会,E-01,pp.1-3(2012-09).
  46. 宮部真衣,吉野 孝:折り返し翻訳は本当に役に立たないのか?〜人間の観点からみた折り返し翻訳の妥当性評価〜,FIT2012(第 11 回情報科学技術フォーラム),RJ-008,第3分冊,pp.49- 54(2012-09),
  47. 吉野 孝,宮部真衣,諏訪智大:文化差検出結果提示のための画像選択方法の提案,FIT2012(第 11 回情報科学技術フォーラム),J-042,第3分冊,pp.519- 512(2012-09),
  48. 福島 拓,吉野 孝:クラウドソーシングを用いた多言語用例対訳の正確性評価手法の検討,FIT2012(第 11 回情報科学技術フォーラム),J-042,第3分冊,pp.515- 516(2012-09),
  49. 吉野 孝, 岡本健吾, 中條夕貴:留学生のための関連情報共有型講義理解支援システムの開発と評価,第37回全国大会教育システム情報学会(JSiSE2012),F6-2,pp.422-423(2012-08).
  50. 吉野 孝, 安 曉旭:留学生のための生活日本語共有システムの開発と評価,第37回全国大会教育システム情報学会(JSiSE2012),F3-1,pp.154-155(2012-08).
  51. 福島 拓,吉野 孝,重野 亜久里:外国人患者のための多言語問診票作成システムの開発,第31回医療情報学連合大会,2-K-5-5,pp.1127-1130(2011-11).
  52. 尾崎 俊,福島 拓,吉野 孝,重野 亜久里:用例対訳と機械翻訳を用いた多言語医療支援システムの提案,第31回医療情報学連合大会,2-K-5-2,pp.1119-1122(2011-11).
  53. 川島 基子,吉野 孝,江上 いすず,岡本 和士,藤原 奈佳子,石川 豊美,紀平 為子,入江 真行:在宅療養ALS患者のためのiPadを用いた簡易栄養管理システムの開発,第31回医療情報学連合大会,2-K-5-1,pp.1117-1118(2011-11).
  54. 狩野 翔,福島 拓,吉野 孝:作業成果の自慢支援機能によるモチベーション維持効果の検 証,平成23年度情報処理学会関西支部大会,C-07,pp.1-4(2011-09).
  55. 西 泰彦,吉野 孝:文章作成者の思い伝達のための文章推敲時間可視化システ ムの提案,平成23年度情報処理学会関西支部大会,F-21,pp.1-2(2011-09).
  56. 奥村 賢悟,吉野 孝:2次元コードとセンサを用いた屋内ナビゲーションシステムの提案,平成23年度情報処理学会関西支部大会,C-08,pp.1-2(2011-09).
  57. 長田 伊織,吉野 孝:ライフログシステムにおけるライフストリームサービスの影響と 閲覧者の行動分析,平成23年度情報処理学会関西支部大会,F-24,pp.1-2(2011-09).
  58. 東 拓央,宮部真衣,吉野 孝:文の単純化による翻訳リペア支援手法の検討,平成23年度情報処理学会関西支部大会,G-05,pp.1-2(2011-09).
  59. 尾崎 俊,福島 拓,吉野 孝:多言語用例対訳作成のための手がかり用例提供システムの開発,平成23年度情報処理学会関西支部大会,G-05,pp.1-2(2011-09).
  60. 吉野 孝,宮部真衣:Wikipedia を用いた文化差検出手法の評価,FIT2011,pp.311-312 (2011-9).
  61. 福島 拓,吉野 孝:多対多の関係性を持つ多言語用例対訳のデータ構造の提案と評価,FIT2011,pp.213-214 (2011-9).
  62. 安 暁旭,吉野 孝:留学生のためのメディア統合型モバイル日本語学習支援システムの構築,情報処理学会第73回全国大会,第4分冊,1ZC-1,pp.417-418(2011-03).
  63. 吉野 孝,宮部真衣:Wikipediaを用いた文化差判定の検討,情報処理学会第73回全国大会,第4分冊,1G-2,pp.391-392(2011-03).
  64. 狩野 翔,福島 拓,吉野 孝:用例の森:用例評価のモチベーション維持支援システム,情報処理学会第73回全国大会,第4分冊,2ZA-7,pp.159-160(2011-03).
  65. 中條夕貴,岡本健吾,吉野 孝:単語情報の可視化による留学生の講義理解支援システムの開発,情報処理学会第73回全国大会,第4分冊,1Z-1,pp.23-24(2011-03).
  66. 東 拓央,吉野 孝:音声認識を用いた用例収集のためのプライバシフィルタリング手法の検討,情報処理学会第73回全国大会,第3分冊,3Y-3,pp.507-508(2011-03).
  67. 楠本嘉幹,吉野 孝,入江真行:情報連携基盤を用いた地域医療情報連携,情報処理学会第73回全国大会,第3分冊,4E-5,pp.463-464(2011-03).
  68. 尾崎 俊,松延拓生,重野亜久里,吉野 孝:携帯端末を用いた多言語間医療対話支援システムの開発,情報処理学会第73回全国大会,第3分冊,6V-1,pp.215-216(2011-03).
  69. 宮部真衣,吉野 孝:複数翻訳機の利用による折り返し翻訳の精度不一致防止効果の検証,情報処理学会第73回全国大会,第2分冊,2D-5,pp.71-72(2011-03).
