PRism(プリズム)

和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

久保 太希 久保 太希 の投稿記事一覧

<<1 2 3

 

今回は大学生の頭の中という事ですね。

テーマは「高校時代の思い出」、「憧れの職業」、「今も抱く理想の大学生活」だそうですが・・・

どれにしよう・・・

ちょっと昔を振り返って「高校時代の思い出」でも書いてみましょうか

 

「久保の高校生活!」語ります

249.JPG

 

 

僕が高校に入学したのは2005年でした

 

進学校の中でも進学クラスに入ってしまい(そのクラスに好きな子が居たので)、クラス替えが3年間1度も無かったですね

 

なので高校では友達あまりできなかったかなぁ

 

高校自体は「勉強して、勉強して、勉強して、寝ろ!また明日も勉強な!」みたいな高校でした。

 

僕自身はあまり勉強しませんでした。縛られたルールの中でやりたい事やる方に注力していましたね。(といっても勉強もしてましたよ!成績もそこまで悪い方じゃなかったですw)

 

やりたい事ってのはバンドでした。

自分たちで曲つくって、ライブハウス借りて、ライブして、CD作って・・・

 

ドラム担当の僕ですが、曲を作る為にベースの練習もしていましたね

 

やりたい事やっているとついつい夢中になってしまい、時間が過ぎるのってとっても早いですよね

 

だから、僕は今でもやりたい事に夢中になりがちです。(今は友達に頼まれてアプリ用の音楽をDTMで打ち込みしています)

 

その方が楽しいからね

 

でも、そればっかりじゃいけないのですよ

 

やりたい事とやらなくちゃいけない事、これを上手くこなしていかなくてはいけません

 

あたりまえの事だけれども、それってちょっと難しくて

 

でも、当時の僕は勉強しなくちゃいけない空気を纏った高校だったので、ちゃんと勉強もしていました

 

環境のおかげですよね

 

高校の勉強なんて、なんの役に立つんだよアホくせぇって思っている人もいるでしょうが、アホくさいけどやる意味もあるのですよ

 

きっと役に立つ時が来ます

 

やりたい事をやっている子がいるならば、それも素晴らしいけどやらなくちゃいけない事もやりましょ

 

やらなくちゃいけない事をちゃんとやっている子は、やりたい事も探しましょ

 

昔の事を思い出してたら、バランスって大事だなと考えさせられましたね

 

 

mixiチェック    

投稿者:久保 太希 久保 太希

 

ハーイ!!

どうも皆さんこんにちは。

PRism最古のメンバーのブログが始まりました!

今日の担当は・・・そう!久保です!

(入りは未だに迷走中・・・)

 

 

新入生歓迎会も終わり、PRismメンバーに新しい仲間が増えた(・・・らしいです。僕は休学中故に全く大学に行ってないので、顔を合わせた事がありません。)ので、ブログを書くのも久々です。

 

更に!今回のテーマが授業紹介!

休学中の僕は「!???」というわけですよ。

 

でもまぁ、どんな話題をフラれても話す事が出来るのが、僕の最大の強み

 

今回もちゃんとテーマに沿ってお話しますよ

 

 

毎度毎度、ブログの最初の挨拶に迷走している僕ですが、

人と話をする事が好きな僕はいつも「ツカミ」を大切にしようと想っているわけです。

何でかって?それには理由があります。

 

 

例えばですよ皆さん、

本を買う時って何を基準に買います?

(いきなりこんな話ですが逸れてないですよ、ちゃーんとここから繋げますw)

本の表紙ですか?話題性ですか?好きな作家だから?

まぁ、色々あるでしょうね。

 

僕はね、「はじめに」とか、折り返しのコメントを読んで、引き込まれた本を買う傾向にあるんですね。

 

 

この人ともっと話がしたい!この人の話、もっと聞きたい!

