新着公募情報                                         更新日2018年4月12日





―NEW―
2018/6/31
消印有効
2017年度ニッセイ財団高齢社会財団助成公募
若手実践的課題研究助成
  ※高齢社会助成-共に生きる地域コミュニティづくりー人生100年時代の社会システム・地域づくりへのチャレンジー※
 ・実施機関:公益財団法人日本生命財団
 ・対象分野:第1分野「いつまでも地域で高齢者が安心した生活が送れるまちづくり(地域包括ケアシステム)の推進」
         第2分野人生100年時代の「高齢者の生きがい・自己実現・就業支援」
         第3分野「認知症の人が地域で安心した生活ができるまつづくり」(本財団恒久分野)
 ・助成対象:実践的研究をしている45歳未満の研究者または実践家
 ・詳細:http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp  (募集月:2018年3月)
―NEW―
2018/6/30
必 着
平成30年度研究助成候補者推薦
 【各学部それぞれ2件以内】
 応募を希望される方は5月14日(月)までに研究協力係にお申し出ください
 (この時点では提出書類は必要ありません)

 ・実施機関:公益財団法人伊藤科学振興会
 ・研究分野:化学の分野
 ・詳細:http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020100/data/index.html  (募集月:2018年3月)
―NEW―
2018/5/31
必 着
平成30年度助成対象者募集
 ・実施機関:(公益信託)エスペック地球環境研究・技術基金 (受託者)みずほ信託銀行株式会社
 ・目   的:この公益信託は地球環境保全に関する科学的、技術的な知見を高める各種活動又は地球温暖化に
         対する一つの処方としての緑化の重要性を教育・啓発するための費用の一部または全部を助成
         することにより地球環境問題の克服に寄与することを目的としています
 ・応募資格:以下の要件を全て満たすことが必要
        【エスペック環境研究奨励賞】
          ・実施しようとするテーマは地球環境問題の解決に資する調査研究及び技術開発に関するもので
           あること
          ・助成対象は大学、大学院および工業高等専門学校並びにそれらに付属する研究機関の
           構成員またはそのグループであること
          ・同一テーマで他の基金などから二重に助成を受けているまたは受ける予定のないこと
        【エスペック地球環境研究・技術基金】
          ・実施しようとするテーマは地球温暖化に対する一つの処方としての具体的な緑化教育・
           啓発活動であること
          ・緑化活動について各種の学校又はNPO等が主催(又は団体として参加)するもの
 ・詳細:https://www.espec.co.jp/csr/fund/  (募集月:2018年4月)
―NEW―
2018/5/31
締 切
平成30年度研究助成
 ・実施機関:公益財団法人山崎香辛料振興財団
 ・助成分野:香辛料の基礎的研究並びに香辛料の原材料や応用などの関連分野に関する研究
 ・応募資格:助成分野の研究範囲の研究を行うグループ又は単独(個人)
 ・詳細:http://yamazakispice-promotionfdn.jp   (募集月:2018年3月)
―NEW―
2018/5/31
消印有効
2017年度ニッセイ財団高齢社会財団助成公募
地域福祉チャレンジ活動助成
  ※高齢社会助成-共に生きる地域コミュニティづくりー人生100年時代の社会システム・地域づくりへのチャレンジー※
 ・実施機関:公益財団法人日本生命財団
 ・対象分野:地域包括ケアシステムの展開、深化につながる4つのテーマのいずれかに該当する活動
         1.認知症(「若年性認知症」を含む)の人の地域での生活を支えるチャレンジ活動(本財団恒久分野)
         2.福祉サービスの開発と企業化に向けてのチャレンジ活動(独自財源づくりを含む)
         3.インフォーマルサービスとフォーマルサービスの連携によるケアリングコミュニティづくりに
           貢献するチェンレンジ活動
         4.医療・介護・福祉・保健の地域包括ケアを実現するためのチャレンジ活動
 ・対象団体:次の2つの要件を満たしている団体(法人格の有無は不問)
         ①助成テーマにチャレンジする意欲がある団体
         ②他の団体・機関、住民組織等と協働で活動する団体
           (活動の運営組織の構成員に申請団体以外のメンバーが参加していること)
 ・詳細:http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp  (募集月:2018年3月)
―NEW―
2018/5/25
締 切
2018年度環境助成研究募集(一般・若手)
 ・実施機関:公益財団法人鉄鋼環境基金
 ・対象課題:鉄鋼製造に関連する環境保全技術課題
 ・応募資格:<一般研究助成>日本国内の組織に所属する研究者
         <若手研究助成>日本国内の組織に所属する研究者で満39歳以下の者
 ・詳細:http://www.sept.or.jp  (募集月:2018..年3月)
―NEW―
2018/5/11
必 着
2017年度 大川賞/大川出版賞候補推薦
 ・実施機関:公益財団法人大川情報通信基金
   【大川賞】
 ・表彰対象:情報・通信分野における研究、技術開発および事業において、顕著な社会的貢献のあった方
         (受賞者は個人として故人を含みません)
 【大川出版賞】
 ・表彰対象:情報・通信分野に関する優れた図書で2015年1月1日以降に発刊されたもの
         (・著者は原則として個人としますが数名に限り共著も認めます
          ・編著は原則として審査の対象外とさせていただきます
          ・図書は原則として日本国内で発刊されたものとしますが、著者の国籍は不問)
 ・詳細:http://www.okawa-foundation.or.jp  (募集月:2018年3月)
―NEW―
2018/5/7
必 着
研究助成等候補者一次募集
 ・実施機関:公益財団法人メルコ学術振興財団
 【研究助成】
 ・助成分野:日本企業で実践されている優れた管理会計実務の定式化又は理論家に関する研究
         特に管理会計技法、管理会計システム、事業継承システム、及びそれに関連する管理システムを
         対象とする研究
 ・応募資格:・個人申請の場合
            日本の大学・研究機関に常勤する研究者及び大学院生(休学・休学予定は不可)
         ・研究グループ(共同研究)の場合
            代表者については日本の大学・研究機関に常勤のこと
            大学院生は共同研究者の代表者になることはできません
         ・申請者は研究助成期間中、大学、研究機関に常勤していること、
          なお、研究機関を移る事は妨げません
 【国際研究交流助成】
 ・助成分野:管理会計学の研究を促進するための次に該当する国際研究交流
          ・大学院生学会派遣
             海外で開催される学会への大学院博士号前期課程および後期課程に在学する大学院生派遣
             (最大年4回募集)
          ・学会報告派遣
             海外で開催される学会又はワークショップ等への派遣
             (博士後期課程院生・若手研究者用のものを含む)(最大年4回募集)
          ・短期派遣、中期派遣
             海外における大学等の研究期間への派遣
          ・招聘
             海外の研究機関に所属する優れた研究者の国内への招聘
 ・応募資格:次に該当し7月1日〜翌年6月末日の間に出発、又は招聘を予定している者
          ・日本の大学・研究機関に常勤する研究者及び大学院生(大学院生は招聘は応募不可)
          ・国際研究交流を行うのに充分な語学力を有する者
 ・詳細:http://melco-foundation.jp/   (募集月:2018年3月)


【学長推薦が必要】【学内1件限り】など制限事項がある場合には記載しますのでご注意ください。
人文社会科学系公募 工学自然科学系公募 人文社会科学系公募
工学自然科学系公募