PRism(プリズム)

和歌山大学

和大広報プロジェクトチーム・ワダイ広報ブログ

最近のコメント

2014/09/12:全力投球の夏休み

高石 由美子さん

2014/08/26:今しか受けられ…

ニシダさん

2014/08/15:帰省して発見!

さのようこさん

2014/03/10:和歌山大学学生寮

輪野陽俊さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

2014/03/03:和歌山大学学生寮

牧野優生さん

メンバー一覧

にしむら
池本拓真
和田浩一郎
河村俊貴
梅原勝太
高橋桃子
小島朋子
高柳裕一
牧野優生
たなか
841
山﨑大輝
美弥
志垣沙灯子
わだにゃん

すべてのメンバー一覧を見る

RSS

細川 細川 の投稿記事一覧

<<1 2 3 4

こんにちは!細川です。

DSC_0536.JPG

新聞会部室(プリンターの上に注目)

 

ついに、大学の卒業まで2か月を切りました。

 

所属する新聞会の後輩たちが卒業コンパを企画してくれて、うれしい限りです。

新聞の作成も頑張っているようなので思い残すことはありません(泣)

DSC_5526 - コピー.JPG

これはたぶん追いコンの写真

 

プリズムのメンバーも含め、しっかりした後輩に恵まれたことを喜び、噛みしめている今日この頃ですが、

逆に自分が後輩に何もしてあげられなかったと反省させられます。

 

そんな後輩を見ていて思うのは、「和大に来て良かったな」

 

まさに今回のテーマですね。

 

私は、はっきり言って人間関係を構築するのは得意ではありません。

頑固で独りよがりで敵もよく作る性格です。

 

そんな私を受け入れて許してくれる、その上で私に注意もしてくれる

先輩や後輩、同級生、職員さんに恵まれたことは、私にとって幸運でした。

 

学業面では、抜きんでた成果は挙げられませんでしたが、

今までで最も充実した4年間だったと思います。

 

私は、大学は、社会へ飛び出す前の準備体操をする場所だと思っています。

準備体操をしなくても、日頃運動している人ならすぐ怪我するわけではありませんが、

やらないよりはやったほうがいいですよね。

 

私は、運動をしていなかったので、このまま社会に出ていたら、

きっと大怪我をしていました。

 

それを気づかせてくれたのも和大です。

きっと、和大でなく他の大学に入学していても気づいていたでしょう。

しかし、私が実際に気づいたのは「和大」です。

そのため、この大学は掛け替えのない存在です。

 

だから、あらゆる人々に同じ時間を同じ空間を共有してもらいたいと、

大学をPRする活動に関わらせていただきました。

DSC_0517.JPG

大学案内の表紙の別ショット

 

どこまで、効果のある活動ができたのかわかりませんが、

一生懸命頑張ってきたつもりです。

 

私は、今年の3月で和歌山大学を卒業すると思いますが、

今後とも、和歌山大学、学生広報チーム、(和歌山大学新聞会)をよろしくお願いします。

mixiチェック    

投稿者:細川 細川

明けましておめでとうございます。

2014年を迎え、考えることも多くなってきました。

細川です。

 

僕は、システム工学部

光メカトロニクス学科在籍中の4回生です。

なので、センター試験を受けたのは、もう四年も前の話ですから、

今のセンターが当時と違っていることもあるかもしれないので

その辺は許してください。

 

センター試験で大事なのは、

とりあえず埋めることだと思います。

数学以外は、大体4分の1で当たるので

埋めないと損です。

 

では、どうやって解くべきか。

僕のセンター試験の受け方を書きます。

 

問題をざっと目を通す。

わかりそうな問題から解く。

大問1からでも5からでもかまいません。

_DSC0004.JPG

出典:2009年 勝てる!センター試験 化学Ⅰ問題集(文英堂刊)


その時自信のある問題には、◎

間違えてないだろうと思う問題には、〇

自信がないけど答えるのは、△

今埋めたくないのは、☓

という風に、問題番号の横に書いておきます。

◎と〇を打った問題は同時にマークシートもぬっておきます。

それで一通り問題を解きます。

この状態では、△と☓の問題はマークしていないので、

次は頭から順に△の問題を解いて埋めていきます。

そして、☓の問題というように。

時間があるならここで見直しをします。

 

こうすると、最悪途中で時間切れでも、

落とす問題は自信のない問題だけです。

ただ、時間切れになりそうだと思ったら

すべて3番を埋めるみたいに切り替えも大事です。

 

よく、マークシートは最後にまとめて埋めろという人がいますが、

マークがずれても気づかないし、

マークできずに時間切れの時、わかっている問題まで捨ててしまうことになるので

僕は、お勧めしません。

 