そう、発信する側と受ける側がいるのならば、発信する側はこの「引き込む」という力、大事だと想うんです。

その「引き込む」というのは、大方コミュニケーションの始まり、「ツカミ」にある訳ですねー

 

そこで、僕が「お!この人の授業面白そうやん!」と思った授業があったんです。

それは、もう御退職された中村大和先生の授業でした。

 

僕が先生の授業を受けたのは東日本大震災が起きた翌年、先生の最後の授業でした。

 

・・・さて、ツカミの話をして来ましたから。もちろん僕にとってはこの先生のツカミが衝撃的だったんです。

 

 

中村大和先生「これからのエネルギー問題、発電所だけの話では済まないのですよ。」

久保(???何言ってるんだ?このおじいちゃん・・・?)

中村大和先生「これからは、電力会社、住宅、自動車産業、この3つの業界が手を取り合う必要があります。」

久保(おいおい、それってどうゆう事よ・・・?)

 

 

授業の詳しい話をしても高校生のイメージは湧かないでしょうし、(覚えていないわけじゃないですよ!!w)ここで書くにはあまりに長過ぎます。

でも、こんな僕は感じであれよあれよと言う間に

みるみる授業に引き込まれていったわけです。

 

 

さて、「授業紹介」という名の今回のテーマ。これからもPRismメンバー達が自分の引き込まれた授業を紹介する事でしょう。

 

では、高校生の皆さん、「面白い授業ってどうやって分かるのよ?」って思うでしょ?

単に学生の口コミだけで決めるのは安易です。

 

授業のジャンルは本のジャンル

授業の名前は本のタイトル

講義する先生の名前は本の著者

だとすると

 

最初の授業選択期間、第一の講義は本の「はじめに」なのです

 

つまり、最初の選択期間とやらに取りあえず出席してみて、

はじめにを「感じて」下さい。

 

皆さんが面白いと思う授業には「はじめに」というツカミに「引き込む力」があると思います。

 

 

9646_350062788425380_727714829_n.jpg

(授業のレジュメ、見当たりませんでした・・・高圧的な態度を取るツカミ最悪の2年前の久保と酒井職員)

mixiチェック    

投稿者:久保 太希 久保 太希

満足と充実

2013/04/25

 

今日のブログ誰が書くの!?久保でしょ!!(これ微妙だな)

 

うーん、新しい挨拶がなかなか決まりません・・・

 

さてさて、今回は「新年度に向けての意気込み」がテーマだそうです

 

とは言ったものの・・・僕は今半年の休学に入ってます

なので、意気込みねぇ・・・

就活ですよ。それしか無いです。

 

今までの様々な人との繋がりを生かして、色んな大人に今話しを聞いてもらっています

そのなかで皆にも共有できそうな事、1つありました

 

就活をする上で「幸せ」とか「満足」とか、ちょっと哲学的な事を考えました

 

で、ある大人に聞いたんですよ。「満足」ってなんですかって

 

そしたらこう答えがきました

 

「太希(僕の名前)、満足って言葉を使うのは俺は反対なんや。満足って満ち足りてる事やろ。それじゃいかんのよ。次に進む事が大切。だから今日から充実したって言葉を使え。毎日を満足さすんじゃないねん。毎日を充実さすねん。今持ってる目標に今日はどう近づいた?ほら、今日もやる事いっぱいやな。」

 

ってね。

 

この答えをくれたのは大手企業の方で、今ばりばり働いているかっこいい大人です。この人が毎日忙しい会社でもイキイキと働いている理由がなんとなく分かった気がしました。

 

さて、改めて今年度の意気込みですが

 

この日以来「充実した毎日を送ること」を意識しています

 

だとすると、僕は「充実した最後の学生生活を送ること」が意気込みでしょうね

 

学生広報チームPRism、そして広報室は今年度から新体制になり、主役のメンバーががらりと変わりました

 

古株とはいえ、まだまだ新しい子達には負けてられません

 

しかし、学生広報チームの彼らは強敵。彼らは今を楽しむプロだと思います

 

僕も負けないように充実した毎日を送りたいものですね

 

(久保の充実ライフ@タイの写真・・・目が細い)

IMG_3870_2.jpg

mixiチェック    

投稿者:久保 太希 久保 太希

 

もうすぐ2013の1/4が終了します。

皆さん2013充実してますか?