  70. 尾崎俊,川島基子,松延拓生,吉野孝:ユーザビリティに配慮した携帯型多言語医療対話支援システムの設計,平成22年度日本人間工学会関西支部大会講演論文集,pp.223-226(2010-12).
  71. 川島基子,東拓央,松延拓生,吉野孝:ビデオチャットを用いた診察時における医療通訳支援システムのインタフェースの検討,平成22年度日本人間工学会関西支部大会講演論文集,pp.205-208(2010-12).
  72. 宮部 真衣,福島 拓,吉野 孝,重野 亜久里:外国人患者支援のための用例対訳を用いた循環型多言語医療対話支援環境の構築,第30回医療情報学連合大会,1-L-4-4,pp.1388-1391(2010-11).
  73. 長田伊織,吉野 孝:iPhoneを用いたライフログ収集システムの開発とライフストリームサービスへの応用 ,FIT2010 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.289-290(2010-09).
  74. 岡本健吾,中條夕貴,福島 拓,吉野 孝:留学生のための講義理解支援システムの適用と評価 ,FIT2010 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.555-556(2010-09).
  75. 宮部真衣,吉野 孝:機械翻訳を介したチャットコミュニケーションにおける翻訳精度表示の影響,FIT2010 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.553-554(2010-09).
  76. 福島 拓,宮部真衣,吉野 孝:正確な多言語コミュニケーション支援のための動的用例対訳連携モデルの提案と実装,FIT2010 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.549-550(2010-09).
  77. 倉長拓海,吉野 孝:拡張現実感技術を用いた対面コミュニケーションにおける感情表現および話題提供システムの開発 ,FIT2010 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.249-250(2010-09).
  78. 楠本嘉幹,吉野 孝,入江真行:社会基盤としての医療連携ネットワーク,情報処理学会第72回全国大会,第4分冊,pp.567-568 (2010-03).
  79. 宮部真衣,吉野 孝:翻訳リペア支援のための言い換え文自動生成手法の提案,情報処理学会第72回全国大会,第2分冊,pp.43-44 (2010-03).
  80. 福島 拓,吉野 孝,重野亜久里:多言語用例対訳共有システムのための用例間評価手法の評価,情報処理学会第72回全国大会,第2分冊,pp.485-486 (2010-03).
  81. 榎本紗耶香,吉野 孝,紀平為子,入江真行:在宅医療支援のための平時・災害時対応情報共有システムの開発と導入実験,情報処理学会第72回全国大会,第4分冊,pp.747-748 (2010-03).
  82. 田呂丸智史,吉野 孝:音声記録を用いたアイデア共有システムの開発,情報処理学会第72回全国大会,第4分冊,pp.213-214 (2010-03).
  83. 森田大介,吉野 孝:実空間上のオブジェクトを用いた頭部動作情報の相互伝達システムの開発,情報処理学会第72回全国大会,第4分冊,pp.207-208 (2010-03).
  84. 長田伊織,東 拓央,吉野 孝:携帯情報端末iPod touchを用いた児童の自主学習支援システムの開発,情報処理学会第72回全国大会,第4分冊,pp.601-602 (2010-03).
  85. 東 拓央,長田伊織,吉野 孝:携帯情報端末iPod touchを用いた児童の健康支援システムの開発,情報処理学会第72回全国大会,第4分冊,pp.221-212 (2010-03).
  86. 宮部真衣,吉野 孝,重野 亜久里:表示内容読み上げ機能を持つ多言語医療受付支援システムM3の開発,第29回医療情報学連合大会,2-G-2-10,pp.1190-1194(2009-11) .
  87. 榎本紗耶香,吉野 孝,紀平 為子,入江 真行:在宅医療支援のための平時・災害時対応情報共有システムの開発,第29回医療情報学連合大会,2-G-2-20,pp.1229-1232(2009-11) .
  88. 藤田真吾,吉野 孝:壁穴フープ:実世界指向インタフェースを用いた映像表示システム,FIT2009 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.487-488(2009-09).
  89. 山中崇規,吉野 孝:おしゃべり鉢べえ:面識のない人同士の間接的なコミュニケーションを促進する鉢植え型会話ボットシステム,FIT2009 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.485-486(2009-09).
