PRism(プリズム)

和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

辻 の投稿記事一覧

<<1 2 3

学生のプロ

2013/04/19

こーんばんはっ!

つじです。


なんだかんだいうても僕もこの春から4回生です。

 

 



これで高校より大学のほうが在学期間が長くなったってのがちょっと信じられないですね。(・.・;)
なんか高校の3年間のほうが長かったように今はおもったりしております。

 

 

ということで僕もこの最後の1年で合計16年の学生生活を終えるわけです。(小学校から数えてね!)

 

 

 

その最後の1年どうしようかなと、就活をしつつ考えております。

 

 



まず遊びまくりたい!最後にみんなとめっちゃ思い出つくろ!とか。

とはいっても、学生最後やし勉強もきちんとしたい!であったり。

いやいや、最後はなんか新しいことに挑戦してみたい!などなど


 


いろんな妄想をおもしろおかしく日々考えております。


 

 


言えることは、やっぱり最後やから後悔したくないのです。


たくさんやりたいことがあるのです!

 

 

 

となった時に重要なことが一つ。

 

 

それは僕が4回生だということです。

 

 



そう

 

 

 

僕は今や学生のプロです。なにせ小学校から数えて学生16年目ですからね。(゜゜)


学生生活をいかに充実させるかに関しては僕はもう完全にエリートとなっておるわけです。

 

だからこそ、必ずやこれまでで一番充実した、楽しい1年を僕はすごせるのです!

いろんなことに挑戦もできるしいろんな楽しいこともできるはずだ。(゜-゜)

と考えています。
 

 


最後、

今年の意気込を一言で言うならば

「学生のプロとして歴代最高の1年を!」

です。

 

 


もう学生は当分いいやっ。てなるくらい最後楽しみ切ってやろうと思いまーす!

それではみなさんもよいスタートを切って充実した一年をお過ごしください。



IMG_0040.jpg あ、写真は就活中東京で出会った
ハトの大群です。

mixiチェック    

投稿者: 辻

就活。

2013/03/30

IMG_0052.jpgこんばんは。つじっす。

えと、今回は就活についてのおはなしということでですね

ぼくが面接や説明会で聞かれた事のある質問をいくつか紹介します。

まず、かなり多く聞かれるのが

「あなたにとって仕事とはなんですか」
「あなたは何のために働くのですか」

といった類の質問ですね。

んーなんと深く、途方もない質問をするのか…。なんかこんなの聞かれるといろいろ考えちゃいますよね。
 


お金を稼ぐため、夢を実現するため、人の笑顔を見るため、自分の成長のためetc,

この、下手すれば人生の話にまで発展しそうな質問に、あなたならなんと答えますか??


 

あっ、上の写真は就活中東京で遭遇した、忠犬ハチ公です。

 

 

次!


「仕事において一番必要な力はなんだと思いますか」

むむ。またも難問。
コミュニケーション力、プレゼン能力、論理的思考能力、発想力、リーダーシップ等々
以上のような能力も人によってはその能力の定義も変わってきます。

たとえばコミュニケーション能力とはなんなのか?これだけでもすごいひろい分野の能力のような気がしますよね。

いろんな能力を面接やグループワークなどの選考で試されている気がします。

 



ラスト!
「人生で大切にしていることはなんですか」「生きていくうえで譲れないものはなんですか」

うわぁ!

これにずばっと答えられる人ってすごいと思います。
 

 



とまぁ、これを見るとなんか就活ってめんどくさいなぁというイメージを持っちゃうかなと思います。

そうです、就活とはなかなかどうしてめんどくさいのです。

以上のようなやたら深く、けして答えのない問をひたすら考えます。

時には、考えすぎてなんかよくわかんなくなりつつ、それでもなんか前に進んでいきます。

自分が何を望んでいるのか、自分が楽しいと思う瞬間は

自分が将来したいことは、自分がなりたい人物像は

日々考え、半ば無理やりに答えを出したりもします
 

結論として就活とは何かということを僕なりに一言でいうと

「徹底的に自分と向き合う時」
かなと思います。

それでは引き続き自分と向き合ってきます。




IMG_0044.jpg

 ←新宿で発見したお寺。

mixiチェック    

投稿者: 辻

現在、就職活動の為に東京でのネットカフェ生活(ホテル代を浮かすため),3日目に突入しておりまーす、つじですっ。

 

 

さてさて、今回のテーマは「学生生活を振り返って」ですね~

 

 

僕はあと一年ありますが、とりあえず振り返ってみますねっ!

 

 

 

 

 

僕は大学生活でいろんなことに挑戦してきたなぁと思ってます

 

自分のサークルの代表を進んで引き受けたり、けっこう厳しめのゼミにあえて入ったり。

他にも勇気を出していろんなことに挑戦してきたなーと、自分では思ってます。

 

 

 

じゃあ、なぜ僕は積極的にいろんなことにチャレンジしてきたのだろうか??

何が僕をそんなにチャレンジする人に変えたのか??

