――――――――以下応募期限切――――――――

2017/10/2
消印有効
平成30年度日本万国博覧会記念基金助成事業募集
 ・実施機関:公益財団法人関西・大阪21世紀協会
 ・対象活動:国際相互理解の促進に資する活動
 ・応募資格:次の条件に適合する国及び地方公共団体を除く公益的な事業をする団体とする
         (1)事業を遂行するに足る能力を有する団体であること
         (2)次の各号に適合しない団体であること
           ①反社会的勢力又は反社会的勢力と密接な関係にある団体
           ②法令違反または社会的、道義的信用が失墜するような行為を行った団体
           ③その他諸般の事情から助成金の交付決定が適切でないと協会が判断した団体
         ※国及び地方公共団体が実質的に実施しているとみなされる事業は原則として助成対象外
 ・詳細:http://www.osaka21.or.jp/jecfund/  (募集月:2017年7月)

2017/9/30
24時締切
第38回リバネス研究費 ディープラーニング賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:ディープラーニングに関わるありとあらゆる研究
         情報学だけだなく、農学や環境学、工学、複合領域など、
         分野や領域にしばられない研究テーマを広く募集します
 ・詳細:
https://r.lne.st/2017/08/18/38th-sony/   (募集月:2017年9月)

2017/9/30
必 着
2017年度 特別助成「研究助成(S)」公募
 ・実施機関:公益財団法人立石科学技術振興財団
 ・助成対象:(1)「人間と機械の融和」のあるべき姿を想定または提示し、すでに確立した基礎研究の成果に基づいた
           統合技術およびプロトタイプの開発と機能検証、さらに実証実験を目標とする研究プロジェクト
         (2)人材や知見を広く内外に求めて多様性に富む連携体制をとるプロジェクトを優先
         (3)対象分野:①生活・健康 ②交通・物流 ③生産 ④環境
 ・詳細:http://www.tateisi-f.org/  (募集月:2017年7月)

2017/9/30
締 切
平成29年度 助成
  ※申請期間は平成29年9月1日〜
 ・実施機関:公益財団法人放送文化基金
 ・助成対象:①技術開発/放送技術に関する研究・開発
         ②人文社会・文化/放送に関する人文・社会科学的な調査、研究、及び文化的な事業
 ・応募資格:放送に関連する調査、研究または事業を行う団体もしくは個人
         ただし放送事業者の本来業務については助成を行わない
      <今年度は特にネット社会が進行して多様な情報が錯綜する中で、『放送の役割・在りょう』を
        大局的な観点から調査・研究するプロジェクトの申請をお待ちしています>
 ・詳細
http://www.hbf.or.jp/grants/article/guideline_grants   (募集月:2017年7月)

2017/9/30
消印有効
第7回(平成30年)三島海雲学術賞
 ・実施機関:公益財団法人三島海雲記念財団
 ・対象分野:【自然科学部門】 食の科学に関する研究
         【人文科学部門】 アジア地域の歴史を中心とする人文科学に関する研究
 ・応募資格:【自然科学部門】 国内外の学術誌等に公表された論文、著書、その他の研究業種により独創的で
                    発展性のある顕著な業績を挙げている者のうち、下記条件を満たす若手研究者
                     1)45歳未満の者(平成30年4月1日現在)
                     2)日本在住の研究者(国籍は問いません)及び海外在住の日本人研究者(日本国籍)
         【人文科学部門】 国内外の学術誌等に公表された論文、著書、その他の研究業種により独創的で
                    発展性のある顕著な業績を挙げている者のうち、下記条件を満たす若手研究者
                     1)45歳未満の者(平成30年4月1日現在)
                     2)平成27年8月から平成29年9月に刊行された著書(単著)を有する者
                     3)日本在住の研究者(国籍は問いません)及び海外在住の日本人研究者(日本国籍)
 ・詳細:http://www.mishima-kaiun.or.jp   (募集月:2017年4月)
 

2017/9/30
必 着
平成30年度日教弘本部奨励金公募
 ・実施機関:日本教育公務員弘済会 (後援:文部科学省)
 ・助成対象:学術、芸術、福祉、国際交流、環境保全等の各分野において、教育機関及び非営利団体が
         次年度(平成29年度)に行う教育の向上発展に寄与する全国規模の有益な研究・活動
 ・応募資格:教育機関(学校を含む))、非営利団体、個人、グループ
         ・応募者が計画の推進に責任を持ち、助成金の管理及び報告を行うことを条件とする
          但し、個人で申請を行った場合についても所属組織が助成金の管理を行う事ができる方
 ・詳細:http://www.nikkyoko.or.jp
   (募集月:2017年6月)

2017/9/30
必 着
第二十九回(平成29年度)研究助成募集
 ・実施機関:公益財団法人江野科学振興財団
 ・対象分野:ゴムを主体とする高分子化学及びこれと関連する分野の基礎研究、応用研究及び開発研究並びに
         化学、物理、機械、電気などの学際的研究
 ・応募資格:大学及び研究機関に所属する研究グループまたは個人研究者を対象とし、下記の2つに分類します
         (1)「一般研究助成」
             研究者の年齢制限なし
         (2)「田中ゴム科学技術賞」
             ゴムの科学技術(化学、生化学、物理学、工学)における若手研究者の特に優れた研究の支援を
             目的とし、大学院博士課程在籍者を含む36歳未満(平成29年4月1日現在)の方
 ・詳細:http://www.kokoku-intech,com/social/foundation/   (募集月:2017年6月)
 

2017/9/30
消印有効
第39回(平成29年度)沖縄研究奨励賞推薦応募
 ・実施機関:公益財団法人沖縄協会
 ・応募要件:(1)沖縄を対象とした優れた研究を行っている
         (2)平成29年7月15日現在、50歳以下
         (3)学協会、大学、研究機関または実績のある研究者から推薦を受けた者
         (4)出身地および国籍は不問
 ・詳細:http://www.okinawakyoukai.jp/ (募集月:2017年6月)

2017/9/30
消印有効
第21回司馬遼太郎フェローシップ
 ・実施機関:公益財団法人司馬遼太郎記念財団
 ・募集内容:司馬遼太郎の作品群にインスピレーションを得た知的世界への探求企画(調査、研究、旅行計画)を
         パソコン等でA4サイズの紙に日本語2000字以内にまとめてください、未発表規企画に限ります。
 ・応募資格:満16歳〜25歳の若者、国籍不問。
 ・詳細:http://www.shibazaidan.or.jp   (募集月:2017年6月)

2017/9/30
必 着
「平成29年度コニカミノルタ画像科学奨励賞」
 ・実施機関:公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団
 ・対   象:日本の大学、国公立及び民間公益研究機関に所属する研究者で、
         奨励賞は個人またはグループ、
         連携賞は異分野の研究者2名以上を応募資格とします。
         但し、年齢は40歳以下(平成29年9月30日現在、グループは代表者)とします。
 ・詳細:http://konicaminolta.jp/pr/foundation/   (募集月:2017年6月)

2017/9/30
必 着
平成29年度 中谷賞候補者推薦募集
 ・実施機関:公益財団法人中谷医工計測技術振興財団
 ・対象分野:医工計測および関連技術
          生体、その構成体(分子、細胞小器官、細胞、臓器など)および薬物動態を対象にした計測技術、
          情報解析技術等に関する研究であり、医療、健康管理、介護等に関して有用な情報を与えるもの
           (臨床への応用も含む)
 ・表彰対象:大賞
          1.医工計測技術について優れた業績を挙げ、現在でも活発な研究活動を行っている研究者
          2.表彰対象研究運野に関連する学会に会員または大学及びこれに準ずる研究機関に
            属する者、または属していた者
         奨励賞
          1.医工計測技術について独創的な研究をしていること
          2.将来有望な研究者で原則として応募締切時45歳以下であること
          3.表彰対象研究分野に関連する学会の会員または大学及びこれに準ずる研究機関に
            属する者、または属していた者
 ・詳細:http://www.nakatani-foundation.jp   (募集月:2017年6月)

2018/9/30
必 着
平成29年度研究出版助成
 ・実施機関:公益財団法人日本証券奨学財団
 ・対象分野:証券金融経済分野
        (注)証券金融経済分野とは、証券、金融、財務・会計、企業・経営、法律、経済、社会の各分野とする
 ・応募資格:①大学において学術の研究調査に従事している55歳以下の個人又はグループ
          なおグループは複数の研究機関に跨ってもよい、
          大学院学生は博士課程又はかは瀬後期課程に限り共同研究者になることができる
         ②証券会社および金融機関等のグループ並びに民間研究機関の研究者
 ・詳細:http://www.jssf.or.jp/?page_id=11   (募集月:2017年3月)

2017/9/29
締 切
未来2018(ビジネスピッチコンテスト)
 ・実施機関:株式会社日本総合研究所
 ・募集テーマ:全ての産業:
 ・応募対象:シード・アーリーステージの起業家、起業家予備軍、起業意識のある研究者等
 ・詳細:https://mirai.ventures/   (募集月:2017年8月)

2017/9/29
締 切
愛知県若手研究者イノベーション創出事業 第12回わかしゃち奨励賞
 ・実施機関:愛知県・公益財団法人科学技術交流財団・公益財団法人日比科学技術振興財団
 ・募集内容:(1)テーマ「イノベーションで未来に挑戦〜次世代成長産業の創造〜」
         (2)テーマの内容及び対象分野
           「あいち科学技術・知的財産アクションプラン2016-2020」で研究重点分野として位置付けた
           次の次世代成長産業分野において、自らの研究に基づいて、その成長を活用することで、
           将来「産業や社会へ大きな貢献」が見込める夢のある研究テーマ・アイデア
           (すぐに実現・事業化しなくても、企業等との共同研究等により成果の活用が期待できるものや
            新たな研究開発のテーマとなる可能性のあるものを含む)
          【対象分野】○次世代自動車分野 ○航空宇宙分野      ○ロボット分野
                  ○健康長寿分野     ○環境新エネルギー分 ○・ICT、IoT、「標準化」分野
          【部門】①基礎研究部門:具体的な製品化像はあるが、実験的な研究段階の夢のあるテーマ
               ②応用研究部門:具体的な製品化像があり、実用可能性の検証段階で発展性の高いテーマ
 ・応募要件:(1)次のすべての条件を満たす者(愛知県職員を除く)
           ア.日本国内に在住し平成29年4月1日現在40歳未満であること
           イ.大学院生もしくは修了者で、大学又は企業、団体等の研究開発にじゅうじしていること
             (世紀、非正規あるいは常勤、非常勤を問わない)
         (2)応募は個人又は(1)の要件を充たす者で構成するグループとする
         (3)愛知県内の企業等から共同研究の提案があった場合には実施が可能である事
         (4)原則として日本語で記述したものであること、また、優秀者により行われる発表会も
           原則、日本語で行うこととする。
        (5)公序良俗に反しない内容であること
        (6)自らの研究に基づく提案であれば、基となる研究の論文発表等の有無は問わない
           ただし、今回提案のアイデア自体は、初出のものであること
           また同時期に他の公募に同一内容の提案を行っていないこと
        (7)知的財産権に関わる内容については問題が生じないよう応募の段階で関係者の同意を得る
           などの措置を講じておくこと
        (8)提案内容が指導教員の研究と関係する場合は、指導教員の了解を得ること
 ・詳細:
http://www.pref.aichi.jp/san-kagi/kagaku/nurture/pd/ (募集月:2017年8月)

2017/9/29
必 着
2016年度AGC旭硝子リサーチコラボレーション制度
(公募型産学共同研究)
 ・実施機関:旭硝子株式会社 AGC旭硝子リサーチコラボレーション制度事務局
 ・研究主題:「スマートコミュニティ」
         人が「豊かに・安心して・安全に」暮らせるスマート社会に寄与し、学術的インパクトが大きく、
         将来の市場開拓の可能性のある研究テーマを募集
 ・公募対象:国内の国公立私立大学、公的研究機関等に所属する研究者
         複数の研究者の参加によるチーム研究の場合には、代表者から応募いただきます
 ・詳細:http://www.agc.com/innovation/collaboration/ (募集月:2016年7月)

2017/9/29
締 切
トヨタ・モビリティ基金「水素社会構築に向けた革新研究助成」
 ・実施機関:株式会社テクノバ
 ・基本コンセプト:水素の低炭素化・CO2フリー化
 ・公募分野:「水素構造」「水素貯蔵・運搬」「水素利用」「エネルギーシステム」の4分野
 ・応募資格:日本国内の学術機関・公的研究機関に所属する次世代を担う研究者
 ・詳細:
http://www.technova.co.jp   (募集月:2017年7月)

2017/9/29
必 着
「外国人研究員助成」2018年度支給候補者募集
 ・実施機関:公益財団法人NEC C&C財団
 ・研究内容:C&C分野、及びその関連技術
 ・応募資格:以下の項目すべてに該当すること
         ①助成開始時(2018年4月又は2018年10月)に日本国内の大学院博士課程前期課程に在学中のこと
         ②外国人で上記C&C分野及びその関連技術の研究に携わっている研究者(原則として40歳以下)
         ③研究内容が優れていること
         ④経済的必要性が高いことを原則とします
 ・助成概要:1)1件当たりの助成額 月額12万5千円
         2)助成対象期間     2018年4月または2018年10月より1年間
         3)支給期間        最長一年まで
         4)報告書の提出     助成期間終了後に提出
         5)その他         助成金受給決定者について受給後、当財団のホームページならびに
                        年次報告書「1年のあゆみ」に次の事項を掲載予定、不都合のある方は、
                        事務局まで申し出ること
                        掲載予定事項:氏名、応募時所属・学年、国籍、研究題目、研究指導者、
                                 研究内容、顔写真
 ・詳細:
http://www.candc.or.jp/  (募集月:2017年7月)

2017/9/29
締 切
第29回(平成29年度)加藤記念研究助成
 ・実施機関:公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団
 ・対象研究:「メディカルサイエンス分野」
         医療。医療への応用を念頭に行う基礎的研究(以下例示)
         ・補給動物の個体、組織、細胞等を用いて生理・薬理・病理現象等を解析する研究
         ・臨床応用を目指した基礎研究(医薬品候補の探索、生産研究は除く)
         ・病態の診断・治療技術の開発及びその基礎となる研究
         「バイオテクノロジー分野」
         生物材料や生物機能を利用し、物質生産、有用物質探索、汎用技術の開発・応用等を
         念頭に行う研究(以下例示)
         ・微生物・植物・動物等の機能解析、またはそれらを利用して物質生産等に繋げようとする研究
         ・有用物質・生理活性物質
 ・応募資格:国内の大学(高等専門学校含む)又は公的研究機関に所属し、以下の条件を満たす研究者
         (1)年齢(9月末日)
            ・40歳以下、但し以下の例外を認める
              博士号取得後10年以内であれば40歳以下の応募も可
              応募時までに妊娠・出産・育児休業を取得した者については一律2年間、
              介護休業を取得した者についてはその期間、性別を問わず延長する
         (2)除外対象
            ・学生、大学院生(但し社会人大学院生や医師免許を持つ大学院生等で既に十分な研究経験を持つ
             者は認める場合があるので事前に相談のこと)
            ・過去に本助成を受領し2年間警戒していない者(第27回以降の助成を受けた者は対象外)
            ・当財団選考委員と同一研究室に所属する者
            ・国外での研究
         (3)重複助成制限
            ・本年に同一課題で今年度1,000万円以上の公的助成(科研費等)又は300万円を超える
             他財団からの助成金受領が新たに決定(内定含む)した者は本助成の対象外
            ・本研究助成の申請後又は採択内定通知受領後であっても上記重複助成制限に該当することが
             判明した場合は助成金支給を取り消す場合がある
 ・詳細:http://www.katokinen.or.jp  (募集月:2017年6月)

2017/9/22
他薦締切
第7回地域産業支援プログラム表彰事業
イノベーションネットアワード2018
 ・実施機関:全国イノベーション推進機関ネットワーク
 ・応募要件:<地域産業支援プログラム表彰>
          (表彰対象)現在実施している産業支援事業で今後も継続する支援プラグラム
          (応募資格)地域産業の振興・活性化と目的に活動している公的機関(自治体は除く)、研究・教育機関
                  金融機関、民間団体等
         <地域産業支援者(個人)の表彰>全国イノベーション推進機関ネットワーク堀場雅夫賞
          (表彰対象)現在我が国で地域イノベーション・地方創生・地域産業創出等の活動を主導し、
                  地域の活性化に成果を上げている地域産業支援者(個人)
          (応募資格)候補者の活動については情報を持っている団体(法人格が無くても可)又は個人
        全て推薦による公募とする
 ・詳細:http://www.innovation-network.jp/ (募集月:2017年7月)

2017/9/22
締 切
2017年度募集・2018年度採択 人文・社会科学系「研究奨励」
 ・実施機関:公益財団法人旭硝子財団
 ・助成対象:「持続可能な社会の実現に向けた人文・社会科学的な研究」の下記のテーマ
           a.環境と両立する経済社会の形成に関する研究
           b.環境汚染・自然破壊・自然災害などが人間社会にもたらす諸問題に関する研究
           c.持続可能なコミュニティ形成や国際協力に関する研究
           d.持続可能な社会を担うアクター(市民・NPO/NGO・企業・自治体等)に関する研究
           e.人口減少社会のビジョン構築に関する研究
           f.社会的平等を実現するシステム・政策に関する研究
           g.その他、持続可能な社会の実現に向けて、申請者が上記のテーマにとらわれずに提案する研究
 ・応募要件:国内の大学とその附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校に所属し主体的に研究を進めている
         原則常勤の研究者、1972年1月1日以降生まれ、助成及び応募の重複が無い事
         チーム研究の場合には、申請代表者自身も現地調査をする研究計画であること
 ・詳細:http://www.af-info.or.jp  (募集月:20017年7月)

2017/9/20
締 切
2017年度学術研究助成事業募集(研究助成・刊行助成)
 ・実施機関:公益財団法人全国銀行学術研究振興財団
 ・対象研究:経済・金融及びこれらに関する法制に係る研究並びにその研究成果の刊行
 ・応募資格:60歳未満の日本の大学の教授、准教授、専任講師、助教(外国の大学に在籍している日本人研究者を
         含む)の研究、またはこれら研究者による共同研究(共同研究者には大学院生、外国の大学に在籍している
         外国人研究者含む)
         ただし2016年度に単独または共同研究の代表者として当財団の助成を受けた方は選考の対象外
         また2015年度以前に当財団の助成を受けた方(共同研究を含む)は対象とするが、研究成果を
         報告されてない場合には対象外
         なお研究助成においては若手研究者が行う研究でわが国の金融・経済に移管する現下の重要課題に
         係る研究、例えば金融政策、財政政策・国債管理政策、金融市場、金融税制、金融規制および金融・
         企業法制に係る研究を優先的に助成する
 ・詳細:http://www.nakatani-foundation.jp   (募集月:2017年6月)

2018/9/20
必 着
第34回(2017年度)井上研究奨励賞受賞候補者推薦
 【学内1件限り】
 
申請を希望される方は8月1日までに研究協力係にお申し出ください。(この時点では提出書類は必要ありません)
 ・実施機関:公益財団法人井上学術振興財団
 ・推薦対象:2014年4月1日〜2017年3月31日(2014年度〜2016年度)の過去3年間に、
         理学・工学・医学・薬学・能楽等の自然科学の基礎的研究において、新しい領域を開拓する
         可能性のある優れた博士論文を提出し、博士の学位を取得した研究者で
         2017年9月20日現在の年齢が37歳未満の者
 ・詳細:http://www.inoue-zaidan.or.jp  (募集月:2017年4月)

2017/9/15
必 着
第4回「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」候補者推薦
 ・実施機関:一般社団法人日本病院会/公益財団法人地域医療振興協/MSD株式会社
 ・応募要件:日本の健康・医療政策の推進及び健康長寿の延長に多大な貢献が期待される業績を上げた
         個人を対象とし、臨床研究、基礎研究及びトランスレーショナルリサーチ等における革新的な
         研究成果を顕彰します
         本賞の審査基準は例示すると以下のとおりです
         ・新しい治療に道を開く等、人々の健康に多大な恩恵をもたらす科学的に極めて重要な研究結果を
          見出したこと
         ・メディカルサイエンスの研究開発において継続的に卓越した業績を築いていること
         ・AI等新たな技術の活用等、新たな診療のあり方、医療サービス等の開発の礎となる発見、
          若しくは医学の飛躍的な進展につながる研究、教育またはその実現につながる業績を上げたこと
         ・公衆衛生の向上につながる予防・診断・治療分野での画期的な解決法を見出したこと
         ・介護・福祉分野等において、新しい考え方や革新的な形態で諸活動を行い成果を上げていること
 ・詳細:http://innovator-of-the-year.com/   (募集月:2017年月)

2017/9/15
消印有効
花博記念協会 平成30年度助成事業公募
 ・実施機関:公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会
 ・助成対象:花博の理念である「自然と人間との共生」の継承発展・普及啓発や
         「花と緑」に関連する科学技術や文化などの発展・交流に貢献する事業
 ・応募対象:①(公益・一般)財団法人、(公益・一般)社団法人など
         ②特定非営利活動法人(NPO)
         ③人格なき社団のうち非収益団体で代表者の定めがあるもの
          (研究グループや実行委員会、活動クラブなど、学生が関わるものも可)
 ・詳細::http://www.expo-cosmos.or.jp (募集月:2017年8月)

2017/9/15
締切厳守
信楽MU観測所・赤道大気観測所共同利用研究課題
MUレーダー・赤道大気レーダー観測データベース共同利用研究課題
 ・実施機関:京都大学生存圏研究所
 ・応募資格:本共同利用へ応募できる研究者は以下の通りです
         1.学術研究を目的とする国内外の研究機関に所属する者
         2.教育を目的とする国内外の研究機関に所属する者
         3.民間の企業・団体に所属する者
         4.その他、研究所長が適当と認める者
 ・詳細:http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/mu+ear/collaborative.html     (募集月:2017年7月)

