和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

記事

【開催案内】ワダイの防災カフェ in 紀南 第3回

2016年11月10日

ワダイの防災カフェの第3回を紀南会場で開催します.

***
第3回 ワダイの防災カフェ in 紀南

【テーマ】皆さんの地域ではどんな災害リスクがあるのかな ~これからの災害への備えについて考えよう~

【講師】此松昌彦(和歌山大学教育学部 教授)

【内容】
和歌山県では今世紀中に南海トラフの地震が心配されています。それ以外にもいつ発生するかわからない中央構造線系の地震、5年前のような紀伊半島大水害のようなことも、今後発生する可能性があります。そのために私たちが普段からしておく備えの習慣が必要です。それはまず自分の住んでいる地域のリスクを知ることです。それからリスクに対して対応した備えをすることです。それらを皆さんと一緒に考えてみます。

【日 時】
平成28年11月19日(土)14:00~15:30(受付開始13:30~)
【場 所】

和歌山県土砂災害啓発センター 研修室2(那智勝浦町)

【参加費】無料

【定 員】15名程度(先着順)メールまたはFAXで申込

【問い合わせ・申込】
和歌山大学災害科学教育研究センター.TEL:073-457-7558,FAX:073-457-7593,E-mail:bousai@center.wakayama-u.ac.jp

【主催】和歌山大学災害科学研究センター、国土交通省近畿地方整備局

【後援】和歌山県
***

詳細はワダイの防災カフェ専用HP(URL:http://www.wakayama-u.ac.jp/~egusa/bousaicafe.html)をご覧ください.