和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

記事

【開催報告】防災・日本再生シンポジウム 災害時における情報流通-被災地の情報を如何に入手するか、如何に伝えるか-

2016年12月26日

平成28年12月11日(日)に、和歌山県立情報交流センター(Big・U)において、「災害時における情報流通-被災地の情報を如何に入手するか、如何に伝えるか-」をテーマとしたシンポジウムが開催され、自治体の防災関係者、ラジオ等の放送事業者、IT企業関係者、一般市民、学内外の教育関係者、学生ら112名の参加がありました。

 

【当日プログラム】

                                                                  プログラム

12:00         パネル展示

12:30         受付開始

13:00               主催者挨拶(和歌山大学長 瀧 寛和)                                                                 

13:10               シンポジウムの全体構成について(和歌山大学 塚田 晃司)

13:30               熊本地震に見る臨時災害放送局の役割(熊本シティエフエム 村上 隆二)

14:10               近畿における臨災局開設への取組み-現状と課題-(総務省近畿総合通信局 国本 厚)

14:30               災害に備えるための地図情報の役割(奈良女子大学 西村 雄一郎)

15:10         地域のクライシスマップを作る(LocalWiki Organization Japan 杉山 幹夫)

15:30〜16:00   休憩

16:00         パネルディスカッション-災害に備えるための情報基盤をどう整備するか-

                                    コーディネータ:佐藤 周(和歌山大学)

                                          パネリスト:村上 隆二(熊本シティエフエム)

                                           村上 圭子(NHK放送文化研究所)

                                           西村 雄一郎(奈良女子大学)

                                           杉山 幹夫(LocalWiki Organization Japan)

                                           金子 賢二(総務省近畿総合通信局)

16:50            閉会挨拶(和歌山大学理事・副学長 山田 良治)

17:00            閉会

 

【主催】国立大学法人和歌山大学

【共催】一般社団法人国立大学協会、和歌山県情報化推進協議会

 

 

 

学長挨拶 (学長挨拶)

村上隆二氏講演 

(熊本シティエフエム 村上 隆二氏講演) 

 

会場の様子

(会場の様子)

 

パネルディスカッション 

(パネルディスカッション)