PRism(プリズム)

和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

輪野陽俊 輪野陽俊 の投稿記事一覧

<<1 2 3

皆さんこんにちは。教育学部二回生の輪野です。

最近寒くなってきたので体調を崩さないように気をつけないといけませんね。

さて今回のブログテーマは「読書の秋」ということで「読書」についてです。


みなさんは本を読みますか?私は読む方です。ただ正直な所大学生になってからのほうが中学生や高校生の時より読まなくなってしまいました。最近は朝の10分間に読書する時間を設けようかなと考えているほどです。


今回私が紹介する一冊はこちら!!

10723502_584556471650521_1784628745_n.jpgのサムネイル画像

『「あがり」を克服する Stage Fright~ヴァイオリンを楽に弾きこなすために

 カトー・ハヴァシュ【著】 今井理瑳、藤本都紀【訳】 音楽之友社


あなたは緊張する人ですか?

僕自身の場合、実はかつてそこまで緊張するほうではありませんでした。

しかし最近(特に大学生になってから)人前でヴァイオリンを弾いたり話をするときに緊張を感じることが増えました。

それがずっと疑問だったのでこの本を読むことにしました。


読んで分かったことは「うまく弾こう」「失敗したら恥ずかしい」などと思うと、どうやら人は緊張しがちのようだということです。

確かに純粋に楽しく弾いている時や「これだけは伝えたい」と必死になっている時などは、そこまで緊張しません。

緊張するかどうか。それは物事をどう捉えるか(うまくやらなくてと思うか、楽しくやろうと思うか)でも幾分変わってきそうですね。


さて、大学生ならプレゼンテーションなんかが授業であったりします。みんなの前で発表することが求めらることはどうしても避けられません。

もしかしたら緊張することがあるかもしれません。そんな時は体もかたくなります。さあどうすれば柔らかくできるでしょうか...。

「緊張はするものだからあきらめるかしない・慣れるしかない」なんて思わずに、少し取り組み方を変えてみたり考え方を変えるだけで実は緊張してガチガチになるということが(完全にとはいかなくてもある程度)改善するかもしれません。


これは受験言えると思います。受験勉強ってストレスがたまりませんか?特に「絶対に大学に受からなくてはならない」といった考え方だと、受験本番にも良くない影響をあたえるかもしれません。「大学生になってあんなことこんなことやりたいな」と日頃から感がているほうが受験が楽しくなったり、ストレスやプレッシャーに感じることが軽減されるのでないでしょうか。


著者はあがりによって引き起こされる諸問題の多くは、「無理を強いた、間違った体の動き」にあると指摘しています。さらに精神面の問題は「体のひずみから生じた結果」が多いとも述べています。

これを解決するために3段階のステップを紹介します(本文P144より引用)

   第1のステップは、身体のこわばりを解くには何をすればいいか、常に知っておくこと。第2のステップは、建設的で前向きな意識を持てるようにすること。この2つが正しく組み合わされた後、第3のステップとして、「己」にこだわる気持ちを捨て、自由に流れる音楽のコミュニケーションの中にみずからを解放することです。


あなたは緊張する人ですか?

もしYesなら自分を1回見つめなおしませんか?体の使い方を変えたり、意識を前向きにしたりすることで、今まで緊張によって妨げられていたことから開放され、これまで以上のパフォーマンスが発揮できることでしょう。

mixiチェック    

投稿者:輪野陽俊 輪野陽俊

皆さんこんにちは。輪野です。

「和大生の夏休み」ということですが、私の夏休みは、「部活」に明け暮れております。

私は和歌山大学の交響楽団(オーケストラ)に所属しています。(ちなみに略称は和大オケ)

夏休みは、練習に打ち込むことのできる大きなチャンス!

たくさん練習して、定期演奏会でいい演奏ができるように団員みんなで頑張っています。


というわけで、そんな和大オケの「合宿」がありました!

期間はなんと一週間!!6泊7日です。

朝7時に起床し、ラジオ体操をして、朝食を食べたら練習開始!

曲や練習形式によって60分から80分(場合によっては100分!)の間、楽器を弾いたり、タクトを振ったり...。

夕食の後にも練習があり、一日の練習が終了するころには21時を回ります。

とってもハードです。しかし、指導してくださる先生がたからアドバイスを受けたりしながら、みんながひとつになって曲を完成さて行く過程はとても楽しく、充実しています。

10627473_563730797066422_1921164033_o.jpg←ちなみに場所は兵庫県のハチ高原という場所でした。和歌山よりも涼しかったです。



10592430_561002680672567_1129902593_n.jpg←合奏する場所の雰囲気はこんな感じ。人数が多いので広い場所が必要です。


さて、この「合宿」というものですが・・・。

実は大学生になると、部活の運営など含めて部のことは大学生がほとんど行います。

ですのでこの合宿も学生が自分たちで動いて行っています。

合宿先を決め、連絡を取り、バス会社と連絡を取り、楽器を運んでもらうためにトラックを手配し...(他にも色々)

もちろんお金の管理なども全て自分たちです。

大学の部活動は、高校までの部活動とは違って、運営面でのことも学生で取り組む必要があります。

逆にいえば、そのような社会で生きて行くときに必要な力が身に着くということです。


授業を受けることや、高校までの部活動とは異なる、新しい学びが大学の部活動にはあるのです。

mixiチェック    

投稿者:輪野陽俊 輪野陽俊

こんにちは。つい最近、聞いたことがない和歌山の方言を知っておどろいた、和歌山県出身の輪野です。

さて、今回のブログテーマは「和大付近のおすすめスポット」なのですが・・・、

付近ということで和大の周りを紹介するのもいいのですが・・・、やっぱりキャンパス内も紹介しないと!

