和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

記事

災害ボランティアバスを運行します

2011年7月7日

45-1s.jpg

東日本大震災被災地支援のために、夏期休業期間中において災害ボランティアバスの運行を計画しております。つきましては、下記のとおり説明会を開催致しますので、災害ボランティアに参加を検討されている方は是非ご出席ください。

■事前説明会
日時:平成23年7月13日(水)16:30~17:30
場所:基礎教育棟G-103

1.災害ボランティアの概要について現地の状況などを含めて説明いたします。
   (ボランティア参加者には現地に入る前にさらにガイダンスを行います。)

2.説明会終了後に参加申込の受付を行います。
   (乗車できる人数に制限がありますので先着順とさせていただきます。)

3.ボランティアに参加を検討しているが当説明会に出席できない場合は、
  7月12日までにメールで連絡ください。

東日本大震災ボランティアバスプロジェクト実行委員会
事務局:防災研究教育センター     
メール:bousai@center.wakayama-u.ac.jp