PRism(プリズム)

和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

高柳裕一 高柳裕一 の投稿記事一覧

<<1 2 3

こんにちはー

経済学部2年の高柳です。最近朝晩の冷え込みが強くなってきましたね。部屋に空調設備のない私の部屋では、寝つきの悪くなる夏の熱帯夜を越えて快適な気温が保たれています。そして一日の疲れを背負った身体には布団の温かさが優しく感じられ、睡眠が心地よくいつも寝過ごしてしまいそうになります。

秋といえば読書!ということで今回のブログテーマは本の紹介ということで私が一冊紹介します!

私が紹介するのはこちら!「1からの経営学」

1karano .jpeg

この本は私が1回生のときに受講していた経営学の授業の教科書として買った本です。

経営というと、会社や企業のトップだとかなかなか遠い存在と考えがちですが、経営学の考え方は組織運営のノウハウなどについてのものなので多くのものに考え方を応用することが出来ます。部活動などで成果を挙げたりすることにも考え方を応用することができるということを描いた「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という小説も数年前には流行しましたね。学んだことが自分の生活に実践しやすいので読んでいるといろいろなことにやる気がでてきます!

この本ではユニクロやドトールなどの身近な企業の経営の事例など、多くの事例から分かりやすく経営学の基礎を学ぶことができます。

また章の最後にはその章で紹介した分野をさらに深めて学ぶことのできる関連文献も紹介してあります!

本の内容の分かりやすさ以外に私が紹介したいのは、本の著者の1人が和歌山大学の吉村典久教授であることです。

私は経済学部のゼミ選択で、吉村教授のゼミに入ることが決定して来期から吉村教授の指導を頂き専門演習を行っていきます。

自分が使っていた教科書の編集に携わった教授の下で学ぶのは不思議な感覚ですが、それとともに来期から始まる専門演習に期待が膨らみます!

11月が始まり季節の変わり目の今、私の住む学生寮では体調を崩す人が急増しています。皆さん体調にはお気をつけて!

優しい布団に包まれてしっかり睡眠をとってくださいね!では!

mixiチェック    

投稿者:高柳裕一 高柳裕一

こんにちは経済学部2回生の高柳です!

夏の暑さも緩みだいぶ過ごしやすくなりましたね。

和歌山大学の夏休みももうすぐ終わりです。私の約2か月にわたる夏休みをご紹介します。


私は夏休みの多くの時間を和歌山城での「城プロジェクト」という活動をして過ごしました。

城プロジェクトとは大まかに言うと和歌山城の忍者が来場者の方におもてなしをするというものです。

和歌山城が平山城という天守閣が山のように小高い場所に立っているという特徴から、城プロジェクトではおもてなしとして足の不自由な方を特殊な車いすを使って天守閣前広場に運んだり、親子で来ている方のベビーカーの天守閣前広場への移動をお手伝いしたりということをしています。その他に城内の簡単な道案内や来場者との交流もしています。

活動をしている中でいろいろな場面があり、とても充実した時間を過ごすことができました。

車いすの方の案内をした時「登りたかったんだけど諦めてたんだ。ありがとう。」「すごく楽しかったよ。来てよかった。」と沢山ありがたい言葉をもらったり、

いろいろな国・地域から来る観光客の方と交流しているなかで驚くような出会いがあったりもしました!!

osirotowatashi.JPG

(快晴の和歌山城はとてもきれいです!)


私は夏休みの多くの時間を和歌山城での活動をして過ごしましたが、活動がない日には高野山や白崎海岸に行き和歌山を満喫しました!

金剛峰寺.jpeg

(高野山の金剛峰寺。この日はたまたまお寺の行事があった関係でたくさんのお坊さんがいました。)

また和歌山だけでなく地元の花火大会にも行くことができました!


夏休みはまとまった時間を自分の好きなように使うことができます。

海外に積極的に留学に行く、国内のいろいろなところに行く、自分のしたい活動・研究に打ち込むなどいろいろなことに挑戦するチャンスでもあります。

今は受験に向かって時間に追われ、まとまった時間がとれずに自分の挑戦したいことに挑むチャンスがなかなかつかめないかもしれないですが、今は挑戦したいことに向かうためにエネルギーを貯める期間かもしれません。その挑戦に向かい、自分の将来に向かい頑張ってみてください!!