というわけで私が紹介する場所は・・・

10515732_538732452899590_1391224590_o.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像 10476281_538028532969982_883086902_n.jpg

図書館です!!!

図書館といえば?

「本が沢山ある場所」というイメージかもしれません。

しかし!それ以上のものが和歌山大学の図書館にはあります。

例えばPC!

図書館で資料になる本を持ってきて、調べたり引用したりしながらレポートが書けます。とても便利!

グループ学習室というのもあります。

大学の授業によってはグループを組んで発表したりすることもあります。そんな時にここを使えば、みんなで協力しながら作業することができます。

また図書館の中に博物館もあります。

その名も「紀州経済史文化史研究所」略して「紀州研」

常に展示している「常設展」もいいですが、年に何度か行われる「特別展」は特に見る価値必見!和歌山大学の歴史が分かったりするので、とても知的好奇心を掻き立てられます。

また、図書館の隣にはカフェも!

図書館で勉強する合間の休憩に、優雅にコーヒーを飲んだり軽食をとったりすることも可能となっています。

また、教養の森センターという教養教育の中心も図書館にあります。

(教養の森のHP:http://www.wakayama-u.ac.jp/kyoyonomori/

もっと多くの人が利用する図書館になるといいなと思います。

今年の秋に新棟が増築される和歌山大学の図書館。

普段あまり利用しないという人も、ぜひ訪れてみてください!

図書館は楽しいところです。

mixiチェック    

投稿者:輪野陽俊 輪野陽俊

みなさんこんにちは。輪野です。

前期の3分の一がとっくに過ぎております。時間の経過はあっという間ですね!

 

さて、「前期、こんな講義受けてます!」ということで、どんな講義を受けているのかといいますと

テキストを事前に読みこんで講義に挑むタイプを中心に受けています。

 

読んでくるだけではいけません!グループ単位だったり個人単位だったりで、発表もします。

 

この発表(プレゼンテーション)がなかなか難しいのです!

テキストのことをそのまま発表するのでは意味がありません。工夫が必要です。

また理解してもらいやすいような発表にする必要があります。事前の練習が大切です。

 

評価してもらう時もあれば、そうでないときもあります。

つらい時もあるけど、大学生らしいとも感じることができ、なかなか楽しいですよ!

10356493_521327507973418_559451160_n.jpg←この写真は「韓国の歴史」を扱った本と内容の一部をまとめた写真です。

 

 

10388462_521329927973176_1024363126_n.jpg←ちなみに、私が今期受けている授業で一番とってよかったと思う授業の写真。

昔から音楽をやっていましたが、知識に関しては不足していたので、すごく勉強になっています。

少し難しい話もありますが、とても面白いですよ。

※授業名は「音素材の理論」という授業です。教育学部では、音楽に関する勉強もできるのです!

 

大学ではある程度、自分で受ける講義を決めることができます。

なるべく「この講義を選択してよかった!」と思える講義を選択していきたいですね!

mixiチェック    

投稿者:輪野陽俊 輪野陽俊

春が来た!!

2014/04/08

こんにちは。輪野です。

とうとう学年がひとつ上がりました。でも、正直なところあまり実感が湧かないです。

実はここ一週間弱、新しく入ってくる寮生の対応に追われていました。

去年2年生の先輩にお世話してもらった分、しっかり世話をすることができたと思います。

10169048_503121926460643_1689057829_n.jpg

↑写真は入寮式にて。フロア紹介のワンシーン。

 

 

ここで最近あった嬉しい話を一つ。

PRismのメンバーがリレーしながら執筆しているこの「ワダイ広報ブログ」。

「このブログを受験の合間に読んで、モチベーションアップしていました」

そんな声をある新入生から聞きました。

 

他にも「読んでいました」という人が何人かいました。

実際に高校生が読んでいたということが確認できて、僕は嬉しかったです。

 

「PRism」は学生主体の広報団体です。

「ワダイ」を知ってもらう、興味をもってもらう・・・そのために試行錯誤する。

そこに面白さがあり、大変さがあります。

 

新学年になったので、新たに和歌山大学へ入学してきた新入生に和大の良さを伝えていきたいです。

そのためにもたくさん1年生とコミュニケーションを取りたいと思います。

 

というわけで「新学年で挑戦すること」は、もっと多くの人とコミュニケーションをとること!です。

なかなか自分から話しかけにいかないので、がんばってそれを改めようと思います。

 

さあ春です。素晴らしいスタートダッシュを切りたいですね!

mixiチェック    

投稿者:輪野陽俊 輪野陽俊

<<1 2 3