PRism(プリズム)

和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

河村俊貴 河村俊貴 の投稿記事一覧

<<1 2 3

経済学部2年生の河村俊貴です。

こんかいぼくのおススメの本は「スマホは捨てろ!」 (鈴木進介 著 扶桑社)です。

kawamura.jpg

私がこの本を手にしたきっかけは斬新なタイトルに目がいったからです。現在ほとんどの人、とくに大学生なんかは95%以上はスマホを使っている中でこの「スマホは捨てろ!」というのは衝撃的でした。

この本では、スマホが最近普及したものにも関わらず、スマホなしでは生きていけないと思い込んでいる「無難な人」たちに警鐘を唱えています。

タイトルの「スマホは捨てろ!」というのはつかみであり、内容の全てに関係あるものではありません。自分は平均以上は一応できる、そこそこ頑張ってきた、まあまあできる人間だ、なんて考えている人への本です。


この本の導入部分でおもしろい質問があります。

Q「あんたは、自分が会社で現在どの位置にいると思いますか?」

A「会社を動かす上位10%以内」

B「そこそこ仕事ができる11~40%」

C「足を引っ張り気味な41~80%」

D「今すぐクビを切られそうな下位20%」

これを今のあなたの高校の部活でも、大学のサークルでもあてはめてみて考えてください!

さて、この中で一番問題のある解答はどれだと思いますか?

興味があればぜひこの本を読んでみてください!

mixiチェック    

投稿者:河村俊貴 河村俊貴

9月に入って、和大生の夏休みは半分が過ぎちゃいましたーー

こんにちは2年生の河村です

今回のブログテーマは「和大生の夏休み」とのことです。僕はインドアよりアウトドア派なのですが、大学生になってさらに活発に行動するようになったと思います。

中学生は地元の駅前を拠点にして遊び、高校生になると大阪市内などに頻繁に出かけ、大学生になると、先輩や自分の車、バイクに乗れるようになったりして行動範囲はさらに広がります!

このブログを見ている高校生も、大学生になったら自分たちで運転する、車やバイクで行く楽しい場所を見つけていきましょー

ということで今夏僕が行った自然・絶景を写真ごとに紹介していきます



unnamed2.jpg

上の写真は和歌山県田辺市の大塔青少年村でのものです!ロッジを借りて宿泊し、川遊びやBBQを楽しみました!

下の写真のように飛び込みもできますよ!

unnamed1.jpg



上の写真は、本州最南端の潮岬の灯台から撮った写真です。風が強くて気持ちよかったです!


下の写真は、和歌山県日高郡由良町の白崎海岸の近くで撮った写真です!この日は台風の影響で天気も良くはなく、波が高かったのですが、それはそれで趣がある風景でした。



5.jpg8.jpg






4.jpg3.jpg


これは不登校児支援のプラットホーム部のキャンプで行った、和歌山県かつらぎ町の花園中学校で撮った写真です!

毎年夏休みの時期に、学校などを借りてキャンプをし、子どもたちとかけがえのない思い出を作っています!

中学校の隣に川が流れていて、夜は星もきれいでとても良い場所でした^o^


6.jpg

これは和歌山県ではないのですが、お隣三重県熊野市の丸山千枚田の写真です!観光スポットとして有名で、実際に見ると写真の何倍も迫力があります!


unnamed.jpg11unnamed.jpg

ラストは世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」から、上は那智の滝、下は獅子巖です!

この日の那智の滝は前日までの雨のため水量が多く圧巻でした。獅子巖は条件が重なって夜に月と一緒に見ると最高に美しく見えるそうです。



まだ夏休みは半分しか経ってないのですが、今年はいろいろなところに行きました!

さきほどは、「大学生になって行動範囲が広がっていく」と書きましたが、ブログを見てくれている受験生・高校生のみなさんも、和歌山大学の見学のついでに、和歌山の絶景・自然を楽しんでみてはどうですか??

mixiチェック    

投稿者:河村俊貴 河村俊貴

こんにちは!経済学部2年生の河村です。

最近は僕が所属するサークル、和(なごみ)でバレーボールをたくさんやっています。

それ関連でお勧めする和歌山大学近辺でのおすすめスポットを2つ紹介します!

 

1つめはときめきビーチ!

ね!名前だけでなにかありそうでしょう!?でも特にどうってことはない普通のビーチなんですけど(笑)別名は淡輪海水浴場といいます。、和歌山の海といえば白浜が有名ですけど、和歌山大学の近くでは、大阪府にある淡輪海水浴場が良い海ですよ!