 

 

こういう問いを立てると、僕にはある大学の先輩のことが浮かんできます

 

その先輩は僕の所属するボランティア団体の一つ上の先輩です

 

 

その人の存在は僕にとって本当に衝撃的でした。

 

 

何が衝撃的かというと

 

 

 スピーチ。人前でしゃべるがことが本当にうまいという点です

 

 

 

団体の大規模な活動報告会で、100を超える人の前で行ったスピーチはまさに圧巻でした

僕と一つしか変わらない同じ大学生が、こんなにも上手に人を引き付けるスピーチができることに本当に感動したのを今でもはっきり覚えています
 

自分もこの人みたいに人前で堂々としゃべり、人々の心を動かしてみたいと心底思いました
 

 

 


その先輩への強いあこがれが、その時から僕の考え方と行動を変えました

これがさっき立てた問いの、僕の答えになります

 

 

僕はたまたま所属団体の先輩でしたが、一人一人「大きな影響を受けた人」というのは違うと思います

大学生はそれぞれが、いろんなすごい人に出会い、憧れ、そしてそれを目指して変わっていくのだろうと思います

 

 

これから大学生になり4月からキャンパスライフを送る人たちにはぜひともすごい人や面白い人に出会うという事をお勧めしたいです。

 



それではこれから東京の街を散歩してきまーす(^o^)

mixiチェック    

投稿者: 辻

こんばんは!

もういくつと寝るとお正月です。つじです。

 

えと、今回のテーマは「大学生と高校生の違い」ということですね。
高校生のみなさんにとっては興味深いテーマなのではないでしょうか。

 

 

具体的に3つのことが大きく変わるんじゃないかなと僕は思います

①授業  ②部活  ③生活環境

 

 

 

①授業

まず授業の仕組みがちがいますよね。

大学では基本的には自分の取りたい分野の授業を取っていきます。

お試し授業の期間なるものが大学にはあって、

そのお試し授業を受けて最終的にどれを取るかを決めていくといった感じです。


【※広報室補足】とある授業での1シーン
IMG_1831.jpg

 

②部活

そして次に部活の形態が高校とは様変わりします。

大学には部活だけではなく学生の活動団体(いわゆるサークル)が存在してます。高校ではせいぜい部活の種類は20程度だと思います。

しかし、大学では公認されている団体だけでも50種類を超えます!

高校では決して出会うことのなかった分野に取り組む団体、部活があるのが大学だと思います。

 また部活、各団体の運営はほぼ学生の自主性に任せられています。

団体を新たに作るのも学生であり、

団体を引っ張っていくのも学生ですね!

そこも大きく違う点かなーと感じます。

 

 

③生活

3つ目は生活と書いたんですが、要は一人暮らしをした場合の変化ですね!

当然ながら家事は自分ですることになります。

自分の持ってるお金から一か月どう過ごすかを考えたりもします。

朝は自分の自由な時間に起きるし、夜も自分の自由な時間に寝ます。

とにかく生活に関して僕はすべてが新鮮でした!


 

 

 



「大学生と高校生の違い」を具体的に3つ書きましたが、

この3つから見えてくるのはのはやっぱり、大学は自由っ!ってことですね。

とにかくやることなすこと自分の自由の選択の連続です。

授業を取るのも自由、部活をどんな風にしていくかも自由、生活をどう過ごすかも自由です。

こんだけ自由だと自分できちんと考えて選択していかないとやっぱりだめですよね。

僕が大学に入って一番必要だと感じるのは「自分で考える力」かなぁと思います。

これさえあれば大学の自由さを存分に楽しめると思いますよ~


それではよいお年を☆

 

mixiチェック    

投稿者: 辻

こんばんはっ!つじです!

 

今日はちょっとした番外編!グリーンプラネットハウスの取り組みについてかきますよ~

 

グリーンプラネットハウス(以下グリプラ)は僕が所属している団体の和歌山レオクラブと交流がある会社です。

 

和歌山大学の人たちにとっては和大の学生寮として認識されていますね!

ちなみにグリプラはエスティーワールドという海外旅行専門の旅行会社が運営しています。

 

レオクラブとどういったつながりがあるかといいますと、現在レオクラブはペットボトルキャップを集めています。グリプラはそれに賛同してくれて回収ボックスの設置や、キャップ納入の作業をやっていただいています。またグリプラ内をはじめ、併設のひまわり食堂など敷地内にもいくつかの回収ボックスが設置されていますっ。

 

IMG_0853.jpg

 

こういうつながりもあり、今回いろいろな取り組みをしているグリプラに個人的に取材に行ってきましたー!

 

 

今回はグリプラの社員である染矢さんにお話を聞くことができましたよっ!

 

どうやらグリプラはエコキャップのほかにも使用済み切手を集めて海外医療協力へ支援するという取り組みや、グリプラを運営しているエスティーワールドではさらに「チャイルドスポンサーシップ」という発展途上国の子供たちの支援活動にも取り組んでいるそうです!

 

ところで、実は僕が今回取材に行こうと思った真の理由はこういった企業が行っている社会への貢献活動の意味を知りたかったからです。

つまりどういうことかといいますと、こういった活動を通じて会社はどういった風に自らの経営に生かしているのだろう?とか、社員はこういった活動を通じて何を得ているのだろう?ってことですな!

 

取材がへたくそな辻はこの疑問を直球で染矢さんにぶつけちゃいましたw

 

そうすると染矢さんはさらりと気持ちよく答えてくれました!

「よく小さいことにも気が付くようになりましたね!ペットボトルキャップの選別とかはほんとに細かな作業なので細かなことに気を配ることにつながっているんじゃないかなと思います」

 

ふむふむ。

もちろんこういった活動は見返りを求めてやるものではないですがやはりそういった自己成長や普段の考え方の部分で影響があるのだなと思いました!

僕自身もボランティア活動を通じていろんな視点や刺激をもらっているのですごく共感できるところがありました!

 

こんな感じで地域にある会社の人と関わるのもとーってもいい勉強っすね!

 

それではこれにてっ(--)v

IMG_3978.jpg

mixiチェック    

投稿者: 辻

<<1 2 3