和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

和歌山大学災害科学教育研究センター研究報告

和歌山大学災害科学教育研究センター研究報告 Vol.1, No.1(2017年3月) Online edition: ISSN 2432-7638 Print edition: ISSN 2432-762X

2017年4月18日

Online edition: ISSN 2432-7638  Print edition: ISSN 2432-762X 

和歌山大学災害科学教育研究センター研究報告 Vol.1  No.1(2017年3月)

研究報告表紙(Vol.1No.1).jpg

 

 

災害科学に関する研究報告 

(1)ダム流木に関する考察と流木量推計の試み.pdf(1MB)

吉田 登

(2)災害記事データベースの構築および応用-記事収集,全文検索,およびテキスト分析-.pdf(545KB)

村川 猛彦

(3)和歌山県下における避難所の備蓄状況について.pdf(506KB)

冨永 哲雄

(4)漫画表現を用いた防災知識の提示による防災意識向上手法の効果.pdf(2MB)

榎田 宗丈,吉野 孝,福島 拓,本塚 智貴,江種 伸之

(5)地域資源を活用した鉄道防災教育プログラムの開発と試行.pdf(2MB)

西川 一弘

(6)土砂災害対応小型UGVの開発.pdf(3MB)

徳田 献一,福山 航

(7)フィリピン台風30号被災地域タクロバン市における土地利用変化と災害レジリエンス.pdf(1MB)

大杉 輔,原 祐二,土屋 一彬,村上 暁信,Armando PALIJON