PRism(プリズム)

和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

2014年9月 の記事一覧

こんにちは経済学部2回生の高柳です!

夏の暑さも緩みだいぶ過ごしやすくなりましたね。

和歌山大学の夏休みももうすぐ終わりです。私の約2か月にわたる夏休みをご紹介します。


私は夏休みの多くの時間を和歌山城での「城プロジェクト」という活動をして過ごしました。

城プロジェクトとは大まかに言うと和歌山城の忍者が来場者の方におもてなしをするというものです。

和歌山城が平山城という天守閣が山のように小高い場所に立っているという特徴から、城プロジェクトではおもてなしとして足の不自由な方を特殊な車いすを使って天守閣前広場に運んだり、親子で来ている方のベビーカーの天守閣前広場への移動をお手伝いしたりということをしています。その他に城内の簡単な道案内や来場者との交流もしています。

活動をしている中でいろいろな場面があり、とても充実した時間を過ごすことができました。

車いすの方の案内をした時「登りたかったんだけど諦めてたんだ。ありがとう。」「すごく楽しかったよ。来てよかった。」と沢山ありがたい言葉をもらったり、

いろいろな国・地域から来る観光客の方と交流しているなかで驚くような出会いがあったりもしました!!

osirotowatashi.JPG

(快晴の和歌山城はとてもきれいです!)


私は夏休みの多くの時間を和歌山城での活動をして過ごしましたが、活動がない日には高野山や白崎海岸に行き和歌山を満喫しました!

金剛峰寺.jpeg

(高野山の金剛峰寺。この日はたまたまお寺の行事があった関係でたくさんのお坊さんがいました。)

また和歌山だけでなく地元の花火大会にも行くことができました!


夏休みはまとまった時間を自分の好きなように使うことができます。

海外に積極的に留学に行く、国内のいろいろなところに行く、自分のしたい活動・研究に打ち込むなどいろいろなことに挑戦するチャンスでもあります。

今は受験に向かって時間に追われ、まとまった時間がとれずに自分の挑戦したいことに挑むチャンスがなかなかつかめないかもしれないですが、今は挑戦したいことに向かうためにエネルギーを貯める期間かもしれません。その挑戦に向かい、自分の将来に向かい頑張ってみてください!!


それではまた!

mixiチェック    

投稿者:高柳裕一 高柳裕一

夏の終わり

2014/09/26

観光学部1年の国松です~

和大の夏休みももうすぐ終わりですが、

みなさんどのような毎日をお過ごしでしょうか?


今回のテーマは「和大生の夏休み」でございます。

私はこの夏、人生初の事をいろいろと経験しました!

夏フェスに行ったり、コンタクトデビューをしたり、

高校の友達と江ノ島旅行に行ったり、DSC00496.JPGのサムネイル画像

DSC00663.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

DSC00634.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

江ノ島丼!美味!


そしてこの、学生広報チームPRismの2泊3日の合宿に参加したりしました。

合宿は、我が和歌山大学の山本学長が大学生活を過ごした京都を訪れて、

学長が大学生だった時代・私達の大学生活・これからの大学生活について考える、

ということを目的に行いました。

無題ok.pngのサムネイル画像

1日目は京都大学

DSC06536.JPG
2日目は京都の大学をいくつか視察(これは龍谷大学の深草キャンパス)

DSC06643.JPG

3日目は、実際に京都大学で学生生活を過ごした方々に、

当時の様子を振り返りながら案内していただきました。


夏休みにアルバイトをするのも初めてでした。笑

高校生の頃と比べるととてもアクティブな夏でした!

特に、1年半ぶりに会った友達とのひたすら楽しい江ノ島旅行と、

和歌山大学や大学生活を見つめなおすきっかけともなった合宿は、

思い出深いものになりました~。

来年の夏は、遊びつつ、資格の勉強もしていきたいなと思います。

mixiチェック    

投稿者:国松陽 国松陽

教育学部学校教育教員養成課程生物学専攻、2回生の村井 聖です。

夏休みももう終盤なのですが、今回のテーマは「和大生の夏休み」です!