  90. 福島 拓,吉野 孝,重野亜久里:多言語用例対訳共有システムTackPadの用例評価手法の評価,FIT2009 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.411-412(2009-09).
  91. 宮部真衣,吉野 孝:折り返し翻訳とその中間言語における翻訳精度の検証,FIT2009 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.407-410(2009-09).
  92. 岡本健吾,吉野 孝:可視化した会話中のキーワードを用いた対面型異文化間コミュニケーション支援システムの開発,FIT2009 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.393-396(2009-09).
  93. 宮部真衣,吉野 孝:All for one型多言語対面会議支援システムにおける入力内容の競合防止のためのリアルタイム入力状況提示の効果,FIT2009 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.379-382(2009-09).
  94. 楠本嘉幹,吉野 孝,廣田 史門,小西 紀彦,入江 真行:レセプトシステムを利用した医療連携システムの提案,第28回医療情報学連合大会,4-G-2-7,pp.1078-1081(2008-11) .
  95. 榎本紗耶香,吉野 孝,紀平為子,入江真行:在宅療養患者のための災害時における患者情報共有システムの開発,第28回医療情報学連合大会,2-G-2-3,pp.1349-1353(2008-11) .
  96. 宮部真衣,吉野 孝,重野 亜久里:多言語医療受付支援システムM3の開発,第28回医療情報学連合大会,2-H-2-12,pp.1417-1418(2008-11) .
  97. 宮部真衣・吉野 孝:リアルタイム遠隔コミュニケーションにおけるアウェアネス情報の対人許容レスポンス時間への影響,FIT2008 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.437-438 (2008-09).
  98. 池信克也,吉野 孝,重信智宏:言語グリッドを用いた三次元仮想空間における多言語チャットコミュニケーション支援システムの構築,FIT2008 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.421-422 (2008-09).
  99. 井出美奈,吉野 孝,重信智宏:音声認識を利用したAll for one型多言語会議支援システムSAKINの開発,FIT2008 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.415-416 (2008-09).
  100. 吉野 孝,宮部真衣,福島 拓,西村竜一,重野亜久里: 多言語発話収集Webシステムの構築と医療対話支援システムへの応用,日本音響学会2008年春季研究発表会,pp.463-466 (2008-03).
  101. 宮部真衣,吉野 孝,重野亜久里,小見佳恵,白井 諭,小原 永,村上陽平:多言語医療受付支援システムM3の医療機関への導入,情報処理学会第70回全国大会,第4分冊,pp.649-650 (2008-03).
  102. 長野優一朗,吉野 孝:TravoSNS: 外国人旅行者支援のための地域住民参加型多言語SNS,情報処理学会第70回全国大会,第4分冊,pp.391-392 (2008-03).
  103. 池信 克也,吉野 孝:三次元仮想空間上における多言語チャットコミュニケーション支援,情報処理学会第70回全国大会,第4分冊,pp.385-386 (2008-03).
  104. 森田 大介,吉野 孝:AwareCap: キャラクタによる首振り伝達システム,情報処理学会第70回全国大会,第4分冊,pp.285-286 (2008-03).
  105. 宮部真衣,吉野 孝:用例読み上げ機能を持つ多言語医療受付対話支援システムM,情報処理学会第70回全国大会,第4分冊,pp.271-272 (2008-03).
  106. 山野孝幸,吉野 孝,喜多千草,久保田秀和:パネルディスカッション支援システムの構築,情報処理学会第70回全国大会,第4分冊,pp.369-370 (2008-03).
  107. 榎本紗耶香,吉野 孝,紀平為子,入江真行:在宅診療現場における同期・非同期対応型情報共有システムの開発とその評価,情報処理学会第70回全国大会,第4分冊,pp.789-790 (2008-03).
  108. 松尾知哉,吉野 孝,3Dキャラクタを用いたシナリオ可視化システムBunBunMovie,情報処理学会,インタラクション2008,ポスター発表,pp.(2008-03).
  109. 榎本紗耶香,吉野 孝,紀平為子,入江真行:在宅診療現場における同期・非同期対応型情報共有システムとそのセキュリティ対策,第27回医療情報学連合大会,3-H-2-2(2007-11) .
  110. 松尾知哉,吉野 孝:3Dキャラクタを用いたシナリオ可視化システムBunBunMovieの試作,FIT2007 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.539-540(2007-09).
