PRism(プリズム)

和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

五十嵐 五十嵐 の投稿記事一覧

<<1 2 3 4

創造×破壊

2013/03/12

 

どもいがらしです。
 
いよいよ卒業が近づいてきました。
 
これが在学中の最後のブログ投稿になりますね。
 
テーマは、「今までの大学生活を振り返って」とのことなので。
 
いわゆる大学生での総集編ですね。
 
ボクは大学生時代は、何も考えずにとりあえず行動していたような気がします(笑。
 
自分に何ができるのかを探していたような気もします。
 
自由な時間を使って、アルバイトをいくつもやったり、
 
複数のの文化系クラブやらサークルやらを掛け持ちしたり、
 
友人と一緒に新規サークルを立ち上げたり、
 
田辺でiphone,ipadを使ってのイベントを企画したり、
 
休学してからもグアテマラから人を招待してイベントを開催したり、
 
細かいイベントなども挙げればきりがないほど詰まっていますね。
 
それで和歌山大学を卒業?する直前になって思うことは、
 
使うツールは、何でもいいから一歩を踏み出してみるということですね。
 
ツール大学生としての・・・学業、恋愛、クラブ、サークル、アルバイトなど
何でもいいですよね。
 
そうやって踏み出した時には、やっぱり最初、失敗はしてしまうんですけれど、
今までにない新しい価値観に触れたときって、わくわくしますよね。
 
これって大学っていう場所だからできるとも思ったりするんです。
 
新しい価値観×自分が持っている価値観=これまでになかった自分
 
とまあそうやって振り返ってみればみるほど、
 
謎な大学生活を送っていました(笑
 
謎な自分が言えることは、あの時こうしておけばよかったなんて
 
思うんじゃなくて、まずはやってみようよ!!ってことですかね。
 
それでは、あなたの大学生活がさらに充実することを願って・・・
 
またどこかでお会いしましょう
 
tokutenban.jpg
mixiチェック    

投稿者:五十嵐 五十嵐

 

どもいがらしです。
 
2013年新年を迎えましたね。
 
1月といえば、センター試験の季節です。
受験を迎えて、より一層の追い込みをかけられている
高校生の方もいらっしゃることだと思います。
 
今回は、受験生の方でも今から使えるようなノート作りの
テクニックについて、ブログ記事にしてみようかと思います。
 
現在使われているノートは、多くの方が左→右という直線的な
ノートのとり方をされていると思います。
 
この左→右という標準的なノート法には、
実は、脳の創造性があまり生かせていないという欠点があるのですね。
 
 
DSC02164.JPG
 
 
そもそも脳の思考パターンというのは、関連付けの枝を伸ばしていくんですね。

ネットワーク上の無数の端末から、思考を放射状に発展させている
スーパーコンピューターのようなものです。
 
そもそも脳には、ゲシュタルト(全体性)といって、パターンや完成を求める
習性があります。
 
だから、脳のこういったスキルを活用して、放射思考状にデータを収集して、
学び続ければ、あなたの学習がさらに楽しいものとなるかもしれません。
 
では、その脳のスキルを活用するノートの取り方とはいったい
どういったものなのでしょうか。
 
これはぼくが書いたものなのですが、具体的には、
こういったマインドマップが脳のスキルを活用できるノートの取り方と言われています。
 
2013y01m13d_071521126.jpg
 
 
図では、「江戸時代将軍」という言葉から連想される言葉を書き入れて、
さらにその言葉から連想させていっているような形になっています
 
このマインドマップは、言葉でなくイメージを中心において、重要な場所には、言葉ではなくて、
イメージを使用することで、威力を発揮するんですね。
今回は、言葉が中心でしたが(笑
 
こういったマインドマップには、その放射的性質によって、
アイデアが無限に沸き上がってくるというわけですね。
 
 
今回の記事で、興味を持った方も一度「マインドマップ」を書いてみては、いかがでしょうか。
今までと違ったノートの取り方で最初は、困惑するかもしれませんが、新しい発見もあるかもしれませんね。
 
 
参考トニー・ブザン著(2005)『ザ・マインドマップ 』ダイヤモンド社 

 

 

 

 

 

 

mixiチェック    

投稿者:五十嵐 五十嵐

どもいがらしです。

 

2012年もあとわずかで

終わりますね。

 

寒さも一層増してくるなかで、

少しだけhotなニュースを

お伝えしようかと思います( ̄▽+ ̄*)

 

実は、ぼくが所属している

ラテンアメリカ研究会のグッズが

生協で販売されます☆ミ

 

t02200112_0800040712320699258.jpg

 

ボールペンですね。

 

グアテマラで現地の方が

時間をかけて作ってくれたボールペンです!!

