和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

記事

いとはんコンサートを開催

2011年11月29日

ファイル 64-1.jpgファイル 64-2.jpg

ファイル 64-4.pdf
  ←(案内ポスター)

11月26日、和歌山大学地域連携生涯学習センターにおいて、減災をめざし地域の絆づくりを目的とした「いとはんコンサート」を開催しました。事前に寄せられたリクエスト曲に選曲のエピソードを紹介しながら、エレクトーンの伴奏で参加者全員で合唱しました。さらに、第1部と第2部の間には防災ミニ講座を行い減災の知識を学びました。会場は満席で140人を越える地域の方々が参加し、想い出の曲に終始感動をされていました。
絆という字は糸と半に分けることができます。絆=いととはん=いとはんです。いとはんは関西で女性を表す言葉です。いとはんプロジェクトは、女性が主となり地域の絆づくりと減災をめざす事業です。「いとはん」のネーミングは和歌山大学防災研究教育センターが行いました。