PRism(プリズム)

和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

じょー じょー の投稿記事一覧

<<1 2 3

どもー、さいじょーだよ!

 

アンパンマンの作者・やなせたかしさんが10月13日にお亡くなりになりました。94歳でした。

 

アンパンマンのルーツは、やなせさんが戦争中に多くのことは我慢できましたが、どうしても空腹だけは我慢できず、タンポポを食べていた体験です。

 

海外では今もストリートチルドレンが飢えで死んでいく。

 

やなせさんは、本当の正義は「飢える子供を助けること」と考え、そんな子供たちを助けるヒーローを作りました。

 

戦争によって飢えて子供たちが死んでいっても、勝利したほうが正義という「一方的な正義」を批判するためにアンパンマンを作ったのです。

 

さて、今回のテーマ 「 秋 」 についてですが、毎年秋に人権に関するイベントがあります!

 

11月16日(土)、17日(日)に和歌山ビッグホエールで「ふれあい人権フェスタ2013」が開催されました。

 

西條人権フェスタ.jpg

(リレー・フォー・ライフ・ジャパン 2014 和歌山実行委員会のブースの様子)

 

多くの人に人権のことを考えていただくためのイベントで、多くの団体がブースで伝えています。

 

障がいに関する人権、差別に関する人権、人種に関する人権、医療に関する人権など

 

多くの方に、みんな同じ人間として、人権のことを知ってもらおうと活動しておりました。

 

西條人権フェスタ.png

(手話だけで裁縫を教えて頂き、作ったお寿司マグネットの写真)

 

強いほうが正義で正しい。弱いほうが正しくないため死んでも構わない。

 

やなせさんは退任後も「もう命が終わり。でも書けるだけは書く」とさいごまで平和のために尽くしました。

 

多くの人権が主張されるイベントで、知らなかった苦しんでいる方たちと出会い、「平和」とは何かを考えさせられました。

 

大学で学んだことで、みんなの「不幸が最小になる社会」は、どうすれば実現するのか。

 

そんなことを考えさせられる秋でした。

 

■ 参考

(読売10/16)

(産経ニュースhttp://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131019/wlf13101907010003-n2.htm

mixiチェック    

投稿者:じょー じょー

どもーさいじょーだよー

 

今から5万年前、人類は「言語」というコミュニケーション手段を手に入れました。

言語の発明により、人類は意思疎通が簡単になり、石器の開発や芸術的な活動などが始まりました。

言語は人類に欠かせない「文化」を生み出すきっかけになったと言われています。

 

今から1万年前、人類は「農耕」を発明しました。

それまで生えていた野菜を調理していた人類が、中長期の目標を立て、安定的な食料自給を獲得しました。

今でこそ野菜や米は畑で採れることが常識です。

そんな常識が生まれたのはこの時代だったのですね。

 

このころから、人類は集団をつくり、紛争が起こり、最終的に「国家」を誕生させました。

国家にはルールが必要となり、初めて「法典」が作られました。

破ったものには罰を与え、人権を守るため、人権を侵害する社会が構築されました。

 

このように、人類や社会が大きく進歩する「きっかけ」となる事柄はいくつかあると思います。

上記の例では「言語」、「農耕」、「法典」ですね。

 

私は「IT」の登場も人類の大きな進歩に繋がると考えています。

ITはパソコンやインターネットのことと捉えてください。

 

パソコンは24時間眠ることなく、働き続けます。

パソコンは人間と違って、絶対にミスをしません。

パソコンは日本とブラジル間でも1秒位内に情報を送られます。

 

これまで人が行っていたことの多くはパソコンがより早く、正確に、長時間行うようになりました。

Facebook、Youtube、Google など便利で必要不可欠なものが生まれ、スマートフォンが普及し、今後の新しいビジネスもITが主流になるのではないかな、と私は思っています。

 

そこで!今回のブログテーマ「もし、違う学部に入れるなら?」について!

もちろん、この流れで「システム工学部・情報通信学科」です!

 

まだまだ、今の社会にある IT は発展する可能性があります。

もっともっと便利なものを作り出せる気がする!

 

例えば、いつか紙幣や硬貨はなくなると思いませんか?

銀行・クレジットカード・ウェブマネー・ポイントカード・電子マネーなど、発達していますよね?