 

和歌山大学のロゴもついているので

和歌山大学を訪れた記念にでもご覧ください。

 

試し書きのスペースもあるので手にとっていただくことも

できますよ☆

 

グアテマラチックな原色の鮮やかなボールペンに

なっていますcatface

 

 

ラテンアメリカ研究会では、グアテマラ遠征で購入した
 
現地の民芸品をフェアトレードさせてもらっていて、
 
今回は、大学の生協さんにお願いして
 
フェアトレード商品を置いていただくことになりました。
 
 
ラテンアメリカ研究会では、今回の和歌山大学×グアテマラの
ような和歌山大学とグアテマラをつなげてグアテマラの魅力を
伝えていく活動をしています。
 
それではよいお年を迎えてください。
mixiチェック    

投稿者:五十嵐 五十嵐

どもいがらしです。

 

季節が移り変わるのは

早いものでもう11月も終わろうとしていますね。

 

そのような中で11月17日に

ラテンアメリカ研究会と保健管理センターで

コラボして、国際シンポジウムを行いました。

 

ぼくは、ラテンアメリカ研究会に夏ごろから

入ったのですが、世界民族祭や今回のシンポジウム

通して、多くのことを学びました。

 

世界民族祭では、

開催場所でもあるりら創造芸術高等専修学校の方たちと協力して、

在日ではなく、現地からグアテマラ人を呼び込むという挑戦をしました。

そして、日本の人に、より身近にグアテマラに関して知ってもらうだけでなく、

日本に来ていただいたグアテマラの人達に、

日本や、民族祭で様々な文化体験をして、

現地にいるグアテマラの子供たち、

未来の為に活かしてほしいと考えています。

 

そして、17日のシンポジウムでは、

国際支援人口の拡大という目的で、

シンポジウムをさせてもらったのですが、

シンポジウムを聞いて、一人でも多くの人が

国際支援に興味を持っていただければと思います。

 

DSC01991.jpg

DSC02026.jpg

 

 

「国際支援」という言葉ひとつとっても

さまざまな人の思考や行動が

あって今回の結果につながっていること。

これだけ大きなイベントができたこと・・・。

そして、共通の目的のためにこれだけ多くの人が集まれること・・・。

 

人の力ってすごいと思います。

 

そして、そのことを気づかせてくれた

ラテンアメリカ研究会にとても感謝しています。

mixiチェック    

投稿者:五十嵐 五十嵐

 

どもいがらしです。
 
あっという間に10月も終わり
11月に入りましたね。
 
肌寒い季節になってきましたweep
 
1年もあっという間に過ぎ去ってしまいますね。
 
そんな11月ですが、
今月ラテンアメリカ研究会にとっての
大きなイベントがありますupup
 
その大きなイベントとは・・・これです。
 
sekaiminzoku.jpg
 
 
 
世界民族祭というイベントですwink
このイベントがりら創造芸術学校で開催されるのですね。
 
世界民族祭でラテンアメリカ研究会は
グアテマラから人を呼んでその方たちと
一緒に色々な催し物をしますhappy01
 
他にも世界各国から人が来てさまざまイベントを
するのでよかったら足を運んでくださいね。
 
 
 
「第4回世界民族祭in真国」についての詳しい情報はこちらから
 
 
 
そして、その世界民族祭のPRとして、先月の31日に、
和歌山電鉄貴志川線の電車内でりら創造芸術学校の生徒たちが
タップダンスや民族音楽を披露してくれました。note
 
電車に乗っていた方たちの反応もよかったようです。
 
ラテンアメリカ研究会もこのイベントには参加させて
もらっていて貴志川線終着駅の貴志駅でグアテマラコーヒーを
配らせていただきましたscissors
コーヒーも好評で多くの方に飲んでいただくことができました。
1人でも多くの人にグアテマラを知ってもらえるといいですね。
 
それでは次回は世界民族祭でお会いしましょう!!
mixiチェック    

投稿者:五十嵐 五十嵐

<<1 2 3 4