2017/9/8
必 着
第11回「未来を強くする子育てプロジェクト」募集
 ・実施機関:住友生命保険相互会社「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局
 ・助成内容:子育て支援活動の表彰
         女性研究者への支援
 ・助成対象:子育て支援活動の表彰
          地域において子育て環境づくりに取り組む団体や個人
         女性研究者への支援
          子育てと人文・社会科学分野の研究活動の両立に努力されている女性研究者
 ・詳細:http://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/   (募集月:2017年6月)

2017/9/1
必 着
平成29年度 インキュベンチャー助成
 ・実施機関:公益財団法人小笠原科学技術振興財団
 ・助成対象:社会経済委の健全な発展と國人生活の向上に資する認められる公益性に優れた新製品、新技術
        (但し、コンピュータプログラム自体、バイオテクノロジー、医薬を除く)
 ・応募資格:<インキュネーション助成>
          優れた新製品、新技術を自ら事業化しようという具体的計画を持ち3年以内に起業を目指す
          強い志を持つ者
         <ベンチャー助成>
          優れた新製品、新技術により起業して3年以内の事業者
 ・詳細:http://ogasawarazaidan.or.jp
  (募集月:2017年7月)

2017/9/1
必 着
平成29年度「手づくり郷土賞」募集
 ・実施機関:国土交通省近畿整備局
 ・募集対象:一般部門
          地域の魅力や個性を生み出している社会資本及びそれと関わりのある地域活動が一体となった成果
          (※社会資本:原則として国土交通省が所管する社会資本で、地方公共団体等が整備・管理
            するものも含みます)
         大賞部門
          これまでに「手づくり郷土賞を受賞した社会資本又は社会資本と関わりのある活動を含む成果
          (※「手づくり郷土賞」を受賞した後、なお一層の活動の充実が行われるなど、継続的に魅力ある
            地域の実現に寄与し、他の地域のモデルとなり得るものを選定して表彰します)
 ・応募団体:地域の社会資本を有効活用し、地域づくり等に取り組む活動団体が単体で、又は社会資本を
         管理する地方公共団体(都道府県、市区町村)と共同で応募するものとします
 ・詳細:http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/tedukuri/what_furusato/what_furusato.html   (募集月:2017年6月)

2017/9/1
必 着
研究助成募集
 ・実施機関:公益財団法人上廣倫理財団
 ・対象研究:「若手研究者」「女性研究者」の支援を目的に独自性が高く将来の発展が期待できる「倫理」研究
         1)人間の「生命」や「生き方」、社会における「共生」に関する哲学、倫理学、教育学、心理学等、
           人文社会科学分野からの研究
         2)現代の倫理的課題に関する実態研究及び調査
         3)学校における倫理教育・道徳教育に関する研究
 ・応募資格:①日本国内外の大学・学校及びその附置研究所等の教育機関に所属し、在籍する機関より
          応募の承諾を得ていること ※ただし博士課程に在籍もしくは満期退学及び修了し指導教官の
          推薦情を提出可能な方は、所属に関係なく応募可能
         ②概ね45歳までの研究者
         ③学術振興会の助成等の公的助成を同期間・同じ研究で受けていないこと
         ④国籍は問いませんが、応募は日本語に限ります
 ・詳細:http://www.rinri.or.jp   (募集月:2017年6月)

毎年/9/1
締 切
個人研究プロジェクト募集
 ・実施機関:米国社会科学研究評議会(SSRC)安倍フェローシップ・プログラム
 ・助成対象:①個人・社会・国際的な安全保障に対する脅威
         ②成長と持続的な発展
         ③社会・科学・文化のトレンドと変容
         ④ガバナンス、エンパワーメントと市民参加
 ・申請資格:・日本国籍または米国市民権の保有者、もしくはその他の国籍保有者で日本又は米国に長期に
          わたる研究拠点を有する者
         ・博士号(Ph.D.)または専門分野での同等の経験を有する者、学界以外の専門家からの申請も歓迎
         ・互角の習得度については資格上の要件ではありませんが、申請する調査研究の内容からして語学力が
         不可欠と判断されるものについてはプロジェクトを完遂させるために必要不十分ば語学力の証明書を
         提出することが求められます
         ・重要な政策課題に関する研究又は具体的政策提言を意図する研究の場合、その目的や内容が
         党派的とみられるものは安倍フォローシップの対象となりません
 ・詳細:http://www.abefellowship.info  (募集月:2017年1月)

2017/8/31
締 切
エディテージ研究費
 ・実施機関:カスタム・コミュニケーションズ株式会社 エディテージ・エッジ事務局
 ・募集要件:科研費に不採択、でも研究を続けたい海外の学会で発表したい、論文を投稿したい、
         そんな若手研究者の方が研究・国際発表活動を継続できるよう、過去2年間科研費を申請し、
         採択されなかった40歳以下の研究者の方に「基礎研究グラント」「海外出張グラント」
         「英文校正グラント」の3種類のグラントを提供
 ・詳細:
https://edge.editage.jp/editagegrant/   (募集月:2017年8月)

2017/8/31
締 切
日韓の文化・芸術・スポーツ・学術分野の助成
 ・実施機関:公益財団法人韓昌祐・哲文化財団
 ・研究内容:日韓にかかわる文化・芸術・歴史・社会・スポーツ・国際交流の研究、活動
 ・詳細:
http://www.hanchangwoo-tetsu.or.jp/  (募集月:2017年7月)

2017/8/31
必 着
国際会議論文発表者助成候補者募集
 ・実施機関:公益財団法人NEC C&C財団
 ・研究内容:C&C分野、及びその関連技術とする
 ・応募資格:①国際会議参加時に日本の大学及びこれに準ずる教育機関に在籍している大学院生(原則40歳以下)
         ②国際会議(査読あるいはセレクション付き、海外開催)での採用が原則として確定している事
          但し、採用未確定の段階でも応募できます、この場合は参加する会議の採用決定の確証を
          後日提出していただくことにより正式な助成決定者といたします
          (応募後に採用が不可となった場合等はその助成規格を失うことになります)
         ③投稿論文の場合は、筆頭著者で、かつ発表者である事
         ④参加する国際会議は、原則学会等の学術団体が主催、協賛、後援するものとします
         ⑤経済的必要性が高いことを原則とします
 ・詳細:
http://www.candc.or.jp/  (募集月:2017年7月)

2017/8/31
必 着
平成30年度国立歴史民俗博物館共同研究公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人人間文化研究機構
 ・公募課題:1)基幹研究 「近代日本社会の形成・展開についての学際的・国際的研究」
         2)基盤研究 1 (課題設定型)
                 「考古・歴史・民俗資料の研究資源化、高度情報化を主要な目的として実施する学際的研究」
         3基盤研究 2 (館蔵資料型)
                 「本館が指定する収蔵資料に関連する共同研究
 ・応募資格:①国内外の大学その他の研究機関に勤務する研究者(常勤、非常勤を問わない)
         ②①と同等の研究能力を有する研究者(大学院生は除く)
 ・詳細:http://www.rekihaku.ac.jp/research/list/joint/public_ad/index.html   (募集月:2017年7月)

2017/8/31
17時締切
2017年度公募委託調査研究募集
 ・実施機関:一般財団法人全国労働者福祉・共済振興協会(全労済協会)
 ・研究分野:2017年度研究募集メインテーマ「ともに支えあう社会をめざして」
         ①共済・保険等の私的生活保障に関する調査研究
         ②協同組合組織が果たす社会的機能に関する調査研究
         ③地域社会での新たなコミュニティ機能に関する調査研究
         ④雇用・生活の実態と社会保障制度・政策、特に格差・貧困の拡大に関する調査研究
 ・応募資格:主たる研究拠点が日本国にあり、下記のいずれかに該当する日本語での申請書。報告書の
         作成と方向が可能な研究者とします
         ・学校教育法に基づく大学及び同付属研究機関に所属する研究者
         ・民間の研究機関(民間企業の研究部門を含む)に所属する研究者
         ・大学院博士課程在籍者
 ・詳細:http://www.zenrosaikyokai.or.jp   (募集月:2017年月)

2017/8/31
消印有効
平成30(2018)年度 次世代を担う研究者助成事業
 ・実施機関:一般社団法人 日本溶接協会
 ・助成対象:鉄鋼材料を主体とした溶接・接合技術およびその周辺技術の研究
         ただし国及び他の機関から助成を受けた研究、および企業との共同研究は除外します
 ・応募資格:日本国内の大学、工業高等専門校等の研究教育機関に所属し、日本国内で研究に従事する
         平成30(2018)年4月1日現在で45歳以下の研究者(国籍不問)
 ・詳細:
http://www.sihd-bk.jp/houjin/chiikiokoshi/newbusiness.html  (募集月:2017年6月)

2017/8/31
必 着
平成30年度 環境プロジェクト助成
 ・実施機関:公益財団法人りそなアジア・オセアニア財団
 ・助成対象:アジア・オセアニア諸国や地域における豊かな緑ときれいな水を守る事業
         当該地域ですでに萌芽的な活動が行われ、応募者がすでに何らかの形で活動に関与している事業
 ・応募資格:1)日本の大学もしくは環境保全活動や支援活動を行っている団体、会社等に所属する方からの
           推薦が得られる方(外国人も可、但し共同事業は日本人を代表者とすること)
         2)活動地域(アジア・オセアニア地域)の現場において、当該事業の共同者(協力者)がいること
 ・詳細:http://www.resona-ao.or.jp/project/promotion_application.html   (募集月:2017年5月)

2017/8/31
締 切
平成29年度 研究助成
 ・実施機関:公益財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団
 ・助成分野:エネルギー・リサイクル分野
         総合防災科学分野
 ・助成内容:助成の趣旨に合った、電気・電子・情報・通信・土木・建築・機械・化学・バイオ・リサイクル・
         テクノロジーアセスメント等の幅広い分野の基礎研究および応用研究等を対象とする
 ・詳細:http://www.krf.or.jp   (募集月:2017年1月)

2017/8/25
必 着
「朝日賞」候補者推薦
  【学内で原則1名、最大2名】
 応募を希望される方は7月31日(月)までに研究協力係にお申し出下さい。
 (この時点では提出書類は必要ありません)

 ・実施機関:朝日新聞社 朝日新聞文化財団
 ・推薦対象:人文や自然科学など、わが国のさまざまな分野において傑出した業績をあげ、文化や社会の発展、
         向上に多大な貢献をされた個人又は団体
 ・詳細:http://www.asahizaidan.or.jp/index.html  (募集月:2017年7月)

2017/8/25
17時締切
平成30年度(2018年度) 日本人若手研究者研究助成金募集
 ・実施機関:公益財団法人中島記念国際交流財団
 ・対象分野:次にあげる研究分野とし、原則として一人で行う研究であって、将来の発展が期待できる研究
         (1)情報科学
         (2)生命科学
 ・応募資格:我が国の大学・研究機関等に所属する若手研究者のうち、主として日本学術振興会の特別研究員
         経験者とします(若手研究者とは平成30年4月1日現在37歳以下の研究者とする)
 ・詳細:http://www.nakajimafound.or.jp/  (募集月:2017年6月)

2017/8/20
24時登録締切
平成29年度 調査研究助成
 ・実施機関:公益財団法人中谷医工計測技術振興財団
 ・対象研究:医工計測および関連技術
          生体、その構成体(分子、細胞小器官、細胞、臓器など)および薬物動態を対象にした計測技術、
          情報解析技術等に関する研究であり、医療、健康管理、介護等に関して有用な情報を与えるもの
          (臨床への応用も含む)
 ・応募資格:大学及びこれに準ずる研究機関に属する者
 ・詳細:http://www.nakatani-foundation.jp   (募集月:2017年6月)

2017/8/20
24時登録締切
平成29年度 技術開発研究助成
 ・実施機関:公益財団法人中谷医工計測技術振興財団
 ・対象研究:医工計測および関連技術
          生体、その構成体(分子、細胞小器官、細胞、臓器など)および薬物動態を対象にした計測技術、
          情報解析技術等に関する研究であり、医療、健康管理、介護等に関して有用な情報を与えるもの
           (臨床への応用も含む)
 ・助成対象:1.開発研究
            独創的な発想に基づく研究であって実用化が期待できる技術であるか、または、それに寄与する
            ことが期待されるもの
         2.奨励研究
            独創的な発想に基づく夢のある研究であって将来の実用化に向けた基盤技術として期待されるもの
            (若手研究者の育成を目的とした助成のため研究責任者の年齢は募集締切日に35歳以下)
 ・応募資格:大学及びこれに準ずる研究機関に属する者
 ・詳細:http://www.nakatani-foundation.jp   (募集月:2017年6月)

2017/8/20
24時登録締切
平成29年度 技術開発研究助成【特別研究】
 ・実施機関:公益財団法人中谷医工計測技術振興財団
 ・注意事項:応募にあたっては推薦理由記載の推薦書が必要です(1推薦者から1件に限ります)
 ・対象研究:医工計測および関連技術
          生体、その構成体(分子、細胞小器官、細胞、臓器など)および薬物動態を対象にした計測技術、
          情報解析技術等に関する研究であり、医療、健康管理、介護等に関して有用な情報を与えるもの
           (臨床への応用も含む)
 ・助成対象:医工計測技術分野において基盤となる開発研究を一層発展させることにより、卓越した成果が期待でき、
         かつ実用化が見込まれる研究成果の創出に資する研究
 ・応募資格:大学及びこれに準ずる研究機関に属する者
 ・詳細:http://www.nakatani-foundation.jp   (募集月:2017年6月)

2017/8/15
締 切
2017年度 食の文化研究助成事業
 ・実施機関:公益財団法人味の素食の文化センター
 ・研究分野:①食の分野に関わる研究
          人文・社会科学の研究に限らず、自然科学分野で食の文化に関する研究
          (但し食品や医薬品などの開発を目的とする者は除く)
         ②特に、食の文化に関する認識や研究活動に新たな広がりや深みをもたらすことが
          期待される研究を優先的に対象とします
 ・応募資格:①原則として2018年4月1日時点で40歳前後までの若手研究者であって、
          しかるべき研究者からの推薦がある方とします
          (国籍不問ですが日本国内に居住する研究であって、日本語での申請及び報告書の作成や
           成果の発表が可能であることが必要です)
         ②個人研究を対象としますが共同研究者のある事を妨げません
 ・詳細:http://www.syokubunka.or.jp/research/   (募集月:2017年5月)

2017/8/4
消印有効
池田泉州銀行の"地域創生"ニュービジネス助成金
 ・実施機関:池田泉州銀行
 ・事業分野:①サービス・商業 ②ものづくり ③ICT ④環境・エネルギー ⑤ヘルスケア
 ・応募資格:以下の全てを満たす法人又は個人
         1.大阪府、兵庫県、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県に主たる事業所を置く企業または在住の個人
         2.新規性・独創性に富んだビジネスプランを有し、自ら事業化することを目指す方
 ・詳細:
http://www.sihd-bk.jp/houjin/chiikiokoshi/newbusiness.html  (募集月:2017年6月)
2017/8/2
正午締切
研究成果展開事業 大学発新産業創出プログラム(START)
<社会還元加速プログラム>SCORE
  エントリー締切 7月12日(水)正午 → 8月2日(水)正午に延長
  修正提出締切 8月30日(水)正午
 ・実施機関:国立研究機関法人科学技術振興機構
 ・募集対象:「研究代表者」と[EL」のチームでの応募
 ・対象研究:・MVPを期間内に顧客に一回以上掲示可能で更に安全な顧客評価が可能な技術分野
         ・顧客評価に対して許認可等が可能な技術分野は対象外
 (以下追記事項)
 ・申請内容について:
         8月2日(水)はエントリー申請となります
         研究概要や参画者等の参加要件確認に必要な項目は必須ですが、ビジネスモデル仮説やMVP等、
         その他の部分はセミナー・ワークショップで策定した結果を入力頂く想定ですので、8月2日時点では
         検討中や記載可能な範囲で差支えありません
 ・セミナー・ワークショップ日程(申請者はどちらかに参加)
         【1回目】8/21(月) 10時〜18時  8/22(火) 9時〜16時
         【2回目】8/24(木) 10時〜18時  8/25(金) 9時〜16時
 ・詳細:
https://www.jst.go.jp/start/score/jigyo/index.html  (募集月:2017年6月)

2017/7/31
必 着
2017年度調査研究助成【公募型リサーチペーパー】第2期募集
 ・実施機関:公益財団法人医療機器センター
 ・公募課題:医療機器産業界の振興・発展に寄与する経済学、経営学、法学、レギュラトリーサイエンス、歴史学、
         政治学等の巾広い社会科学系研究テーマ
         優先テーマ
          ・医療機器産業に資する厚生労働省ナショナルデータベース(NDB)の活用策
          ・20年度の世界の医療機器市場の予測とキードライバーの検討
          ・国内外の医療機器メーカーのパフォーマンス分析(売上高、営業利益率、研究開発費等含む)
          ・産業連携表を用いた生産波及効果や雇用誘発効果の検討
          ・医療機器産業が成長牽引産業になりえるためのマクロシミュレーションモデル検討
          ・任意の医療機器における開発から上市までのケーススタディ
 ・応募対象:大学・国立研究開発法人等の研究機関に所属する研究者、大学院生、学部学生
         個人を対象としますが個人で研究の遂行が難しい場合は、主たる研究者中心とする少人数の
         グループでの申請も可能
         申請者の国籍は問いませんが報告書を作成するために日本による会話及び読み書きの十分な
         能力有する事が条件
         助成金の取扱い上、日本国内に居住している方が対象
 ・詳細:http://www.jaame.or.jp/mdsi/rp-grant.html   (募集月:2017年7月)

2017/7/31
必 着
平成29年度 特定領域研究助成
 ・実施機関:セコム科学技術振興財団
 ・対象領域:【先端医学分野】
          領域名:多階層医学プラットフォーム構築のための基盤技術開発
         【社会技術分野】
          領域名:人間情報・社会情報に基づく安全安心技術の社会実装
         【ELSI (Ethical, Langal and aasocial Issues)分野】
          領域名:最先端科学技術の社会的・論理的・法的側面
 ・助成対象:現に活発な研究活動を行っており助成期間中継続的に研究を実施することができる
         国内の大学。大学共同利用機関法人・国立研究開発法人に所属する59歳以下の研究者
 ・詳細:https://www.secom.co.jp/zaidan/    (募集月:2017年7月)

2017/7/31
17時締切
第37回 リバネス研究費 吉野家賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:店舗を取り巻く環境と人との行動変容の関係を追求する研究
         建築学、環境工学、認知科学、脳神経科学、脳神経科学、人間工学、心理学、行動学、動物行動学、
         運動科学、情報工学、環境デザインなど幅広い科学・技術分野の研究を募集します
 ・詳細:https://r.lne.st/grants/   (募集月:2017年6月)

2017/7/31
24時締切
第37回 リバネス研究費 日本の研究.com賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:研究課題・研究者データベースを活用したあらゆる研究
 ・詳細:https://r.lne.st/grants/   (募集月:2017年6月)
2017/7/31
24時締切
第37回 リバネス研究費 東宝賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:エンターテイメントにつながる全ての研究
 ・詳細:https://r.lne.st/grants/   (募集月:2017年6月)

2017/7/31
24時締切
第37回リバネス研究費 JR東日本賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:当社が保有するデータ等を活用した新たなサービス・顧客価値を創出する研究テーマ
         JR東日本が保有する駅、鉄道、店舗等を活用し、人々が集まる「駅」の新たな価値創出に関する
         あらゆる研究テーマを募集
 ・詳細:https://r.lne.st/grants/   (募集月:2017年6月)

2017/7/31
締 切
2017年度生協総研賞・助成事業
 ・実施機関:公益財団法人生協総合研究所
 ・対象領域:・生活協同組合の今日的な課題および事業・組合員活動における実践的な研究
         ・暮らしの実態に関する経済的、社会的、歴史的視点等からの研究
         ・消費社会及び消費諸組織、社会運動に関する研究
         ・大規模災害後に被災地域が直面している課題に関する研究
 ・募集対象:①個人研究
           大学・各種研究所等の研究者・大学院生、及び生協・NPO・市民組織等の
           役職員・関係者等による個人の研究・調査を主な対象とします
         ②共同研究
           「個人研究」の対象者と同様です
           但し、申請者(研究代表者)を中心として若干名の参加メンバーによって構成し、研究するもの
 ・詳細:http://www.ccij.jp/  (募集月:2017年5月)

2017/7/31
消印有効
平成29年度(第44回)調査研究助成募集(公募)
 ・実施機関:公益財団法人大和証券ヘルス財団
 ・応募課題:中高年・高齢者の医学・医療、保健及び福祉・介護に関する調査研究
         ※医学の分野においては臨床医学に沿った調査研究の応募を希望いたします
 ・応募資格:国内の大学、研究所、病院、その他公的私的団体に属する50歳未満の国内在住研究者
         ※平成27年度と平成28年度の受贈者は本年度の応募資格はありません
 ・詳細:http://www.daiwa-grp.jp/dsh/index.html  (募集月:2017年5月)

2018/7/31
必 着
第10回(2018年度)井上リサーチアワード募集
 ・実施機関:公益財団法人井上学術振興財団
 ・募集分野:自然科学の基礎的研究
 ・募集対象:次の全ての事項に該当すること
         1.自然科学の基礎的研究で博士の学位を取得した研究者で学位取得後9年未満(2018年3月31日現在)
           であること、すなわち2009年4月1日以降に博士の学位を取得した研究者であること
           ただし、出産又は子の養育のためにやむを得ず研究活動を中断した場合には、その中断期間は
           学位取得後の年限には含めないものとする
         2.国内の国公私立大学並びに大学共同利用機関に所属する研究者または所属予定の研究者
 ・詳細:http://www.inoue-zaidan.or.jp  (募集月:2017年4月)

2018/7/31
締 切
天田財団創立30周年記念平成29年度研究開発助成・国際交流促進助成
 ・実施機関:公益財団法人天田財団
 ・募集内容:金属等の塑性を利用した加工及び高密度エネルギー下での諸特性を利用した加工に必要な技術の
         調査・研究に対する助成並びにその国際交流促進の助成を行います
         [研究開発助成]
           重点研究開発助成Aグループ研究
           重点研究開発助成B課題研究
           一般研究開発助成
           奨励研究助成A(若手研究者枠)
           奨励研究助成B(萌芽的研究枠)
         [国際交流促進助成]
           国際会議等開催準備助成
           国際会議参加助成
           外国人養成助成(国内旅費可)
 ・詳細:http://www.amada-f.or.jp/  (募集月:2017年5月)