  111. 井出美奈,重信智宏,吉野 孝:言語グリッドを用いた多言語会議支援システムの要件,FIT2007 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.483-484(2007-09).
  112. 宮部真衣,吉野 孝:翻訳不適箇所指摘による翻訳リペア効率の改善効果,FIT2007 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.435-436(2007-09).
  113. 藤井薫和,吉野 孝:異文化間コミュニケーションのための多言語アノテーション獲得機能,電子情報通信学会2007年総合大会,D-5-5,pp. 45 (2007-03).
  114. 村上豊聡,吉野 孝:実世界の位置情報を用いたSNSユーザの出会い支援システムの開発,情報処理学会第69回全国大会,第4分冊,pp. 155-156 (2007-03).
  115. 宮部真衣,吉野 孝,西村竜一:言語バリア解消を目指した音声認識医療受付対話支援システム,情報処理学会第69回全国大会,第4分冊,pp. 23-24 (2007-03).
  116. 幸村陽子,榎本紗耶香,吉野 孝,紀平為子,入江真行:在宅療養患者のための災害時支援システムの開発,情報処理学会第69回全国大会,第4分冊,pp. 371-372 (2007-03).
  117. 重信智宏,藤原義功,村上陽平,吉野 孝:ドメイン指向翻訳を備えた言語グリッドコミュニケーションツール,情報処理学会第69回全国大会,第4分冊,pp.67-68 (2007-03).
  118. 榎本紗耶香,幸村陽子,吉野 孝,紀平為子,入江真行:PDAを用いた同期・非同期対応型在宅医療従事者間情報共有システムの開発,情報処理学会第69回全国大会,第4分冊,pp. 657-658(2007-03).
  119. 藤井薫和,重信智宏,吉野 孝:AnnoChat2: 意味情報を共有可能な異文化間コミュニケーション支援システム,FIT2006 情報科学技術フォーラム,第3分冊,pp.477-478(2006-09).
  120. 吉野 孝, 松原繁夫, 喜多千草, 石田 亨:多言語コミュニケーションツールの異文化間対面協調作業への適用. 第20回人工知能学会全国大会, 3E1-2 (2006-06).
  121. Ahlem Ben Hassine, 藤原義功, 林 良彦, 菱山玲子, 稲葉利江子, 石田 亨, 喜多千草, 松原繁夫, 村上陽平, 灘本明代, 中口孝雄, 中西英之, 重信智宏, 吉野 孝:言語グリッド(Language Grid)の構想: 異文化コラボレーション基盤の構築を目指して,第20回人工知能学会全国大会, 3E1-6 (2006-06).
  122. 幸村陽子,藤井薫和,吉野 孝,楠本嘉幹,入江真行:レセプトソフトORCAを用いた医療情報収集システムの構築,情報処理学会第68回全国大会,第4分冊,pp.539-540 (2006-03).
  123. 宮部真衣,藤井薫和,藤原義功,重信智宏,吉野 孝,内元清貴,石田 亨:異文化間コミュニケーションのための用例ベースのコミュニケーションツールの開発,情報処理学会第68回全国大会,第4分冊,pp.277-278 (2006-03).
  124. 小菅 徹,吉野 孝,松下光範,宗森 純:方向依存ディスプレイテーブルLumisightTableにおける多言語表示のための多層表示方式の開発,情報処理学会第68回全国大会,第4分冊,pp.225-226 (2006-03).
  125. 松下直樹,吉野 孝,服部正嗣,平松 薫,岡留 剛:センサネットワークを用いた意味処理過程の可視化,情報処理学会第68回全国大会,第3分冊,pp.407-408 (2006-03).
  126. 本山由利菜,吉野 孝,紀平為子,入江真行:PDAを用いた在宅医療支援のための医療従事者間情報共有システム,第25回医療情報学連合大会,2-G-2-1(2005-11).
  127. 藤井薫和,重信智宏,吉野 孝:異文化間コミュニケーションのための機械翻訳を用いたチャットシステムAnnoChatの開発と適用,FIT2005 情報科学技術フォーラム,pp.437-438(2005-09).
  128. 本山由利菜,吉野 孝,紀平為子,入江真行,PDAを用いた在宅医療支援のための医療従事者間情報共有システム,情報処理学会第67回全国大会,第4分冊,pp.589-590(2005-03).
  129. 村上豊聡,吉野 孝:加速度センサを用いたステップエクササイズチャットシステムDancingChatの開発,情報処理学会第67回全国大会,第4分冊,pp.311-312(2005-03).
  130. 藤井薫和,吉野 孝:異文化間コミュニケーションのためのセマンティックチャットシステムの開発,情報処理学会第67回全国大会,第4分冊,pp.277-278(2005-03).
  131. 松野拓馬,吉野 孝:電子的な保存を妨げる仕組みを持つチャットシステムの開発,情報処理学会第67回全国大会,第4分冊,pp.75-76(2005-03).