あれは、コンビニで買った値段を IT で正確に計算して、銀行に情報を送って支払っています。

スーパーマーケットや自動販売機や飲食店でも1枚あれば支払える。

ついでに運転免許証や学生証や美容院カードなど、全て1枚にできます!

そうしたら、お財布がこの世からなくなり、みんなカード1枚を持ち歩くだけ。

 

そんなカードシステムを作り、社会が変わることって有り得ないと思いますか?

100年前の人達は電話というものが現れることを予想できたと思いますか?

 

この先、どんな社会になるのか。

有り得ないことなんてありません!

そんな可能性がシステム工学部には詰まってると思います。

mixiチェック    

投稿者:じょー じょー

こんにちはー、さいじょーだよ。
 
 
 
第二次世界大戦中に、ナチス・ドイツがユダヤ人を迫害していました。
 
強制収容所に送り込み、大量虐殺。いわゆるホロコーストです。
 
ユダヤ人が生き残る術はただ1つ。ソ連・日本を通過して、オランダ領に逃げ込むこと。
 
 
 
当時日本領事代理をしていた杉原千畝(すぎはらちうね)は日本政府にビザの発行の許可を申請しました。
 
日本とドイツは同盟関係であったため、ビザの発行は裏切り行為。
 
そのため、許可は降りませんでした。
 
杉原は処罰を覚悟して、ビザを発行しました。
 
約6000枚のビザを全て手書きで発行し、多くのユダヤ人が救われました。
 
 
 
 
杉原は仕事をクビになりましたが、現在、世界中のユダヤ人から尊敬と感謝の念を送られています。
 
今でも「ミスター・スギハラ」、「日本のシンドラー」と呼ばれています。
 
 
 
 
杉原の功績を称え、出身地の岐阜県加茂郡八百津町に「人道の丘公園」が造られました。
 
ここは私の実家のすぐ近くなんですね。
 
IMG_1024.JPG
 
人道の丘公園の様子
 
IMG_1025.JPG
 
遊具もあります
 
IMG_1026.JPG
 
遊具で遊ぶ友人たち。23歳とは思えませんね。
 
IMG_1028.JPG
 
命のビザモニュメント。積み重ねたビザをイメージした形。
 
 
 
 
昔は両親に連れて行ってもらい、何度か遊びましたが、国際的な公園だとは思いもしませんでした。
 
国際関係は、TPPや政府開発援助など、経済学に繋がる重要なものです。
 
大学生の遊びはその原点を学ぶきっかけともなりうるのです。
 
 
 
 
ちなみに和歌山にもエルトゥールル号殉難将士慰霊碑やトルコ記念館があります。
 
日本とトルコの友好関係の原点と言われています。
 
 
 
幼いときの経験を、休みの長い大学生でもう一度経験する。
 
すると別の感じ方を体験することができます。
 
自分が成長したことを実感し、20年後はどう感じるのかを想像する。
 
すごく楽しいのでおススメですよー。
mixiチェック    

投稿者:じょー じょー

みなさんこんにちはー

 

経済4回生のさいじょーです。

 

Identityという映画をご存知ですか?

 

解離性同一性障害、いわゆる多重人格をもつ患者の脳内で、人格が殺しあう映画です。

 

終いには、唯一の生存した人格が患者の体を手に入れます。

 

解離性同一性障害のように、人は耐えられない状況におかれたとき、自分のことではないと感じ、感情や記憶を思い出せなくすることで心のダメージを回避することがあります。

 

人の記憶はポジティブな方向に流れるようにできています。

 

他にも多くの人が体験したことがあろう、記憶の美化というものがあります。

 

人の記憶は、「覚える」→「忘れる」→「思い出す」というサイクルで定着し、思い出す度に少しずつ変化します。

 

もちろん、ポジティブな方向に変化します。

 

先生や親に説教されているとき、非常に辛いものですが、年月が経つと良き思い出。

 

部活動のため朝早く起床し、放課後もヘトヘト。休日も練習で遊べない。年月が経つと良き思い出。

 

さて、私は高校のとき、体育祭の応援団に所属していました。

 

2ヶ月間の期間で、振り付けの考案・下級生に指導・受験勉強など成し遂げなければなりません。

 

時間がないから振り付けよりも練習重視をするメンバーや、時間をかけてでも最高の振り付けの考案を重視するメンバーなど様々。

 

受験勉強を優先したり、下級生は練習を欠席したりと毎日が喧嘩の日々。

 

いよいよ体育祭。あれほど嫌だった練習を、全員が「もっと練習しておけばよかった」と漏らします。

 

本番を終え、応援団員みんなで感動の涙。

 

西條 応援団.jpg

 

私が思うに、辛さに耐え、頑張った思い出ほど美化されます。

 

嫌な記憶は良い記憶に。良い記憶はより良い記憶に。

 

人の脳って面白く素晴らしいと思いませんか?