2017/7/28
必 着
平成30年度 調査研究助成/国際学術交流助成/出版助成
 ・実施機関:公益財団法人りそなアジア・オセアニア財団
 ・助成対象:【調査研究助成】
           アジア・オセアニア諸国・地域に関する社会、文化、歴史、政治、経済等の
           調査・研究に対する助成(個人研究に重点を置くが、共同研究も助成対象とする)
         【国際学術綱領助成】
           アジア・オセアニア諸国。地域に関する社会、文化、歴史、政治、経済等の国際会議、
           シンポジウム等開催に対する助成
         【出版助成】
           アジア・オセアニア諸国、地域に関する社会、文化、歴史、政治、経済等の調査研究成果に
           かかる出版助成
           同分野への調査研究成果の出版に準ずる広報活動への助成
 ・応募資格:1)日本の大学もしくは研究機関等に所属する方からの推薦が得られる方
           (外国人も可、ただし共同研究は日本人を代表者とすること)
         2)当該研究に2年以上携わっている方
         3)調査研究助成については原則として申込書提出時35歳以上の方
 ・詳細:http://www.resona-ao.or.jp/project/promotion_application.html   (募集月:2017年5月)

2017/7/25
17時締切
2018年度稲盛財団研究助成募集
 ・実施機関:公益財団法人稲盛財団
 ・研究分野:自然科学系、人文・社会科学系の独創的で優れた研究活動
 ・申請資格:下記の要件を全て満たす方
         ①日本に居住し要項を送付した大学・機関委所属していること
         ②常勤で所属機関に正式に雇用されていること
         ③助教相当以上であること
         ④主体的に研究を行っていること
         ※自然科学系では「40歳以下の若手研究員」の応募を優先いたします
 ・詳細:http://www.inamori-f.or.jp/  (募集月:2017年5月)

2017/7/24
17時締切
研究公募型プログラム「COOKPI‐T」
 ・実施機関:武田薬品工業株式会社
 ・研究課題:弊社が指定する研究領域に関する新しい創薬アイデア(創薬ターゲット、創薬技術等)
 ・研究内容:アイデアレベルを含む初期研究段階の実現性検証を目的とする研究
 ・応募資格:日本国内の大学、公的な研究期間、企業等に所属する研究員
 ・詳細:http://www.takeda.co.jp/research/openi/cockpit/   (募集月:2017年5月)

2017/7/14
必 着
DNP文化振興財団 グラフィックス文化に関する学術研究助成
 ・実施機関:公益財団法人DNP文化振興財団
 ・対象分野:A部門(グラフィックデザイン、グラフィックアート全般をテーマとする研究)
         B部門(グラフィックデザイナー、田中一光に関する研究)
 ・助成対象:グラフィックデザイン、グラフィックアートに関する研究を行う研究者の個人又はグループ
         (1)大学に在籍する研究者(教員又は大学院生)
         (2)美術館学芸員
         (3)大学院修了以上の研究者で大学教授または美術館館長の推薦のある者
         (4)その他、上記に準ずる者
 ・詳細:http://www.dnp.co.jp/foundation/grants/  (募集月:2017年4月)

2017/7/14
15時締切
研究助成プログラム「理想の追求」募集
 ・実施機関:キヤノン財団
 ・研究分野::「食に関する研究」
           ①飢餓と飽食
           ②食の安全保障
           ③第6次産業
           ④食の文化と健康、美味しさ
           ⑤食の安全と流通
 ・応募条件:研究代表者は国内の大学および大学院(付属機関を含む)、大学共同利用機関、高等専門学校、
         その他公的研究機関等の何れかに勤務し、当該機関で実質的に研究できる方
         助成期間中に日本国内に居住している方で国籍不問
 ・詳細:http://www.canon-foundation.jp/aid/information.html   (募集月:2017年4月)

2018/7/14
Web登録完了
「食と健康」の分野における研究社育成助成<ロッテ重光学術賞>
 ※申請書の郵送締切は7月18日(火)12:00必着
 ・実施機関:公益財団法人ロッテ財団
 ・対象分野:①食品の生産・加工・流通・保存・備蓄・廃棄に関わる技術
         ②食品のマーケティング
         ③食文化
         ④嗜好品
         ⑤栄養
         ⑥食品安全・衛生
         ⑦上記①から⑥の複合領域
         ⑧発酵(2018年度特定課題)
 ・応募資格:将来、大学及び公的研究期間において「食とj健康」に関する広域科学分野での研究で中核となる事が
         期待される若手研究者のうち2017年4月1日時点で以下の要件伊該当する方
         1)原則30歳以上40歳以下の方、国籍不問
         2)申請時点での所属先は国内・海外を問いませんが助成期間中の所属先は国内のみ
         3)博士豪取得済みで取得後数年の研究実績を有する、または同等の能力を有する方
         4)助成期間中に所属予定先の機関長(学部長・研究科長・研究所長)の承認および育成支援教員の
           推薦を得て育成支援教員の下に研究の場を確保し独自のテーマで主体性を持ち研究遂行できる方
         5)テニュア(終身雇用)、テニュアトラック「「さきがけ」「卓越研究員」として勤務していない方
           現在所属機関等から給与を受けている方は助成開始後の二重給与を認めませんのでご注意下さい
           また申請年度中に「さきがけ」「卓越研究員」に採択された場合も当助成との重複採択は行いません
         6)他団体等からの助成については研究課題名の重複やエフォート管理上、研究費の過度の
           集中が認められた場合は採択しません
         7)当財団の「奨励研究助成」と重複して応募することはできません
         8)2017年11月9日(木)の面接審査及び2018年2月15日(木)の贈呈式に申請者本人および
           育成支援教員本人が必ず出席できる方
 ・詳細:http://www.lotte-isf.or.jp   (募集月:2017年4月)

2017/7/14
締 切
信楽MU観測所キャンペーン観測(MUレーダー長時間観測)研究課題公募
 ・実施機関:京都大学生存圏研究所
 ・利用機関:平成29年12月1日〜平成30年11月30日
 ・応募資格:1.学術研究を目的とする国内外の研究機関に所属する者
         2.教育を目的とする国内外の研究機関に所属する者
         3.民間の企業・団体に所属する者
         4.その他、研究所長が適当と認める者
 ・詳細:
http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/mu+ear/collaborative.html   (募集月:2017年1月)

2017/7/10
13時締切
情報通信技術の研究開発に係る提案の公募(第2回)
 ・実施機関:総務省
 ・研究開発課題:1-Ⅱ人間の脳の演算メカニズムに倣った脳型演算処理技術の研究開発
            2ーⅡ国民生活分野における高度AIシステムの事業化に向けた研究開発
 ・詳細:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000212.html  (募集月:2017年6月)

2017/7/10
必 着
流動プロジェクト公募
 ・実施機関:京都大学医学部付属病院 臨床研究総合センター
 ・対象研究:新世代の医療開発に関するトランスレーション的研究であって、
         研究期間は3〜5年で具体的研究成果が得られるもの
         特に研究領域は限定しませんが最終目標として臨床展開を強く意識したもので
         プロジェクト全体として一貫したもの
 ・応募資格:(1)現在、大学の教員および研究・開発機関(民間を含む)の研究員並びに医療機関等の職員
         (2)プロジェクト実施機関を通じて責任を持ってプロジェクトを指導できる方
 ・詳細:http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~iact/ (募集月:2017年5月)

2017/7/3
必 着
第35回(平成29年度)大阪科学賞 受賞候補者推薦募集
 ・実施機関:大阪府・大阪市・一般財団法人 大阪科学技術センター
 ・対象分野:理学・工学・農学・生物学・医学・薬学・情報科学とそれらの学際的分野における科学および
         新技術の発展に寄与した研究・開発
 ・推薦対象:学術上顕著な業績を上げられた方、画期的な新技術の開発をされた方、
         研究のさらなる発展と研究者としての将来性が期待できる方で1967年1月1日以降に出生された方
 ・詳細:http://www.ostec.or.jp/news/20170519360/   (募集月:2017年6月)

2017/7/1
消印有効
公益財団法人倶進会科学技術社会論・柿内賢信記念賞 2017年度公募
 ・実施機関:科学技術社会論学会事務局
 ・対象分野:「科学・技術と社会の問題」に関する研究・実践活動
 ・概要:[特別賞]
       個人又はグループ・組織を対象に。研究又は実践における科学技術社会論に対する
       貢献の実績に対して授与します
      [奨励賞]
       今後の発展が期待される研究を行う個人に授与します
      [実践賞]
       実践活動(科学技術社会論の社会応用、または社会実践を通じた科学技術社会論の研究)を
       行う個人に授与します
 ・詳細:http://jssts.jp/   (募集月:2017年4月)

2017/6/30
24時締切
第37回リバネス研究費 L-RAD賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:自然科学、社会科学、人文科学の研究、開発、調査委全般
 ・詳細:https://r.lne.st/grants/   (募集月:2017年6月)

2017/6/30
消印有効
2017年度研究助成募集
 ・実施機関:公益財団法人医療科学研究所
 ・対象研究:①医療及び医薬品に関する経済学的調査・研究
         ②医薬品等研究開発・生産・流通に関する調査・研究
         ③医療とその関連諸領域の学際的調査・研究
         <以下の研究は対象外>
          ・通常の医学研究ともいうべき自然科学的研究
          ・医師、看護師、薬剤師等の専門技術に関する自然科学的研究
          ・他の助成団体から助成を受けた研究と実質的に同じ内容の研究
 ・応募資格:医療経済、医療制度、医療政策、社会保険政策、医薬品産業政策、その他広く医療に関して、
         優れた萌芽的研究あるいは独創的研究を目指す個人またはグループ
         (主たる研究者は2017年4月1日現在で40歳以下であることが望ましい)
 ・詳細:http://www.iken.org (募集月:2017年5月)

2018/6/30
消印有効
平成29年度ヘルスリサーチに関する第26回助成案件公募
 ・実施機関:公益財団法人ファイザーヘルスリサーチ振興財団
 ・募集内容:国際共同研究(国際的観点から実施する共同研究)
         国内共同研究 年齢制限なし(国内での共同研究)
         国内共同研究 満39歳以下(1977年4月2日以降生まれの方)(国内での共同研究)
 ・対象研究:国内におけるヘルスリサーチ領域の問題解決型の共同研究である事
         下記の6つの重点分野以外でも、保健・医療の受け手の観点から最適な保険医療・福祉の
         システムに資する研究であれば対象とする
         1)制度・政策
         2)医療経済
         3)保健医療の評価
         4)保健医療サービス
         5)医療哲学
         6)保健医療資源の開発
 ・詳細:https://www.health-research.or.jp/   (募集月:2017年4月)

2018/6/30
消印有効
第24回ヘルスリサーチフォーラム一般演題募集案内
      フォーラム基本テーマ:共生社会におけるヘルスリサーチ
                日時:平成29年12月9日(土)
                会場:千代田放送会館
 ・実施機関:公益財団法人ファイザーヘルスリサーチ振興財団
 ・研究内容:制度・政策、医療経済、保健医療の評価、保健医療サービス、保健医療資源の開発、
         医療哲学等のヘルスリサーチの研究
 ・詳細:https://www.health-research.or.jp/   (募集月:2017年4月)

2018/6/30
必 着
2017年度(第21回)研究助成(B)若手研究者育成研究助成
 ・実施機関:一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構
 ・募集課題:①医療保険及び介護保険に関する政策的研究
         ②診療報酬及び介護保険に関する政策的研究(①を除く)
         ③費用便益分析・費用効用分析・費用効果分析等を用いた政策的研究
         ④医療・介護産業に関する政策的研究
         ⑤医療。介護の提供体制に関する政策的研究
         ※大規模データベース(NDB等)のみならず、自ら一次データを収集して行う研究や
          公的統計データを用いた研究も推進します
 ・対象者:1)上記の分野に関する科学的実証的研究を志向する個人又はグループとする
       2)主たる研究者は国内研究機関に常勤で勤務・所属する研究者・院生を対象とします
       3)主たる研究者は40歳以下(2017年4月1日現在、但し、博士課程、修士課程に在籍の場合は
         年齢制限を設けませんが、別途、前職等の資格について審査)を対象とします
       4)過去に当機構の助成を受けたことが無い方を原則とします
 ・詳細:https://www.ihep.jp/business/grant/  (募集月:2017年4月)

2018/6/30
必 着
2017年度(第21回)研究助成(A)指定課題研究助成
 ・実施機関:一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構
 ・募集課題:①終末期ケアや認知症ケアの費用対効果とその在り方に関する研究
         ②前期高齢者医療制度の評価とその在り方に関する研究
         ③医療サービス・介護サービス相互の関連についての研究(制度、サービス、データ等)
         ④介護予防(フレイル、転倒、栄養・口腔機能等)の政策・費用対効果評価に関する研究
         ⑤疾病構造・診療行為・医療費の地域差に関する研究(医療提供体制、人口構造に起因するものを除く)
         ※大規模データベース(NDB等)のみならず、自ら一次データを収集して行う研究や
          公的統計データを用いた研究も推進します
 ・対象者:1)上記の分野に関する科学的実証的研究を志向する個人又はグループとする
         (医療系研究者および社会系研究者との共同研究を歓迎します)
       2)主たる研究者は国内研究機関に常勤で勤務・所属する研究者・院生を対象とします
       3)年齢制限はありません
       4)過去に当機構の助成を受けたことが無い方を原則とします
 ・詳細:https://www.ihep.jp/business/grant/  (募集月:2017年4月)

2017/6/30
必 着
2017年度 大川賞/大川出版賞候補推薦
 ・実施機関:公益財団法人大川情報通信基金
   【大川賞】
 ・表彰対象:情報・通信分野における研究、技術開発および事業において、顕著な社会的貢献のあった方
         (受賞者は個人として故人を含みません)
 【大川出版賞】
 ・表彰対象:情報・通信分野に関して技術の発展及び社会的啓蒙に貢献のあった優れた図書で
         2014年1月1日以降に発刊されたもの
         (・著者は原則として個人としますが数名に限り共著も認めます
          ・編著は原則として審査の対象外とさせていただきます
          ・図書は原則として日本国内で発刊されたものとしますが、著者の国籍は不問)
 ・詳細:http://www.okawa-foundation.or.jp  (募集月:2017年5月)

2017/6/30
消印有効
2017年度研究助成募集
 ・実施機関:一般社団法人日本内部監査協会
 ・対象分野:内部監査及び関連諸分野に関する調査研究
 ・助成対象:日本国内の教育機関において、会計学、商学、経営学、経済学、法学、情報学の調査研究に
         従事している個人で、申請時点で常勤の准教授、助教等(特任教員を含む)とする
 ・詳細:http://www.iiajapan.com   (募集月:2017年4月)

2018/6/30
15時締切
研究助成プログラム「産業基盤の創生」募集
 ・実施機関:キヤノン財団
 ・研究課題:日本の強い産業を更に強化する、あるいは新たな産業を興すことによって経済発展を促すような
         科学技術分野にあって、独創的、先駆的、萌芽的な研究
         分野としては、将来社会において重要になることが想定されるICT・エレクトロニクス、健康・医療・生命科学、
         バイオテクノロジー、環境・資源・エネルギー、材料・デバイス・プロセス、サービスサイエンスです
 ・応募条件:研究代表者は国内の大学および大学院(付属機関を含む)、大学共同利用機関、高等専門学校、
         その他公的研究機関等の何れかに勤務し、当該機関で実質的に研究できる方
         助成期間中に日本国内に居住している方で国籍不問
 ・詳細:http://www.canon-foundation.jp/aid/information.htm   (募集月:2017年4月)

2018/6/30
必 着
平成29年度研究調査助成
 ・実施機関:公益財団法人日本証券奨学財団
 ・対象分野:証券金融経済分野
         (注)証券金融経済分野とは、証券、金融、財務・会計、企業・経営、法律、経済、社会の各分野とする
 ・応募資格:①大学において学術の研究調査に従事している55歳以下の個人又はグループ
          なおグループは複数の研究機関に跨ってもよい、
          大学院学生は博士課程又はかは瀬後期課程に限り共同研究者になることができる
         ②証券会社および金融機関等のグループ並びに民間研究機関の研究者
 ・詳細:http://www.jssf.or.jp/?page_id=11   (募集月:2017年3月)

2018/6/30
締 切
平成29年度研究助成
 ・実施機関:一般財団法人河川情報センター
 ・対象研究:①水災害に係る水文(洪水氾濫を含む)に関する研究
          (水文観測技術(レーダ活用、流量観測高度化など)、浸水域把握技術、氾濫流解析など)
         ②河川情報の提供に関する研究
          (処理・加工・配信技術など)
         ③水災害情報の収集・共有に関する研究
          (浸水状況把握、被害状況把握、災害情報データベース、災害SNSなど)
         ④地域防災力向上に関する研究
          (洪水避難誘導支援、情報リテラシー、地域防災教育など)
         ⑤水害リスク上違法に関する研究
          (水害リスクじょうほうの把握、分析、活用など)
         ⑥災害時危機管理に関する研究
         ⑦水災害軽減に向けた地理空間情報との連携に関連する研究
         ⑧その他上記に類する研究
 ・応募資格:・日本国内の大学、高等専門学校及びこれらに附属する機関の研究者
         ・国、地方公共団体、独立共生法人等及びこれらに附属する機関の研究者
         ・民間企業の研究者
         とします、ただし学生は博士後期課程に在籍する者に限って共同研究者になる事ができます
 ・詳細:http://www.river.or.jp/01josei/boshuu.html   (募集月:2017年3月)

2017/6/30
消印有効
第5回(2018年度)立石賞/2017年助成公募
 ・実施機関:公益財団法人立石科学技術振興財団
【立石賞】
 ・公募分野:エレクトロニクスおよび情報工学分野
 ・対象者:人間と機械の調査を促進し、技術革新と人間重視の視点において顕著な業績をあげた個人で
       次のとおりとする
        (1)過去に本財団の研究助成を受け、顕著な研究業績をあげた者
        (2)本財団の趣意に沿った日本発の研究・技術で顕著な業績をあげた者
       前項(1)に対するものを立石賞功績賞と称し、(2)に対するものを立石賞特別賞と称します
【後期国際交流助成】
 ・助成分野:エレクトロニクス及び情報工学の分野
 ・対 象 者 :人間と機械の調査を促進するための研究活動を行うための海外派遣に対し、応募者本人に助成
         「人間と機械の調査を促進する」とは、人間重視の視点に立ったK学技術の健全な発展に寄与したい、
         という願いからきているものです、上記の範囲で科学技術を人間にとって最適なものとするための、
         若手研究者による萌芽的な基礎研究活動の一環としての国際交流を歓迎し、渡航経験の少ない
         若手からの応募を期待します
 ・応募資格:①日本国に居住する40歳以下(申請日の実年齢)の研究者とし、国籍・所属機関は不問
          研究者とは助成k対象期間に研究機関に所属し研究に従事する者、もしくは博士後期課程(または
          相当)に在学する者
         ②同一または重複内容で現在公的機関からの補助金や他の財団等から既に助成を受けているか、
          または受ける予定になっている個人またはグループはご遠慮ください
【国際会議開催助成】
 ・助成対象:エレクトロニクス及び情報工学の分野
 ・対 象 者 :人間と機械の調和を促進するための国際会議の開催を対象として助成
         エレクトロニクス及び情報工学の分野で開催されるシンポジウム、ワークショップ、フォーラム等の
         国際的な研究集会を歓迎します
 ・応募条件:①当該会議の開催場所は日本国内とし応募資格者(申請者)は日本人研究者とし、
          次の要件を満たすこととします
          応募資格者の要件は、当該会議において組織委員もしくはプログラム委員長並びにじれに準じた
          責任ある役割を担っている事、あるいは国際会議からセッション・オーガナイザー等の役割を
          依頼されていること、とします
          小規模の国際会議(100名未満)で若手の方のご応募を歓迎します
         ②当該会議に対する他の財団等からの助成(予定を含む)または共催または後援等の有無は
           問いませんが、申請前に先方での問題の有無をご確認願います
 ・詳細:http://www.tateisi-f.org/  (募集月:2017年3月)

2017/6/27
17時締切
2017年度「予防医学。環境学 研究助成」公募
 ・実施機関:山田養蜂場みつばち研究助成基金
 ・募集研究:1)予防医学研究助成
          ⅰ)新規応募研究
            A)認知機能・メンタルヘルスに関する研究
            B)骨・間接・筋肉に関する研究
            C)睡眠に関する研究
            D)腸内環境に関する研究
            E)美肌・美髪・口腔に関する研究
            F)体内動態に関する研究
          ⅱ)継続発展研究
            これまでの採択テーマの研究を発展させ社会への貢献を目指す研究を支援します
            具体的には、これまでの採択で有効性が明らかになった素材の
            ①臨床研究、②メカニズム研究及び成分探索研究を募集します
         2)特別研究助成
           一人ひとりの体質、生活習慣および生活環境にあった予防医学の実現に向け、個別化予防に
           繋がる研究を支援します、具体的には、
            ①ミツバチ産品を対象とした後ろ向きコホート研究
            ②社会に普及しつつあるデジタル機器を利用した予防医療の実証研究を募集
         3)環境・養蜂研究
           健やかな生態系の維持と持続可能な社会の実現に向け、自然環境の影響を強く受ける養蜂に
           関する研究及び環境保全に繋がる研究を支援します、具体的には、
            ①ミツバチ科学または養蜂業の発展に繋がる研究
            ②自然エネルギーの利用や生物多様性の保持など環境保全に繋がる研究
 ・助成対象:新規応募研究、特別研究j助成、環境・養蜂研究
           大学や研究機関、医療機関等に所属し、研究活動を行う研究者で年齢制限なし
         継続発展研究
           本基金採択歴があり、成果発表会にて研究成果の報告が完了している研究者
 ・詳細:http://www.bee-lab.jp/grant/   (募集月:2017年5月)