夏休みを振り返ってみると、本当にいろいろな経験をすることができた夏休みだったなーと感慨深くなってしまいます(笑)

そのいろいろ経験できた夏休みのなかでも一番記憶に残っているのは、和歌山県の串本へ旅行に行ったことだと思います。

では、そもそも何故串本へ行くことになったかというと、串本の海は沖縄の海に次ぐ美しい海とテーブルサンゴが存在しているという話を耳にしたからです。
生物専攻に籍を置きながらその美しい海達をまだ見たことがないというのは、恥ずかしすぎるのではないか?と自分のなかで勝手に思ったのです。(笑) (その海達を自分の目で見てみたいという気持ちももちろんありましたが)

その行きたいという旨を友達に伝えると、友達もずっと行ってみたいと思っていたらしく、それで串本へ旅行に行くことになりました。

そして行った感想なのですが、本当に最高でした。
ちょうど台風がきたあとだったこともあり少し水は濁っていたのですが、それでも十分な透明度と大きなテーブルサンゴも見ることができました!
僕たちはダイビングのライセンスを持っていないのでシュノーケリングでみたのですが、ちゃんとダイビングで見ていたらと想像するとぞっとしますね。

いろいろな熱帯魚も間近でみることができました。カクレクマノミやハコフグなどみなさんもすぐに想像できてしまうような魚たちです。
しかし潜っている際中に突然岩陰からウツボが出てきたときは本当にびっくりしました(笑)ビックリしすぎて口から多量の酸素が泡となってでていったくらいですからね(笑)

絶対にダイビングのライセンスを来年はとりたいと思います!

こんな感じで串本旅行は本当に強く印象に残っています。

みなさんも来年の夏は是非串本へ行ってみてください!

最後にこれは、串本海中公園の水中の窓から撮影したハコフグです!
photo.php.jpg

mixiチェック    

投稿者:村井 聖 村井 聖

こんにちは!観光学部2回生

後期が始まりそうで成績にどきどきしてる橋井智美です!


お久しぶりではありますが、今回もブログ書きますよ~!

今回のテーマは「和大生の夏休み」ということで・・・

私は9月あたまから二週間インターンシップで隠岐の島(島根県)にいってきましたよ!

実は、隠岐の島って島前・島後からなる4つの島のことを言うんですね。

私が行ってきたのは、島前のうちの海士町です!海士町の隠岐自然村というところで宿泊をしながら日々島暮らしをしてましたよ(。・ω・。)

799704586645259561_1159323952.jpg

初日のイカさばきにはじまり、東大生(東京)や鳥大生(鳥取)時には映画スタッフのお世話をしながら島観光でいま注目を集めつつある隠岐の謎についてしっかり勉強してきました!

私のインターンは大学から出されたインターンとは違い、自主的に応募したものですが二週間という短い期間中に環境省が中心になって行うエコツアーの検討会にも参加して

生の観光ができあがるすがたというのを目の当たりにしました。

803255922280220096_1159323952.jpg

隠岐はIターンやUターンで来た人が多く、

来た人の多くは口を揃えて地方もすてたもんじゃないっていうんです。

また、埼玉から隠岐を視察にきた子ども塾のひとのお話を聞いていると

「都会の子が地方の子にいろんなスキルを教えるように、地方の子も都会の子にたくさんのことを教えてあげることができる。

そうやっていろんな人が相互におしえあうことに意味があるんじゃないかと僕は思うんだよな」っておっしゃってて

場所なんてどうでもよくて人間は足りないものを補うことが出来る生き物なんだと改めて気づきました。

そしてそれが実際に行われているのがここの魅力なのかなと思いました。

802803264083838154_1159323952.jpg

いま受験勉強をしてる子の中には、特にやりたいことがはっきりきまらなくて

場所だけで進学先を決めようとしている子も中に入るんじゃないでしょうか?

わたしもやけになって場所だけで大学を決めようとしていたことがありました。

でも、場所なんかじゃなくてここで今自分に何が出来そうかまた何がしたいか
それが一番大事なんじゃないかなと思います!

寒くなってきましたが風邪をひかずに頑張っていきましょう~!!!

803481221911660467_1159323952.jpg

mixiチェック    

投稿者:橋井智美 橋井智美


こんにちは!お久しぶりです!


最近はボルヴィックの水の買いだめをしてる山本です。

経済学部3回生で毎日楽しんでいます。

買いだめにハマりそうな山本は、

今回のブログテーマ「和大生の夏休み」に2回目の登場です!


前回のブログから今回までのあいだに

私が所属している硬式野球部は近畿地区学生体育大会で優勝し

今は近畿学生野球連盟の秋季リーグを戦っています!

syugo.jpg

リーグ戦は長いですが、試合を重ねるたびチームがたくましくなっていくので楽しいです。

minnnamiteru.jpg

今季もすでに8試合終えて、残り少ないので

しっかり頑張っていきたいと思います!


