PRism(プリズム)

和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

佐藤友 佐藤友 の投稿記事一覧

<<1 2

ありがとう

2013/03/10

こんにちは、観光学部4回生の佐藤友紀です。

 

今回のテーマ、書き出したら止まらなさそうですね~・・・

何度かここでも書かせていただきましたが、私は東京出身で、和歌山には縁もゆかりもなくて、

大学進学がきっかけで、和歌山へはじめてきました。

友達も一人もいない、家族もそばにいない、初めての一人暮らしと初めての土地。

まさに、右も左もわからない状態で飛び込んだこの環境。

 

今は、ただ一言。

「本当に、来てよかった。」

 

新しい環境での、新しい出会い。

それから新しい学びに新しい知識。

新しい挑戦に初めての挫折。

悔しくて、さみしくてどうしようもなくて泣いた日もあったけど、

新しい様々なことが確実に私を成長させてくれたと思います。

 

抽象的なことで、伝わりにくいかと思います・・・スミマセン(>_<)

でも、思い出したらきりないし、今はそんな最高で最好な環境を卒業するのがさみしくて、このブログを書きながらも泣きそうな自分がいるのです。

 

東京には、山ほど大学があって、なんで和歌山大学に来たのかとこの4年間で何度も何度も聞かれて、

そのたびに「観光学部があるから」とか、「受験の都合上・・・」とか色々言ってきました。

もちろんウソではありません。

でも、今思うのは、きっとこれは運命だったんだろうなと。

私は、和歌山に来るべくして来たんだと。

このチャンスをつかみ取った自分に乾杯!(^^)!笑

そしてこの4年間の環境、出会い、挑戦などなど、私のキャンパスライフを一緒に作り上げてくださった方々に本当に感謝しています!

ありがとうございました!

 

どんなときも感謝の気持ちは大切だけれど、和歌山でお世話になった方々への感謝の気持ちは特に特別なものだなあ★

 

 

さとうゆきでした!ありがとうございました!

mixiチェック    

投稿者:佐藤友 佐藤友

HABA

2013/01/28

こんにちは、観光学部4回生の佐藤友紀です(^O^)

 

今回のお題、「高校と大学の違い」
ずーっと考えてて、あれが違ったなーこれが違ったなーとかいろいろでてきたのですが、

共通しているのは、

幅が広がった

ということ。

 

例えば、行動範囲が広がりましたrun

大学生になるとできるアルバイトの幅も広がるし、がーっと働いて貯めたお金を使ってちょっと友達と旅行なんて感じで、少し遠出してみたりairplane

shiprvcar

それから、友達の幅も広がりましたflair

前の記事でもありましたが、大学には北は北海道、南は沖縄まで全国各地からいろんな学生が集まるので、本当に面白いです(^O^)
新歓の時期には、毎日ケンミンショーみたいな感じで、和歌山の方言を先輩からなぞなぞ形式で出されたり(笑)

あと興味の幅も広がりました!大学生になると1日中授業の日もあれば、そうでない日もあったり、学年が上がるにつれ授業のコマ数も減っていったり、自由な時間が増えます。だからこそ、今まで手を出せなかったことにも積極的にチャレンジしてみたり。

 

そして、何よりも一番大きいのは、選択の幅が広がること(*^_^*)

 

みなさんも小学校から中学校、中学校から高校、高校から大学になるにつれ、自分で選ぶことが多くなっていったと思います。そして、その度に選択肢の幅も広がっていった思います。

 

そして大学から社会へ出るこの春、私は「働く」という選択をしました。22年間生きてきた中で、1番の大きな選択だったと思います。

なんとなく就職活動を始めたのが始まりでしたが、なんのために働くのか、なんで働くのか。

色々考えて出した答えが「働く」です。

本当に大きな選択だったと思います。でも、その分だけ大きく成長できたようにも思います。

成長の幅もぐーんと広がっているのかな~なんて思ってみたり!(^^)!


 

まだまだ成長したいし、これからも可能性の幅を広げて、たくさんのことにチャレンジしていきたいですね(^-^)

 

 

 

さとうゆきでした!

mixiチェック    

投稿者:佐藤友 佐藤友

こんにちは、お久しぶりです。

観光学部地域再生学科4回生の佐藤友紀です!(^^)!

 

後期が始まってからというか、9月末からですかね・・・

落ち着いて和歌山にいることがなく、とっても濃い密な時間を過ごしています!