 

============ P S ===========

 

今年のぶらくり丁の七夕の中に

 

「 出来るなら、もう一度青春時代に戻りたい 」

 

と書かれたものがありました。

 

私は来年から社会人になります。

 

高校生に限らず、大学生も後悔のない青春時代を過ごしていただきたいと思います。

 

なにをやっても良い記憶になるんだし。

 

平成20年度 西軍(ライバル) 優勝 http://www.youtube.com/watch?v=cl6XN-32o3w

平成20年度 北軍(私写ってる) http://www.youtube.com/watch?v=7FadZs09L5E

mixiチェック    

投稿者:じょー じょー

こんにちは―。さいじょーだよ―。

本日は和歌山大学経済学部4回生市場環境学科に所属するワタクシの1日を紹介致しますー。

1年生のときから授業に真面目に取り組めば、実は4回生って授業が無くなります!

私は遊んだり、ボランティア活動したりと授業に重点を置いていなかったため、今も出席してるけどね!

 

簡単に「市場環境学科」について説明しときますね―。

わたしたちの生活はモノやサービスを買って成り立っています。

モノとは「食べ物」や「衣服」など手元に残るもので、サービスとは「学校の授業」や「美容院でカット」や「電車に乗ること」など手元に残らないけどお金がかかるものです。

私たちがモノとサービスをお金で買ったり、企業がモノやサービスでお金を稼いだりすることで社会が成立しているわけです。

 

このようにモノ・サービス・金の流れのことを「経済」と言います。

和歌山に住む人は、時々大阪に電車で買い物に行きます。もし、電車がなかったら買い物に行きません。

駅の近くにあるお店は儲かりますが、駅から遠いと歩くのが面倒なので儲かりません。

このように経済は「交通」で大きく変化します。

最近インターネットで医薬品を買うことができる法律を作るかどうか騒がれています。

もしそんな法律ができたとき、医薬品は買いやすくなって今より売れるようになります。

このように経済は「法律・規制」で大きく変化します。

 

市場環境学科とは「流通」、「環境」、「法律」、「文化」、「情報」など、経済に影響を与えるものを研究することで、今後の動きを予想しよう!という学科です。

 

長くなりましたが、市場環境学科は非常に幅広く、今後の日本に大切な知識を身につけることができます!楽しいよ!

 

さて、私の1日(月曜日)ですが、10時50分の授業から始まります!朝はゆっくり起きる!

2限 10時50~12時20分 民法債権総論

民法西條.png

簡単に説明すると、家を知り合いに売ったとき法律的にはどうなるの?といった感じです。

お昼は家が近いので帰って食べる!

 

3限 13時10分~14時40分 交通システム

交通西條.png

自動車の数が増えたけど、経済とか地球温暖化はどうなるの?といった感じです。

 

3限 14時50分~16時20分 マクロ経済学

ミクマク西條.png

マクロ経済学は国(政府)がどう金を動かせば良いのか?といった感じです。

 

18時からアルバイトがあるので、家で少し休憩します。

 

23時にアルバイトが終わって、晩御飯を食べて、勉強したり、読書したり、ボランティアの資料作ったりして眠ります。

 

アルバイトの時間を調整したり、授業の無い曜日があったりとやっぱり大学生は自由ですね。楽しいよ!

 

p s

福沢諭吉西條.png

最近読んでいる本です。

福沢諭吉がなんで1万円札に印刷されるほど偉大なの?

そんな常識を経済学の面から学ぶことができますよ!

高校生の方はまず授業の「現社」か「政経」を頑張りましょう!大学や大人社会に繋がります!

mixiチェック    

投稿者:じょー じょー

<<1 2 3