部活も今回で3回目の夏です。

マネージャーをしていて何が得られたとか、今はまだよく分からないし

すぐに探そうとも思いません。


それは、入学してから何日かしたときのガイダンスで

「大学は就職予備校ではありません」と言われたことを

今でもたまに思い出すからです。


「就活のために」過ごすことがすべてではないと思うのです。


誰にとってかわからないような正しいか正しくないか

という基準にふりまわされるのは、もったいない気がするのです。


自分のしていることに、いっぱい悩んで考えて、

そして、おもしろくて、楽しいことができるように

感じて、学んでいけたらなって思うんです。



1回生と2回生の夏休み、部活の毎日で精一杯でした。

友達も他の部活に入っていて遊べなかったり、

疲れて洗濯物もせず、ごはんも食べず寝てしまうときもありました。

自分がマネージャーとしてなにができるのかわからなくって

無気力だった時もありました。

それでも硬式野球部が好きで3回目の夏休みを迎えました。

1回生の時とは確実に違う自分がいます。

自分がおもしろくて、楽しいものを続けてきたら

自分のダメなところもいっぱい見つかりました。

そのぶん自分らしさも見つけてこれたと思います。



自分のためだけに使える夏休みを

自分のおもしろいか、楽しいかという基準で過ごせる大学生のうちに

最高におもしろくて、楽しいことをして

自分をたくさん知っていけたらいいなって思います!

そしたら人のことも大切にできるのではないかなーと思っています!

miya_blog.jpg



まだ少し、夏休みは残っているので

全部楽しんでさらに、おもしろい夏休みにしたいと思います。




mixiチェック    

投稿者:美弥 美弥

みなさんこんにちは!
システム工学研究科1年生の谷口祐太です。

普段からバイクに乗っているのですが、夜にバイクに乗ると
ついに寒いと思ってしまう季節になりました...
でもカーディガン男子な私にとっては過ごしやすい気候です!

今回のテーマは「和大生の夏休み」ということで
私の夏休みの定番をご紹介したいと思います。


夏といえば、海!!
和歌山の夏の海といえば、白浜!!
IMG_9085.JPG
白良浜海水浴場です!!

なのですが、毎年夏に白浜へは行くのですが、
白良浜海水浴場へ遊びに行くことはほとんどなくて...

いつもはこちら、南紀白浜空港へ行きます!
IMG_1003.JPG

私は和歌山大学ソーラーカープロジェクトに所属していて
大学内にある協働教育センター(通称:クリエ)という場所で活動しているのですが
毎年夏休みや春休みを利用して、南紀白浜空港の滑走路をお借りして
自分たちが作ったソーラーカーの走行実験をおこなっています。

IMG_6020.JPG

滑走路といっても南紀白浜空港にある2本の滑走路のうち
現在は使われていない古い旧滑走路を利用するので
飛行機と一緒に走ったりなんてことはありません(笑)

ソーラーカーのレースは毎年8月上旬に鈴鹿サーキットで開催され
私の所属するソーラーカーチームはこのレースで優勝することを
目標にしているのですが、鈴鹿サーキットを走る機会は練習の走行会と
本番のレースの2回しかなく、しかも公道を走れないソーラーカーは
なかなか広い場所を走らせることができません。
そこで和歌山県内にあるこの南紀白浜空港の旧滑走路で
走行実験をおこなっているというわけです。

この旧滑走路は、私たち以外にも他のソーラーカーチームや
はたまた鳥人間コンテストに出場するチームが機体の実験に来られたり
空港でイベントがあるときには臨時駐車場になったりするそうです。

レースでもアクシデントがつきものなソーラーカーですが
走行実験でもなかなか完璧な状態で車を走らせるのは難しいです...
今年は天気予報も雨が降る予報でしたが
なんとか実験中は雨が降ることもなく、最終日は鈴鹿サーキットでの
レースを想定した4時間の耐久走行をおこなうこともできました!
IMG_6036.JPG


白浜へは和歌山から特急列車を利用して1時間半、
自動車なら高速道路を走って2時間弱です。
田辺市にある南紀熊野サテライトからは車で15分。

思ってたより近い気がしませんか?

白浜を含む南紀地域は2014年8月28日に
「南紀熊野ジオパーク」として日本ジオパークに認定されました!
ジオパークは大地の公園とも呼ばれ、自然に親しむための公園です。
白浜には白浜温泉、円月島、千畳敷、三段壁などのジオサイトがあります。

和歌山大学は南紀熊野ジオパーク推進協議会のアドバイザーに就任していて
観光学部の先生方がジオパークでの観光(=ジオツーリズム)などについて
研究されています!

