和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

 

こんにちわ、広報マネです。

 

 

前回の吉永 規夫さん(システム工学部環境システム学科卒)に引き続き、

大学パンフレットの取材でお知り合いになれた卒業生レポートをしていきたいと思います☆

 

 

 

今回ご紹介するのは、システム工学部精密物質学科から大学院に進み、

現在は一般財団法人化学物質評価研究機構で働かれている、大谷陽香さんのご紹介です。

大谷陽香写真 (1).JPG

大谷 陽香 さん

卒業(修了)年月:大学院システム工学研究科2012年3月修了

出身高等学校:和歌山信愛女子短期大学附属高等学校

勤務先:一般財団法人化学物質評価研究機構 高分子技術部 技術第一課

 

 

一問一答方式で、お話を聞かせて頂きました。

 

Q.現在の勤務先の業種と業務内容を教えてください。 

A.技術職です。依頼された試験片(主にゴムやプラスチックの高分子材料)の物理試験を行い、報告書にまとめ依頼者に提出しています。

 

 

Q.現在携わっている仕事内容について教えてください。

A.企業から依頼された試験を実施しています。現在は物理試験を行っており、品質管理のための試験から、製品開発のための試験、今まで実施されたことのない試験を検討して行っています。

品質管理の試験では、自分の試験結果で商品が市場にでるか否か決まることもあります。また試験を正確に実施することで、その商品を手にする消費者の安全を守ることに繋がっているため、重要な業務を行っていると感じます。

試験結果をもとに電話で依頼者と話すこともあり、自分自身も依頼企業の開発業務に携われていると感じます。

 

 

Q.授業や卒業研究など、大学(大学院含む)で学んだことを教えてください。またその学びが、今の仕事にどのように活かされているか教えてください。 

A.化学を中心に学んでいましたが、授業は物理、情報、環境等様々な分野の講義を受けていました。今でも教科書を開き調べものをするのですが、板書したノートを見返すと、学生のときは気づいていませんでしたが、わかりやすくまとめられており、今さらながら先生方に感謝しています。

研究室は、分析する手法の開発から材料開発まで幅広い研究を行っている研究室に所属していました。研究室や大ゼミ(様々な研究室が集まって研究発表する講義)では、自分の研究だけでなく他の研究内容も多く学ぶことができ、そのため幅広い知識が身に着いたと思います。現在の業務では、大学の研究と直に関係はしませんが、業務の研究でアイデアを多く出せたり、ふと聞く研究内容が理解できるのも大学で身に着けた知識のおかげです。また、学会に参加でき、非常に良い経験を積むことができました。自分の研究を深めることができたのはもちろんのこと、他人に「伝える」技術を学ぶことができました。自分の考えを論理的に書いたり発表する技術は、大学だからこそ学べたことだと思います。

 

 

Q.現在、システム工学部、システム工学部研究科で学んでいる後輩やこれからシステム工学部を受験しようと思っている高校生に向けてアドバイスをお願いします。

A.和歌山大学では、幅広い知識を身に着ける授業がもりだくさんです。受講時は理解するのに大変で、将来役に立つなんて思うのは難しいと思います。ですが、技術者や研究者には幅広い知識が重要だと思います。幅広い授業をマスターするのも、なんとなく受講し受け流してしまうのも自分次第。遊びも勉強も一生懸命して充実した大学生活を送ってください。

 

以上、大谷さんのQ&Aでした。

精密物質学科やシステム工学部を目指す皆さん、ぜひぜひご参考ください。

 

広報マネがお送りしました☆

mixiチェック    

投稿者:皆藤 昌利 皆藤 昌利

コメント(0)

お名前

メールアドレス(※公開はされません)

コメント(※HTMLタグは使用できません)

トラックバック(0)

トラックバックURL