和歌山大学では平成16年5月、大学の知的資源を最大限に活用し、自治体等と連携しながら地域防災力の向上を推進する和歌山大学防災研究教育プロジェクトを立ち上げました。平成22年4月より『和歌山大学防災研究教育センター』を設置し、防災の普及を目指して活動を続けています。平成28年4月には,さらなる発展を目指して宇宙教育研究所と合併し、『和歌山大学災害科学教育研究センター』として新たなスタートを切りました。

和歌山大学災害科学教育研究センター研究報告

■問い合わせ先
〒640-8510
和歌山市栄谷930
和歌山大学災害科学教育研究センター
研究報告編集委員会
TEL:073-457-7558
FAX:073-457-7593
E-mail:
bousai@center.wakayama-u.ac.jp

 

研究報告表紙2016(Vol.1No.1).jpg

 

 
 

 

■投稿規程

  1. 原稿の種類
     和歌山大学災害科学教育研究センター研究報告(以下、研究報告といいます)へ登載する原稿は次の2種類です。
    (1)依頼原稿:和歌山大学災害科学教育研究センター(以下、災害科学センターといいます)から依頼する原稿
    (2)自由投稿原稿:随時自由に投稿できる原稿

  2. 登載区分
     投稿原稿は、災害科学に関する論説および報告の2種類の報文とします。

    (1)論説:災害科学分野および関連分野についての現況報告、将来展望、解説など。
    (2)報告:災害科学分野および関連分野にかかわる調査・研究の報告、防災に関する具体的な取り組み事例など。

  3. 投稿原稿の内容
     投稿原稿は既発表、未発表を問いません。ただし、既発表の場合は、原稿中に出典を明記するなど、二重投稿とならないように著者自身で注意してください。

  4. 著者
     著者のうち少なくとも一人が和歌山大学に所属していること。ただし、依頼原稿および紀要編集委員会が特に認めた場合はこの限りでない。

  5. 投稿原稿の作成と提出
     投稿原稿は「原稿執筆の手引き」に従って作成してください。作成した投稿原稿は所定規格(Microsoft Word形式およびPDF形式)で電子ファイル化し、原稿送付票(PDFファイル)と一緒に電子メールにて災害科学センター内の研究報告(通常号)編集委員会に提出してください。

    <提出先>
    和歌山大学災害科学教育研究センター 研究報告編集委員会
    Eメール:bousai@center.wakayama-u.ac.jp

  6. 原稿提出日
     随時。ただし、依頼原稿については依頼時に指定します。

  7. 採否の決定
     原則として内容に関する査読は行いません。ただし、誤字、脱字、図表の質など、原稿の体裁については、災害科学センター内に設ける研究報告編集委員会で確認し、修正をお願いすることがあります。また、以下のような内容と編集委員会で判断した場合には、登載をお断りすることがあります。
    1)過度の商業主義にわたる
    2)自己宣伝の強い
    3)単なる個人の興味によって書かれている
    4)一般の常識をはるかに越える知識を前提としている
    5)文章が難解である
    6)論旨が不明確であいまいさが多い
    7)その他、研究報告に掲載するに相応しくないと研究報告編集委員会で判断した場合

  8. 公開
     登載が決まった報文は和歌山大学災害科学教育研究センター研究報告に集録され、災害科学教育研究センターHPおよび和歌山大学学術リポジトリを通じて一般公開されます。

  9. 著作権
     研究報告に掲載された個々の著作物の著作権は著者に属し、災害科学センターは編集著作権を有するものとします。また、著者は、研究報告に掲載された個々の著作物について、著作権の行使を災害科学センターに委任することとします。ただし、当該著作権者が自らこれを行うことは妨げません。

  10. 掲載料
     掲載料は原則として徴収しません。ただし、編集などに特別な経費が必要となった場合は実費を請求することがあります。

  11. 執筆料
     執筆料は、学外者に原稿依頼した場合にのみ、学内の規程に従い支払います。

  12. その他
     この規定に定めるもののほか、投稿に関して必要な事項は、和歌山大学災害科学教育研究センター研究報告編集委員会において定めます。

投稿規定ダウンロード

投稿規程.pdf(161KB)