和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

こんにちはー元気ですかー

経済学部二年生 梅原勝太ですー

オススメの授業を紹介しますー

金曜4限の教養の森 ゼミナールですー

まずは動画をどぞー

 

さて高校生の方いらっしゃいますかー

もちろんいらしゃると思います。

皆さんは現在、日々あらゆる文字の羅列から人が決めた文字の羅列を紡ぎ出す作業に没頭しているかと思います。

私自身そうでしたので。

 

 

自分自身が紡ぎ出す言葉は、自分の脳みそちゃんが考えて作ってくれたはずの言葉なのに案外、勉強を重ねて行くと模擬回答こそが最上のように謳われ自分らしさっていうのが無くなりはしませんが薄くなっていくことが多々あるかと…

 

大学でもそんな勉強はあります。

自分らしい答えが拾えなくなる。手からこぼれ落ちてしまう。見えなくなる。

 

非常に残念だと個人的に思います。

 

 

しかし教養の森ゼミナールは違います。

偶然同じ授業をとったみんなと議論し、問い、たまには否定を重ね自分という味わいに深みを持たせる。

 

この授業にだされる問題には答えはないとはいいません。誰もわからないだけで。

でも高校の勉強を否定するわけではないです。アウトプットするにはインプットがそれなりになければ成り立ちませんから。

高校生の皆さんは自分という料理の深みを持たせるための素材集めだと考え今の勉強を頑張ってください。

 

 

そして大学にきたら新しい勉強をしてみません?

たぶんいままで体験したことのない勉強を。

P5050092.JPG

答えってなんでしょうか?

mixiチェック    

投稿者:梅原勝太 梅原勝太

コメント(0)

お名前

メールアドレス(※公開はされません)

コメント(※HTMLタグは使用できません)

トラックバック(0)

トラックバックURL