和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

こんにちは、システム工学部一回生の山崎大輝です。

10月になり、以前に比べると冷え込んできましたね。そのせいで私は先週風邪をひいてしまいました・・・(泣)

みなさんは私みたいにならないよう、十分体調に気をつけてくださいね!


さて、今回のブログのテーマは「読書の秋

実を言うと、私はあまり本を読みません。ですが、そんな私にも他の人に是非読んでもらいたい、オススメしたいという本があります。


その本はこちら

book.png

梅原大吾さんの「勝ち続ける意志力」です。

筆者の梅原さんはプロ・ゲーマー(ゲームをして大会の賞金やスポンサーからの報酬などを貰う人のこと)として活躍しています。

2010年8月には「世界でもっとも長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」としてギネスに認定されるほどの腕前です。

もし興味を持たれましたら、是非動画サイトなどで検索してください。





そんなプロのゲーマーが書かれている本なので

「内容もゲーマー向けなのかな?」と思う方もいるかもしれません。

私も内容を読むまではゲーマー向けの本だと思っていました。

しかし、実際にはそんなことはありませんでした。

むしろゲームをまったく知らなくても読むことができます。




この本では、勝負事で勝つ方法や勝つための努力の仕方、そして筆者が勝てるようになった過程で学んだことについて書かれています。

そして、特に重点が置かれているのはタイトルにもあるとおり「勝ち続けること」について。

ここで注目してほしいのは、筆者が言いたいのはただ「勝つこと」ではなく「勝ち続けること」だという点。

この二つは一見同じように見えますが、本質は異なります。

それらの違いがわかりやすく書かれています。


そして私がこの本をオススメする理由は、この本を読むことで筆者の考え・生き方を学ぶことができるからです。

やはり実際に世界一になった方の考えに触れることは良いものです。説得力も他の本に比べると格段に強いです。




人によっては   「ゲームの世界一なんて何がすごいのかわからない。」   と思う方もいるかもしれません。

ですが、そんな人でもこの本を読んでいただきたい。

筆者の考えはゲーム分野だけでなく、他分野でも活かせる考え方だから。私はそう考えています。



mixiチェック    

投稿者:山﨑大輝 山﨑大輝

コメント(0)

お名前

メールアドレス(※公開はされません)

コメント(※HTMLタグは使用できません)

トラックバック(0)

トラックバックURL