和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

記事

防災ウォークを開催します

2011年5月9日

今般の東日本大震災では、直接の被害は軽微であった首都圏においてもほとんどの交通機関はストップし、多くの帰宅難民が発生しました。東南海・南海地震の発生が言われて久しい当地でも、いつ同様の事態になるかわかりません。今、あなたは歩いて自宅に帰れますか?距離や経路、所要時間など、歩いた経験がなければまず分かりません。今回は此松センター長が活断層等の説明を行いながら、紀伊駅から阪和線沿いに北上します。このルートはほぼ熊野古道(近世の紀州街道)でもあり、道標や本陣跡など往時をしのぶ遺跡も数多く残されています。12km(山中渓駅)から50km(鳳駅)まで4~5km毎に駅があります。どこまで歩けるか、自分に挑戦してみませんか?

        ◆実施日:平成23年5月14日(土)(荒天中止)
        ◆集合時間:8時10分 
        ◆場  所:JR阪和線 紀伊駅
        ◆歩行距離:12km(山中渓駅)~50km(鳳駅)
        ◆参 加 費:無料  ※昼食は非常食を用意します。         
        ◆対 象 者:本学学生、本学教職員、シニアアドバイザー

参加申し込み方法
以下のHPを参照し、メールでinfo@crea.wakayama-u.ac.jpへ連絡ください。
http://www.crea.wakayama-u.ac.jp/event/gpevent/bosai1/