今年度最後の久保ブログです、どーも久保です。

(次からこの挨拶やめよっと)

 

さてさて、今回は就職活動のお話。

高校生がこれを見てると何のこっちゃーですよねー

 

まぁ分かりやすいかどうかはわかりませんが、ちょっと経済っぽい視点を入れながら就活をお話しましょう。

 

就活とは、ざっくり言うと「自分という商品を企業が購買する事」です。

よく女性が「年収は700万ある人と結婚したいよねー」とか聞きますが、

ならば働く期間が40年とすると

700万×40年=2.8億円

つまり、企業は2.8億円の買い物を自分にするわけです。

そう考えると就活は遊びではない事が分かりますよねー

 

そこで、それぞれの要因を購買に例えるならば

 

自分=商品

学歴、能力=商品のスペック

友達=ライバル商品

採用=企業の購買

 

なわけですよ

 

商品を売るにはマーケティングが必要になってきます。(マーケティングとは、簡単に言えば市場の中で商品はどんなポジションかなぁという事です)

そして、商品は全消費者に売れるわけではなく、その中でも、この人達が一番買ってくれるだろうなぁというターゲットが必要です

 

つまり、

 

自己分析=マーケティング

企業分析=ターゲッティング

 

ですね。

 

うーん、難しい。

 

では、もうちょっと分かりやすく

 

ちょっと自販機で飲み物を買うシーンを思い浮かべて下さい。

・・・何を買いましたか?

 

僕はエナジードリンクを買いましたね。

なぜなら今からバイトに行くから。ちょっと元気借りよーな気分です。

 

Unknown.jpeg

エナジードリンクという「商品」。

眠気が吹っ飛ぶよー、元気になるよーという成分が入り、デザインを含めた「スペック」があります。

自販機の中にある他の飲み物が「ライバル商品」。

この商品はエネルギーを人に与えるという「市場の位置づけ」の元、

今から頑張る人、頑張らないといけない人という「ターゲット」を持ち、

それがマッチしたので僕は「この商品を買った」訳です。

 

ほら、身近な事に考えると何か分かりやすくなってきたでしょ?

 

今回伝えたかったのはここ!

 

「就活ってなんであるんだよ」、「なんで勉強しないといけないの?」などちょっと考えるには難しい事

これを普段の事に置き換えて考えてみて下さい。

 

何かを例えるという事。それは素晴らしいコミュニケーションの方法だと思います。

 

 

ぼくも就活大変だなーと思う事は多々ありますし、高校生の皆さんも勉強大変だなーと思う事あるでしょ?

そんな時、「例える」事で全体と現状を把握し、やる気が上がる事もあります。

是非やってみてください。

 

という僕の就活モチベーション維持方法ですね。

 

 

ついでに、商品を買うにはここで説明した以上の様々な要因が多々絡んできます。

あ、楽しそうだなーと思った人は経済学部でマーケティングや消費者心理を学びましょ

僕はこの分野が一番好きです。

 

さて、バイト行ってこよー

mixiチェック    

投稿者:久保 太希 久保 太希

自分とは

2013/02/11

 

シリアスなタイトルを付けちゃいました。いつもオチャラケてばかりなので、このモードを『久』しく『保』とうと思います。どーも久保です

(・・・保てませんでした)

 

大学生活を振り返る・・・

この僕の大学生活5年間を表す言葉は『モラトリアム』でしょう。

モラトリアム、それは学生などが社会に出て一人前の人間となる事を猶予されている状態を指すそうです。

 

一人前って何なんでしょうね?w大人って何なんでしょうね?w

何だか青臭い発言ですが、僕はこれを思う事って多々あります。

 

僕が思うに、大人になるというのは「自分を定義する」事だと思います。

 

大学は学びの場であり、学問としての知識を得るのは勿論、自らの頭を使い、足を動かし、様々な機会の中で学問だけでは得る事のできない「何か」を学ぶ場所だと思います。

 

そして、そこから「自分とは何だ」と定義し、大人になっていくのでしょう。

 

「自分は○○だ」

これを読んでいるあなたは答える事ができますか?

 

僕はまだそれができません。

 

僕はまだ、モラトリアムから抜け出す事は出来ない様です。

 

0000ブログ.jpg

mixiチェック    

投稿者:久保 太希 久保 太希

<<1 2 3