和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

記事

防災研究プロジェクト紹介HPを公開しました

2016年1月6日

システム工学部と防災研究教育センターが中心となり,宇宙教育研究所などの学内各機関と連携しながら進めている『防災研究プロジェクト』を紹介するHPを公開しました.

http://www.wakayama-u.ac.jp/~egusa/ds/

このプロジェクトのテーマは,

『紀伊半島における災害対応力の強化』

および

『災害情報の高度利用による地域防災力の強化』

です.

具体的には,災害情報の取得・伝達(たとえば各種センサ情報や,twitterの活用,地上・衛星を利用した情報通信技術など)から災害情報の解釈・利活用(災害メカニズム解明,防災計画への利用,避難判断への活用など)の仕組みまでを『災害情報高度利用システム』として統合させることを目指しています.

今後はこのHPから最新の研究成果やイベント情報などを発信していきますので,ご期待ください.