招待講演

  1. 「スマートデバイスを用いた多言語医療支援システムの導入と課題」(わかやま地域情報化フォーラム2012)(2012年12月22日).
  2. 「ITを活用したコミュニケーション支援」(公開ワークショップ「ITを活用した目的志向の日本語教育・運用支援」)(2012年3月20日).
  3. 「ICTが拓く多文化共生の未来」(ICTによる異文化コラボレーション),多文化関係学会(2011年9月17日).
  4. 「ネットワークを介したコミュニケーションによる異文化コラボレーション支援の方法」,次世代コミュニケーション空間研究会(2010年8月5日).
  5. 「言語グリッドを用いた多言語間コミュニケーション支援システムの開発」,第5回国際連携教育シンポジウム,長岡技術科学大学(2010年3月13日).
  6. 「情報処理技術を用いた異文化コラボレーション」,同志社ハリスフォーラム2008「21世紀の言語と情報科学」(2008年9月17日).
  7. 「医療現場における異文化間コラボレーション」,FIT2008 情報科学技術フォーラム,異文化コラボレーションシンポジウム(2008年9月2日).
  8. 「機械翻訳を用いた異文化コミュニケーションの実現」,FIT2005 情報科学技術フォーラム,異文化コラボレーションシンポジウム(2005年9月7日).
  9. 「Application of an Intercultural Collaboration System with Semantic Information Share Function」,京都大学21世紀COEプログラム「知識社会基盤構築のための情報学拠点形成」異文化コラボレーションワークショップ(2005年3月8日〜9日).
  10. 「異文化コラボレーションのためのツール」,日本社会情報学会関西支部 「異文化コラボレーション」シンポジウム(2004年11月27日).

その他の講演

  1. 「在宅療養患者のための災害時支援システムの開発の取り組み」,パネリスト,第四回和歌山地域医療情報ネットワークシンポジウム(2007年6月2日).
  2. 「コラボレーション支援システムの構築」,WAKASA若手研究者発表会&交流会(2005年09月20日).
  3. 「日本・中国間のコラボレーション支援システムの構築」,WAKASA若手研究者発表会&交流会(2004年9月29日).

受賞

  1. 優秀発表賞,やさしい日本語文と機械翻訳文の理解しやすさに対する影響要因の分析,情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会,吉野孝(2013年9月13日).
  2. FIT奨励賞(FIT2013)「日本語学習初学者を対象としたやさしい日本語文と機械翻訳文の理解のしやすさ」,吉野 孝(2013年9月4日).
  3. 最優秀論文賞(情報処理学会DICOMO2012)「未来の在室情報を予報する在室管理システム「Docoitter」の開発」,田中 優斗, 福島 拓,吉野 孝(2012年10月2日).
  4. FIT船井ベストペーパー賞(FIT Funai Best Paper Award),情報科学技術フォーラム,「折り返し翻訳は本当に役に立たないのか? 〜人間の観点からみた折り返し翻訳の妥当性評価〜」,宮部真衣,吉野 孝(2012年9月5日).
  5. 学会貢献賞,情報処理学会,2012年3月7日
  6. 展示発表賞,藤田真吾,吉野孝,ドア型の専用インタフェースを利用したビデオチャットシステム”ドアコム”の評価,エンタテイメントコンピューティング2011(2011年10月).
  7. DICOMO 優秀論文賞,宮部真衣,吉野孝,折り返し翻訳を用いた高精度なコミュニケーションのための複数翻訳機を用いた精度不一致検出サービスの提案,DICOMO2011.
  8. DICOMO優秀プレゼンテーション賞,折り返し翻訳を用いた高精度なコミュニケーションのための複数翻訳機を用いた精度不一致検出サービスの提案,DICOMO2011.
  9. DICOMO野口賞,「循環型多言語医療用例対訳収集環境の構築」,吉野 孝, 宮部 真衣, 福島 拓, 尾崎 俊, 東 拓央(DICOMO2011),2011年7月.
  10. 優秀プレゼンテーション賞(情報処理学会)受賞(マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム,「キャラっとスケジュール:アバタを用いたカジュアルなスケジュール管理・共有システム」対象)(平成22年7月).
  11. DICOMO2009シンポジウム優秀論文賞,「在宅療養患者の救助支援を目的とした情報共有システムの開発」(2009年8月)
  12. GN研究賞受賞(2009年9月)
  13. グループウェアとネットワークサービス研究会優秀発表賞(第69回GN研究会),「三次元仮想空間における多言語チャットコミュニケーション実験」(2008年9月)
  14. DICOMO2008シンポジウム優秀論文賞,「SNS内の情報を用いた話題提供支援の効果」(2008年8月).
  15. DICOMO2007シンポジウム優秀論文賞,「言語化しくにい画像を用いた出席確認システム」(2007年8月).
  16. 「情報社会のデザイン」シンポジウム優秀論文賞,「地理情報システムGoogle Earthを用いた外国人旅行者向け地域情報共有システム」(2006年11月).
  17. Best Paper Award,KES2005,「Development and Evaluation of an Emotional Chat System Using Sense of Touch」(平成17年9月).
  18. DICOMO 2005優秀論文賞,情報処理学会DICOMO2005シンポジウム,「絵文字チャットによるコミュニケーションの提案と評価」(平成17年7月).
  19. スーパークリエータ,情報処理推進機構(IPA)(平成17年5月).
  20. 学会賞功労賞の受賞(コンピュータ利用教育協議会),「CIEC TypingClubの開発・改善と普及」(平成16年8月).
  21. 大会奨励賞(情報処理学会)受賞(第64回全国大会,「PDAを用いた疎な連帯感支援システムの開発」対象)(平成15年3月).
  22. ベストプレゼンテーション賞(情報処理学会)受賞(マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2001)シンポジウム,「電子鬼ごっこ支援グループウェア」対象)(平成13年6月).

