和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

記事

和歌山大学防災教育セミナーin広川町を開催します

2010年11月6日

ファイル 20-1.pdf
↑  ↑  ↑
案内チラシはこちらをご覧ください。

和歌山大学防災教育セミナーin広川町
―地域と学校の連携した防災教育を広げようー

防災教育で有名な「稲むらの火」はご存知でしょうか。これは江戸時代に発生した津波から多くの村人を救ったという実話をもとに書かれたお話です。その舞台になったのが、今の和歌山県広川町です。その広川町で和歌山大学防災研究教育センターでは防災教育セミナーを開催し、和歌山県内の学校関係や地域の方に呼びかけ、防災教育を広げるための学習会を開催することになりました。特に、今回は津波防災研究の最前線の話題として海洋研究開発機構の金田義行氏(地震津波・防災研究プロジェクトリーダー)に講演いただきます。


日 時:平成22年11月21日(日) 14:00~16:00

会 場:広川町津波防災教育センター(和歌山県有田郡広川町広671)

対 象:学校教員、生徒、学生、一般市民

内 容:
 14:05 和歌山大学での防災教育の実践例「防災活動の決めて『企画力』!」
     今西 武(和歌山大学防災研究教育センター客員教授)
 14:35 講演会「津波の脅威とその対策に迫る」
      ー海溝型巨大地震による複合災害の軽減に向けてー
     金田義行(海洋研究開発機構:地震津波・防災研究プロジェクトリーダー)
 15:35 質疑応答
主 催:和歌山大学地域創造支援機構・和歌山大学防災研究教育センター

後 援:和歌山県教育委員会、広川町教育委員会