白良浜で海水浴をするもよし、白浜温泉でまったり癒されるもよし
南紀熊野ジオパークで大地を感じるもよし
パンダに会いに行くもよし、海鮮に舌つづみを打つもよしですね!

ちなみに今年の白浜は、ソーラーカーの走行実験と
研究室の合宿が並んだので2泊4日(途中で1度家に帰る)という
不思議な行程でした...

夏休みが終わってしまったみなさんも
夏休みがまだ残っているみなさんも
夏はもうすぐ終わってしまいますよ!

夏のラストスパートを駆け抜けましょう!

mixiチェック    

投稿者:谷口 谷口

学びの夏!

2014/09/10

こんにちは。観光学部2年生の榎硲彩です。


ここ最近、朝晩が急に涼しくなりましたね。

だんだん秋に近づいているんだな~と感じさせられます。


今回のテーマは、「和大生の夏休み」です。

昨年の夏休みにはイギリスへ留学したので、また今年もどこかへ行ったりするの?とよく聞かれました。しかし、8月が過ぎた今、実はまだどこにも出かけていません!

その理由は、今年の夏休みには資格取得に挑戦しようと思ったからです。


ついこの間なんですが、国家試験を受けてきました!

私が受験した資格は、国内旅行業務取扱管理者といって、観光学部で学ぶ内容に関連する資格なんです。


旅行業務取扱管理者についてちょっと紹介します。

旅行業務取扱管理者は、主に旅行プランを企画したり、旅行客に旅行の申し込み内容を説明し、契約をしたりなど、旅行に関しての業務を幅広く扱います。

総合と国内の2種類があって、総合では国内・海外旅行の両方、国内では国内旅行のみを取り扱います。

今回私は、まずは国内の方から挑戦しました。


私は大学の講義や、イギリスやタイなど色々な場所へ行った経験などにより、「旅行」に関係することに、とても興味を惹かれました。

旅行業者ってどういう風に経営しているんだろう?どんな決まりがあるのだろう?

色々と疑問が湧いてきて、よし、勉強してみよう!と思い立ったのでした。


このように、資格の勉強で、自分自身で大学の学びをさらに発展させることもできると思います(^^)

私は後期から廣岡裕一ゼミへの所属が決定しましたので、ゼミで旅行ビジネスについてもっと学んでいきます!


pic.jpg


ということで、8月の私は勉強漬けの毎日でした!笑

残りの夏休みは、さっそく海外旅行に行ったり、英会話教室に通ったりなどして楽しく有意義に過ごしたいと思います!


pic2.jpg

mixiチェック    

投稿者:榎硲彩 榎硲彩

みなさんこんにちは!

教育学部学校教育教員養成課程2回生のにしむらでっすー(╯⊙ ω ⊙╰ )


今回のテーマは和大生の夏休み

わたくしごとですが、今までは大阪市内から通っていたのですが、

8月の後半に和大の近くで下宿をはじめました!∠(*°ω°)/

20140829143324_p.jpeg

玄関でお出迎えしてくれる愛しの「うぇるかむかば」。


大学から近くはなったけれど料理に洗濯に掃除に

自分でやらないといけないことたくさんで毎日めきめき生きている感じがします。



今回のブログではわたしが所属しているもうひとつの団体

実験工作キャラバン隊 について紹介します(`•ω•´๑)


実験工作キャラバン隊は主に和歌山市内の小学校に出向いて

子どもたちに科学のおもしろさ・楽しさを伝える活動をしているボランティア団体です。

学生たちで指導案や実験・工作の内容についてを考え、

模擬授業を繰り返し行って、1本の授業を作ってゆきます。

これまでは過去の先輩が残してくださった授業を受け継いで、ということが多かったのですが

今年の夏休みはたまたま出向がなかったので新しい授業作りに取り組んでいます!

20140908_113803.jpg先輩方のものを参考に作った指導案

20140908_113829.jpg

静電気の授業で使う実験道具を手作り

20140908_114817.jpg

こちらは光の実験を試しているところ

実際に子どもたちの前で授業をする自分の姿、

実験や工作に驚いたり喜んだりしてくれる子供たちの姿を思い描いて

残りの夏休みも精度を上げるべくがんばっていきます(^^)/


私が所属しているのは学生広報チームPRismと

紹介した実験工作キャラバン隊の2つ、

それから他のボランティアにたまに顔を出したり、ですが

どれも自分の「やりたい」が詰まっている活動です∠(*°ω°)/

わたしの新しい拠点ここ和歌山でまだまだ前進していこうとおもいまっす!

mixiチェック    

投稿者:西村藍 西村藍

2回目の投稿になります。
観光学部1回生の森脇です!