2017/6/23
17時締切
「課題設定による先導的人文学・釈迦科学研究推進事業」
(領域開拓プログラム(研究テーマ公募型))公募
 ・実施機関:独立行政法人日本学術振興会
 ・対象研究:課題A 「認知科学的範囲」とアイデンティティの変容
         課題B 「責任ある研究とイノベーション」の概念と「社会にとっての科学」の理論的実践的深化
         課題C テクノロジーの革新と日本的美学および感性
         課題D 嗜好品の文化的・社会的意味
 ・応募資格:国内の大学及び大学共同利用機関、短期大学、高等専門学校、文部科学省の施設等機関のうち
         学術研究を行うもの、独立行政法人研究機関、公設研究研究期間。公益法人など科学研究費
         補助金取扱規程(文部省告示)第2条に規定される研究j機関
         (本プログラムは研究者個人に対する補助金事業ではなく、研究機関に対して研究を委託して行う
          事業ですので研究機関による申請を公募)
 ・詳細:http://www.jsps.go.jp/ryoiki/koubo.html (募集月:2017年5月)

2018/6/23
Web登録完了
「食と健康」の分野における若手研究者対象の奨励研究助成
 ※申請書の郵送締切は6月26日(月)12:00必着
 ・実施機関:公益財団法人ロッテ財団
 ・対象分野:①食品の生産・加工・流通・保存・備蓄・廃棄に関わる技術
         ②食品のマーケティング
         ③食文化
         ④嗜好品
         ⑤栄養
         ⑥食品安全・衛生
         ⑦上記①から⑥の複合領域
         ⑧発酵(2018年度特定課題)
 ・応募資格:「食と健康」に関する広域科学分野での独創的・先駆的な研究を行う若手研究者のうち
         2017年4月1日時点で以下の要件に該当する方
         ①原則40歳以下の方、国籍不問
         ②国内の大学・短期大学・高等専門学校および公的研究機関(以下「所属機関」とします)に勤務する
          研究社の方で博士号取得者または後期博士課程単位取得退学者の方
         ③助成申請にあたり、応募は本人が行い所属機関長(学部長・研究科長・研究所長)の承認を得られる方
         ④当財団の助成者のうち女性初年度から数えて3年間は「奨励研究助成」の再申請を行う事が
          できません、すなわち第3回(2016年度)以降の助成者の方は今回の応募資格の対象外となります
         ⑤他財団等からの助成については研究課題名の重複やエフォート管理上研究費の過度の
          集中が認められた場合は採択しません
         ⑥当財団の「研究者育成助成<ロッテ重光賞>」と重複して応募することはできません
         ⑦2018年2月15日(木)の贈呈式に申請者本人が必ず出席できる方
 ・詳細:http://www.lotte-isf.or.jp   (募集月:2017年4月)

2017/6/22
必 着
平成29年度住宅・建築物技術高度化事業提案募集
 ・実施機関:国土交通省 住宅局 住宅生産課
 ・公募対象:(1)環境対策・健康向上に資する技術開発
         (2)ストック活用、長寿命化対策に資する技術開発
         (3)防災性向上、安全対策に資する技術開発
 ・応募資格:共同して技術開発を行う複数の者(民間企業、大学等)、単独で応募することはできません
         国及び地方公共団体は応募者の構成員となることはできません
 ・詳細:http://www.hyoukakyoukai.or.jp/kokko_hojyo/about/29_koudoka_boshuu.html   (募集月:2017年5月)

2018/6/16
消印有効
平成29年度 日本ガス協会大学等研究助成金募集
 ・実施機関:一般社団法人日本ガス協会
 ・研究分野:都市ガス業界の発展を先導する可能性がある独創的かつ先駆的研究
 ・申請資格:・若手研究者
         ・大学、機関に所属する研究者であり且つ正式部局員(日本に居住する方に限る)
         ・営利企業等関係者は対象外
 ・詳細:http://www.gas.or.jp  (募集月:2017年4月)

2018/6/15
必 着
平成29年度「研究助成」「研究集会スタートアップ助成」募集
 ・実施機関:公益財団法人泉科学技術振興財団
 「研究助成}
 ・募集内容:高度機能性材料及びこれに関する科学技術の基礎研究分野における
         真に独自の発想に基づいた新しい研究
 ・応募資格:大学又はそれに準ずる公私研究機関に所属し当該専門分野の研究歴5年以上、
         又は博士の学位を有すること
 「研究集会スタートアップ助成}
 ・募集内容:「機能性材料科学」分野における萌芽的なグループの研究集会(国内および国際的)を
         主導する若手研究者に対する助成
         但し国内で平成29年10月〜平成30年12月に開催されるものに限る
 ・応募資格:1)研究種会を開催する事により当該研究分野における研究の飛躍的発展を目指している人物
         2)研究集会の開催並びに運営の実施責任者
 ・詳細:http://www.izumi-zaidan.jp  (募集月:2017年4月)

2017/6/15
消印有効
2017年度ニッセイ財団高齢社会財団助成公募
実践的課題研究・若手実践的課題研究
  ※共に生きる地域コミュニティづくりー人生90年時代の社会システム・地域づくりへのチャレンジー※
 ・実施機関:公益財団法人日本生命財団
 ・対象分野:第1分野
           「いつまでも地域で高齢者が安心した生活が送れるまちづくり(地域包括ケアシステム)の推進」
           在宅サービス(医療、ケア、住宅等を含む)の推進、高齢者を支える介護・看護・医療連携システムの
           開発、実践等
         第2分野
           「高齢者の生きがい・自己実現・就業支援」
           人生90年代のライフサイクル構築への取組、高齢者ボランティアの養成等
         第3分野
           「認知症の人が地域で安心した生活ができるまちづくり」(本財団恒久分野)
           本財団で長く取り組んでいる分野であり、認知症ケアへ向けて医療と介護の連携、
           認知症の人の権利擁護の推進等
 ・助成対象:実践的課題研究:研究者または実践家
         若手実践的課題研究:実践的研究をしている45歳未満の研究者又は実践家
 ・詳細:http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp  (募集月:2017年3月)

2017/6/10
消印有効
三井物産環境基金〜未来につながる社会をつくる〜
2017年度活動助成
 ・実施機関:三井物産株式会社
 ・応募資格:日本国内に拠点を持ち、下記①〜③全てに該当する団体、
         なお別途事務局が推薦する団体等についてはこの限りではありません
         ①下記(1)〜(3)のいずれかの団体に所属する団体
           (1)特定非営利活動法人(NPO法人)
           (2)公益法人(2008年の公益法人制度改革後の、一般社団法人・財団法人、公益法人・財団法人)
           (3)大学、高等専門学校(本業である研究・教育以外でNPO等との協働による社会貢献活動が対象)
 ・対象課題:A.地域環境
            自然の変化をモニタリングし、その結果に基づく必要な警鐘と対応につながる活動
         B.資源循環
            資源の効果的管理および活動につながる活動
         C.生態系・共生社会
            生態サービスの保全と利用、並びに生態系と人間が共存するための調整につながる活動
         D.人間と社会のつながり
            環境問題を基礎にした、人と社会の関係の再構築につながる活動
 ・詳細:https://www.mitsui.com/jp/ja/csr/contribution/environment/fund/   (募集月:2017年5月)

2017/6/10
消印有効
平成29年度国際会議・研究発表会等の参加、
およびシンポジウム等の開催助成
 ※第1期応募受付期間 平成29年4月10日〜6月10日 対象開催期間10月1日〜翌3月31日
   第2期応募受付期間 平成29年10月10日〜12月10日 対象開催期間4月1日〜9月30日
 ・実施機関:八洲環境技術振興財団
 ・支援内容:環境負荷軽減、環境保全等の環境に関する技術の普及・啓発を目的としたシンポジウム・後援会等の
         参加、開催を支援
 ・助成対象:日本の大学等(高等専門学校を含)の研究機関に従事する研究者
 ・詳細:http://www.yashimadenki.co.jp/zaidan/  (募集月:2017年4月)

2017/6/9
正午締切
研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
ステージⅢ(NexTEP-Bタイプ) 平成29年度公募
 ・実施機関:国立研究開発法人 科学技術振興機構 産学連携展開部研究支援グループ
 ・支援目的:大学等のシーズについて、研究開発型企業での実用化開発を支援
 ・申請者:シーズの発明者・所有者の了承を得た開発実施企業(資本金10億円以下)と大学等の研究者
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/a-step/  (募集月:2017年3月)

2018/6/8
データ必着
2016年度 基礎科学研究助成
  ※郵送書類締切:6月30日※
 ・実施機関:公益財団法人住友財団
 ・対象分野:理学(数学・物理学・科学・生物学)の各分野及びこれらの複数にまたがる分野の基礎研究で、
         萌芽的なもの(それぞれの分野における工学の基礎となるものを含む)
 ・応募資格:若手研究者(個人またはグループ)
         ・応募する研究者(グループの場合は代表者)が研究計画の推進に責任を持ち、助成金の管理及び
          助成金管理及び助成期間満了後の報告を確実に行えることを条件とします
         ・応募する研究者は助成申請にあたり所属機関の長(大学の場合は学科長・学部長・付属病院長)の
          承諾が必要です
          個々の所属機関の応募者数に上限はありません
         ・2016年度基礎科学研究助成に採択された研究者の、同一テーマでの継続研究の応募も可とします
          (2016年度に採択された研究の経過状況を含め「継続研究希望の理由」を付記、ただし3年連続
           同一テーマでの申請は不可)
         ・学問の分野等によって「若手」の意味が異なるので年齢の数字による制限はありません
 ・詳細:http://www.sumitomo.or.jp   (募集月:2017年4月)

2018/6/8
データ必着
2017年度環境研究助成(一般研究/課題研究)
 ※郵送書類締切:6月30日※
 ・実施機関:公益財団法人住友財団
 ・助成分野::【一般研究】環境に関する研究(分野不問)
         【課題研究】「地域固有の環境問題の理解および解決のための学際研究または国際共同研究」 
 ・応募資格:研究者の所属が営利企業(業務を含む)の場合には応募不可ですが他には制約はありません
         ・応募する研究者(グループの場合は代表者)が研究計画の推進に責任を持ち、助成金の管理及び
          助成金管理及び助成期間満了後の報告を確実に行えることを条件とします
         ・機関に所属している研究者の場合は、助成申請にあたり所属機関の長(大学の場合は学科長・
          学部長以上)の承諾が必要となります
         ・応募する研究者は、本年度当財団の研究助成に複数又は重複して応募は出来ません
          尚、他の申請者の共同研究者として名前が記されることは問題ありません
 ・詳細:http://www.sumitomo.or.jp   (募集月:2017年4月)

2018/6/8
正午締切
平成29年度戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)
〜新規プロジェクトの提案募集
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興財団(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)
 ・研究領域:「人間と情報のエコシステム」
           情報技術がもたらすメリットとリスクを特定し、技術や制度へ反映していく相互作用を形成する
         「安全な暮らしを作る新しい公/私空間の構築」
           DV、ネットいじめ、孤独死・・・発見、介入しづらい空間や関係性における危害を予防・低減する
         研究開発成果実装支援プログラム【公募型】
           研究開発の成果を社会に活用・展開し、生活を豊かにし便利にする
 ・詳細
http://ristex.jst.go.jp/proposal/current/proposal_2017.html   (募集月:2017年4月)

2018/6/8
17時締切
平成29年度戦略的基盤技術高度化・連携支援事業
〜戦略的基盤技術高度化支援事業〜
 ・実施機関:経済産業省
 ・対象事業:中小企業ものづくり基盤技術の高度化に関する法律に基づくデザイン開発、精密加工、立体造形物等の
         12分野の向上につながる研究開発、その試作等の取り組みを支援
          1)デザイン開発  2)情報処理  3)精密加工  4)製造環境  5)接合。実装
          7)表面処理     8)機械制御  9)複合・新機能材料      10)材料製造プロセス
          11)バイオ     12)測定計測
 ・応募対象:・法の認定を受けたものづくり中小企業・小規模事業者を含む、事業管理機関、研究等実施機関、
          総括研究代表者(PL)、副総括研究代表者(SL)、アドバイザーによって構成される共同体を基本とします
         ・共同体の構成員には、法認定申請を行い、認定を受けた「申請者」と「共同申請者」(以下「法認定事業者」
          という。)及び協力者を全て含む必要があります
         ・この事業への応募者は、事業管理機関です。事業管理機関は、研究開発計画の運用管理、共同体構成員
          相互の調整を行うとともに、事業管理及び研究開発成果の普及等を主体的に行う者です
 ・詳細:http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2017/170414mono.htm  (募集月:2017年4月)

2017/6/5
正午締切
大学発ベンチャー表彰2017
 ・実施機関:国立研究機関法人科学技術振興機構(JST)
 ・表彰対象:1.大学等の特許を活用して起業したベンチャー企業
         2.特許以外の大学等の研究成果を活用して起業したベンチャー企業
           (特許は取得してないものの大学等におけるアイディアや」ノウハウをもとに起業したベンチャー企業)
         3.教職員・学生等による人材移転型ベンチャー企業
         4.大学等が支援した出資・経営支援型ベンチャー企業
 ・応募要件:応募時点で上場していない概ね設立10年以内のベンチャーであること
         過去の本表彰における文部科学大臣賞、経済産業大臣賞を受賞していないこと
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/aas/   (募集月:2017年5月)

2017/6/5
正午締切
新学術領域研究「先進ゲノム支援」の支援対象課題公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立遺伝子学研究所
 ・対象課題:2017年度文部科学省科学研究費補助金に採択されている研究課題を対象とします
 ・詳細:http://www.genome-sci.jp/   (募集月:2017年4月)

2017/5/31
締 切
2017年度環境助成研究募集
 ・実施機関:公益財団法人鉄鋼環境基金
 ・対象課題:鉄鋼製造に関連する環境保全技術課題
 ・応募資格:<一般研究助成>日本国内の組織に所属する研究者
         <若手研究助成>日本国内の組織に所属する研究者で満39歳以下の者
 ・詳細:http://www.sept.or.jp  (募集月:2017年4月)

2017/5/31
必 着
第35回(平成29年度)研究助成候補者推薦
          ※基本テーマのみ推薦件数が1学部3件までとなりますので応募を希望される方は
           前もって研究協力係までご連絡ください。(その時点で申請書類等をお渡しします。)
 
 ・実施機関:公益財団法人カシオ科学振興財団
 ・対象分野:特別テーマ 「地球環境を課題とする問題解決に向けた研究(自然科学・人文科学のすべての分野が対象)
         基本テーマ
          A.電気工学・機械工学を中心とした15分類に該当する幅広いテーマがすべて対象となります
          B.健康維持・増進を目的とした電子工学と医学/生理学の異文野からなる学際的研究を中心とした
            4分類に該当するテーマが対象となります
          C.人材育成・人間行動を中心とした2分類に該当するテーマが対象となります
 ・助成対象:大学研究機関が推薦する研究グループの代表研究者または個人研究者であり、職名については
         申請時点で、教授・准教授・講師・助教・助手に限ります
 ・詳細: http://casiozaidan.org/entry/   (募集月:2017年4月)

2017/5/31
必 着
2017年度(第31回)研究助成
 ・実施機関:公益財団法人大川情報通信基金(大川財団)
 ・対象分野:情報・通信分野において独創性のある先進的または社会的に有用な調査・研究
         ①基礎分野
            情報・通信に関する基礎的な調査・研究
         ②通信・インターネット分野
            情報通信網・通信技術等に関する調査・研究
         ③コンピュータシステム分野
            情報システム・コンピュータ科学等に関する調査・研究
         ④人工知能分野
            知識処理、認知科学等に関する調査・研究
         ⑤バイオ分野
            バイオ技術に関連する研究のうち主に情報・通信に関連する調査・研究
         ⑥応用分野(A)
            バイオ技術に関連する研究のうち主に情報・通信に関連する調査・研究
         ⑦応用分野(B)
            医療、福祉、教育、芸術等における情報・通信技術の適用に関する応用調査・研究
         ⑧人文、社会科学分野
            情報・通信、メディア等の社会への普及、影響等に関する調査・研究
 ・詳細:http://www.okawa-foundation.or.jp
  (募集月:2017年4月)

2017/5/31
必 着
平成29年度助成対象者募集
 ・実施機関:(公益信託)エスペック地球環境研究・技術基金 (受託者)みずほ信託銀行株式会社
 ・目的:この公益信託は地球環境保全に関する科学的、技術的な知見を高める各種活動又は地球温暖化に
      対する一つの処方としての緑化の重要性を教育・啓発するための費用の一部または全部を助成
      することにより地球環境問題の克服に寄与することを目的としています
 ・応募資格:以下の要件を全て満たすことが必要
        【エスペック環境研究奨励賞】
          ・実施しようとするテーマは地球環境問題の解決に資する調査研究及び技術開発に関するもので
           あること
          ・助成対象は大学、大学院および工業高等専門学校並びにそれらに付属する研究機関の
           構成員またはそのグループであること
          ・同一テーマで他の基金などから二重に助成を受けているまたは受ける予定のないこと
        【エスペック地球環境研究・技術基金】
          ・実施しようとするテーマは地球温暖化に対する一つの処方としての具体的な緑化教育・
           啓発活動であること
          ・緑化活動について各種の学校又はNPO等が主催(又は団体として参加)するもの
 ・詳細:https://www.espec.co.jp/csr/fund/  (募集月:2017年4月)

2017/5/31
正午締切
平成29年度安全保障技術研究推進制度公募
 ≪大学として推奨していません≫申込み希望者は研究協力係までご連絡ください
 ・実施機関:防衛装備庁
 ・詳細:
http://www.mod.go.jp/atla/funding.html   (募集月:2017年3月)

2017/5/31
消印有効
2017年度ニッセイ財団高齢社会財団助成公募
地域福祉チャレンジ活動助成
  ※共に生きる地域コミュニティづくりー人生90年時代の社会システム・地域づくりへのチャレンジー※
 ・実施機関:公益財団法人日本生命財団
 ・対象分野:地域包括ケアシステムの展開、深化につながる4つのテーマのいずれかに該当する活動
         1.認知症(「若年性認知症」を含む)の人の地域での生活を支えるチャレンジ活動(本財団恒久分野)
         2.サービスの創出に向けてのチャレンジ活動(独自財源づくりを含む)
         3.インフォーマルサービスとフォーマルサービスの連携による地域づくりに貢献するチャレンジ活動
         4.医療・介護・福祉・保健の連携を実現するためのチャレンジ活動
 ・対象団体:次の2つの要件を満たしている団体(法人格の有無は不問)
         ①助成テーマにチャレンジする意欲がある団体
         ②他の団体・機関、住民組織等と協働で活動する団体
           (活動の運営組織の構成員に申請団体以外のメンバーが参加していること)
 ・詳細:http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp  (募集月:2017年3月)

2017/5/31
締 切
平成29年度研究助成
 ・実施機関:公益財団法人山崎香辛料振興財団
 ・助成分野:香辛料の基礎的研究並びに香辛料の原材料や応用などの関連分野に関する研究
 ・応募資格:助成分野の研究範囲の研究を行うグループ又は単独(個人)
 ・詳細:http://yamazakispice-promotionfdn.jp   (募集月:2017年3月)

2017/5/31
24時締切
第36回リバネス研究費 L-RAD賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:自然科学、社会科学、人文科学の研究、開発、調査全般
 ・詳細:https://r.lne.st/grants/  (募集月:2017年3月)

2017/5/26
17時必着
平成29年度未来企業育成事業募集
 ・実施機関:公益財団法人わかやま産業振興財団
 ・対象研究:大学・公設試験研究機関等が有する研究成果。技術を有効に活用でき、新事業の創出、事業化に
         結びつく研究開発であって、連携体において、事業化の可能性と予定時期、事業化計画と資金計画、
         開発した製品等の市場性、連携体を構成する企業の売り上げ予測と予定販路等について、十分に
         検討をされている共同研究
 ・助成対象:中核企業(和歌山県内に主たる事業所を有する中小企業者)と「産」「学」「官」から構成される
         共同研究連携体(以下「連携体」という)に対し共同研究の委託を行います
         ・「産」とは和歌山県内外の中小企業者、大企業、金融機関で所在地は不問
         ・「学」とは和歌山県内外の大学、工業高等専門学校等で所在地は不問
         ・「官」とは和歌山県内外の公設試験期間、国立研究機関等で所在地は不問
         ただし連携体は中核企業のほか「学」または「官」から少なくとも1機関以上の参画を要するものとします
 ・詳細:http://www.yarukiouendan.jp   (募集月:2017年4月)

2017/5/26
必 着
平成29年度共同研究募集
 ・実施機関:公益財団法人若狭湾エネルギー研究センター
 ・募集研究:・事業化/実用化を目指す企業を研究体制に加えた「産業連携研究」
         ・エネ研の研究者と共同研究開発する「基礎研究」
 ・詳細:http://www.werc.or.jp/  (募集月:2017年4月)

2017/5/15
締 切
平成29年度第1回わかやま農商工連携ファンド助成事業募集
 ・実施機関:公益財団法人わかやま産業振興財団
 ・対象事業:①新商品や新サービスの開発事業
         ②新たな生産方法や新たな販売方法の開発事業
 ・助成対象:和歌山県内に事業所を有し且つ次の条件を満たす①と②の事業者がお互いの強みを活かしながら
         共同で事業をおこなっていただきます(共同申請となります)
         ①【中小企業者等】中小企業者、NPO法人、左記の資格を有する者によるグループ
         ②【農林漁業者】農業者、林業者、漁業者又はこれらの者の組織する団体構成員又は出資者と
                    なっている法人
 ・詳細:http://www.yarukiouendan.jp   (募集月:2017年4月)

2017/5/15
17時必着
平成29年度わかやま中小企業元気ファンド事業募集
 ・実施機関:公益財団法人わかやま産業振興財団
 ・対象事業:地域資源活用事業
           和歌山ブランドの創出を図るため、和歌山県の農林水産物」「鉱工業品とその製造技術」
           「文化財、自然の風景地、温泉その他の地域の観光資源」を活用した新商品の研究開発・試作、
           新サービスの開発及び開発に付随する展示会出展等の事業
 ・助成対象:和歌山県内に事業所を有し、次のいずれかに該当する者もの
         ・中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律第2条第2項の規定に基づく創業を行う者
         ・中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律第2条の規定に基づく
          中小企業者(中小企業、事業協同組合、農業協同組合、漁業協同組合、森林組合、商工組合、
          商店街振興組合など)
         ・特定非営利活動促進法第2条第2項の規程に基づくNPO法人
         ・上記の資格を有する者によるグループ
 ・詳細:http://www.yarukiouendan.jp   (募集月:2017年4月)

