和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

記事

センター開設記念フォーラムを開催します

2010年10月5日

ファイル 18-1.pdf

 ↑ ↑ ↑

詳細はこちらをご覧ください。

和歌山大学防災研究教育センター開設記念フォーラム
~地域と大学との連携による地域防災力の向上のために~

日  時:平成22年11月2日(火)13時30分〜16時30分
会  場:和歌山大学松下会館(地域連携・生涯学習センター)
      (和歌山市西高松1-7-20)
内  容:
 13:35~13:45 防災研究教育センターのミッション説明
              此松昌彦(和歌山大学防災研究教育センター長) 
 13:45~15:00 基調講演
           「人口減少を踏まえた東海・東南海・南海地震の防災対策」  
            牧 紀男(京都大学防災研究所 准教授)
          「来たる東海・東南海・南海地震に向けた災害対応の課題」
            照本清峰(和歌山大学防災研究教育センター 特任准教授)
 15:15~16:25 パネルディスカッション

対  象:自治体、関係機関、団体、一般市民など
参加申込:FAX: 073-457-7593 又はE-mail:bousai@center.wakayama-u.ac.jp
      氏名及び所属団体名等を10月28日(木)までにお知らせください。

主  催:和歌山大学地域創造支援機構・和歌山大学防災研究教育センター
後  援:和歌山県