人文社会科学・工学自然科学公募情報

通年募集 ストレス科学研究論文募集
 ・実施機関:公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター
 ・論文種別:①原稿論文 ②症例研究 ③総説 ④短報 ⑤資料
 ・応募資格:ストレス研究に携わる大学院生、研究者、大学教員、医師、専門職員の方々
 ・詳細:http://www.phrf.jp/josei/oubo.html  (募集月:2017年10月)
―NEW―
2018/9/1
締 切
安倍フェローシップ・プログラム個人研究プロジェクト公募
 ・実施機関:米国社会科学研究評議会(SSRC)
 ・応募資格:・日本国籍または米国市民権の保有者。もしくはその他の国籍保有者で日本または米国に長期にわたる
          研究拠点を有する者
         ・博士号(Ph.D)または専門分野での同等の経験を有する者。学界以外の専門家からの申請も歓迎
         ・語学の習得度については資格上の要件ではありませんが、申請する調査研究の内容からして語学力が
          不可欠と判断されるものについては、プロジェクトを完遂させるために必要十分な語学力の証明書を提出
          することが求められます。
         ・重要な政策課題に関する研究または具体的政策提言を意図する研究の場合、その目的や内容が
          党派的とみられるものは安倍フェローシップの対象となりません
 ・研究課題:(1)個人・社会・国際的な社会保障に対する脅威
         (2)成長と持続的な発展
         (3)社会・科学・文化のトレンドと変容
         (4)ガバナンス、エンパワーメントと市民参加
 ・詳細:http;//www.abefellowship.info   (募集月:2018年1月)

2018/2/28
締 切
エクスプロラシオン・フランス2018
 ・実施機関:在日フランス大使館 科学技術部
 ・助成対象:日本に在籍する研究者が2018年にフランスで行う視察調査
 ・応募資格:日本の大学、研究機関、企業の研究所に在籍する研究者
 ・詳細:https://ip.ambafrance.org/    (募集月:2017年12月)

2018/2/28
必 着
「平成30年度 学術研究奨励金」推薦
 ・実施機関:公益財団法人三島海雲記念財団
 ・対象分野:(1)自然科学部門
            食の科学に関する学術研究
            「食の科学」に関する学術とは、食品素材、製造・加工・調理、発酵・微生物利用、
            栄養・嗜好・生理機能、食の安全、疾病予防などに係る研究を対象とする
         (2)人文科学部門
            アジア地域を対象とし、史学・哲学・文学を中心とする人文社会科学分野における
            学術研究(ただし、日本を中心とする研究は除く)
 ・助成種類:(A)個人研究奨励金
            個人研究を対象とし、応募する研究者個人に対する助成金
         (B)共同研究奨励金
            複数の研究機関または異なる部局の研究者が、共通の課題について共同して行う
            研究を対象とし、共同研究グループに対する助成金
 ・応募資格:(A)個人研究奨励金
            1)日本在住の研究者(国籍不問)、及び海外在住の日本人研究者
            2)大学院博士課程<後期>在学者(及びそれに相当する大学院生)
         (B)共同研究奨励金
            1)共同研究の代表者
            2)代表研究者は国内の大学、研究機関に所属することとします、
              共同研究者については国籍、所属機関の所在地(海外も可)不問
            3)共同研究者の1名は代表研究者と異なる外部研究機関又は部局に所属していること
            4)また分担研究費が100万円を超える共同研究者が一人以上加わることが必要
 ・詳細:http://www,mishima-kaiun.or.jp  (募集月:2017年12月)

2018/2/16
17時必着
平成30年度 実践プロジェクト・インキュベーション研究(IS)
          コアプロジェクト・フィージビリティ研究(FS)公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所
 ・助成種類:実践プロジェクト(個別連携型・機関連携型)
         コアプロジェクト
 ・応募資格:1)国、公、私立大学等の教授、准教授、講師及び助教
         2)上記1)と同等またはこれらについてそれ以上の研究能力があると所長が認めた者
 ・詳細:http://www.chikyu.ac.jp/rihn/project/recruitment/  (募集月:2017年12月)

2018/1/31
必 着
2017年度第三次研究助成 〜日本の管理会計を世界へ〜
 ・実施機関:公益財団法人メルコ学術振興財団
【研究助成】
 ・対象分野:日本企業で実践されている優れた管理会計実務の定式化または理論化に関する研究
         特に管理会計技法、管理会計システム、事業継承システム、およびそれに関連する
         管理システムを対象とする研究
 ・助成対象:(1)個人の申請の場合
            日本の大学・研究機関に常勤する研究者及び大学院生
            ただし、上記大学院生の場合、休学中(休学予定を含む)に応募することはできません
         (2)研究グループ(共同研究)の場合
            ・代表者については日本の大学・研究機関に常勤のこと
            ・大学院生は共同研究の代表になることはできません
         (3)申請者は、研究助成期間中、大学・研究機関に常勤していること、
            なお,研究機関を移ることは妨げません
【国際研究交流助成】
 ・対象分野:管理会計学の研究を促進するための次に該当する国際研究交流
         (1)大学院生学会派遣
           海外で開催される学会への大学院博士課程前期課程及び博士後期課程に在学する
           大学院生の派遣(最大年4回派遣)
         (2)学会報告派遣
           海外で開催される学会またはワークショップ等への派遣
         (3)短期派遣
           海外における大学等の研究機関への派遣
         (4)招聘
           海外の研究機関に所属する優れた研究者の国内への招聘
 ・助成対象:次に該当し平成30年3月9日〜平成30年12月末日の間に出発、又は招聘を予定している者
         ①日本の大学・研究機関に常勤する研究者及び大学院生
           ただし、大学院生は招聘には応募できません
         ②国際研究交流を行うのに充分な語学力を有する者
         ③上記(1)の場合は日本の大学院に在学中の大学院生に限る
         ④上記(2)の場合は海外の学会等において研究発表を自ら行う者
 ・詳細:http://melco-foundation.jp/ (募集月:2017年12月)

【学長推薦が必要】【学内1件限り】など制限事項がある場合には表記しますのでご注意ください。