2017/5/15
締 切
研究助成2017 募集
 ・実施機関:公益財団法人永守財団
 ・対象分野:モータ、アクチュエータ、発電機およびそれらの制御方法、その応用技術等に関連する技術分野
 ・詳細:http://www.nagamori-f.org/subsidy/applicatioguidelines.html  (募集月:2017年1月)

2017/5/11
正午締切
研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
ステージⅡ(シーズ育成タイプ) 平成29年度公募
 ・実施機関:国立研究開発法人 科学技術振興機構 産学連携展開部研究支援グループ
 ・支援目的:大学等の研究成果に基づく技術シーズの可能性検証および実用性検証を行い、中核技術の構築を
         目指す産学共同研究開発を支援
 ・申請者:開発実施企業と大学等の研究者(共同申請)
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/a-step/  (募集月:2017年3月)

2017/5/8
必 着
研究助成等候補者一次募集
 ・実施機関:公益財団法人メルコ学術振興財団
 【研究助成】
 ・助成分野:日本企業で実践されている優れた管理会計実務の定式化又は理論家に関する研究
         特に管理会計技法、管理会計システム、事業継承システム、及びそれに関連する管理システムを
         対象とする研究
 ・応募資格:・個人申請の場合:日本の大学・研究機関に常勤する研究者及び大学院生(休学・休学予定は不可)

 【国際研究交流助成】
 ・助成分野:管理会計学の研究を促進するための次に該当する国際研究交流
          ・大学院生学会派遣
             海外で開催される学会への大学院博士号前期課程および後期課程に在学する大学院生派遣
             (最大年4回募集)
          ・学会報告派遣
             海外で開催される学会又はワークショップ等への派遣
             (博士後期課程院生・若手研究者用のものを含む)(最大年4回募集)
          ・短期派遣、中期派遣
             海外における大学等の研究期間への派遣
          ・招聘
             海外の研究機関に所属する優れた研究者の国内への招聘
 ・応募資格:次に該当し7月1日〜翌年6月末日の間に出発、又は招聘を予定している者
          ・日本の大学・研究機関に常勤する研究者及び大学院生(大学院生は招聘は応募不可)
          ・国際研究交流を行うのに充分な語学力を有する者
 ・詳細:http://melco-foundation.jp/   (募集月:2017年3月)

2017/4/30
24時締切
第36回リバネス研究費 天然物由来素材研究推進賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:植物、微生物、海洋生物など天然物から抽出した物質の生理活性を明らかにする研究
        (※特に脳の動きに関連する生理活性)
 ・詳細:https://r.lne.st/grants/  (募集月:2017年3月)

2017/4/30
24時締切
第36回リバネス研究費 クラレ賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:3次元細胞培養プレートElplasia(エルプラシア)を用いた研究テーマ
 ・詳細:https://r.lne.st/grants/  (募集月:2017年3月)

2017/4/30
24時締切
第36回リバネス研究費 海底探査推進特別賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:全海底地形図の作成に資する全ての研究
 ・詳細:https://r.lne.st/grants/  (募集月:2017年3月)

2017/4/30
24時締切
第36回リバネス研究費 池田理化再生医療研究奨励賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:ESC、iPSC、MSC等の幹細胞やその他の細胞を用いたヒト臨床を伴わない研究
 ・詳細:https://r.lne.st/grants/  (募集月:2017年3月)

2017/4/30
必 着
「平成29年度 生命保険に関する研究助成}
 ・実施機関:公益財団法人生命保険文化センター
 ・助成分野:生命保険及びこれに関連する分野の研究
         例えば生命保険事業や生命保険を取り巻く法制、会計、IT・金融、ファイナンス等の制度に関するもの
         生活保障や生活設計、消費者行動に関する研究など生命保険にアプローチが可能な分野も含む、
         具体的には、商学・経営学、経済学、法学、家政学、社会学、消費者教育学、数学・統計学など
         幅広い学問分野による「生命保険およびこれに関連する」研究
 ・詳細;https://www.jili.or.jp/    (募集月:2017年1月)

2017/4/27
締 切
Falling Walls Lab Tokyo2017発表者募集
 ・実施機関:ドイツ科学・イノベーションフォーラム東京
 ・応募資格:意欲ある研究者等、分野不問(文学、社会学から自然科学やエンジニアリングまで)
         学部生(現在研究活動されている方に限定)、大学院生、若手研究者や企業家の申請を歓迎
 ・詳細:http://www.dwih-tokyo.jp   (募集月:2017年3月)

2017/4/21
必 着
平成29年度 一般研究助成
 ・実施機関:公益財団法人セコム科学技術振興財団
 ・募集分野:国民生活の安全確保、災害防止等国民生活に密着した研究
         (これらの研究のうち社会的要請があり研究成果が実用化に結びつく可能性が高い
          あるいは研究成果が今後の科学技術の発展に寄与する、長期かつ大型の研究・開発等
          (社会科学の研究を含む))
 ・応募資格:現に活発な研究活動を行っており助成期間中継続的に研究を実施することがきでる
         国内の大学・大学共同利用機関法人・国立研究開発法人(以下、大学と略す)に所属する
         59歳以下(平成29年10月1日時点)の研究者
         実際に中心的に研究を実施される方が申請者になること、申請者が必要とする場合共同研究者が
         参画することも可能
         民間企業等に所属する研究者が申請者になることは不可、ただし共同研究者としての参加は可
 ・詳細:https://www.secom.co.jp/zaidan/ippan.html   (募集月:2017年3月)

2017/4/21
必 着
平成29年度共同利用研究公募
 ・実施機関:千葉大学環境リモートセンシング研究センター
 ・公募事項:(1)プログラム研究
         (2)一般研究
         (3)研究会
         (4)国際共同利用研究
 ・応募資格:国立大学法人・公・私立大学及び国・地方公共団体等がサポートする研究機関に所属する研究者、
         またはCEReSの研究目的に沿う国内外の研究者
 ・詳細:http://www.cr.chiba-u.jp/japanese/  (募集月:2017年3月)

2017/4/21
締 切
第33回国際生物学賞受賞候補者推薦
 ・実施機関:独立行政法人日本学術振興会
 ・対象分野:「海洋生物学(Marine Biology)
 ・詳細:http://www.jsps.go.jp/j-biol/index.html  (募集月:2017年2月)

2017/4/17
17時必着
平成29年度大阪市イノベーション創出支援補助金
 申請書提出期限は4月11日9:00〜
 ・実施機関:大阪市 経済戦略局
 ・事業要件:①研究成果・技術をもとにした産学連携による研究開発事業である事、なお、大学は産学連携を
          推進する組織を有するものに限る
         ②実証データの取得や試作品の製作等、研究成果・技術の実用性を検証する事業であること
         ③大阪市内に事業所を有する民間企業、又は大阪市内に事業所を有する個人とその連携による
          研究開発事業であること
         ④事業を実施する研究代表者及び研究従事者のいずれもが当該事業と実質的に同一の研究課題に
          ついて他の補助金を受けていないこと
 ・詳細:http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000391732.html  (募集月:2017年2月)

2017/4/15
締 切
平成28年度第2回目 国際交流助成募集
 ・実施機関:公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団
 ・助成対象:国際交流 ゲームに関する国際会議への参加者
 ・応募資格:国内の大学院・大学・短大・高専・専門学校及び非営利の研究機関等に所属する研究者
 ・詳細:http://www.nakayama-zaidan.or.jp/   (募集月:2017年1月)

2017/4/14
締 切
平成29年度助成対象研究推薦
 【本学推薦1件限り】
 応募を希望される方は3月27日までに研究協力係にお申し出ください
 (この時点では提出書類は必要ありません)

 ・実施機関:公益財団法人鴻池奨学財団
 ・応募資格:1)土木・建築に関する研究
         2)助成金が有効に活用されると認められる研究
         3)准教授、助教等の若手研究者が対象
 ・詳細はこちら(pdf)  (募集月:2017年2月)

2017/4/14
締 切
平成29年度北海道大学情報基盤センター萌芽型共同研究公募
 ・実施機関:国立大学法人北海道大学情報基盤センター
 ・公募事項:A)計算資源利用型(JHPCN萌芽型共同研究)
         B)研究集会開催支援型
 ・応募資格:[本共同研究に研究代表者として申請できる者]
          国公私立大学・大学院・短期大学・高等専門学校、大学共同利用機関、国公立・独立行政法人の
          研究機関における常勤の研究者、又はこれに準ずる民間等の研究者で情報基盤センター長が
          適当と認めた者
         [本共同研究に研究分担者として研究に参加できる者]
          上記の申請資格に加え、国内外の大学・研究期間等における研究者、国公私立大学・大学院・
           短期大学・高等専門学校の技術職員、国交私立大学の大学院及び高等専門学校の専攻科に
           所属する学生、平成29年4月から大学院または高等専門学校の専攻科に進学することが確定
           している学生
 ・詳細:http://www.iic.hokudai.ac.jp/kyodo_kenkyu/kyodo_kenkyu.html  (募集月:2017年3月)

2017/4/14
24時締切
第36回リバネス研究費 留学生賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:自然科学、社会科学、人文科学分野のあらゆる研究
 ・応募対象:日本に来ている留学生の方々
 ・詳細:https://r.lne.st/grants/  (募集月:2017年3月)
2017/4/12
必 着
第14回(平成29年度)日本学術振興会賞受賞候補者推薦
  ※今年度から機関長推薦を電子システムを使用して行います
   (PW・IDが必要ですので研究協力係までご連絡ください)
 ・実施機関:独立行政法人日本学術振興会
 ・対象分野:人文学、社会科学及び自然科学にわたる全分野
 ・詳細:http://www.jsps.go.jp/jsps-prize/    (募集月:2017年2月)

2017/4/10
消印有効
2017年度「人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成」
「地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成」募集
 ・実施機関:公益財団法人サントリー文化財団
 ・対象研究:A.人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成
            人文科学、社会科学の分野において、特定の専門分野に偏らないメンバーで構成された
            独創的で学術上意義の大きい学際的なグループ研究活動に対する助成
            学問領域、所属機関、国籍の垣根をこえた論議や研究活動を推進するために必要な
            会議費、会合費(アルコール飲料を含む)、旅費等を助成
         B.地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成
            地域文化活動に関する研究の振興と、これを通じて日本の地位文化活動の発展に
            寄与することを目的とし、地域文化活動を行っている人(実践者)と研究者による
            共同研究に対して助成(芸術や伝統文化だけでなく歴史や文化を核にしたまつづくりや
            地域住民を巻き込んだ文化的なイベントなども含める)
 ・詳細:http://www.suntory.co.jp/sfnd/  (募集月:2017年2月)

2017/4/7
17時必着
平成29年度次世代アントレプレナー育成事業(EDGE NEXT)公募
 ・実施機関:文部科学省産業連携・地域支援課
 ・対象機関:日本国内の大学、大学共同利用機関、高等専門学校
 ・申請機関:本事業への代表機関としては大学のみとし申請者は大学の長とする
 ・詳細:http://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/edge/1381907.html
  (募集月:2017年2月)

2017/4/5
締 切
WEC応用生態研究助成
 ・実施機関:一般財団法人水源環境センター
 ・募集課題:「ダム貯水池に係わる生態系・水環境(上下流・周辺を含む)に関する研究」
         「ダム貯水池や下流河川の生態系に係わる土砂動態に関する研究」
         研究分野としては「生態系、工学、及びそれらの学際的な研究」とする
 ・募集資格:大学・高等専門学校等の学校、独立行政法人等の法人、地方公共団体、公益法人等、
         民間企業、NPO法人及びこれらに付属する機関に所属する研究者で、十分な遂行能力を
         有する研究者、特に若手や民間組織の研究者を歓迎します
 ・詳細;http://www.wec.or.jp/support/season/index.html  (募集月:2017年2月)

2017/4/3
消印有効
平成29年度ニッセイ財団 環境問題研究助成
 ・実施機関:公益財団法人日本生命財団
 ・募集課題:【学際的総合研究】
          人間活動と環境保全との調和に関する研究
            -人と自然が共生する持続可能な地域づくり、災害対策と環境保全-
         【若手・奨励研究】
          助成の趣旨を踏まえた研究とし、特に課題をSっていしませんが
          「人間性豊かな生活環境の確立」に役立つ着想豊かな新しい分野への挑戦的研究を
          期待します
 ・応募資格:【若手研究・奨励研究】
          45歳以下(昭和47年4月1日以降生まれ)、ただし学生(院生含む)は不可
 ・詳細:http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp  (募集月:2017年2月)

2017/4/3
締 切
信楽MU観測所・赤道大気観測所共同利用研究課題公募/
赤道大気レーダー観測データベース共同利用研究課題公募
 ・実施機関:京都大学生存圏研究所
 ・利用機関:平成29年6月1日〜平成29年11月30日
 ・応募資格:1.学術研究を目的とする国内外の研究機関に所属する者
         2.教育を目的とする国内外の研究機関に所属する者
         3.民間の企業・団体に所属する者
         4.その他、研究所長が適当と認める者
 ・詳細:
http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/mu+ear/collaborative.html  (募集月:2017年1月)
2017/3/31
24時締切
第36回リバネス研究費 超異分野教育賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:未来の教育の実装に向けたあらゆる分野の研究
 ・詳細:https://r.lne.st/grants/  (募集月:2017年3月)

2017/3/31
締 切
第33回(平成29年度)研究助成
 ※電子申請締切 平成29年3月31日  ※書類提出 平成29年4月5日必着
 ・実施機関:公益財団法人村田学術振興財団
 ・助成分野:自然科学
           エレクトロニクスを中心とする自然科学の研究
         人文・社会科学
           国際化に伴う法律、社会、文化等の諸問題に関する研究
 ・応募資格:〔助成研究〕
           有意義な研究、特に若手研究者で萌芽的な段階にある先駆的・独創的研究に関する研究者、
           又はグループ
           日本国内に在住する外国人、海外在住の日本人も応募可
         〔研究会〕
           平成29年6月〜平成30年6月の間に日本国内で開催される研究会・学会
         〔海外派遣援助〕
           ①日本国内に在住する方(国籍不問)で海外での研究活動を行うにあたり、受入機関の承諾を
             得ている方、又は申請中であるが受入承諾が得られる見込みのある方
           ②日本国内に在住する方(国籍不問)で海外で開催される国際会議、シンポジウム等で
             研究発表するにあたり、受入承諾を得ている方、又は申請中であるが受け禮承諾が得られる
             見込みのある方
 ・詳細:http://www.murata .co.jp/zaidan/index.html    (募集月:2017年3月)

2017/3/31
締 切
「第31回独創性を拓く 先端技術大賞」
 ・実施機関:フジサンケイビジネスアイ先端技術大賞事務局
 ・募集分野:A.エレクトロニクス・情報
         B.バイオ、成体・医療、医療、食品
         C.材料
         D.環境・エネルギー
         E.機械・土木・建築
         F.化学
         G.ノンセクション(上記A〜Fの複数領域にまたがるか、この領域外のテーマ)
 ・応募資格:社会人部門
            ・2016年度に発表した企業や産学連携等の研究開発成果(近い将来の実用化を見据えた
             技術論文、新製品などのあらゆる研究開発)で研究者、研究グループ代表者の年齢が
             おおむね40歳以下の若手研究者、技術者
         学生部門
            ・国・公・私立大学の学生。大学院生、工業高等専門学校生およびこれらの学生グループ
             留学生も可
 ・詳細:http://www.fbi-award.jp/sentan  (募集月:2017年3月)

2017/3/31
17時締切
     平成29年度 実践プロジェクト・インキュベーション(IS) 
            コアプロジェクト・フィージビリティ研究(FS) 公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人人間文化研究機関総合地球環境学研究所
 ・公募内容:(IS)
         実践プログラム1
            環境問題に柔軟に対処しうる社会への転換
         実践プログラム2
            多様な資源の公正な利用と管理
         実践プログラム3
            豊かさの向上を実現する生活圏の構築
         (FS)
         コアプログラム
            社会との協働による地球環境問題解決のために必要な理論・方法論の確立
 ・申請資格:国、公、私立大学等の教授、准教授、講師及び助教
         上記と同等またはそれ以上の研究能力があると地球研究所が認めた者
 ・詳細:http://www.chikyu.ac.jp/rihn/project/recruitment/   (募集月:2017年1月)

2017/3/31
締 切
「第31回独創性を拓く 先端技術大賞」募集
 ・実施機関:フジサンケイ ビジネスアイ
 ・募集対象:社会人分門
          2016年度に発表した企業や産学連携等の研究開発成果(近い将来の実用化を見据えた
          技術論文新製品などあらゆる研究開発)で研究者、研究グループ代表者の年齢がおおむね
          40歳以下の若手研究者、技術者
         学生部門
          国・公・私立大学の学生・大学院生、工業高等専門学校生およびこれらの学生グループ
          留学生も可
 ・募集分野:下記から1分野を選択、テーマは自由
         A.エレクトロニクス・情報
         B.バイオ、生体・医療、医療、食品
         C.材料
         D.環境・エネルギー
         E.機械・土木・建築
         F.化学
         G.ノンセクション(A〜Fの複数領域にまたがるが、この領域外のテーマ)
 ・詳細:http://www.fbi-award.jp/sentan   (募集月:2017年1月)

2017/3/29
必 着
平成29年度日加先端科学シンポジウム参加者候補募集
 ・実施機関:独立行政法人日本学術振興会
 ・対象分野:社会科学、自然科学の全分野
 ・開 催 地 :日本(東京近郊予定)
 ・開催日程:平成29年11月2日(木)〜11月5日(日)の4日間
 ・参加条件:科研費補助金取扱規程(文部省告示)第2条に規定されている研究機関に所属する若手研究員(平成29年
         4月1日現在45歳以下または博士学位取得後15年以下の者)のうち以下の条件を全て満たすこと
         1)優れた学術業績があること
         2)英語での論議に優れること
         3)リーダーシップを発揮できること
         4)自分の専門分野に限らず幅広い分野に対して興味関心を持っていること
         5)対象となるシンポジウムの全日程に参加できること
 ・詳細:http://www.jsps.go.jp/j-bilat/fos  (募集月:2017年1月)

2017/3/24
17時締切
琉球大学国際沖縄研究所 共同利用共同研究公募
 ・実施機関:琉球大学国際沖縄研究所
 ・公募区分:【研究課題】
         A.ダイバーシティ研究
            島嶼地域の文化・社会・言語・自然等の多様性や固有性に関する研究
         B.島嶼経済システム研究
            島嶼地域特有の条件下における経済・財政・産業・ビジネス等に関する研究
         C.対外関係研究
            島嶼と大陸・大国・先進国・本土との関係性、あるいは島嶼間の関係性に関する研究
         D.島嶼コミュニティ研究
            島嶼における地域コミュニティの役割・機能等に関する研究
         E.複合型研究
            上記4区分の複数に跨る研究
         【研究対象地域】
         1.国内島嶼・離島地域
         2.海外島嶼地域および関連地域
 ・応募資格:(1)研究組織は国立大学法人・公市立大学、またはこれに準ずる学術研究機関の研究者で
           本研究所長が適当と認めた者により構成するもの
         (2)申請に当たっては(1)に該当する複数名による研究グループを形成すること、その中に
           本研究所教員(専任・併任いずれも可)1名以上を含むことが必要
         (3)研究グループ内の本研究教員は共同研究者とし、そのうち1名を「本研究対応教員」とし、
           共同研究予算の執行手続きや購入図書・資料等の保管を行う
 ・詳細:http://www.iios.u-ryukyu.ac.jp/news/2017/02/post-13.html   (募集月:2017年1月)

2017/3/23
19時締切
e-ASIA共同研究プログラム
平成29年度採択「材料」「先端融合」分野 共同研究課題公募
 ・実施機関:国立研究機関法人科学技術振興機構(JST)
 ・対象分野:「材料(革新的材料のための機能性バイオ・ナノテクノロジー)」
         「先端融合(電力のためのインテリジェント・インフラストラクチャ)」
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/sicp/announce_easia_jrp_6th.html    (募集月:2017年1月)

2017/3/7
締 切
平成29年度 金沢大学環日本海域環境研究センター
共同研究・研究集会公募
 ・実施機関:金沢大学環日本海域環境研究センター
 ・公募課題:環日本海域に関連する
          a)環境汚染や環境変化の検知とその要因に関する研究
          b)環境変化が健康に及ぼす影響に関する研究
          c)生態系と人間社会の共生に関する研究
          d)地球環境の将来予測に関する研究
          e)持続可能な社会創成に関する研究
 ・応募資格:大学及び学術研究機関に属する研究者若しくは博士後期課程学生
         センター長が適当と認めた者
 ・詳細:http://www.ki-net.kanazawa-u.ac.jp/  (募集月:2017年2月)

2017/2/28
締 切
平成29年度 研究発表会等の開催助成/研究成果の出版助成
  ※第2回は7月31日(月)締切
 ・実施機関:公益財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団
 ・助成分野:エネルギー・リサイクル分野
         総合防災科学分野
 ・助成内容:・研究発表会、シンポジウム学会および国際会議等の開催費用の助成
         ・内外学術雑誌(電子ジャーナルを含む)投稿料の助成
 ・詳細:http://www.krf.or.jp   (募集月:2017年1月)

2017/2/28
締 切
平成29年度 国際交流活動助成
  ※第2回は7月31日(月)締切
 ・実施機関:公益財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団
 ・助成分野:エネルギー・リサイクル分野
         総合防災科学分野
 ・助成内容:研究者海外渡航(国際会議、研究発表会等に出席する際の渡航費助成)
         海外研究者招聘(国際会議等において論文発表を行う海外研究者の招聘費助成)
 ・詳細:http://www.krf.or.jp   (募集月:2017年1月)