まとめてマークしたほうが確かに早いです。

でも、マークする時間なんて問題解く時間に比べたらわずかです。

 

ところで、さっき数学以外はと書きました。

じゃあ、数学は空欄を作ってもいいのか。

僕は、埋めるべきだと思います。

 

特に分数の問題だと、分母は他の問題と同じになるところが

解く前からわかるときがありますよね。

それなら、時間の余裕があるうちに、

分母は埋めておきます。

そうすると、最後に時間が無くなっても、

分子だけ適当な数字を入れることができます。

_DSC0003.JPG

これなんか、最高でしょ!! アは2  ヤマでも正解してしまう例

出典:センター試験 必勝マニュアル 数学ⅡB(東京出版刊)

 

正解することは、まずない(ごめんなさい)ですが、

分母分子両方がでたらめより、

可能性が高いし建設的だと思いませんか。

 

最後に、忘れ物はしないように。

 

僕は、センター1日目に時計を忘れました。

昼休みにコンビニに走って、時計を買いましたが、

午前中は試験時間がどれだけ残っているのかわからず

大変でした。

 

忘れ物をするとすごく焦ります。

それでなくても、緊張しているときに

他のマイナス要素はなくしておくほうがいいに決まっています。

 

みなさんが、気持ちの良い卒業式を迎えられるように

祈っています。

mixiチェック    

投稿者:細川 細川

あなたの今年の秋はどんな秋でしたか

 

こんにちは。シス工4回、細川ですっ!!

あっれ?秋って、9月~11月だと思うのですが?

まだ半ばじゃん!振り返るには早すぎる。

 

ということで、橋井さんと同じように

”秋後半、何をしたいか”のようなテーマで書きたいと思います。

 

まずは、私の秋のイメージ。

物悲しい、短い、長期休みがない。

ネガティブな言葉が並んでしまいました。

 

もちろん、秋にはいいトコロいっぱいあります。

 

秋刀魚がおいしい。ご飯がおいしい。

モミジ饅頭食べたくなる、紅葉を見ずに。

食欲の秋を突き進む細川です。

 

けれど、私には他にもしたいことがあるのです。

秋といえば・・・祭りの季節!!

祭りは祭りでも・・・大学祭!!

つまり・・・

和大祭に行くことです!!!!

DSC_0805.JPG

(間違っても、私の地元のだんじり祭ではありません。

あれは、私にとって天敵なのです。)

 

今年の和大祭は、11月23日と11月24日の二日間。

両日ともゲストが来るのは、私が入学してから初です。

 

私の高校には、文化祭がありませんでした。

だから、大学1回の時、大学祭が楽しみでウキウキしていました。

しかも、新聞会の記者として初の大きな仕事が

大学祭のゲストアーティストへのインタビューだったので

感慨深いものがあります。

 

けれど悲しいことに、部活動していない学生からすると、

「授業がないから大学に行かないでいいや、やったー!!」

だそうです。

 

もったいないですよ!!

だって和大のゲストすごいですから。

(模擬店も展示ももちろんすごいですよ(汗))

3年前は、かりゆし58

2年前は、芸人5組

去年は、ET-KING。

すごいでしょ?お金が掛かってます。

なのに、ライブ自体は無料です。わーい!!

 

今年のゲストはなんと

ONE DRAFTだそうです。(23日は天竺鼠)

 

大学に向かう車の中で、ラジオから流れてくる

「あいたくて、あえなくて、あいしてる」

をよく聴いていました。本物に会えるなんて!!

「あいたくて、あえた」!!

私はこう見えてミーハーなんです。

 

ということで、大祭の回し者のようになってしまいましたが、

本当に、楽しみです!!

楽しい秋にしたいな。

mixiチェック    

投稿者:細川 細川

「生きてるだけで丸儲け。」

いい言葉ですねぇ~。

これを言った芸人さん、

和歌山生まれだと最近テレビで知りました。

 

申し遅れました。金欠気味の細川です。

 

予定もなく、夏休みに突入した私は、

とりあえず2つの目標を立てました。

 

「自分のスキルアップにつながることをする」、

「2か月で15万円稼ぐ」です。

 

まずは、スキルアップのほうから。

そのために、私は自動車学校に通うことに決めました。

 

私のブログを読んでいただいた方の中には、「あれっ?」と思う方も

いらっしゃるかもしれません。

なぜなら、私は、マイカーの写真をブログにアップしていますからね。

DSC_5471.JPG

↑これ

 

今まで、ブログで自動車の写真を載せてきましたが、実は、無免許運転でした・・・

というわけではありません。

 

中型免許(トラック)を取ることにしたのです!!