9月末からの移動距離、なんだかおかしいです。笑

京都→北海道(函館、松前)→青森(大間、青森)→東京→北海道(旭川、釧路、弟子屈、札幌)→和歌山(田辺)→愛知(名古屋)→和歌山(高野山)→東京→神奈川(横浜、箱根)→和歌山←今ここです。

明日からまた北海道へ行ってきます。笑

月一で北海道や東京、高野山へ行っていてなんだか気分は旅人です。

 

この2か月、色々飛び回って何をしていたかというと・・・

京都では、産学連携オープンセミナーにて発表する機会を頂きました。

pict.jpg

北海道と青森では、インターンシップということで、温泉旅館と地域振興関係の方と教育体験型旅行のお手伝いなどをしてきました。

その後の北海道では、「全国エコツーリズム大会」というイベントに参加してきました。周りは社会人の方ばかりで、大学では出会えない人たちとお話しできるとても貴重な機会でした!

名古屋では、内定式があり未来の同期たちと出会い、改めて気が引き締まるのと同時に、わくわくしました(*^_^*)

そして、東京では「エコツーリズム学生シンポジム」というもので発表者として参加してきました。全国各地の学生が集まり、観光や地域振興について、学生なりの視点から様々な提案や問題提起をし、それについて考えたりするものです。pic.jpg

私は友人と、またまた高野山についての発表をしたのですが、関東で高野山について発表をするとすごく新鮮な反応が返ってきたことが嬉しかったです★

 

これだけ色々な所へ行くと、本当に多くの出会いがあって、たくさんのことが得られて、学べます。

特に観光や地域のことって、机上だけではわからないんですよね。

だから、現地に実際に足を運んで、耳を傾けて、五感を使うことがはじめの一歩なんだなあって思います。

 

 

卒業間際にして最近強く思うことは、「和歌山大学観光学部」に入学して良かったということです!

まだ4年間が終わったわけではないけれど、胸を張ってこの4年間をみんなに自慢できるし、私の誇りだと大きな声で言えます!

たくさんのチャンスがそこには広がっていて、それを一緒に実現しようと頑張れる仲間がいて本当に和歌山大学が大好きです!

 

ではでは今回はこの辺で~(^O^)/

mixiチェック    

投稿者:佐藤友 佐藤友

どーも、観光学部4回のさとうゆきです!

あっという間に9月になり、学生最後の夏休みの終わりが近づいてるー(>_<)

さみしい(T_T)

とか言ってるぐらいならまず充実させるのだー!!!という意気込みのもと(笑)今年の夏は?今年の夏も?とても充実させていますよー!

 

8月から始まった夏休み、

まずは大好きな高野山に2回も行きました!笑

それから、四万十川水泳マラソン大会に出場すべく、初四国上陸!

友達のおばあちゃんの家に遊びに新宮、那智勝浦へ1泊2日の弾丸旅行♪

東京の実家へ帰って小学校以来の友達と会ったり、高校の先輩の結婚パーティーに行ったり。

その後、カンピロバクター菌にやられ1週間のdown(笑)

一人暮らしでの病気は辛いですね。夜中に38度7分の高熱で深夜救急へも初めて行きました(^_^;)

そして、最終週は以前の8月14日の山本愛弓さんの日記でもちらっとでてきた山田桂一郎さんの集中講義!とーっても濃い勉強でした。

 

 

そして、9月は、、、

またまた実家へ帰省してきました。そうなんです、一人暮らしを始めて3年半が経った今でも、22歳でも、HOME SICKなんです、ハイ。

いや、目的は別にあったんですが。笑

秋葉原でAKBカフェに、メイド喫茶に行ったり、東京丸の内であった高野山カフェに行ったり、高校の部活に行ったり。

 

残りの夏休みも、充実させます宣言!

水泳の試合に、京都での「高野山」についての発表に、北海道松前と青森県大間でのインターンシップに・・月はまたぎますが、

10月1日には内定式で初名古屋!

いったん和歌山に帰ってきてから、翌週にはまた北海道へ!笑

そして、10月中旬は田辺にて山田桂一郎さんの講義!