2017/2/28
24時締切
第29回(平成29年)加藤記念国際交流助成
 ・実施機関:公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団
 ・助成対象:平成29年4月1日から平成30年3月31日の期間に海外で開催されるバイオサイエンス分野の学会、
         シンポジウム等で自己の研究成果を発表する日本国内在住の研究者(外国籍含む)
 ・申込資格:応募締切日に35歳以下の研究者
         ①本財団から直近の助成を受けた人は対象外
         (第26回研究助成・第27回国際交流助成以降の受領者は対象外)
         ②他財団等の類似助成に応募する事は構わないが、旅費等の重複助成を受ける場合は
           何れかを辞退すること、ただし当財団の助成金で経費が不足する場合は他財団からの
           研究助成金など他の経費で一部補填しても構わない
 ・詳細:http://www.katokinen.or.jp/   (募集月:2017年1月)

2017/2/28
24時締切
リバネス研究費 メタジャン・腸内デザイン賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:腸内環境に関するあらゆる研究分野、情報学を基盤とした研究、
         微生物分野のほか、カテゴライズ不能な新規のアイデアも大歓迎
 ・詳細:http://metagen.co.jp/   (募集月:2016年12月)

2017/2/28
24時締切
リバネス研究費 L-RAD賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:自然科学、社会科学、人文科学の研究、開発、調査委全般
 ・詳細:https://l-rad.net/  (募集月:2016年12月)

2017/2/28
必 着
第5回TOBIRA研究助成
 ・実施機関:東京バイオマーカーイノベーション技術研究組合
 ・募集テーマ:バイオマーカー、診断薬、医療用診断機器および基礎医学に関する研究
 ・応募資格:個人の研究テーマが対象で、特に資格は設けません
 ・詳細:http://www.tobira.tokyo/   (募集月:2016年10月)

2017/2/24
必 着
平成29年度国立歴史民俗博物館共同研究員公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人人間文化機構国立歴史民俗博物館
 ・募集課題:①近世近代転換期東アジア国際関係史の再検討-日本・中国・シャムの相互比較から
         ②日本列島社会の歴史とジェンダー
         ③人骨出土例による縄文社会論の考古学・人類学・年代学的再検討
         ④建造物古材による木材化学的資料研究
         ⑤歴史・民俗研究の資源としての映像の政策・保存・共有と歴博型プラットフォームの構築
 ・応募資格:大学その他の研究機関に勤務する研究者並びにこれらに準ずる研究者(大学院生は除く)
 ・詳細:https://www.rekihaku.ac.jp/education_research/research/list/joint/index.html  (募集月:2017年1月)

2016/2/24
必 着
研究助成・海外研究留学助成「研究助成」
        ※自然科学の基礎的研究に対する研究費助成
 ・実施機関:公益財団法人山田科学振興財団
 ・助成対象:2017年9月〜2019年3月の研究
 ・応募資格:物理学、化学、生物学、医学、地学、天文学などの基礎科学研究者
         当該研究を独立して実施しうる者
         日本の研究機関に所属する研究者であれば身分、経歴、年齢は不問
 ・詳細:http://www.yamadazaidan,jp  (募集月:2016年7月)

2017/2/24
必 着
国際学術集会開催助成
 ・実施機関:公益財団法人山田科学振興財団
 ・募集内容:①基礎科学の適切なテーマについて国際分野で国際的視野で最高レベルの研究の現状を
          総括する国際学術集会
         ②基礎科学研究者の世代間の対話によって、若い世代の研究の発展の基礎を構築する
          国際学術集会
         ③基礎科学の異分野間の交流を図り、cross-disciplinaryな討論を通じて
          新しい発展を模索する国際学術集会
 ・応募資格:日本の研究機関に所属する研究者であること(身分、経験、年齢等は不問)
 ・詳細:http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kokusai.html   (募集月:2016年3月)
 

2017/2/20
17時必着
原子力安全技術研究所 公募研究(一般)
 ・実施機関:中部電力株式会社原子力安全技術研究所
 ・研究対象:次の4つの領域について研究対象とします
         (1)原子力の将来技術に資する基礎基盤研究
         (2)原子力発電所の安全性向上に資する研究
         (3)浜岡原子力発電所1、2号機の廃止措置の改善に資する研究
         (4)浜岡原子力発電所3、4、5号機の保守性・作業性の向上に資する研究
 ・応募資格:(A)全国の大学、公的研究機関で科学技術研究に従事している研究者で研究対象領域に関する研究が
           遂行可能な研究者または研究グループのリーダー
         (B)静岡県内に本社または支社(事業所)があり研究対象領域に基づいた研究が遂行可能な企業
 ・詳細:http://www.chuden.co.jp/corporate/study/stu_torikumi/tor_koubo/koubo_subject2016/index.html
                                                 (募集月:2017年1月)

2017/2/17
締 切
平成29年度 共同研究課題募集
 ・実施機関:京都工芸繊維大学昆虫先端研究誌推進センター
 ・公募課題:昆虫先端科学を活用したヘルスサイエンス研究推進プロジェクトに関連した課題
 ・応募資格:共同研究の代表者として応募できるのは本学以外の大学及び国・公立・独立行政法人の研究機関に
         所属する研究者、又はこれに準ずる研究者で本センター長が適当と認めた者(国内外不問)
 ・詳細:http://research.jim.kit.ac.jp/nc/html/htdocs/?page_id=114   (募集月:2017年1月)

2017/2/15
締 切
NCCベンチャーフランプリグランプリ2017
 ・実施機関:ニッセイキャピタル株式会社
 ・目   的:・優れたビジネスアイデアを表彰する事で日本の経済、産業、及び社会の発展を促し、
          起業家の育成に資することを目的をしています
         ・日本のモノづくりを応援するため、モノづくりや門モノづくり支援に関連するビジネスアイデアを
          対象とした「モノづくり特別賞」を新設し表彰します
 ・応募資格:・次のどちらかの条件を満たすこと
          ①起業や新規事業立ち上げに興味がある個人又はグループ(学生可、ただし代表者が成人)
          ②将来、IPOを目指すベンチャー企業
         ・応募されるビジネスアイデアは他のコンテストで受賞していないものに限ります
         ・一次審査を通過したばあい、当社オフィイス(東京都千代田区)で開催する最終審査に
          参加いただけること
 ・詳細:http://www.nissay-cap.co.jp/vg/  (募集月:2016年12月)

2017/2/6
17時締切
戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)
 ・実施機関:総務省 近畿総合通信局
 ・公募案内:こちら(PDFをご覧ください)
 ・詳細:http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/scope/  (募集月:2017年1月)

2017/1/31
必 着
県農林試験研究機関が取り組む平成29年度新規研究テーマ募集
 ・実施機関:和歌山県農林水産部
 ・研究項目:本県農林水産の発掘に役立つ
          ①新品種の開発
          ②高品質生産技術の開発
          ③低コスト・省力化技術のj開発
          ④温暖化対応技術の開発
          ⑤その他
 ・募集対象:・農林水産関係者(農協、森林組合、漁協、生産者団体、市町村、関連企業、等)
         ・一般の方(本県農林水産業の発展に関心のある県内外の団体または個人)
         ・県関係部署(行政機関、試験研究期間)
 ・詳細:http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/070109/index.htm   (募集月:2016年12月)

2017/1/31
締 切
平成29年度 共同研究公募
 ・実施機関:共同利用・共同研究拠点 国立大学法人鳥取大学乾燥地研究センター
 ・研究種目:A.特定研究
           ①中国黄土高原における森林の水利用及び物質循環に関する研究
           ②ミャンマー中央乾燥帯における複数生業による生計向上のための村落開発についての研究
         B.重点研究
         C.一般研究
         D.若手奨励研究
         E.研究集会
 ・応募資格:(1)研究代表者 ①下記のいずれかに該当する機関に所属し各所属機関の職務の一環として
                     本共同研究を実施できる者
                      ・国公私立大学、大学院、短期大学及び高等専門学校
                      ・大学共同利用機関
                      ・国、地方公共団体、独立行政法人又は地方独立行政法人の設置する
                       試験研究期間
                      ・国または独立行政法人の設置する省庁大学校
                     ②上記①に関わらず本センター長が特に適当と認める者
          (2)研究分担者 ①上記(1)に揚げる申請資格を有する者
                     ②上記(1)①のうちいずれかに該当する機関に所属する大学院生、
                       またはこれに準ずる学生等(但し指導教員等の許可を得ること)
                     ③日本国外における①または②に相当するもの
 ・詳細:http://www.alrc.tottori-u.ac.jp/japanese/  (募集月:2016年12月)

2017/1/31
必 着
平成29年度 研究集会(共同研究・共同研究拠点)公募
 ・実施機関:京都大学生存圏研究所
 ・公募事項:平成29年度生存圏科学研究の関連分野における研究集会
 ・詳細:http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/applications/symposium2017/   (募集月:2016年12月)

2017/1/31
必 着
ジョセフ・アルトマン記念発達神経科学賞
 ・実施機関:日本神経科学学会
 ・公募分野:組織・細胞レベルの発生神経性物学研究
         ただし、胎生期・発達期の事象に限定せず、成体ニューロン新生やその生理的意義、老化・病態時の
         変化も含む(応用研究は原則として賞の対象としない)
 ・応募資格:博士取得後(原則として)15年以内(JNS会員に限定しない)
 ・詳細:http://www.jnss.org/award/altman-award/rules/   (募集月:2016年12月)

2017/1/31
締 切
第21回「米百俵賞」候補者推薦
 ・実施機関:公益財団法人長岡市米百俵財団
 ・対象:教育、文化、福祉、スポーツ、産業等の分野において、独創的な活動により人材の育成に大きく貢献し、
     「米百俵」の精神を今に体現する個人又は団体
 ・詳細:http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/cate12/kome100zaidan/zoutei.html   (募集月:2016年10月)

2017/1/20
締 切
研究者交流推進プログラム
 ・実施機関:大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 URAステーション
 ・制度概要:大学等の研究者が所属している大学等のサバティカル制度等を利用し、本機構での研究を推進する
         ために本機構が当該研究者の所属機関に研究者の不在に伴う人的な補填経費(当該研究者の給与
         又は代替教員等の雇用経費等)を補てんする制度
 ・応募対象:わが国の国公私立大学等に所属する常勤の研究者
         さらに本プログラムに応募する時点で、その大学等に有給で1年以上在籍しており、本プログラムにおける
         研究終了後時にも大学等に継続して在籍している方
 ・応募方法在籍している大学等に参加の了解を受けた上で各研究所に参加申請を行なって下さい
 ・詳細:http://rois.ac.jp/rep/index.html  (募集月:2016年11月)

2017/1/18
17:30必着
日中韓フォーサイト事業 平成29年度分募集
  ※平成29年1月6日(金)申込受付開始 
 ・実施機関:独立行政法人日本学術振興会
 ・対象研究:「分子イメージングに基づくプレシジョンメディシン」
 ・応募資格:(1)科学研究費補助金取扱規程(文科省告示)第2条に規定されている研究期間で、研究費、研究施設・
           設備、人員を十分に備えており、拠点機関として組織的な実施体制が取れる機関又はその部局
         (2)本事業による交流実施の中心となる役割を担う拠点機関には、研究代表者を1名おきます
           研究代表者は、拠点機関に所属する常勤または常勤として位置付けられている研究者とします
 ・詳細:http://www.jsps.go.jp/j-foresight/index.html   (募集月:2016年11月)

2017/1/16
9:00必着
第6回新科学技術研究奨励賞
・実施機関:公益財団法人新科学技術推進協会
 ・研究課題:特別課題:科学技術により防災・減災および復旧・復興に貢献する研究
         課題 1 :グリーンイノベーションを推進するための資源・プロセス・評価技術に関する環境技術の研究
         課題 2 :新しい資源代替材料・技術の創製、および資源の節約・回収・再利用に関する基盤的研究
         課題 3 :バイオマスの構造を活かした高機能な材料・化学品に関する研究
         課題 4 :創電・エネルギー貯蔵分野における革新素材・技術に関する研究
         課題 5 :エレクトロニクスの未来を支える新規材料・技術。プロセス及びデバイス技術に関する研究
         課題 6 :マイクロナノシステム用途の拡大につながる新規な材料・プロセス及びデバイス技術に関する研究
         課題 7 :高効率物質生産に必要な新規なバイオプロセスの構築に関する研究
         課題 8 :生体分子を利用した、またはその構造と機能に着想した新規機能性材料の実用化を目指した研究
         課題 9 :計算化学・計算科学・データ科学を用いた先導的な材料設計・解析・評価の研究
         課題10:日本のものづくり強化と新産業創出に資する「新素材」実用のための基礎的・基盤的研究
         課題11:革新的触媒技術による次世代グリーンイノベーションに関する研究
 ・応募資格:国内の大学又はこれに準ずる研究機関(大学共同利用機関、高等専門学校、公的研究期間)において
         研究活動に従事する方であって、2016年4月1日時点で満40歳未満の方に限ります
         但し、特別課題についいては年齢制限を設けない事とします
         ポストドクター、研究員を含みますが、受賞後少なくとも1年間は応募テーマを研究できる方とします
         学部および大学院の学生は含みません
         研究場所は日本に限ります
 ・詳細::http://www.jaci.or.jp/recruit/page_02_05_2017.html (募集月:2016年10月)

2017/1/15
締 切
「平成29年度 学術研究奨励金」推薦
 ・実施機関:公益財団法人三島海雲記念財団
 ・対象分野:(1)自然科学部門
            食の化学に関する学術研究
            「食の科学」に関する学術とは、食品素材、製造・加工・調理、発酵・微生物利用、
            栄養・嗜好・生理機能、食の安全、疾病予防などに係る研究を対象とする
         (2)人文科学部門
            アジア地域を対象とし、史学・哲学・文学を中心とする人文社会科学分野における
            学術研究(ただし、日本を中心とする研究は除く)
 ・助成種類:(A)個人研究奨励金
            個人研究を対象とし、応募する研究者個人に対する助成金
         (B)共同研究奨励金
            複数の研究機関または異なる部局の研究者が、共通の課題について共同して行う
            研究を対象とし、共同研究グループに対する助成金
 ・応募資格:(A)個人研究奨励金
            1)日本在住の研究者(国籍不問)、及び海外在住の日本人研究者
            2)大学院博士課程<後期>在学者(及びそれに相当する大学院生)
         (B)共同研究奨励金
            1)共同研究の代表者
            2)代表研究者は国内の大学、研究機関に所属することとします、
              共同研究者については国籍、所属機関の所在地(海外も可)不問
            3)共同研究者の1名は代表研究者と異なる外部研究機関又は部局に所属していること
            4)また分担研究費が100万円を超える共同研究者が一人以上加わることが必要
 ・詳細:http://www,mishima-kaiun.or.jp  (募集月:2016年12月)

2017/1/15
締 切
平成29年度 名古屋大学宇宙地球環境研究所「国際共同研究」公募
 ・実施機関:名古屋大学宇宙地球環境研究所
 ・申請方法:①本共同研究を希望する場合は申請時に所属機関の内諾を得た上で、研究課題、研究内容、
          経費等について事前に本研究所の担当教員(特任教員を除く常勤の教員)と十分な打合せを
          行い、また海外を研究の拠点とする研究者が一名以上、研究体制に入っている必要があります
         ②共同研究の申請に当たっては「国際共同研究」申請書を提出先および本件研究所の担当教員へ
          E-Mailにて提出してください
         ③研究代表者としての申請課題は、1人1件とします
         ④本研究所は第3期計画期間中に以下に示す4つの融合研究プロジェクトを重点的に推進しています
          このプロジェクトに関連する申請課題は優先的に採択され、配分額の割合が増える可能性があります
          融合研究プロジェクトに関連した申請をされる場合は申請書の該当欄に関連するプロジェクト名を
          チェックし融合プロジェクトとの関連性について詳しく記載してください
          ・融合研究プロジェクト1:「太陽気候影響研究」
          ・融合研究プロジェクト2:「雲・エアゾル過程」
          ・融合研究プロジェクト3:「大気プラズマ結合過程」
          ・融合研究プロジェクト4:「宇宙地球環境変動予測」
 ・申請資格:①国・公・私立大学及び国・公立研究機関の研究者(学生は含まない)、またこれらに準ずる研究者
         ②本研究所が特に適当と認めた者
 ・詳細:http://www.isee.nagoya-u.ac.jp   (募集月:2016年12月)

2017/1/15
締 切
共同研究・共同利用募集
 ・実施機関:京都大学霊長類研究所
 ・募集区分:A)計画研究
            霊長類学の先端的研究を推進するために、霊長類研究所内外の専門家がテーマを設けて募集
            する共同研究
         B)一般個人研究
            霊長類研究の総合的発展をめざし、応募者の自由な発意にもとづき行われる共同研究
         C)随時募集研究
            本研究所の施設・設備を利用して、または資・試料(体液、臓器、骨、筋肉等、その他行動観察も
            含む)の提供を受けて行う共同研究
 ・申請資格:平成29年4月1日時点で、大学:・研究機関の研究者、大学院学生またはこれらに相当(見込み含む)する方
         海外の機関に所属する方も申請可
 ・詳細:http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/index-j.html  (募集月:2016年12月)

2017/1/13
必 着
「永守賞」募集
 ・実施機関:公益財団法人永守財団
 ・対象分野:モータ、アクチュエータ、発電機及びそれらの制御方法、その応用技術等に関連する技術分野
 ・応募資格:対象分野において、国内外の大学、公的機関、民間企業に所属し、優れた功績をあげた研究者又は開発者
 ・応募形式:学会推薦又は自己推薦が必要
        (自己推薦の場合、所属機関、所属研究室等の城跡者による推薦が必要)
 ・詳細:http://www.nagamori-f.org/   (募集月:2016年12月)

2017/1/13
締 切
第1回 先進シーズ研究への研究助成 イムラ・ジャパン賞
 ・実施機関:イムラ・ジャパン株式会社
 ・公募分野:「微生物の産業利用に関する研究」(医療、薬剤は除く)
 ・応募資格:大学、研究機関に所属研究者または個人の研究者
 ・詳細:http://www.imra-japan.com/index.html   (募集月:2016年12月)

2017/1/13
必 着
生存圏データベース(材鑑調査室)
平成29年度共同利用研究および講習会公募
 ・実施機関:京都大学生存圏研究所
 ・募集分野:材鑑室のデータベースや標本、機器類を含む共同利用研究、顕微鏡を用いた樹種識別の講習会希望者
 ・応募資格:1.学術研究を目的とする国内外の研究機関に属し、材鑑室の使用目的に合致する者
         2.教育を目的とする国内外の研究機関に属し、材鑑室の使用目的に合致する者
         3.その他、所長が特に適当と認めた者
  ※申請された方は、学部長の内諾が必要ですので、申請書を各所属事務係に提出してください
 ・詳細:http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/applications/zaikan2017/  (募集月:2016年12月)
 

2017/1/13
締 切
キャンペーン観測(MUレーダー長時間観測)研究課題
 ・実施機関:京都大学生存圏研究所
 ・対象研究:一般の共同利用計測では不可能な長時間(およそ半期で100時間以上)MUレーダーを使用した観測
        (採択されればMUレーダーの観測時間を優先的に割り当てます)
 ・応募資格:1.学術研究を目的とする国内外の研究機関に所属する者
         2.教育を目的とする国内外の研究機関に所属する者
         3.民間の企業・団体に所属する者
         4.その他、研究所長が適当と認める者
         ただし、研究所長が認める場合を除いて、2.のうち学部・大学院修士課程在学者、研究生、
         及び3.は研究代表者になる事はできません、利用責任者は常勤職員に限ります
         常勤職員以外の方が研究代表者になる場合には、必ず研究協力者に常勤職員を含め
         その方を利用責任者としてください
 ・詳細:http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/mu+ear/collaborative.html (募集月:2016年7月)

2017/1/12
必 着
平成29年度ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜
KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業)
 ・実施機関:独立行政法人日本学術振興会
 ・対象分野:科研費が対象としている、人文学、社会科学から自然科学までのすべての分野
         以下の項目をすべて満たすプログラム
         ①少学5・6年生、中学生及び高校生のいずれかが対象
         ②科研費における研究に関わる基礎的な内容をよりわかりやすく伝え、科学に興味を抱ける企画
         ③機関の長を中心とした組織的な取り組み
         ④平成29年7月下旬〜平成30年1月末の間の開催
 ・応募資格:これまでに科研費の研究代表者として研究を実施したことがある研究者が所属している機関の長
 ・詳細:https://www.jsps.go.jp/hirameki/boshu.html  (募集月:2016年11月)

2017/1/11
必 着
平成29年度統計数理研究所共同利用公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所
 ・研究種別:共同利用登録
            研究所以外の機関に所属する参加資格者1名が登録する事により、統計数理研究所の資源を
            使って統計数理に関する研究を行うもの、年度途中での申請が可能
         一般研究1
            統計数理に関する一般的な共同利用研究を行うもの、年度途中での申請が可能
          一般研究2
            統計数理に関する一般的な共同利用研究を行うもの
         重点型研究
            共同利用委員会で決定された重点テーマに基づき各テーマに関する共同利用研究を募集
            重点型研究終了後は次年度以降に一般研究2へ移行し、研究継続が可能
 ・応募資格:原則として国公私立大学・大学院・短期大学、大学共同利用機関、高等専門学校、国公立試験研究
         機関及び独立行政法人に所属する国内研究所又は科学研究費補助金の応募資格を有する者
 ・詳細:http://www.ism.ac.jp/kyodo/index.html  (募集月:2016年12月)

2017/1/10
17時締切
平成29年度 『JAXAオープンラボ公募』
 ・実施機関:国立研究機関法人宇宙航空研究開発機構
 ・応募条件:①提案者の技術・研究成果がそれぞれ申し込むフェーズで求められている研究レベルであること
            フィジビリティスタディフェーズ:基礎研究以上のレベル
            開発フェーズⅠ         :応用研究以上のレベル
            開発フェーズⅡ         :実用研究以上のレベル
             ※製品開発が 基礎研究⇒応用研究⇒実用研究⇒実用化 の順で進行すると定義
         ②共同研究終了後もJAXAの求めに応じて、研究成果を用いた研究開発、事業活動状況について
          報告する事
        ※「開発フェーズⅠ」もしくは「開発フェーズⅡ」を選択する場合
         ③共同研究終了後の事業プランが提案されており、事業化を担当する企業が提案グループ
          (提案者またはその委託先等を指す)に含まれていること
          なお、共同研究終了から概ね3年以内に事業化達成の見込みがあること
        ※「開発フェーズⅡ」を選択する場合
         ④オープンラボ公募における選択実績を有し、事業化を目指す事業分野が宇宙航空関連事業であること
 ・詳細:http://aerospacebiz.jaxa.jp/solution/open-labo/  (募集月:2016年11月)