この免許で車両総重量11トン未満のトラックとマイクロバスが運転できます。

DSC_0069h.jpg

↑ 実際に乗っていた教習車

 

なぜ大型免許を取らないのとよく聞かれるのですが、取らないのではなくて取れないのです。

 

私が、初めて免許を持ったのは、平成23年4月。

大型はそれから3年以上経過していないと取得することができません。

つまり、二年とちょっとしか経っていない私には、大型免許を取る資格がないのです。

 

しかし、3年経っていたなら大型免許を取っていたかと聞かれても、答えは”いいえ”です。

なぜなら、普通車しか乗ったことがないのに、

突然大型免許用の教習車は、大きすぎて怖いから(笑)

 

だって、中型トラックでも

とりあえずハンドルがデカい。

ブレーキペダルの踏み応えがなく、ブレーキが利いてるのかわからない。

小さな道路の凹凸でも車体がバウンドするので、アクセルの調節が難しい。

1速だと、アクセルを全開で踏んでいても時速10キロ以上にならない。

ギアチェンジのタイミングも回転数が上がるのを待つので遅め。

ホイルベースが長く、緩いカーブでもサイドミラーを確認していないと後輪が縁石ぎりぎり。

 

これだけ文句が言えます。

大型トラックなら・・・考えただけでも・・・

 

けれど、私たちの親(2007年以前に普通免許を取った人)は

8tトラック(積載4t)まで運転できてしまうんですよ!

昔の免許制度って、無茶にもほどがありますよね。

 

何はともあれ、8月初めに、教習所を無事卒業。補習なしの1発合格です。

DSC_0092h.jpg

教官からはかなりダメ出しされましたが・・・

実は、この免許取得に15万円ぐらいかかってしまい、お金がほとんど無くなってしまいました。

 

 

そこで、二つ目の目標「2か月で15万円稼ぐ」の登場です!

 

ただ、金策とは言え、1つ目の目標を蔑ろにしないためにも、

時給の高さではなく、良い経験になるような仕事がしたいと思いました。

そこで、とあるホームセンターの倉庫でデバン作業をはじめることに。

 

デバン作業というのは、コンテナから商品をおろし、

倉庫内に保管しやすいように積み直す作業のこと。

 

いままで、塾講師や家電量販店の販売員など

どちらかといえば、頭を使う仕事ばかりやってきましたが、

今回は、完全な肉体労働。

筋力のない私はなかなか戦力になれず、腕も傷だらけになります。

DSC_0091.jpg

お風呂に入ると沁みる!!

 

ただ、ラップ巻き(段ボールを3~4段積み上げて崩れないように大きなラップでぐるぐる巻きにします)と

段ボールの解体は、かなり速くなりました。

一日500個以上の段ボールを開け、小さく畳んでいれば、それも当然?

 

8月も終わりの現在、やっと約6万円。あと9万円頑張るぞー!!

案外、人生で一番充実した夏休みを過ごしているかもしれません。

生きてるだけで丸儲け。キツイ仕事も楽しいと感じたホソカワの夏休みです!!

mixiチェック    

投稿者:細川 細川

明日は、ついにOPENキャンパスです!!

申し遅れました、4回生のホソカワです。

 

私も、当日は研究室のデモを担当しますが、

高校生、中学生など見学者の方にわかりやすく説明ができるのか、ちょっと不安です。

 

ちなみに、私の研究室は、システム工学部光メカトロニクス学科の

知的メカトロニクス研究室です。システム工学部A棟4階にあります。

私が担当するものを含め、3つのデモを予定しています。

 

そのうち、私が担当するデモは「柔軟構造物の振動と制御」。

名前だけ聞くと難しそうだなと感じる方もいるかもしれませんが、

 

要するに、

”建物はどのようなときに最も揺れて、

どうすれば、その揺れを抑えることができるのか”

を見てもらいたいと思っています。

 

DSC_0077.jpgのサムネール画像

これが、実際に使用する実験機器です。

 

イベントなどで、地震を体験できる設備が用意されていることがありますよね。

あれの小さい版だと考えてください。小さいので、人は乗れません(笑)

乗って壊れたら、先生に私が怒られてしまうのでやめてください(笑)

 

しかし、この小さい実験機器でも、地震を再現することができるのです!!

下に見える青い正方形の部分が振動し、構造物を揺らすという仕組みです。

 

当日、その装置を使って、実際に測定させた地震波の再現もしますので、

興味がある人は、立ち寄ってください。

 

ほかにも、私の研究室では、「人間型ロボットの遠隔操作」「生体信号を測る」という

デモを行います。

特に、人間型ロボットは、実際に操作体験ができるので気軽に立ち寄ってもらえたらと思います。

mixiチェック    

投稿者:細川 細川

<<1 2 3 4