和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

記事

東日本大震災活動報告会を開催します

2011年5月17日

ファイル 38-1.pdf
  ↑
案内チラシ

―私達にできることー 和歌山から東日本へ
被災地復興のために いま何ができるのか 何をしなければならないのか

主催:和歌山大学震災支援対策本部
日時:平成23年5月25日(水)16:30~17:30
場所:G―103
対象:学生、教職員

○現地調査報告
 ・照本清峰(防災研究教育センター特任准教授)

○学生の活動報告
 ・災害ボランティアに参加して   酒井 豊 経済学研究科2年 串本町出身
 ・支える人を支えるネットワーク 太田 昇 教育学研究科2年 串本町出身
 ・チャリティチームサザンカ    今井里香 経済学研究科2年 串本町出身

○意見交換
 ・コーディネーター 此松昌彦(防災研究教育センター長・震災支援対策副本部長)
報告会終了後に防災自主演習の説明会を開催する予定です