PRism(プリズム)

和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

ako ako の投稿記事一覧

暑い日が続いていますが、夏バテしていませんか?
今日も涼しい研究室でテスト勉強をしているシステム工学研究科1年の阿児(あこ)です。
 
和歌山大学では明日から前期の試験がスタート。図書館でもたくさんの学生が勉強しています。
そんな和歌山大学生にとっては忙しい時期ですが、大学の周囲では面白いことがたくさん!
 
 
まずは
今年、和歌山にプロバスケットボールチームが出来たことをご存知ですか?
その名は和歌山トライアンズ(http://www.trians.jp/)!
本日はそのトライアンズの記者会見に行ってきました。
記者会見では、ジェリコ・パブリセヴィッチヘッドコーチとキャプテンの永山誠選手が登場。
全日本代表チームのヘッドコーチも務めたジェリコヘッドコーチ。トライアンズでは「地元の方々に喜んでいただきたい。最後まで諦めずに戦うことを約束します。」と力強く語ってくれました。
キャプテンを務める永山選手も「チームが同じ方向を向いて和歌山を盛り上げていく。ジェリコヘッドコーチの練習はハードで、練習前からとても緊張している。」とジェリコヘッドコーチ合流後初めての練習を前に、冗談も交えながら意気込みを語ってくれました。
トライアンズ.png
(左がキャプテンの永山選手、右がジェリコヘッドコーチ)
 
トライアンズの注目ポイントは堅守。全員でディフェンスを行い、チームとしてのプライドを見せます。
IMG_2504.JPG
(ジェリコヘッドコーチが合流してから初めての練習)
 
ファンクラブの会員入会(http://www.trians.jp/fanclub)がスタート。チケット販売はまもなくスタートと、戦闘態勢が整いつつあるトライアンズ。
学生広報チームPRismも和歌山トライアンズ創設元年を応援しています!これからも最新情報を発信していくので要チェックですよ!!
 
 
2つ目は
クリエソーラーカープロジェクト(http://wadaisolarcar.blogspot.jp/)がソーラーカーレース鈴鹿に出場します。
8月3日はUstream(http://www.ustream.tv/channel/solar-car-race-suzuka2013-jaf)でレースの様子が配信されます。
和歌山大学クリエソーラーカープロジェクトを応援しよう!!
 
3つ目は
和歌山大学よさこいサークル「和歌乱」(http://wakaran1107.jimdo.com/)がおどるんや2013~第10回 紀州よさこい祭り~(http://www.kishu-yosakoi.jp/2013/)に参加します。
今年のテーマは「笑time!」。笑顔で暑い夏を吹っ飛ばそう!!
 
 
トライアンズ、ソーラーカープロジェクト、和歌乱ととても楽しみなことばかり(〃ノωノ)
高校生の皆さんは夏休みの宿題をちゃちゃっとやって、夏休みを満喫してくださいね(^―^)
mixiチェック    

投稿者:ako ako

いつもワダイ広報ブログを読んでくださっているみなさん、こんにちは。
大学院1年のあこです。
 
今回は大学生の一日ということですが、高校生の皆さんはどんな大学生活を想像をしているんでしょうか?

僕が高校生の頃は、『オレンジデイズ』のような大学生活を想像していました。

『オレンジデイズ』は妻夫木聡さん&柴咲コウさん初主演のテレビドラマです。
41GES1Y7ZHL.jpgのサムネール画像
ちなみに『オレンジデイズ』はDVDボックスも販売されているので興味のある方はぜひ!!)
大学の講義、就職活動、サークル、アルバイト、恋愛、、、
大学生ってこんなんなんかー。楽しそうで、ドラマチックなんかなー。なんて思っていました。

皆さんは、『オレンジデイズ』を見たり、今回のテーマでたくさんの大学生が書いている大学生の1日も参考にして想像を大いにかきたてて、ワクワク(?)してください。

 
 