新聞記事,Web記事

    (すみません.まだ一杯紹介されているのですが,漏れています.)
  1. 日本経済新聞 2009年6月7日 朝刊29面 最前線 現場「外国人対応画面で問診」
  2. 京都新聞 2009年6月4日 http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009060300195&genre=G1&area=K00 「外来診療棟に多言語受付システム 京大病院が導入」
  3. 日本経済新聞 2008年05月19日 夕刊文化22面 ネットで最適翻訳「言語グリッド」 自国語同士の交流を円滑に,
  4. 月刊病院 2007年11月号(Vol. 66, No. 11) 「医療通訳の可能性―言葉のバリアフリーを目指して」
  5. 月刊日本語(アルク)2007年12月号 p.21 http://www.alc.co.jp/gn/mokuji.html 「患者と医師のコミュニケーションを助ける」
  6. 京都新聞 2007年8月23日 (電子版:http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007082300020&genre=O1&area=K10) 「病気やけがの外国人、ご安心を 京都市立病院に支援システム」

外部資金

ありがとうございます.おかげで研究開発ができています.
  1. 科学研究費 挑戦的萌芽研究,平成27年度〜29年度  研究代表者:吉野孝  総額 270万円
  2. 科学研究費 基盤研究(S),平成26年度〜  (研究分担者)  研究代表者:石田亨  分担金額 100万円,50万
  3. 科学研究費 基盤研究(A),平成25年〜27年度  (研究分担者)  研究代表者:江種伸之  総額 3090万円
  4. 科学研究費 基盤研究(C),平成25年〜27年度  (研究分担者)  研究代表者:喜多千草  総額 391万円
  5. 共同研究,平成25年度  東京大学医学部附属病院  研究代表者 吉野孝  総額 50万円  課題名 「東京大学医学部附属病院における多言語医療受付支援システムM3の改善研究」 
  6. A-STEP「探索タイプ」 平成25年度  課題名 「多段クラウドソーシングを活用した多言語用例対訳プラットフォームの構築」  研究代表者 130万円
  7. 共同研究 平成24年度    (特活)多文化共生センターきょうと    研究代表者     課題名 「ビデオ通話システム,多言語医療対話支援システムの研究」    総額 300,000円
  8. 共同研究,平成24年度    東京大学医学部附属病院    研究代表者 100万円    課題名 「東京大学医学部附属病院における多言語医療受付支援システムM3の改善研究」
  9. A-STEP「FSステージ 探索タイプ」 平成24年度  課題名 「検索エンジンと機械翻訳を用いた多言語用語間における文化差検出サービス」  研究代表者 130万円
  10. 共同研究 平成23年度    (特活)多文化共生センターきょうと    研究代表者     課題名 「多言語医療受付・対話支援システムの研究」    総額 600,000円
  11. A-STEP「FSステージ 探索タイプ」 平成23年度  研究代表者 170万円  課題名 「Wikipediaと機械翻訳を用いた多言語用語間における文化差検出サービス」
  12. 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)地域ICT振興型研究開発 平成22年〜23年度    平成23年度 7,616,000円    平成22年度 8,903,000円  研究代表者 総額 16519000 円  課題名「医療現場における利用者適応型多言語間コミュニケーション支援のための基盤技術の研究開発」
  13. A-STEP「FSステージ 探索タイプ」 平成22年度  研究代表者 100万円  課題名 「仮想空間とメタファを用いたユーザ参加型用例対訳評価システム」  
  14. 科学研究費 基盤研究(B),平成22年〜24年度   (研究代表者 1450万円)   課題名 「多言語間コミュニケーション高信頼化のためのデータセントリック価値創出に関する研究」