なぜこのビーチがおすすめかというと、和歌山大学から一番近くにあってすぐにいけるからです!(多分)

 

そしてこのビーチではイベントが多いです!特に6~7月はビーチバレーの大会を頻繁に行っていて、誰でも簡単に参加できます!僕も今月の4人制ビーチバレー大会に出場しました。来月も出場する予定です。

 

また、大阪府の中では綺麗な部類の海なので、もちろん海水浴もできますよ!ぜひ行ってみてください!

淡輪.jpg

6月に出場したビーチバレー大会での様子

 

 

2つめのおすすめスポットは河西緑地公園体育館!

ここは和歌山大学がら南西に車で20分のところにある、なんてことはない普通の体育館なんですけども、とにかく使用料が安いです!

他の和歌山市内にある体育館と比べて、半分くらいのお値段で借りれます。

ここは本当にお財布にやさしいので、和歌山大学の多くのサークルがこの体育館を利用してます。

予約も電話で簡単にできるので、ぜひ使ってみてください!

 

淡輪海水浴場ホームページ http://www16.ocn.ne.jp/~tannowa/

河西緩衝緑地ホームページ http://www.wakayamasposhin.or.jp/kasei-park-facilities/kasei-park-facilities_2.html

mixiチェック    

投稿者:河村俊貴 河村俊貴

こんにちは!経済学部2年の河村です!

最近はバイトを減らして、日々の活動に余裕ができるかなって思ったら、部活・サークル・授業などで時間に追われています。たまには夜7時台のテレビ番組も見てみたいです。

 

こんな中で講義を受けているので、内容が頭に入らないものもあります。でもそんな僕でもおススメできるおもしろい講義があります。それは金曜日1限の労働経済論です。

 

この講義は経済学科の授業で、雇用・労働に関する現実的な問題を挙げて解説しています。賃金・労働時間・労働に関する条件など、アルバイトをしている大学生には、身近に関係のある内容なので聞いているだけで面白いです!

また、岡田先生独自の、YES,NOカードを用いた授業で、学生が講義に自然と参加しやすくなっています。

 

 

↓金曜日1限 労働経済論のレジュメ

素材.jpg

大学の講義は寝ていても怒られるなんてことはほとんどないですし、適当に時間を過ごせば楽ではあります。

でも労働経済論のように先生が学生に深く理解するよう工夫しているものもあります。

もちろんそんな講義には積極的に参加し、そうでない講義でも、興味を持てるポイントや、自分なりの方法で講義をおもしろくしていくことが、大学での勉強をより充実させるのだと思います!

僕も大学で実のある勉強をできるようにがんばります!

mixiチェック    

投稿者:河村俊貴 河村俊貴

こんにちは!!経済学部2年生になりました、河村です^〇^

 

新入生のみなさんご入学おめでとうございます!これから和歌山大学という新しい場所で新鮮な経験ができるんだと思うとすごく楽しみですね。

新しい場所といえば、僕はこの春に生まれて初めての海外旅行に行ってきました。普通初めての海外といえば、グアム島やハワイ島やアメリカ本土だったり、ヨーロッパなどに行くことが多いですよね。でも僕はインドに行ってきました!

きっかけは、「家の近くにインドのカレー料理屋さんができて、そこのカレーがおいしかったのでインドに行きたくなった」と、実家の母親が言ったことから。ぼくは親に誘われ、インドへの旅行へ旅立ちました。

 

インドでは世界遺産の石窟を見たり、都市の観光をしたりしました。石窟は約2000年前にカナヅチとノミで掘られたもので、大迫力でした。

都市の観光は市場を歩いたり、フマユーン廟という王様のお墓を見学しました。

10150557_239630709572603_8402706094726374696_n.jpg

☆インドの市場 周りの雰囲気と僕の浮き具合が気に入っています(笑)

10174989_239628826239458_103605606524232775_n.jpg

☆アジェンダの石窟 

1964997_239628869572787_7439947415578155732_n.jpg

☆フマユーン廟 あの有名なタージマハルのモデルとなった建物です

 

海外旅行に行くと「世界観・価値観が変わる」なんてよく聞いていました。

僕の場合はインドに行ってそんなことにまではなりませんでしたが、日本にいては絶対に体験できない感覚を味わえて楽しかったし、帰りの飛行機の中ではいろいろと考えることもありました。

僕がインドに行ったきっかけなんて、ほんとに思いがけないことでした。

大学生の間には何かのきっかけで思いがけないことにいっぱい出会うと思います。
新入生のみなさんはそんなきっかけを逃さず、自分の活動や行動の幅を広げていってくださいね!

mixiチェック    

投稿者:河村俊貴 河村俊貴

<<1 2 3