 
それではさらっと金曜日の僕の1日の様子を。
朝はだいたい7時過ぎに家を出て、大学に向かいます。

1限目は佐藤くんも受講している(http://www.wakayama-u.ac.jp/blog_koho/2013/06/post-303.php参照設計支援システム論の講義があります。

この講義は、僕の研究に用いる解析手法やそれに関わる知識や考え方を学ぶために受講しました。
 

2限目は人工知能論の講義です。

人工知能とは、人間の知能のメカニズムを解明し、コンピュータで再現し、人間と同じような思考や行動をさせようとする技術のことです。
最近では『電王戦』というプロ棋士とコンピュータ将棋ソフトによる将棋の対戦があり、コンピュータが勝利しました。
このコンピュータソフトの計算論理も人工知能に大きく関わっています。
人間の行動は複雑で、コンピュータは単純な決められたことしかできません。
この複雑なことをいかにコンピュータが再現出来るかが僕の研究の課題でもあります。
 

そして、3・4限は合同ゼミ。

となりの研究室と一緒に研究に関連する論文の発表や学会の発表練習、今後の研究の指針などについて話をします。
先週は新しく3年生が研究室に配属されたので、お菓子とジュースを食べながら歓迎パーティーもこの時間に行いました。DSCN0963.png
研究室は、研究の場であり、一緒に考え、悩み、時には楽しめる、そんな場所です。
 
それが終わってからは研究を続けて、お腹が減ると研究室のメンバーでふらっとラーメンを食べに行ったり、カラオケに行ったりします。
DSC_0171.jpg
(最近行った炎次郎のラーメン)
 
どうだったでしょうか?
本当に平凡な1日で、ドラマチックなことはありませんが、研究もプライベートも満喫する。
こんな大学生活もありでしょ!?
mixiチェック    

投稿者:ako ako

みなさん、こんにちは。システム工学研究科の阿児です。

ゴールデンウィークは楽しく過ごされましたでしょうか?

 

早速今回のテーマに入って行きます!

新年度の抱負は、大きく2つあります。

 

1つ目は、大学院の研究に励むこと。

昨年度取り組んできた脳波の研究を完成させるべく、たくさんの関連研究を調べ、様々な装置を用いてアプローチしていきます。

そのアプローチの仕方として、大学院に入ったことで大きな変化がありました。

それは多種多様な講義の選択です。

和歌山大学のシステム工学部は5つの学科から構成されており、それぞれの専門的な分野を基礎から学び、即戦力となるエンジニアを育成しています。

大学院になるとその枠組みがなくなり、1つの研究科にまとめられます。そうすることで、互いに専門的に研究していたことを異なる視点から見ることができ、考えもしなかったヒントや当たり前に思っていた考えについてもう一度深く考え直すことができます。講義は今まで触れる機会のなかった知識や技術に出会えるものとなりました。ここから様々なヒントを得て研究の次の過程につなげています。

 

 

2つ目は、PRismの活動を軌道に乗せること。

昨年度から参加している学生広報チームPRismの活動ですが、昨年度は企画に重点を置いたものだったと感じています。

今年は人(メンバーのモチベーション)に重点を置いて活動していきたいと思っています。

PRismのメンバーは和大が大好きな人で構成されています。

入学当初は不満ばかりだった阿児も今となっては和大が大好きな人の1人です。

入学前は、偏差値順に並べてネームバリューのある大学ばかりを志望していて、和大とかこんなしょぼい大学・・・なんて思っていましたが、実際は何も見ていなかったんです。

和大で何ができるのか。どんな人がいて、どんな環境で、どんな魅力的なところなのか。そして、自分自身は大学で何をしたいのか。

そのことに気づき始めてから、和大での生活が充実しています。(久保さんのブログ記事にあったように満足は使いませんよ!)