2016/12/31
必 着
学術集会および科学技術振興事業助成
 ・実施機関:公益財団法人セコム科学技術振興財団
 ・助成対象:・国内法人およびそれに準ずる任意団体が主催し、安全・安心に関する科学技術の振興を目的とする
         集会であり、国内で開催されるもの(学会、シンポジウム、研究会等)、国際会議も対象
         ・将来研究者や技術者をめざず児童や生徒の啓発・育成を目的とする集会
         ・助成決定から翌々年度末までに開催が終了するもの
         ・当財団の理事・評議員・委員の推薦による応募も受付
         ・商業目的の集会は助成の対象外
 ・応募資格:開催する集会の開催・運営の責任者
 ・詳細:http://www.secom.co.jp/zaidan/   (募集月:2016年11月)

2016/12/28
正午締切
戦略的創造研究す新事業・総括実施研究(ERATO)
研究総括候補者の推薦
 ・実施機関:国立大学法人科学技術振興機構
 ・公募研究:革新的な科学技術の芽あるいは将来への新しい流れを生み出す研究
 ・応募資格:・研究プロジェクトの指揮を委ねるに相応しい優れた研究者であること
         ・指導力及び洞察力を備え、若い研究者を触発し得る研究者であること
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/erato   (募集月:2016年12月)

2016/12/26
消印有効
平成28年第13回「コンソーシアム研究開発助成金」公募
 ・実施機関:株式会社池田泉州銀行
 ・応募対象:大学・公設研究機関等との共同研究
 ・応募資格:下記①〜③の全ての条件を満たす方
         ①大阪府、兵庫県、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県に主たる事業所を置く企業または在住の個人
         ②大学・公設研究機関等が有する高度な技術研究成果や知見と、自らが持つ技術開発・商品開発
           ニーズを融合し、早期に結実させることを目指していること
         ③大学・公設研究機関等と研究開発を行うための契約を結んでいる、
           または締結する予定であること
 ・詳細:http://www.sihd-bk.jp/company/tekuno.html  (募集月:2016年11月)

2016/12/20
24時必着
2017年度国立遺伝学研究所共同研究・研究会公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立遺伝子学研究所
 ・応募資格:原則として国内の大学、大学共同利用機関、独立行政法人の研究機関に所属する研究者
         または国外の研究機関等に所属する研究者とする
 ・詳細::https://www.nig.ac.jp/nig/ja/research-infrastructure-collaboration/nig-collaboration-grantl (募集月:2016年10月)

2016/12/20
締 切
2017年度 前期国際交流助成公募
 ・実施機関:公益財団法人立石科学振興財団
 ・助成対象:エレクトロニクスお由情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動を行う研究者の
         海外派遣、特に国際会議での論文発表及び短期在外研究のための海外派遣
 ・応募資格:①日本に居住する40歳以下(申請日の満年齢)の研究者とし、国籍・所属機関は不問
         ②同一または重複内容で、現在公的機関からの補助金や他の財団から既に助成を受けていない、
          または受ける予定のない個人又は研究グループ
 ・詳細:
http://www.nakayama-zaidan.or.jp  (募集月:2016年7月)

2016/12/19
正午締切
平成29年度共同研究課題募集
 ・実施機関:北海道大学・東北大学・東京工業大学・大阪大学・九州大学共同研究ネットワーク
       
物質・デバイス領域 郷土研究拠点
 ・公募事項:①「基盤共同研究」
         ②「施設・設備利用」
         ③「展開共同研究A」
         ④「展開共同研究B」
         ⑤「次世代若手共同研究」
 ・応募資格:①②大学及び国公私立研究機関及び民間企業(学術内容に限る)、並びにこれに準ずる機関の研究者
         ③④大学及び国公私立研究機関及び民間企業(学術内容に限る)、並びにこれに準ずる機関の研究者で、
            物質・デバイス領域共同研究拠点においてこれまでに成果を上げてきた方
         ⑤次の何れかの条件を満たす大学院生

         ・ダイナミック・アライアンス事業に参加している研究者(教員)に直接指導を受けているもの
         ・ 大学及び国公私立研究機関及び民間企業(学術内容に限る)、並びにこれに準ずる機関の研究者で、
             物質・デバイス領域共同研究拠点における共同研究を実施中もしくは過去に実施してこれまでに
             成果を上げてきた研究者に直接指導を受けているもの
 ・詳細:http://five-star.tagen.tohoku.ac.jp/news/info/detail.php?id=184   (募集月:2016年12月)

2016/12/19
必 着
平成29年度国立情報学研究所共同研究公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構国立情報学研究所
 ・応募資格:①国内の民間企業に所属する研究者
         ②国内の大学・短期大学・高等専門学校及び大学共同利用機関等に所属する研究者
          ならびにそれらに準ずる研究者
          (企業・大学等の職員(企業・大学等の職員、大学院生(社会人学生のみ)も含む)
 ・詳細:http://www.nii.ac.jp/research/collaboration/   (募集月:2016年11月)

2016/12/14
必 着
先端科学(FoS)シンポジウム 
平成29年度開催分 参加候補者推薦
  参加希望の方は研究協力係(内線:7576)までご連絡ください 締切:11月24日(木)
 ・実施機関:独立行政法人日本学術振興会
 ・対象分野:社会科学及び自然科学の全分野
 ・推薦条件:原則として以下の項目をすべて満たすわが国の学術研究機関に所属する若手研究者であること
         1)優れた学術業績があること(受賞歴等があれば記載すること)
         2)英語での議論に優れること
         3)リーダーシップを発揮できること
         4)自分の専門分野に限らず、幅広い分野に対して興味関心を持っていること
         5)対象となるシンポジウムの全日程に参加できること
 ・詳細:http://www.jsps.go.jp/j-bilat/fos/index.html  (募集月:2016年9月)

2016/12/10
締 切
平成28年度国際会議・研究発表会等の参加及びシンポジウム等開催助成第Ⅱ期
 (応募期間10月10日〜)
 ・実施機関:公益財団法人八洲環境技術振興財団
 ・助成内容:環境負荷低減、環境保全等の環境に関する技術の普及・啓発を目的とした
         シンポジウム・後援会等の参加、開催を支援(開催期間:4月1日〜翌9月30日)
 ・詳細:http://www.yashimadenki.co.jp/zaidan/index.php  (募集月:2016年4月)
 

2016/12/9
17時締切
ドイツ・イノベーション・アワード「ゴッドフリード・ワグネル賞2017」
 ・実施機関:ドイツ・イノベーションアワード事務局
 ・応募対象:材料、デジタル化とモビリティ、エネルギー、ライフサイエンスのいずれかの分野における
         応用型の研究で、現在進行中の研究、または過去2年以内に完了した研究成果
 ・応募資格:日本の大学・研究機関に所属する45歳以下の若手研究者(応募締切日時点)
 ・詳細:http://german-innovation-award.jp/JA  (募集月:2016年10月)

2016/12/9
締 切
パブリックヘルス科学研究助成金 2017年度募集
 ・実施機関:公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター
 ・応募資格:①ストレス科学、生命医科学分野の研究者
         ②国内の非営利研究機関に所属している研究者または博士課程の学生
         ③申請時に40歳以下である者
         ④所属する部署の長等の推薦を受けている者
         ⑤2016年度本研究助成金の助成対象者でない者
  【ストレス科学】
 ・研究テーマ:ストレスマネジメント
 ・キーワード:就労支援。身体活動、格差社会、グローバル化、対処
  【生命医科学】
 ・研究テーマ:老化と長寿
 ・キーワード:認知機能、エイジング、ライフサイクル
 ・詳細:http://www.phrf.jp/josei/oubo.html   (募集月:2016年10月)

2016/12/9
17時締切
第29回「中小企業優秀新技術・新製品賞」応募勧奨
 ・実施機関:公益財団法人りそな中小企業振興財団
一般部門
 ・募集対象:平成27年から平成28年までの2年間に開発を完了、あるいは販売を開始した新技術・新製品とします
         ただし従来より存在した技術・製品でも対象期間中に大きな改良・改善が含まれたものも含みます
         ・共同開発や共同研究の成果も含めます。ただし、開発の主体が外国企業の場合は除く
 ・応募資格:新技術・新製品を自ら開発した中小企業、個人事業主および異業種交流等のグループや組合
         ・中小企業は資本金3億円以下または従業員300人以下の企業とします
          ただし大企業の出資が50%以上の企業、大企業の連結子会社、上場企業、外国企業および
          それらの実質グループ企業は除きます
         ・共同開発やグループ、組合の場合は、代表(企業または個人)が応募してください
          大企業、上場企業、外国企業が実質支配するグループや組合は除きます。
【ソフトウェア部門】
 ・募集対象:ビジネスを目的として、平成27年から平成28年までの2年間に提供または販売を開始したソフトウェアとする
         ただし従来より存在したソフトウェアでも対象期間中に大きな改良・改良が含まれたものも含みます
         ・ゲームも対象としますが、コンテンツにのみ依存し、ソフトウェア技術や提供する機能等に新規性のない
         ソフトウェアは対象としません
        ・共同開発品も含めますが、開発の主体が外国企業の場合は除きます
 ・応募資格:新ソフトウェアを自ら開発した中小企業、個人事業主および異業種交流等のグループや組合
         ・中小企業は資本金3億円以下または従業員300人以下の企業とします
          ただし大企業の出資が50%以上の企業、大企業の連結子会社、上場企業、外国企業および
          それらの実質グループ企業は除きます
         ・共同開発やグループ、組合の場合は、代表(企業または個人)が応募してください
          大企業、上場企業、外国企業が実質支配するグループや組合は除きます。
 ・詳細:http://www.resona-fdn.or.jp/  (募集月:2016年10月)

2016/12/9
必 着
第十回(平成28年度)<風戸研究奨励賞>公募
 ・実施機関:公益財団法人風戸研究奨励会
 ・助成対象:電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡並びに関連装置を用いた研究
        (医学、生物学、物理学、化学、材料学、ナノテク、その他)に対し実績があり且つ将来性のある優秀な研究者
 ・応募資格:満35歳以下(応募締切日現在)の研究者
 ・詳細:http://www.kazato.org/  (募集月:2016年7月)

2016/11/30
消印有効
平成28年度研究助成
 ・実施機関:一般財団法人SBS鎌田財団
 ・対象研究:物流の振興・発展に資する①学術研究②研究集会、シンポジウム、セミナー等の開催を対象とする
 ・応募資格:大学・大学院・その他研究機関に在籍し、物流分野に係る研究活動に従事する個人または団体
 ・詳細:http://www.sbs-kamatazaidan.or.jp  (募集月:2016年10月)

2016/11/30
18時締切
平成29年度 河川基金募集
 ・実施機関:公益財団法人河川財団
【一般的助成】
 ・対象テーマ:工学、自然科学系
            ①流域内の健全な水・物質循環の構築
            ②水害・土砂災害等の被害の軽減
            ③総合的な水資源対策
            ④生態系・景観など河川環境の向上
            ⑤地球環境もしくは広域的な地域環境の保全等に資する水資源・水に関するエネルギーの有効活用
            ⑥その他
          社会科学、人文科学系
            ⑦河川教育の高度化
            ⑧川づくりにおける地域の歴史・文化・伝統等との係わり
            ⑨川づくり・まちづくりにおける地域との連携
            ⑩水に関する法制度、治水対策や利水対策等における経済効果
            ⑪その他
         文理融合型研究
            ⑫上記「工学、自然科学系」と「社会科学、人文科学系」の双方の視点を組み合わせることにより
             新たな知見を得ることを目指した調査・研究
 ・助成対象者:1)大学・高等専門学校等に所属する研究者
          2)地方公共団体、公益法人、民間企業、河川協力団体、NPO法人、任意団体、学校等の
            研究機関に所属する研究者
           3)今回の平成29年度助成事業募集から、一般研究者に対する一般的助成に申請することの
            できる方(共同研究者も含む)の年齢を、満60歳未満(平成29年3月31日時点)としますので
            ご留意ください。
【学術図書出版助成】
 ・助成対象者:1)大学・高等専門学校に所属する研究者
          2)地方公共団体、公益法人、民間企業、河川協力団体、NPO法人、任意団体、学校等の
            研究機関に所属する研究者
【アウトリーチ活動助成 B、C】
 ・助成対象者:1)大学・高等専門学校に所属する研究者
          2)地方公共団体、公益法人、民間企業、河川協力団体、NPO法人、任意団体、学校等の
            研究機関に所属する研究者
 ・留意事項:①参加者総数のうちの8割以上が一般市民であることが条件となります
         ②タイトルや内容が一般市民にとって理解しやすく関心が持てるものとなるよう工夫してください
         ③活動の目的や成果がどのように「川づくり」に貢献するのかを明確に記載してください
 ・詳細:http://www.kasen.or.jp/kikin/info/itemid793-000565.html (募集月:2016年10月)

2016/11/30
締 切
2016年度 貴金属に関わる研究助成金
 ・実施機関:一般財団法人田中貴金属記念財団
 ・募集内容:「貴金属が拓く新しい世界に向けて、貴金属が貢献する新しい技術や製品の実用化に向けた
         研究・開発テーマを募集します
 ・応募資格:国内の教育機関あるいは公的研究期間に所属されている方
 ・詳細:http://tanaka-foundation.or.jp  (募集月:2016年9月)

2016/11/30
締 切
2017年 研究助成募集
 【各分野1件限り】
 応募を希望される方は11月1日までに研究協力係にお申し出ください
 (この時点では提出書類は必要ありません)

 ・実施機関:公益財団法人国際科学技術財団
 ・対象分野:「エレクトロニクス、情報、通信」(2017年日本国際賞受賞対象分野)
         「生命科学」(2017年日本国際賞受賞対象分野)
         「クリーン&サスティナブルエネルギー」
 ・応募資格:(1)2017年4月1日現在で35歳以下であること
           (但し、ライフイベント(出産、育児、介護)による研究経歴の中断がある半年以上ある場合は
            応募申請書に記載し、申告することにより36歳以下も応募可)
         (2)国内の大学、公的研究機関等に所属し、2017年助成期間を通じ当該研究継続が可能なこと
         (3)所属組織の長(研究科長、学部長、研究所長等)の推薦を受けられること
           (但し、各組織の長からの推薦は分野ごとに1件を限度とする)
 ・詳細:http://www.japanprize.jp/subsidy_yoko.html  (募集月:2016年9月)

2016/11/30
締 切
グリーン・サスティナブルケミストリー賞 業績募集
 ・実施機関:公益財団法人新化学技術推進協会
 ・定  義:人と環境にやさしく、持続可能な社会の発展を支える化学
 ・受賞対象:Ⅰ.経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、環境大臣賞
         Ⅱ.スモールビジネス賞
         Ⅲ.奨励賞
 ・詳細:http://www.jaci.or.jp  (募集月:2016年9月)

2016/11/30
必 着
平成29年度 研究助成 国際交流等助成 募集
★WEBによる申請方式となりますので当財団ホームページより研究者登録をお願いします http://www.iketani-zaidan.or.jp
 ・実施機関:公益財団法人池谷科学技術振興財団
 
【研究助成】
 ・対象分野:先端材料及びこれに関連する科学技術
 ・助成概要:先端材料関連の研究に対する助成によって科学技術の発展を図り、社会経済の発展に貢献することを
         目標とし、関連する科学技術分野の研究者や研究機関に対する支援を行います
 【国際交流助成】
 ・助成対象:派遣(過去に当財団の研究助成をを受けた者のうち、海外でその研究成果を発表するための旅費
            ※平成25年度より研究助成と連動した派遣プログラムとなっております)
         招聘(先端材料及びこれに関連する材料技術分野において研究活動を行う研究者の招聘)
 ・助成概要:研究者の海外派遣や海外からの研究者招聘に対して助成を図ることにより、社会経済の質的向上に
         寄与する事を目的とし、関連する科学技術分野の研究者や研究機関に対する支援を行います
 ・詳細: http://www.iketani-zaidan.or.jp  (募集月:2016年9月)

2016/11/30
必 着
平成29年度 TASC助成研究
 ・実施機関:公益財団法人たばこ総合研究センター
 ・対象研究:①嗜好品、あるいは嗜好品に関連する産業や企業に関する歴史・文化等の研究
         ②嗜好品の摂取・利用が、人間の心理・行動・価値観・欲求・健康観・幸福感、
          あるいは社会に与える影響の研究
         ③上記①、②以外の人文科学・社会科学分野における嗜好品に関する研究
 ・助成対象:日本国内の大学、研究機関、博物館等に所属する研究者(非常勤での在職者、大学院生も可)
 ・詳細:http://www.tasc.or.jp  (募集月:2016年10月)

2016/11/30
締 切
神戸大学大学院海事科学研究科附属練習船深江丸 教育関係共同利用
 ・実施機関:神戸大学大学院海事科学研究科
 ・利用要件:練習船
         ・他の大学等が授業等の一部として練習船を利用し、実習、実験、演習を行う
         ・その授業等の科目は単位として認定されているものであること
         ・その科目のシラバスの中に練習船を利用して実習、実験、演習等を行う事が明記されていること
 ・申込資格:大学院(前期課程)、大学、短期大学、高等専門学校でカリキュラムに従い乗船実習・実験・演習等の
         実施を希望する大学等の機関
 ・詳細:http://www.edu.kobe-u.ac.jp/gmsc-fukaemaru/index.html  (募集月:2016年8月)

2016/11/30
17時必着
平成28年度学術奨励金募集
 ・実施機関:公益財団法人二十一世紀文化学術財団
 ・助成対象:経済・政治・文化・社会及びそれに関連する分野の学術研究
 ・応募資格:①主として日本において研究に当たる共同研究グループあるいは単独研究者
         ②研究代表者は、日本の大学・付属研究所に籍を置く者、国籍不問、大学院生等の学生を除く
         ③年齢制限は設けないが若手研究者の意欲的な研究を歓迎
 ・詳細:
http://www.kikawada21.com/homepage/index.htm (募集月:2016年8月)

2016/11/30
24時締切
オンチップ・バイオテクノロジーズ1cell biology賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:弊社の1細胞分注装置"On-chip-SPiS"を活用する研究テーマ
 ・詳細:http://www.on-chip.co.jp/  (募集月:2016年9月)

2016/11/30
締 切
第36回(平成29年度)研究助成候補者推薦
  【学長推薦必要:学内で原則1件】
応募を希望される方は10月14日までに研究協力係にお申し出下さい。(この時点では提出書類は必要ありません)
 ・実施機関:公益財団法人スガウェザリング技術振興財団
 ・助成対象:大学、研究機関、学会又は協会に所属又は関連する方で
         (1)ウェザリング技術あるいはその関連技術について実績があり、かつ今後の発展が期待できる
            研究目標を持つ研究者あるいは研究者グループ
         (2)ウェザリング技術あるいはその関連技術について強い関心を持ち、明確な研究目標を持つ若い研究者
 ・詳細:http://www.swtf.or.jp/index.html (募集月:2016年7月)

2016/11/30
締 切
第35回(平成28年度)スガウェザリング財団賞表彰候補者推薦
  【学長推薦必要:学内で原則1件】
応募を希望される方は10月14日までに研究協力係にお申し出下さい。(この時点では提出書類は必要ありません)

 ・実施機関:公益財団法人スガウェザリング技術振興財団
 ・表彰対象:(1)科学技術賞・・・・・・・永年にわたりウェザリング技術による材料の機能、美観又は色彩の経時変化等に
                        関する研究に携わり、優れた業績を挙げて、広く学界あるいは産業界に多大の
                        貢献をした個人又は団体
         (2)科学技術功労賞・・・ウェザリング技術による材料の機能、美観又は色彩の経時変化等に関する
                        研究を行い、顕著な業績を挙げた研究者
         (3)科学技術奨励賞・・・ウェザリング技術による材料の機能、美観又は色彩の経時変化等に関する
                        研究を行っていおり、さらに今後の研究成果が期待される若手研究者
         (4)技術功労賞・・・・・・・永年にわたりウェザリング技術による材料の機能、美観または色彩の
                        耐久性試験等に携わり、広く産業界に貢献した個人
 ・詳細:http://www.swtf.or.jp/index.html (募集月:2016年7月)

2016/11/21
必 着
第34回「とやま賞」候補者推薦
 ・実施機関:公益財団法人富山ひとづくり財団
 ・候補者条件:(1)富山県出身または富山県在住の者
          (2)学術研究、科学研究、文化・芸術、スポーツ等の分野において、すぐれた業績を挙げ、
            かつ将来の活躍が期待される個人又は団体
          ※・候補者の年齢は45歳まで(平成29年5月9日現在)とします
             但し、学術研究分門人文・社会科学分野についてのみこの限りではありません
            ・大学・研究機関等にあっては准教授相当クラスまでとし、教授は含みません
 ・詳細:http://www.t-hito.or.jp  (募集月:2016年10月)

2016/11/18
必 着
平成28年度国立歴史民俗博物館共同研究員公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人人間文化研究機構
 ・研究課題:戦いと国家形成の環境的基盤
         ー炭素14年代と酸素同位体による古気候復原と社会統合家庭との比較照合ー
 ・応募資格:大学その他の研究機関に勤務する研究者並びにこれらに準ずる研究者(大学院生は除く)
 ・詳細:http://www.rekihaku.ac.jp/education_research/research/list/joint/recruit/index.html (募集月:2016年10月)

