和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

 

こんばんわー、広報マネです。

さてさて今回も、恒例となりつつありますOBOGさん特集でお送りしたいと思います!

 

 

前回の大谷陽香さん(シス工精密物質学科卒、大学院修了)

 

前々回の吉永 規夫さん(シス工環境システム学科卒、大学院修了)に引き続き、

 

今回も大学案内取材で知り合えましたOBさんレポート、

光メカトロニクス学科出身の清水一平さんをご紹介したいと思います。

ippei_shimizu.jpg

 

おなまえ:清水 一平 さん

卒業(修了)年月:
2009年03月  システム工学部 光メカトロニクス学科 卒業
2011年03月  システム工学研究科 システム工学専攻 修了

出身高等学校:大阪府立久米田高等学校

勤務先: 東京エレクトロン株式会社 【現在は出向中】東京エレクトロン宮城(株)

 

 

今回も一問一答方式で、お話を聞かせて頂いております。

 

Q.現在の勤務先の業種と業務内容の種類を教えてください。 

A.業種は機械(メカ)設計、業務内容はプラズマエッチング装置の設計開発です。

 

Q.現在携わっている仕事内容について教えてください。

A.半導体を作るための「半導体製造装置」、その中でもエッチング工程で用いられるプラズマエッチング装置の研究開発に携わっており、私はその中でメカエンジニアとして、装置の設計開発を行っています。半導体は、PCやスマートフォンなどほとんどの電子機器に組み込まれていますので、電子機器の進化は自分達の仕事にかかっているといっても過言でありません。プレッシャーは大きいですが、日々やりがいを感じながら研究開発に取り組んでいます。

 

Q.授業や卒業研究など、大学(大学院含む)で学んだこと、今の仕事にどのように活きているかを教えてください。 

A.大学では光・機械・電子分野の基礎知識を学び、大学院では大学で学んだ基礎知識を基に人工筋肉アクチュエータの研究を行いました。

和歌山大学の光メカトロニクス学科は、他の大学でも類を見ない、光・機械・電子と幅広く学ぶことが出来る学科です。今私が手掛けている半導体製造装置はあらゆる技術が凝集された装置ですので、幅広い分野の知識が必要になります。上記3分野で全てをカバーできているとは言えませんが、大学時代にこれらの分野を学んでいたことは仕事を進める上で大きなアドバンテージになっています。

また、大学院では研究開発を進める上での”いろは”を学ぶことが出来ます。毎日、研究室にこもって実験を行い試行錯誤しながら研究を進めた日々が今では懐かしいですが、あの経験があったからこそ今の自分があると思っています。学生の皆さんには、是非大学院まで進学することをお勧めします!!

 

Q.現在、システム工学部、システム工学部研究科で学んでいる後輩やこれからシステム工学部を受験しようと思っている高校生に向けてアドバイスをお願いします。

A.学生の間に自分のやりたいことを見つけて、全力で取り組み、やり遂げてみてください。勉強、研究、語学留学、クラブ活動、何でも構いません(個人的には語学留学がオススメです)。

何か一つでも全力で取り組んでやり遂げた経験は、社会に出てからも役に立つ大きな経験になります。システム工学部、システム工学研究科には、ものづくりを体験できる『クリエ』や数多くの研究室、各種制度など手助けしてくれる環境が整っています。勉学も遊びも何事も全力で、学生生活を精一杯楽しんで下さい!


以上、清水さんのレポートです、素敵なコメントをありがとうございました!
光メカトロニクス学科を目指すみなさん、ぜひぜひ参考にしてみてください。

広報マネがお送りしました!!
 

mixiチェック    

投稿者:皆藤 昌利 皆藤 昌利

コメント(0)

お名前

メールアドレス(※公開はされません)

コメント(※HTMLタグは使用できません)

トラックバック(0)

トラックバックURL