9月に入り、少し涼しくなると日が落ちるのも早くなりましたね。
秋の虫たちの声もよく聞こえるようになりました。

さて、今回のテーマは「和大生の夏休み」

私は、観光学部の活動のひとつである、1年間活動する
LIPといわれるインターンシップに参加しています。

そこで担当している和歌山県有田郡広川町にメンバー5人と
付き添いの先生の6人でこの夏休みを利用して合宿に行ってきました!

広川町は空気が澄んでいて、川の水もとても透けていてお魚がたくさん!
夜には満点の星空が広がりとても綺麗で、町のひとの笑顔も温かく、
とても優しい気持ちになれる素敵なところです!

今回の合宿の目的は、
①コスモス畑の草むしり②特産品の商品化について③地域の人との交流、です。

①コスモス畑の草むしり
広川町の津木地区には素敵なお花畑があり、秋にむけてコスモス畑の草むしりを
地元の方と一緒に2日間かけて行いました!前日が大雨でぬかるんでいたため、
足をとられるし、日差しはきついしで大変でした。

ただ草をむしるだけの単純な作業ならまだしも、コスモスの芽や、
少し成長したものが含まれるので傷つけないように意識を集中しないといけなかったので
余計に体力消耗しました。しかし雑草がなくなって、コスモスだけになった畑を見て、
もの凄い達成感とこの秋綺麗なコスモスが咲くことを想像すると、涙が出そうでした。

IMG_0090.JPG
IMG_0091.JPG


②特産品の商品化について
広川町には特産のツユアカネ」という見た目はすももにしか見えない、
立派な梅があるのですが、このツユアカネの商品化についてです。

IMG_0077.JPG

ツユアカネはとても貴重なので今回は市販の梅を代用して、
お昼に「梅とささみの昆布つゆパスタ」を作りました!
最後に大葉と、好みできざみ海苔とネギをトッピングして完成です。
昆布がいい味を出していて、ささみと梅も合う和風パスタはすごくおすすめです。
今度は梅のコンポートなど、デザートとしても何か作っていきたいと思っています♪
この1年で自分たちで開発し商品を作ろうと日々考え中です!

IMG_0040.JPG

IMG_0048.JPG


③地域の人との交流
地域の方が集まり一緒にご飯でも、と夕時に交流会を開いてくれました。
ご飯もとっても美味しくて、最後には流しそうめんまで用意してくれていました!
地元の子供たちにまじって恥ずかしながら、すごくはしゃいでしまいました(笑)

いろんなお話を聞きながら、自分たちがすごく迎えられていることを感じました。
一緒に何かしようと思ってくれている気持ちが伝わってきて、とても嬉しく、
私たちもそれに応えられるように、頑張っていきたいとの気持ちを強くしました。

IMG_0064.JPG

和歌山県有田郡広川町!とっても素敵な人と自然でできた町、
たくさんの魅力が伝わっていれば嬉しいです!

合宿の帰り、生しらす丼を食べて帰りました。
やっぱり和歌山には美味しいものがたくさんありますね~!
自然が多くて美味しいものがたくさんある和歌山に、
多くの人が和歌山に足を運んでくれて、好きになってくれることを願って、
私は和歌山の魅力を発信し続けていきたいと思います!


mixiチェック    

投稿者:森脇瑠美 森脇瑠美

ついに!

南海線・和歌山大学前駅に特急「サザン」が停まります!

難波駅から和歌山大学前駅まで50分に短縮されるとなると

大阪から通っている私には嬉しいニュース!

ダイヤ改正の10月18日が待ち遠しくてしょうがない観光学部1回の小島朋子です


大学生になってはじめての夏休み!

せっかくの約2ヶ月間ものながーーい夏休み

こんなに長く自由に使える時間があるのは大学生のうち!

有意義な夏にしたい!!


ということで・・・

今回のテーマ「和大生の夏休み」

私は8月に"長野県の須坂市"に行ってきました!

