和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

記事

防災運動会を実施

2011年11月9日

ファイル 61-1.jpg ファイル 61-2.jpg

11月6日、海岸近くに位置し津波被害が予想される御坊市塩屋小学校において、御坊市地域防災力向上事業の一環として本センター企画監修による防災運動会を実施しました。前日の大雨の影響で予定していた内容は大幅に縮小し体育館で実施しましたが、地元幼稚園児、住民、市担当職員、防災会など多くの参加者で賑わいました。