和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

光の研究

2014/04/24

みなさんこんにちは!
大学院システム工学研究科 1年生の谷口 祐太です!

お気づきでしょうか。
先月までわたくし、

● システム工学部 光メカトロニクス学科 4年生 (Second season)

だったのですが
このたび和歌山大学大学院に進学いたしましたので、これからの所属の正式名称は

● 大学院システム工学研究科 博士前期課程 システム工学専攻 物理工学クラスタ 1年生

という超ロングネームになってしまいました。

大学院とは、大学の学部課程のさらに上に設置されていて、学部課程よりも
さらに専門的な講義や研究活動を中心とする教育・研究機関です。

和歌山大学では卒業生のうち、システム工学部だと半分くらい、
教育学部だと約1割、経済学部と観光学部は数名の学生が大学院へ進学しています。

 

今回のブログテーマは「新学年で挑戦したいこと」ですが
そんな大学院生になった私が新年度に挑戦したいこと、
それはすばり「学外での研究発表」です。

大学の学部課程4年生のときにも、卒業研究という研究活動は行ってきましたが
専門的な知識が乏しく、成果がでるのにも時間がかかってしまったので、
私が去年度1年間で得た学外での発表の機会は1度だけでした。

そこで今年度はしっかりと研究活動を進めて、研究成果を学外で発表したいと思います。

学外発表のメリットはやはり会場に発表分野の専門家が多いことだと思います。
たとえば、光学の学会での発表となると会場は光学の専門家ばかりになります。
そうすると発表について質疑応答で質問される内容も高度なものになり、
重要な意見を聞ける機会もぐっと増えます。

 

ちなみに私の研究の対象は、光とコンピュータ
実験室では真っ暗な部屋の中、He-Neレーザの赤い光と、パソコンの画面の青白い光に
顔を照らされながら怪しげな雰囲気で研究活動を行っています!

IMG_9757_re.jpg
なんか「The 実験」って雰囲気でしょ?

大学・大学院は教育機関であり、また研究機関!
自分の研究成果はたくさんの人に知ってもらいたいので、どんどん学外での発表に
チャレンジしていきたいと思います!

mixiチェック    

投稿者:谷口 谷口

コメント(0)

お名前

メールアドレス(※公開はされません)

コメント(※HTMLタグは使用できません)

トラックバック(0)

トラックバックURL