P1010399.JPG


この旅行は私にとっては特別な意味のあるものでした

須坂市は私の観光への考え方を変えてくれた地域なんです

初めは観光というと旅行する"娯楽"のイメージしか持っていませんでした

ひとそれぞれですが、みなさんも観光に対して娯楽のイメージは強く抱くとおもいます


そんなイメージを変えたのは私が高校生だった時

縁あって長野県須坂市で栽培されたぶどうやりんごを私の地元大阪で販売したり、

須坂市のPR活動を手伝う機会がありました


そこで須坂市の広報活動を仕事にされている方々に出会い、話を聞くうちに

観光が地域の活性化に重要なツールにもなることを知りました


「地域活性化ってどうやってするの?」  「観光の可能性を知りたい!」

疑問と好奇心がむくむく湧いてきて

和歌山大学 観光学部で学びたい!!という思いが強くなったのを覚えてます



そして大学生になって初めての夏休み


その須坂市を訪れ、

高校時代に販売をお手伝いしたぶどうやリンゴを栽培されている農家さんにも会い

ぶどうやりんご造りへの思いをきけました


「地域の気候や立地の特徴を活かして美味しいものを造っているんだ」

と優しく話してくださる表情から農業への誇りをじーん。

と感じるものがありました

P1010391.JPG


さらに!

この須坂市での出会いと経験は大学内での活動へと繋がっています


紀の川市で採れる6種類ものフルーツでまちを盛り上げようと

『和歌山県 紀の川市活性化プロジェクト』にこの夏から3年間にわたる活動がスタート!


9月24日から和歌山大学内の活動のひとつ『地域インターンシップ・LIP』で

和歌山県かつらぎ町と岩手県で農家民泊をして

農業をお手伝いしたり、採れたものを販売したり、農家さんとの交流!


と大学での活動の輪をどんどん広げています


和歌山県紀の川市でいっしょに紀の川市を盛り上げようと活動する人や

かつらぎ町や岩手県の農家さんとの出会いにもわくわく!


そしてこの広がった輪をこれからどんどん大きくしていこうとおもいます!!

mixiチェック    

投稿者:小島朋子 小島朋子

9月に入って、和大生の夏休みは半分が過ぎちゃいましたーー

こんにちは2年生の河村です

今回のブログテーマは「和大生の夏休み」とのことです。僕はインドアよりアウトドア派なのですが、大学生になってさらに活発に行動するようになったと思います。

中学生は地元の駅前を拠点にして遊び、高校生になると大阪市内などに頻繁に出かけ、大学生になると、先輩や自分の車、バイクに乗れるようになったりして行動範囲はさらに広がります!

このブログを見ている高校生も、大学生になったら自分たちで運転する、車やバイクで行く楽しい場所を見つけていきましょー

ということで今夏僕が行った自然・絶景を写真ごとに紹介していきます



unnamed2.jpg

上の写真は和歌山県田辺市の大塔青少年村でのものです!ロッジを借りて宿泊し、川遊びやBBQを楽しみました!

下の写真のように飛び込みもできますよ!

unnamed1.jpg



上の写真は、本州最南端の潮岬の灯台から撮った写真です。風が強くて気持ちよかったです!


下の写真は、和歌山県日高郡由良町の白崎海岸の近くで撮った写真です!この日は台風の影響で天気も良くはなく、波が高かったのですが、それはそれで趣がある風景でした。



5.jpg8.jpg






4.jpg3.jpg


これは不登校児支援のプラットホーム部のキャンプで行った、和歌山県かつらぎ町の花園中学校で撮った写真です!

毎年夏休みの時期に、学校などを借りてキャンプをし、子どもたちとかけがえのない思い出を作っています!

中学校の隣に川が流れていて、夜は星もきれいでとても良い場所でした^o^


6.jpg

これは和歌山県ではないのですが、お隣三重県熊野市の丸山千枚田の写真です!観光スポットとして有名で、実際に見ると写真の何倍も迫力があります!


unnamed.jpg11unnamed.jpg

ラストは世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」から、上は那智の滝、下は獅子巖です!

この日の那智の滝は前日までの雨のため水量が多く圧巻でした。獅子巖は条件が重なって夜に月と一緒に見ると最高に美しく見えるそうです。



まだ夏休みは半分しか経ってないのですが、今年はいろいろなところに行きました!

さきほどは、「大学生になって行動範囲が広がっていく」と書きましたが、ブログを見てくれている受験生・高校生のみなさんも、和歌山大学の見学のついでに、和歌山の絶景・自然を楽しんでみてはどうですか??

mixiチェック    

投稿者:河村俊貴 河村俊貴