和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

記事

連続講義「ポスト3.11の思考と前進」(第5回)を開催

2014年8月8日

20140808-1連続講義第5回.jpg

平成2688日、連続講義「ポスト3.11の思考と前進」第5回“人を動かす気象情報とは?”を本学産学連携・研究支援センター棟1階多目的研究室において開催しました。
5回目は、和歌山地方気象台長の三浦郁夫氏より現在の特別警報の指標や発表基準、警報基準、気象現象などについてお話しいただきました。参加者からは積極的な質問もあり、防災で重要となる気象情報についての理解が深まった講義となりました。