和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

記事

津波避難訓練を実施

2011年11月29日

ファイル 67-1.jpgファイル 67-2.jpgファイル 67-3.jpgファイル 67-4.jpg

11月27日、海南市黒江船尾地区において実践的津波避難訓練を実施した。今回の訓練は、地元黒江小学校の1年生から6年生が中心となって、地域住民と一緒に助け合って避難する訓練を実施。児童達は事前に防災学習として自分たちの住む地域を実際に歩き大災害時に想定される状況をまとめ、その結果をもとに訓練想定を策定した。1年生から5年生は協力しながら避難所まで避難を行い、6年生は訓練スタッフとなり避難経路の通行止め箇所などにおいて避難する住民対応を行った。今回の成果は、圧倒的に若い年齢層の参加者が増えたこと、子供達の防災への意識が飛躍的に高まったことである。