うぅ...寒い。

家で飼っている猫二匹とストーブの前に張り付いて、なかなか家から出られなかった武内芽生です。

 

そんな私は、現在観光学部4年生。今年度で、卒業します。

大学に入学し、卒業に必要な単位は取り終わり、就職活動も終え、

先日、卒業するために必要な卒業論文を提出しました。

 

受験生の皆さんからは、

「もうもがくことなんかないやん!!」

という声がきこえてきそうです...。

 

しかし、私はこれから新たな「もがき」に突入していきます。

「社会」という「新しいもがき」です。

新しい生活、新しい仕事、新しい人。いわゆる、新天地ですね。とても、とても、不安です。

 

「この選択でよかったのか。」

「自分がやってきたことは本当に間違っていないのか。」

 

考えてもわからないことだらけです。

かといって、考えすぎて不安になって行動しなければ、「自分を成長させてくれるもがき」にすら出会いないのかもしれない、と最近思い始めました。

 

何事も、やってみないとわからない。

 

受験勉強の最中に、

「自分がしている選択は、本当に間違っていないか」

と、心が折れそうになるほど不安になることはありませんか?

 

やってみないとわからない時は、目の前のことに必死に取り組んでみる。

すると、不安や悩みなんてすっとんでいた!なんてこともあるかもしれません。

 

何か自分で行動してみたからこそ、

「この選択でよかったのか」

という答えが得られるのではないかと思います。

 

こんなことを書いておきながら、私も、自分が選んだ仕事が天職だ!なんて、今はわかりません...。

人生もがき中です。

 

皆さんも、やってみないとわからないことは、是非、トライしてみてください!

そうすれば、道は開かれるかもしれませんよ。

 

次回の受験生応援リレーは教育学部4年生の西村藍さんです!

2/2(金)まで、お楽しみに!