和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

皆さんはじめまして~

経済学部市場環境学科2年生の池本拓真です。

今年からPRismに入らせていただきました^^

 

私が大学に入って早1年が経ちますが、学生団体やサークル、バイトなどで毎日をせわしなく送っています。そんな中でも今年から新たにPRismにも入り、さらに忙しくなる事が予想されますが(笑)、やりたいことは全部やりたい人なので何事も楽しみながら頑張りたいと思っていますshineshine

 

 

さて、今回のブログのテーマは、「前期、こんな講義受けてます!」です。

今回、私が紹介したいのは、木曜3限目にある教養科目「国際開発論」です!

 

この講義では、主に途上国における“開発の問題”について学びます。

援助の必要性や問題点、国際開発や日本のODAはどうあるべきなのか?などを学んでいます。

講義の方式は、主にグループに分かれてロールプレイングをしたり、ディスカッションをしたりしています。最後にはプレゼンテーションも行います。なかなか教養科目でこういったこと実践的な能力を養えるのは珍しいのではないでしょうか~

 

今は“貧困問題”を解決するにはどうすればいいのか?をPCM(Project Cycle Management)という技法を使い、貧困問題の原因はどういったものがあるのか、また貧困からどういった結果が生じるのか、を皆で考えています。DSC_0304.JPG

このように、真ん中の中心問題(今回では貧困問題)から、それの直接的な原因・結果を皆で議論し合い考えます。

Ex)貧困の直接的な原因は収入が少ないから。収入が少ない直接的な原因は・・・といった風にtyphoon

DSC_0302.JPG

 

またこの講義は、毎年3月にフィールド・ワーク(インドネシア・プログラムの推奨科目)が行われます。渡航費等は実費なので希望者だけですが、実際に現地に赴き、リアルな問題について考える事もできますよ^^

私は今年の3月にこのプログラムに参加しましたが、日本にはないリアルな現実を見たり、国際協力の必要性やその難しさ、色々考えさせられました。(ちなみに観光とか大学交流もありますよ~楽しいですよ~笑)

DSC03405.JPG

これはインドネシアの小学校を訪れた時の写真ですnotes

 

この講義は、授業で学んだこと・考えたことを実際の現場を訪れ、さらに自分の知識や見聞を深められます。大学の講義は座学だけでなく、フィールド・ワークなどで実際に自分の肌で感じ、学べる機会もあるんです~shine

mixiチェック    

投稿者:池本拓真 池本拓真

コメント(0)

お名前

メールアドレス(※公開はされません)

コメント(※HTMLタグは使用できません)

トラックバック(0)

トラックバックURL