  15. 機械翻訳を用いた多言語コミュニケーションのための中間言語の精度検証 総額 154万円 研究代表者 科学技術振興機構 平成21年度 地域イノベーション創出総合支援事業「シーズ発掘試験」
  16. 三次元仮想空間における異文化コミュニケーション支援 総額 100万円 研究代表者 財団法人大川情報通信基金 2008年度研究助成
  17. 多言語共生社会における医療対話支援のための多言語対話用例プラットフォームの構築 研究代表者 総額1900万円 2008年度〜2009年度 地域IC T 振興型研究開発 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)
  18. 業種・業態特化型多言語翻訳システムの開発及び実用化研究,ぷちも株式会社,100万円
  19. 科学研究費 基盤研究(B),平成20年度〜平成23年度  研究分担者  課題名 「既存の言語を越える絵文字チャットコミュニケーションの構築とその応用」 分担   
  20. 奨学寄付金,平成19年度 シュアーシステム 90万円  
  21. 科学研究費 基盤研究(B),平成19年〜21年度   (研究代表者 1450万円)   課題名 「知識創成型多言語コラボレーションツールの構築」(課題番号19300036)  
  22. 奨学寄付金 18年度 サイバーリンクス 40万円   研究代表者
  23. 科学研究費 基盤研究(C),平成18年度〜平成20年度    総額 320万円    代表者:喜多千草   (研究分担者)   課題名 「異分野コラボレーションのための相互理解・対話促進ツールの開発」
  24. 科学研究費 基盤研究(B),平成17年〜18年度    代表者:宗森 純   (研究分担者)   課題名 「センサーと絵文字によるチャットコミュニケーションが相互の理解度向上に及ぼす影響」
  25. 独立行政法人科学技術振興機構 産学共同シーズイノベーション化事業(平成18年10月〜平成19年度9月)   (分担者,145万円(総額800万円))  テーマ名「外国人のための多言語医療支援システムの研究開発」
  26. 共同研究 NTTコミュニケーション科学基礎研究所(平成17年度)   (代表者 100万円)   テーマ名 「推論過程の可視化に関する研究」
  27. 海外渡航助成 電気通信普及財団 平成18年度   (27万円)  (Proceedings of 10th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES 2006) (LNAI 4253, Springer Verlag), pp.205-211, Oct. 2006.)  講演内容 Development of a Medical Information Gathering System Using JMA Standard Health Insurance Claim System ORCA on IPv6 Network  学会名 KES2006(イギリス)
  28. 共同研究 NTTコミュニケーション科学基礎研究所(平成17年度)   (代表者 150万円)   テーマ名 「推論過程の可視化に関する研究」
  29. 共同研究 NTTコミュニケーション科学基礎研究所(平成16年度〜平成17年度)   (分担者 210万円)   テーマ名 「実世界の「場」を介した新しい協調作業アプリケーションの研究開発」
  30. 情報処理推進機構(IPA)平成16年度未踏開発ソフトウェア創造事業 採択  (代表者,800万円)   テーマ名 「異文化コミュニケーションのための知識共有システムの構築」
  31. 情報処理推進機構(IPA)平成15年度未踏開発ソフトウェア創造事業 採択  (代表者,800万円)   テーマ名 「異なる言語の環境で知的触発を引き起こす発想支援ソフトウェア」
  32. 科学研究費 若手研究(B),平成15年〜16年度   (研究代表者,340万円)   課題名 「移動中の利用者のアウェアネス情報の獲得と伝達に関する研究」(課題番号15700059)
  33. 電気通信普及財団 研究助成,平成15年度  (研究代表者,100万円)   課題名 「モバイルグループウェア利用時における利用者のアウェアネス情報の獲得と表現に関する研究」

