和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

記事

連続講義「ポスト3.11の思考と前進」(第1回)を開催

2014年4月22日

IMG_0668_1.jpg

平成26年4月22日、被災地支援団体FORWARDが学生主体となる連続講義「ポスト3.11の思考と前進」第1回“私たちはどんな時代を生きているのか”を本学附属図書館3階マルチルーム1において開催しました。
第1回目は、本学観光学部の山田良治学部長、「教養の森」センターの天野雅郎センター長、経済学部の足立基浩教授による「ボランティアに熱中する大学生」「3.11による自身の変化」をテーマとした講義で、講師の方々の話を聴き、参加者それぞれが何か感じ得ることができたと思う内容となりました。ご参加くださった約60名の方は話に引き込まれ、とても有意義な場となりました。