今は和大を好きになってもらえるように、和大でどんなことが出来るのかもっと知ってもらえるように、新しく和大の魅力が増やせるように取り組んでいます。

今年度は新入生が8人もPRismに入ってくれたので、新しい考えや想いを汲み取って今まで以上に魅力的な和大を発信していきたいと思います。

前回のミーティングから、7月21日のオープンキャンパスに向けて新たな企画が始動しました。プロジェクトリーダーの山本美弥ちゃん、初めてのPRism企画に取り組む新入生にも大いに期待してくださいね!ミーティング①

(前回のミーティング時の写真)

mixiチェック    

投稿者:ako ako

 いつもワダイ広報Blogを読んでくれている皆さん、初めまして。

学生広報チームPRism副代表の阿児(あこ)です。大学院の1年生で、脳波の研究をしています。
DSC_0011.JPG

 

<サポーターからメンバーへ>

昨年7月のオープンキャンパス企画である「クラブ&サークル紹介」からPRismのサポーターとして加わり、主に動画編集や団体運営をメンバーと一緒に行ってきました。

そして、今年度からPRismのメンバーとして活動することになりました
 


<大学選びを失敗しない>

メンバーになった理由は、和大には魅力的な学生や教授、職員、団体、講義、活動などがたくさんあって、 何とかそれを高校生に伝えたい。

PRismならそれらを伝えることがきっと出来る!と考えたためです。

高校生に和大を【偏差値】というたった一つの物差しで計ってほしくない!と思っているのです。

 

和大は人も環境も穏やかな雰囲気がありますが、第一志望で入学する生徒は少ないように感じます。

そのため、大学に入ったら何かデカいことを、他の大学ではできないことをやってやろうという学生がたくさんいます。

そういった学生と一緒に活動や企画を進めることはとても楽しいです。

 


<ワタナベの部屋 3RD SEASON>
和歌山大学の4月は、新入生のフレッシュな空気と在校生の部活やサークルへの勧誘から生じる熱気が混ざった独特なものに包まれています。

 

大学生は新入生歓迎会を新歓と呼んでいて、決められたルールを守りながら自身の団体の有望株をスカウトします。
新歓のルールをつくる団体もまた大学生で構成されており、新入生歓迎実行委員会といいます。

その新歓実行委員会の委員長、副委員長に3月下旬に第24回ワタナベの部屋のゲストとして出演していただきました。4月14日には新歓フェスティバルがあるので新入生はたくさん参加してほしいですね!

ワタナベの部屋第24回はこちら↓

http://youtu.be/RgpTkTzWdm8(※一部修正箇所があるため限定公開にしております)


ワタナベの部屋第24回.jpg

ワタナベの部屋とは、和歌山大学生の学生・ワタナベが、ゲストを家(下宿)に招き和歌山大学の良いところ悪いところを余すことなくお届けする、「新ジャンル学校紹介番組」です。2ND SEASONは岡田・酒井が司会を務めることで引き継ぎ、3RD SEASONは阿児がプロジェクトリーダーとなることで引き継ぎました。

3RD SEASONはさらに内容も技術的にもオモシロくしていく予定です。

 

現在予定している試みとしては、

①カメラ3台を使ってリアルタイムでカメラの切り替えをすること。

ゲストの表情など、今まで詳しく見ることのできなかったところを様々な視点から楽しんでほしいと考えています。

②オープニング曲、エンディング曲の作成。

もっともっとワタナベの部屋に親しみを持ってもらえるように、口ずさめるような曲を作ってもらっています。

録音時には「クラブ&サークル紹介」で仲良くなった部活やサークルに演奏やコーラスをお願いしようと考えています。

他にもたくさんの挑戦をすることで、和大の魅力をより伝わりやすい形で発信していきます。お楽しみに!

 

 

※告知

次回のワタナベの部屋第25回は、12祭礼同好会4183(よいやさ)の回です。

紀州の伝統的なお祭りである「和歌祭」を中心に活動しているそうです。

4月22日(月)9:20~10:20にUstreamで生放送するので、

ソーシャルストリームでのご意見・ご質問をお待ちしております。

http://www.ustream.tv/channel/watanabesroom

 

 

 

 

 

mixiチェック    

投稿者:ako ako