 

いろいろ突っ込みどこ満載ですね。笑

 

「集中講義」が気になりますよね!?ね?ね!!!!笑

普段の授業は、中学や高校と同じように、前期と後期に分かれていて、週の時間割が決められていてという形なのですが・・

「集中講義」は長期休暇(今回なら夏休み)中に、連続して4日間行われる講義です。

半期分を4日間に詰め込むので、1限(9時10分~)から4限(~16時20分)までが4日間!!!!(例外あります)

まさに「集中講義」ですね。笑

塾の夏期講習みたいなイメージですかね?がーっと詰め込む感じ!笑

でも、大学生は好きな授業を選べるという特権があるから、この授業ももちろん自分で選んで受けることができるからいいですよね!

 

あ~、、、ずーっと学生でいたい!学びって素敵!と最近強く思うのです!まだまだスポンジのようにぐんぐん吸収して学びまーす!

 

 

最後にこの夏の(暫定)ベストショット!和歌山が世界に誇る那智山!ん~夏さいこー!!!!

RIMG0714.JPG

mixiチェック    

投稿者:佐藤友 佐藤友

 

こんにちは~佐藤友紀です!

7月に22歳になりました!

IMG_0402.JPG
思い描いていた22歳とはいろんな意味でかけ離れているけど、友達をはじめ、両親やいろいろな方からお祝いしていただいて、

とーっても幸せです!

「22歳」という大人な響き(?)に負けないよう、これからもがんばりまーす!

 

と~っても暑いですがみなさん、夏バテや夏風邪deダウンしてませんか~?

 

私は、昨日高野山へ行ってきました!

IMG_0408.JPG

下界とは、空気が違い涼しかったですね~ちょっと、霧雨のせいで湿気が多くじめじめしてたのが残念ですが(>_<)

そして、昨日行ったのに明日も行くという!笑

高野山が大好きなんです、わたし!

あの神聖な空気感とか、わざわざ行かないと行けないレア感とか、お坊さんが街中を自転車に乗ってたりとか、

普段見られない光景が高野山に行けば、普通に広がっているところが、私のツボに見事はまり・・・

卒業論文のテーマとしても扱う予定です!(^^)!
残りの学生生活が高野山だらけだなんて、なんだか興奮してしまいます(笑)

 

 

さてさて、最近の夏はこれぐらいにしておいて、私の高校3年生の夏は‥・

受験生とは思えない夏を過ごしていましたねー‥

前のblogでもいったのですが、高校時代は本当にほぼまる3年間チアリーディングに打ち込んでいました。

受験生の夏は非常に重要だということを知ってか知らずか、6月の関東大会を終えて現役を引退するメンバーとしないメンバーといる中で、

わたしはなんの迷いもなく引退せず現役続行という道を選びました。

夏は、毎日6時間の練習!Tシャツは10枚くらい、飲み物は3リットルくらいですかね?消費してました!

もともと推薦入試しか考えていなかったので、勉強という勉強ではなく推薦対策に必死でしたね。

夏の全国大会を終えて、文化祭での発表も終えて、いったん引退という形で部活から離れてみるものの

恥ずかしながら勉強の仕方が分からないし、燃え尽き症候群のような感じで、

部活に顔を出したり。。。逃げていたんだと思います。

 

でもそんなとき、顧問の先生からこんな言葉を頂きました。

「自分の進路は自分で決める。

受験をある程度犠牲にしても、後輩を支えたい、それをしないと一生後悔する、って思うんだったら、今、部活を見に行ったっていいと思う。

そりゃ一般的にみれば、逃げてるように見えるよ。

でも世間がどう思おうと、他人に何を言われようと、大切なのは「私はこれがいいんだ」っていう強い気持ちなんだと思う。

高校三年生は二度とやってこないから。

後悔のないようにね!」

当時の私にとってこの言葉がドーン!と衝撃を与え、気持ちが切り替わりましたね。

それと同時に、部活を見に行きながらも受験の対策もやり両立を図っていました。

結果、和歌山大学に推薦で合格することができました。

合格発表の翌日からは、また部活にすぐもどり(笑)現役の後輩たちと一緒に2月の全国大会にも出場しました!

 

大切なのは強い気持ち。

今この瞬間はもう2度とやってこない。

気持ちの切り替えができたとき、頭の中ではいつもこう考えていました。

 

オリンピックみたいですね。

競技によってはほんの数秒のためにかける4年間。

想像を絶するいくつもの壁を超えた先にあるオリンピックの舞台に立つ選手。

本当にキラキラしていて、素敵で、なによりもかっこいいなあと思います。

 

強い気持ちを忘れずに、今を大事に。

学生生活最後の夏、おもいっきり満喫したいと思います!

mixiチェック    

投稿者:佐藤友 佐藤友

<<1 2