それではまた!

mixiチェック    

投稿者:高柳裕一 高柳裕一

夏は水場!

2014/08/02

こんにちは。

夏本番を迎え気温が上がり寝苦しい夜が続いていますね。

今年から海でバイトを始めた経済学部2年の高柳です。


今回のブログテーマは「和大付近のおすすめスポット」

海の暑さは平気でも寝苦しい夜はとっても苦手。


そんな私が今回紹介するのは「紀の川」

image(2).jpeg

紀の川遊歩道より

ここは私のお散歩コースです。

延々と続く遊歩道やグラウンド、フィールド、子供たちが遊べる広場があったりして、

スポーツ少年やランニングしている方、散歩をしているお年寄りなど多くの人々が紀の川での時間を楽しんでいます。


今くらいの時期は朝方の時間帯がとても涼しく、散歩するのがとても気持ちがいいです。

また綺麗に朝日が見えた時には一日のスタートからとても幸せな気分になれます。

99958.JPG

北島橋からの朝日

紀の川は奈良県から流れている大きな河なだけあって、市内だけでもたくさんの橋がかかっています。

最後に橋の中から私のお気に入りをご紹介します!

それがこちら!六十谷の水門付きの橋!

はし.jpeg

一度は動いているところを見てみたいですね!


他にも紀の川には気になるところが沢山!リフレッシュのお散歩にぜひどうぞ!!

11112.jpeg

mixiチェック    

投稿者:高柳裕一 高柳裕一

こんにちは!

去年に比べてゴリラみたいに筋トレできていませんが今日も元気な高柳です。

前回のブログから和歌山大学2年生、広報ブログ2年目を迎えました。

 

さて今回のブログテーマは「前期、こんな講義受けてます!」です。

わたしが今回紹介するのは月曜の2限「リーダーシップ論」です。

先生は観光学部 観光経営学科 准教授 竹林浩志先生です。

この授業は

企業の経営・運営には「ヒト」「モノ」「カネ」「ジョウホウ」などを資源として、それらを効果的に活用する必要があると言われています。なかでも「ヒト」をいかに活用するかは、企業経営を左右する最大の要因と考えられます。本講義では、まず、組織における職務と人間の問題についてふれ、それを理解したうえで、リーダーがいかに組織構成員を組織目標の達成に貢献するように統率するのかを考察することで、リーダーシップの本質とは何かを理解することにあります。(経済学部シラバスより)

ということを目標としています。

詳しくはシラバスを参照してください!と言いたいところですが、私はあきらめずにブログしますよ!!

 

はい!

この授業は経済学部で2番目に大きな教室であるE302教室で行われます。

何人入るかと言うと、およそ260人!そんな教室をほぼ満席にする学生が講義を受けに来るとても人気な授業です。

そして授業と言えば教科書!しかしこの授業では教科書を使いません!!”

大まかなテーマは授業ごとにあるのですが、教科書が無いので当日までどんな内容の授業が行われるかは分かりません。とてもわくわくしますね!竹林先生の授業は先生の体験談などを交えて、楽しく笑いありで学ぶことが出来て、毎回楽しみにしています。

この授業は多くの学びがあるのでペンが止まりません。大きくてきれいでない字を書く私は毎回たくさんルーズリーフを使ってしまいますが、たくさんの内容が1枚に詰まるので全く惜しくありません。他の学生も自分が今まで培ってきたノートの技術を駆使し聞きこぼすまいとノートをまとめます。

つまり教科書が無いだけに先生の板書、言葉をまとめた各々のノートこそ自分だけの教科書になりうるのです!

しかしやはり教科書がないことが不安に思う人もいるはずですよね。じつはそういった不安も実は解消できるんです!