学会等委員

(かなり漏れあり...,本当にいろいろ委員しています!)
  1. 情報処理学会論文誌「われわれの知識を拡げるコラボレーション技術」(平成23年12月〜平成24年1月)
  2. 電子情報通信学会和文論文誌D「異文化コラボレーション」特集号副委員長(平成23年)
  3. 情報処理学会論文誌「『見える化』により拡大するネットワークサービス技術」(平成21年12月〜平成22年1月)
  4. 情報処理学会論文誌「情報教育〜理論・評価・展望〜」特集号編集委員(平成20年)
  5. 電子情報通信学会和文論文誌D「異文化コラボレーション」特集号副委員長(平成20年)
  6. 情報処理学会論文誌編集委員会 情報システムグループ 主査(平成19年6月〜平成20年5月)
  7. 情報処理学会第70回全国大会プログラム委員会委員(平成19年)
  8. FIT2007担当委員(平成19年)
  9. 電子情報通信学会和文論文誌D「異文化コラボレーション」特集号副委員長(平成19年 )
  10. 情報処理学会論文誌「人間中心のユニバーサル/ユビキタス・ネットワークサービス」特集号編集委員(平成19年 )
  11. 情報処理学会論文誌「インタラクションの理解とデザイン」特集号編集委員(平成19年 )
  12. 情報処理学会論文誌編集委員会 情報システムグループ 副査(平成18年6月〜平成19年5月)
  13. 情報処理学会論文誌「情報教育〜理念・理論・実践〜」特集号編集委員(平成19年 )
  14. 国際会議IWIC2007ローカルアレンジメント Co-chair(平成19年)
  15. 情報社会のデザイン シンポジウム実行委員(平成18年)
  16. 情報処理学会論文誌「社会システムと向き 合うネットワークサービス」特集号編集委員(平成18年 )
  17. FIT2005プログラム委員(平成17年1月〜平成17年9月)
  18. 情報処理学会平成17年度論文賞委員会委員(平成17年7月4日〜平成18年5月20日)
  19. FIT2005担当委員(平成17年)
  20. 電子情報通信学会 異文化コラボレーション時限専門委員会 幹事(平成17年4月〜)
  21. 情報処理学会「ユビキタス社会におけるコラボレーションサービス」特集号 編集委員(平成16年12月〜 )
  22. 情報処理学会グループウェアとネットワークサービスワークショップ2004 実行委員(平成16年)
  23. 情報処理学会論文誌編集委員会(ネットワークグループ→情報システムグループ)(平成16年6月〜平成20年5月)
  24. International Journal of Knowledge-Based Intelligent Engineering Systems Editorial Advisory Board(平成14年12月〜)
  25. 情報処理学会モバイルコンピューティングとワイヤレス通信研究会運営委員(平成13年4月〜)
  26. 情報処理学会グループウェア研究会運営委員(平成13年4月より,グループウェアとネットワークサービス研究会)(平成12年4月〜平成17年3月)

略歴

西暦和暦学歴
1988年3月昭和63年3月鹿児島県立加治木高等学校卒業
1988年4月昭和63年4月鹿児島大学工学部電子工学科入学
1992年3月平成4年3月鹿児島大学工学部電子工学科卒業(指導教員:宗森純)
1992年4月平成4年4月鹿児島大学大学院工学研究科修士課程電気工学専攻入学
1994年3月平成6年3月鹿児島大学大学院工学研究科修士課程電気工学専攻修了(指導教員:宗森純)
2001年10月平成13年10月博士(情報科学)東北大学 取得(指導教員:白鳥則郎)

西暦和暦職歴
1995年3月平成7年3月鹿児島大学工学部電気電子工学科通信システム工学講座助手(伊藤士郎研究室)
1998年4月平成10年4月鹿児島大学工学部生体工学科生体電子工学講座助手(湯ノ口万友研究室)
2001年3月平成13年3月和歌山大学システム工学部デザイン情報学科助手(任期付)(宗森純研究室)
2004年4月〜
2013年3月
平成16年4月〜
平成25年3月
和歌山大学システム工学部デザイン情報学科助教授(平成19年度より准教授へ職名変更)
2005年11月〜
2006年3月
平成17年11月〜
平成18年3月
情報通信研究機構 専攻研究員(短時間),言語グリッドプロジェクト
2006年4月〜
2010年3月
平成18年4月〜
平成22年3月
情報通信研究機構 短時間研究員,言語グリッドプロジェクト
2013年4月〜
現在
平成25年4月〜
現在
和歌山大学システム工学部デザイン情報学科教授

(ほかに出すべき情報があったら連絡ください.間違いなども連絡もらえるととってもうれしいです!)