というもの教科書こそないですが参考書は示されているからです。

画像は経済学部のシラバスからです。赤の太枠のところに参考書が記されています。

シラバス切り抜き.png

授業を受ける前に参考書を読めば理解も深まって授業がより楽しくなりますよ!

念のためシラバス検索のURLを! 科目名や担当教員名から検索できます。
http://www.wakayama-u.ac.jp/scenter/post_145.html

ここでは紹介しきれませんが和歌山大学には素敵な授業がたくさんあります!

自分の興味のある分野の授業を調べてみるのも楽しいかもしれませんね。

 

最後は先週末に和歌山城で行われたリレー・フォー・ライフというガン啓発のイベントのルミナリエで!

実行委員として参加させて頂いて色々な事を学ばせて頂きました。

ruminarie.JPG

学びは大変だけれども素敵ですよね。ではまた!

mixiチェック    

投稿者:高柳裕一 高柳裕一

こんにちは!和歌山大学経済学部2年になりました、高柳裕一です。

新年度が始まりました!新年度は先輩同期後輩などいままで知らなかった色々な人と出会う機会があります。

私は一年間をとおして色々な人と出会い色々な事を経験してきました。その中で周りの人との関わりは私に大きな刺激を与えてくれました。先輩の誘いでイベント、ボランティアに参加させてもらえたり、そこで自分よりも格段に優れている人と関われたりすることができました。時には自分に自信を失い挫折することがありますが、周りの人たちと深い関係を築くことでアドバイスをもらえたりするなど支えてもらうことでまた成長のチャンスも生まれます。

和歌山大学では色々人と出会う機会として4月から色んな団体の新歓が行われます!

新歓では各団体の先輩がおもてなしをしてくれて入学を祝ってくれます。また先輩との出会いだけでなく他の学部の人と出会えたりして色々な人と友達になる事が出来ます。そこでできた友だちは団体が違っていても1年たった今、一緒に授業に出たりとかご飯を食べたり遊んだりして仲良くしています。

なので皆さんも新歓に積極的に参加していろいろな友達をつくってくださいね!!

私が新歓で先輩から誘っていただき所属することを決めた和歌山大学学生広報チームPRismでは今年も色々な活動をします!!

一年間この組織を通してたくさんの貴重な経験をさせて頂いた恩返しではないですが、今年度は前年度よりもPRismに、和歌山大学により貢献できたらと思います。

 

さて今回のブログテーマは「新学年で挑戦したいこと」です。

私の今年度挑戦したいことは「図書館に毎日行く」です。

というのも、図書館に行くことで空き時間などをより有効活用できると考えたからです。

和歌山大学の附属図書館には魅力に満ちています!

2011年2月の「和歌山大学2011~2013行動宣言」で図書館の改革が掲げられてから和歌山大学附属図書館は大きく変わっています!

その改革の中でテーマとなっているのは「クロスカル」というものです。

これは教養・文化・国際・地域資源・人材などが持つ、いわゆる「ローカル&カルチャー」が交流して新しい価値が創造される、すなわち「クロス」する場を作りたい、という思いを込めた造語です。

 

この「クロスカル」というテーマの上で、学生が集い、世界や和歌山県の豊かな地域特性とも連帯できるように改革されていったのです!!

改革後の図書館は階ごとに機能が分けられています。

1階は「コモンズエリア」と言って学生が交流し意見を交わしたり会話したりできる空間になっています。

2階は「学習エリア」で、色々な本との出会いや、静かで落ち着いた環境で学習をすることができます。

3階は「クロスカルエリア」です。改革時に特に大きく変わった場所で、色々な設備が導入されました!

図書館は大まかにみるとこんな感じでできています。しかし図書館の魅力はブログでは伝えきることができません。

詳しくはアヴニール vol.22でお伝えしています!

下のURLで見ることができるのでぜひみてくださいね!!

 

http://www.wakayama-u.ac.jp/file/actibook/wu_avenir22/index.html

ちなみに写真は私のお気に入りの図書館内の休憩スペースです。

写真.JPG

ではまた!

mixiチェック    

投稿者:高柳裕一 高柳裕一

<<1 2 3