2016/11/16
必 着
平成29年度活動助成
 ・実施機関:JR西日本あんしん社会財団
 ・対象活動:事故、災害や不測の事態に対する備えに関する活動(自主防災訓練、心肺蘇生普及活動等)、
         又は事故、災害や不測の事態が起こった後の心のケア(グリーフケア等>や身体的ケア
         (リハビリテーション等)に関する活動
         【特別枠】上記災害のうち、東日本大震災、平成23年台風12号及び平成26年度広島土砂災害に
               関する被災地・被災者支援活動に際し、特別に助成枠を設定します
 ・応募資格;以下の(1)または(2)の条件を満たす団体
         (1)①近畿2府4県(京都府、大阪府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)に拠点のある
             非営利の民間団体(法人格の有無は不問)
             ※特別枠である平成26年広島土砂災害に関する被災地・被災者支援活動については
               広島県に拠点のある非営利の民間団体も対象とします
            ②募集開始時点において1年以上の継続的活動実績のある団体
             (特別枠への応募の場合は不問)
         (2)募集開始時点において1年以上の継続的活動実績のあり団体
             (特別枠への応募の場合は不問)
 ・詳細::
http://www.jrw-relief-f.or.jp/ (募集月:2016年9月)

2016/11/15
締 切
2016年度 研究奨励募集
 ・実施機関:一般財団法人成和記念財団
 ・対象分野:自然科学の基礎または応用全般に関する研究
 ・助成種目:1)研究奨励A
         2)研究奨励B
         3)学術助成
 ・応募資格:1)研究奨励A
           ・2016年4月1日現在大学院博士課程に在籍するか、それと同等以上と認められる在日コリアン
            (在留資格が特別永住者もしくは永住者)
           ・日本国内の大学および研究機関において自然科学の基礎又は応用研究に関する研究に携わり
            これまでの研究活動や今後の研究計画を通じて優れた成果及び将来性が期待できる者
           ・2006年度以前の旧受賞規程による「研究奨励賞」を受賞した者は申請不可
         2)研究奨励B
           ・2016年4月1日現在大学院博士課程に在籍するか、それと同等以上と認められる在日コリアン
            (在留資格が特別永住者もしくは永住者)
           ・申請時に修士年次に在籍し、授与時に博士課程1年次に在籍予定の者は認める
           ・申請者の今後の研究計画における積極性、意欲、将来性を重視する
           (A、B共に助成を受けられるのは一度とする
            しかし、Bで受賞したのもが博士課程に進学後Aに申請する事は認める)
         3)学術助成
           ・在日コリアン研究者による学術研究発表を主催する学会・団体等
 ・詳細:http://www.skz-spa.or.jp/ (募集月:2016年10月)

2016/11/15
必 着
第10回「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」募集
 ・実施機関:一般財団法人国際医学情報センター医薬情報部内 資生堂女性研究者サイエンスグラント事務局
 ・対象分野:自然科学分野(理工科学分野、生命科学分野いずれも可)
         界面・コロイド化学の応募を積極的に歓迎します
 ・応募資格:助成対象期間中に日本国内の大学・公的研究機関で、自然科学分野の研究に従事する女性研究者
        ※年齢、国籍は問わない
        ※推薦者不要、自由応募による完全な公募制
        ※応募時、既に指導的役割を担われている研究者(教授等)、大学院生・学生、
          企業に所属する研究者は除く
 ・詳細::http://www.shiseidogroup.jp/rd/doctor/grants/science/ (募集月:2016年9月)

2016/11/15
消印有効
平成28年度研究助成募集
 ・実施機関:一般財団法人第一生命財団
 ・対象分野:わが国の住宅、都市、土地に関し、経済、社会、法律、歴史、制度、計画およびこれらの
         複合的視点から住生活の改善向上をはかるための研究
 ・対象者:「一般研究」大学、その他の研究機関に専任または有機専任の身分で常勤にて在籍し、
       研究活動に従事している研究者
       「奨励研究」上記に同じ、ただし申請時に40歳未満の若手研究者
 ・詳細:http://group.dai-ichi-life.co.jp/dai-ichi-life-foundation/ (募集月:2016年9月)

2016/11/15
17時必着
笹川科学研究助成 実践研究部門
受付開始 11月1日〜
 ・実施機関:公益財団法人日本科学協会
 ・対象研究:A.教員・NPO職員等が行う問題解決型研究
            学校、NPOなどに所属している方が、その活動において直面している社会的諸問題の解決に
            向けて行う実践的な研究を求めます
         B.学芸員・司書等が行う調査・研究
            学芸員・司書等が博物館や図書館等の生涯学習施設の活性化に資する調査・研究
            所属機関とは別の機関や大学・自治体などの異分野の機関・施設と連携した研究も歓迎
 ・助成対象:教員、学芸員、司書、カウンセラー、指導員、市民活動・地域活動等に従事する35歳以下の方
         (常勤・非常勤は不問)
 ・詳細:
http://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/  (募集月:2016年7月)

2016/11/12
消印有効
2016年研究助成 〜未来につながる社会をつくる〜
 ・実施機関:三井物産株式会社
 ・研究領域:"学際・総合/政策研究"、"未来志向研究"を3つの基本的な領域として設定し、このうち
         "学際・総合/政策研究"であることは必須条件とし、同領域あるいは同領域を含む複数に合致するもの
         また単なる観察型研究ではなく「問題解決型研究」として社会に貢献する研究であり、
         具体的な提言を含むことを必須とする
 ・募集資格:日本国内に拠点を待ちかつ研究実績を3年以上持つ下記①〜⑤のいずれかに所属する個人、グループ等
         ①大学、高等専門学校
         ②公的研究期間
         ③公益法人(2008年公益法人制度改革後の一般社団・財団法人、公益社団・財団法人)
         ④特定非営利活動法人(NPO法)
         ⑤上記①〜④の協働グループ
 ・詳細:http://www.mitsui.com/jp/ja     (募集月:2016年9月)
2016/11/10
消印有効
2016年度「若手研究者のためのチャレンジ研究助成」募集
 ・実施機関:公益財団法人サントリー文化財団
 ・助成概要:原則として博士前期(修士)課程修了以上の者で、2017年4月1日時点で35歳以下の若手研究者の
         人文科学・社会科学分野の個人研究とします
         斬新な発想で取り組む大きな展望を持った研究であると同時に学術的・社会的に広がりのある研究が対象
 ・詳細:http://www.suntory.co.jp/news/article/12768.html (募集月:2016年10月)

2016/11/4
必 着
第13回ヘルシー・ソサエティ賞 候補者推薦
 ・実施機関:公益社団法人日本看護協会/ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
 ・賞の内容: ・教育者部門
        ・ボランティア部門
        ・医療従事者/医療介護部門
        ・医療技術者部門(イノベーター)部門
 ・詳細:http://www.hearthysociety-sho.com (募集月:2016年9月)

2016/10/31
24時締切
L-RAD賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:自然科学、社会科学、人文科学の研究、開発、調査全般
 ・採択条件:昨年11月より2016年10月末日までにL-RADに登録された申請者の中から若干名
 ・詳細:https://l-rad.net/  (募集月:2016年9月)

2016/10/31
消印有効
2017年度 外国人研究者等招致助成
 ・実施機関:公益財団法人平和中島財団
 ・対象分野:分野は特に限定しない
 ・応募資格:我が国の大学(含、大学院大学)・大学共同利用機関の常勤研究者
         (被推薦者が既に来日している場合は対象とならない)
 ・詳細:http://hnf.jp  (募集月:2016年8月)

2016/10/31
必 着
2017年度 アジア地域重点学術研究助成
 ・実施機関:公益財団法人平和中島財団
 ・対象分野:アジア地域(中近東、シベリア等を含む)に関するものであれば特に指定しない
 ・応募資格:我が国の大学(含む大学院大学)・大学共同利用機関の研究者及び海外の大学・研究機関の
         研究者からなる共同研究グループとする
         申込みは研究代表者(我が国の常勤研究者)が行う
 ・詳細:http://hnf.jp  (募集月:2016年8月)

2016/10/31
必 着
2017年度 国際学術共同研究助成
 ・実施機関:公益財団法人平和中島財団
 ・対象分野:分野は特に限定しないが、学際的な組織で行われる事が望ましい
 ・応募資格:我が国の大学(含む大学院大学)・大学共同利用機関の研究者及び海外の大学・研究機関の
         研究者からなる共同研究グループとする
         申込みは研究代表者(我が国の常勤研究者)が行う
 ・詳細:http://hnf.jp  (募集月:2016年8月)

2016/10/31
締 切
「2016年度野口遵研究助成金募集
 ・実施機関:公益財団法人野口研究所
 ・応募課題:課題1 ライフサイエンスの進展に資する物質やデバイスに関する研究
              健康、医療(医薬を含む)など
         課題2 エネルギー・資源・環境の革新に寄与する新プロセスや新材料に関する研究
              蓄エネルギー、創エネルギー、電子材料、バイオマス、水処理
              グリーンサスティナブルケミストリー(触媒を含む)など
         課題3 豊かな生活に寄与する新材料やデバイスに関する研究
              電子材料、デバイス、センサーなど
 ・詳細:http://www.noguchi.or.jp  (募集月:2016年8月)

2016/10/31
必 着
研究助成・海外研究留学助成「長期派遣援助」
        ※6ケ月〜1年間の海外研究留学
 ・実施機関:公益財団法人山田科学振興財団
 ・助成対象:物理学、化学、生物学、医学、地学、天文学などの基礎科学研究者
         2017年4月〜2018年3月に出発予定の方
 ・応募資格:受入先の承諾が2017年2月10日までに得られる者
 ・詳細:http://www.yamadazaidan,jp  (募集月:2016年7月)

2016/10/31
正午必着
NICT 海外研究者招へい 平成29年度公募
 ・実施機関:国立研究開発法人情報通信研究期間
 ・招聘要件:博士の学位取得者又は同等以上の能力を有する情報通信分野の研究者
         外国に5年以上在住の日本国籍を有する者であって、当該国の学界で活躍している研究者も含む
         実績が認められれば博士課程在籍中の方の可能
 ・詳細:
http://www.nict.go.jp/deploy-support/invitation.html  (募集月:2016年8月)

2016/10/31
消印有効
2017年度 研究助成(A)(B)(C)公募
 ・実施機関:公益財団法人法人立石科学振興財団 
 ・助成対象:エレクトロニクス及び情報工業の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動
 ・応募資格:①研究助成(A)と(B)は日本国内に居住する研究者
         ②研究助成(C)は日本国内に居住する博士課程後期の学生のみ
         ③研究助成(A)(B)(C)とも同一または重複内容で、現在公的機関からの補助金や他の財団から既に助成を
          受けていない、または受ける予定のない個人又は研究グループ
 ・詳細:http://www.tateisi-f.org/  (募集月:2016年7月)

2016/10/31
消印有効
第24回公募研究プロジェクト
 ・実施機関:旅の文化研究所
 ・募集対象:移動・旅・観光に関連する諸問題をテーマとした独創的な研究
 ・募集資格:日本の大学院に在籍する学生
         日本の大学又は大学院に籍を置く研究生(留学生を含む・海外からの出願可)
         個人に限る(海外調査も可)
 ・詳細:http://www.tabinobunka.com  (募集月:2016年6月)

2016/10/31
締 切
第12回 児童教育実践についての研究助成
 ・実施機関:公益財団法人博報児童教育振興会
 ・対象研究:「ことばの教育」に関する研究
          ・国語・日本語教育の諸分野における研究
          ・あらゆる学びの場におけることばの教育に関する研究
         児童教育実践の質を向上させる研究
          ・多様な場における教育実践の質を向上させる研究
 ・応募資格:下記のいずれかに該当する方
          ・日本の大学・研究機関に所属する研究者
          ・日本の学校・教育委員会に所属する教育実践に携わる方
 ・詳細:http://www.hakuhofoundation.or.jp   (募集月:2016年7月)

2016/10/31
必 着
「小貫英数教育賞」ならびに懸賞論文募集
 ・実施機関:公益信託小貫英数教育学研究助成記念基金(受託者:三井住友信託銀行)
 ・対象論文:【小貫英数教育省】
           心理学分野におけるオリジナリティを持った新規の研究で、学位(博士)論文または学位(博士)論文を
           構成する研究として進めているもの
           400字×200枚程度(日本語)、論文要約を提出のこと
         【懸賞論文】
           テーマ「子供の自立と社会参画を促すための指導上の工夫」
           400字×6〜20枚(日本語)、400字程度の要約を申請書に記入
 ・応募資格:【小貫英数教育省】
           教育学・心理学を研究対象とする大学院・大学・短大・高専の教授・准教授・講師・助教・助手・大学院生
           または研究機関の研究員・研究生で40歳以下の方
         【懸賞論文】
           教員志望の方(大学在学・既卒は不問)
 ・詳細:http://www.smtb.jp/personal/entrustment/management/public/example/list.html   (募集月:2016年5月)
 

2016/10/31
締 切
平成28年度研究開発・調査助成
 (応募期間8月1日〜)
 ・実施機関:公益財団法人八洲環境技術振興財団
 ・研究課題:再生可能エネルギー源等に関連する技術開発/クリーン燃料/エネルギー材料、デバイス/
         エネルギーの転換、輸送、貯蔵、利用の効率化、合理化及びそれらのシステム/環境技術マネジメントの
         基礎研究/環境保全、地球温暖化防止、エネルギー利用上の技術 等
 ・詳細:http://www.yashimadenki.co.jp/zaidan/index.php  (募集月:2016年4月)
 

2016/10/28
17時締切
平成29年度食品健康影響評価施術研究公募
 ・実施機関:内閣府食品安全委員会事務局
 ・募集課題:1 危害要因・ばく露実態の評価に必要な科学的知見の集積
           (1)薬剤耐性菌の特性解析に関する研究
           (2)食品に由来する人獣共通感染症等の原因微生物に関する研究
         2 健康影響発現のメカニズムの解明
           (1)微生物・かび毒等による健康影響発現に関する研究
           (2)食品中の微量化学物質・汚染物質のばく露と健康影響に関する研究
           (3)食品を介したアレルギー発症メカニズムに関する研究
         3 新たなリスク評価方法等の確立
           (1)in silico手法を用いた評価方法の確立に関する研究
           (2)確率論的評価手法に関する研究
           (3)食品添加物(特に栄養成分関連添加物)の健康影響評価に関する研究
           (4)農薬の急性参照用量設定に当たって有用な試験の再検討に関する研究
           (5)食品の器具・容器包装から溶出する化学物質の評価指針の確立に関する研究
           (6)アレルギー物質を含む食品についてのリスク評価方法の確立に関する研究
           (7)遺伝子組換え食品等の健康影響評価への次世代シークエンサーの活用に関する研究
         4 その他
           (1)研究者からの提案に基づく研究
 ・募集対象:研究機関(大学、試験研究機関等)に所属する研究者
 ・詳細:http://www.fsc.go.jp/chousa/kenkyu/kenkyu_koubo/kenkyu_29_kouboyouryou.html (募集月:2016年9月)

2016/10/26
必 着
平成29年度 AED訓練器等助成事業
 ・実施機関:JR西日本あんしん社会財団
 ・応募要件:(1)近畿2府4県に拠点があり、同エリアにおいて救命処置の啓発運動を行っている団体及びグループ
         (2)救命に関する指導資格者が在籍している団体及びグループ
 ・提供内容:(1)提供するAED訓練器等の内容
            AED訓練器、訓練用人形、付属品(納付袋)を1セットとする(複数セット可)
         (2)提供総数 
            16セット
         (3)AED訓練器等の引渡し
            助成決定後、平成29年3月末日までに引渡しします
            なお、活動報告期間は3年間としますが、それ以降においても提供したAED訓練機器等を
            返却いただく必要はありません
 ・詳細::
http://www.jrw-relief-f.or.jp/ (募集月:2016年9月)

2016/10/21
必 着
第十回(平成28年度)<風戸賞>公募
 ・実施機関:公益財団法人風戸研究奨励会
 ・助成対象:電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡並びに関連装置を用いた研究
         (医学、生物学、物理学、化学、材料学、ナノテク、その他)において優れた業績を挙げられた研究者
 ・応募資格:満45歳以下(応募締切日現在)の研究者
 ・詳細:http://www.kazato.org/  (募集月:2016年7月)

2016/10/17
正午必着
NICT 国際研究集会開催支援 平成29・30年度公募
 ・実施機関:国立研究開発法人情報通信研究期間
 ・応募資格:国際研究集会を開催する機関又は開催責任者(企画・運営に関わる委員長、副委員長等)の
         所属する機関であって、大学、学会、民間企業、その他の公益法人等の法人
         また、法人の部位局又は内部組織であって契約権限を委譲されている組織
 ・詳細:http://www.nict.go.jp/deploy-support/conf-support.html  (募集月:2016年8月)

2016/10/15
締 切
食の文化研究助成
・実施機関:公益財団法人味の素食の文化センター
 ・研究分野:①食の文化に関わる研究
           人文・社会科学の研究に限らず自然科学分野で食の文化に関する研究も含む
         ②特に食の文化に関する認識や研究活動に新たな広がりや深みをもたらすことが期待される
          研究を優先的に対象とする
 ・応募対象:①原則として2017年4月1日時点で40歳前後までの若手研究者であって
          しかるべき研究者kらの推薦がある方
          (国籍は問いませんが、日本国内に居住する研究者で日本語での申請及び報告書の作成や
           成果の発表が可能であることが必要です)
         ②個人研究を対象とするが、共同研究者のある事を防げません
 ・詳細::http://www.syokubunka.or.jp/research  (募集月:2016年8月)

2016/10/15
消印有効
平成28年度 助成金・補助金
 ・実施機関:公益財団法人科学技術融合振興財団
 ・対象事業:【研究助成】 課題A.シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究
                 課題B.①情報技術、ネットワーク技術を応用した
                        シミュレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作
                         (学習用ソフトウェアを通じて行う青少年科学技術啓発活動)
                      ②社会に役立つシリアスゲームの調査研究
         【補 助 金】 課題C.シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究
                 ※課題AおよびBとの併願は不可
 ・応募資格:大学、その他の教育機関、研究所等のj非営利の研究機関に所属する研究者
         個人研究、国内の共同研究、国際的共同研究のいずれも可
         課題Cについては若手研究者(大学院生・助手等)を対象とする
 ・詳細:http://www.fost.or.jp/  (募集月:2016年7月)

2016/10/14
17時必着
笹川科学研究助成 学術研究部門
受付開始 10月1日〜
 ・実施機関:公益財団法人日本科学協会
 ・対象研究:[一般科学研究]
           人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究
         [海洋・船舶科学研究]
           「海洋学および海洋関連科学」ならびに「船舶および船舶関連科学」の研究を特別に奨励するもので
           その成果が海洋・船舶関係に直結する研究を対象とする
           なお「海洋・船舶科学研究」には海洋の物理、化学、水産、地学、環境、船舶、海洋機器など
           理学系および工学系の研究テーマの他に、経済、法律、清司、歴史、文化など人文・社会科学系の
           研究テーマも助成対象に含まれます
 ・助成対象:[一般科学研究]
           平成29年4月1日現在、大学院生あるいは所属機関で非常勤又は任期付き雇用研究者として
           研究活動に従事する35歳以下の方
         [海洋・船舶科学研究〕
           平成29年4月1日現在、大学院生あるいは所属機関で研究活動に従事する(常勤・非常勤不問)
           研究活動に従事する35歳以下の方
 ・詳細:
http://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/  (募集月:2016年7月)

2016/10/13
必 着
2016年度(二次募集)管理会計研究助成
 ・実施機関:メルコ学術振興財団
 ・対象研究:日本企業で実施されている管理会計実務(特に管理会計技法、管理会計システム、事業承認システム、
         それに関連する管理システム)
 ・助成内容:1 研究助成(研究者・大学院生)
         2 国際研究交流助成
           大学院生学会派遣/学会報告派遣/短期派遣/中期派遣/招聘
         3 出版助成
 ・詳細:http://melco-foundation.jp/ (募集月:2016年8月)

2016/10/11
締 切
平成28年度採択 戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)
国際産学連携 日本‐スウェーデン共同研究課題募集
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興機構
 ・募集課題:「高齢者のための地域共同体の設計やサービスに関する革新的な対応策」に関わる
         日本の産学連携チームとスウェーデンの産学連携チームによる共同研究
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/sicp/announce_sw_Vinnova1st.html   (募集月:2016年7月)

2016/10/1
締 切
調査研究並びに助成研究募集
 ・実施機関:公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団
 ・募集対象:1.調査研究
            ゲームの面白さや手法を使って、様々な社会的課題をみんなでゲームを楽しみながら
            協力して解決していけるような、新しいゲームの創生に関する次の11件の研究テーマ
             ①教えの達人 ②介護シュミレーションゲーム ③僕らはみんな生きている!
             ④こころの花畑 ⑤美しい地球を後世に残す ⑥flora‐みんなで育てる、まちの花
             ⑦Thank you for looking ⑧地球復興支援のスマートフォン向けゲーム
             ⑨小さな幸せは大きな幸せ ⑩災害サポートゲーム〜そのときあなたは何をする
             ⑪私があなたを支える
         2.助成研究
            以下の3分野の研究を対象とします
           (1)助成研究A ゲーム分野の研究
               ①重点研究:「ゲームの近未来」
               ②基礎的・基盤的研究:「ゲームに関する各種研究」
           (2)助成研究B 「人間と遊び」に関する各種研究
           (3)国際交流(参加) 遊び・ゲームに関する国際会議等への参加
 ・募集資格:国内の大学院・大学・短大・高専・専門学校及び非営利の研究機関に所属する研究者
         又はこれらの機関に所属する研究者を代表者とする共同研究グループ
         (研究者には大学院博士課程在籍者を含みます、但し指導教官・教員の推薦が必要)
 ・詳細:
http://www.nakayama-zaidan.or.jp  (募集月:2016年7月)

2016/9/30
必 着
2017年度 特別助成「研究助成(S)」公募
 ・実施機関:公益財団法人立石科学技術振興財団
 ・助成対象:(1)「人間と機械の融和」のあるべき姿を想定または提示し、すでに確立した基礎研究の成果に基づいた
           統合技術およびプロトタイプの開発と機能検証、さらに実証実験を目標とする研究プロジェクト
         (2)人材や知見を広く内外に求めて多様性に富む連携体制をとるプロジェクトを優先
         (3)対象分野:①生活・健康 ②交通・物流 ③生産 ④環境
 ・詳細:http://www.tateisi-f.org/  (募集月:2016年7月)

2016/9/30
締 切
2016年度 旭硝子リサーチコラボレーション制度(公募型産学共同研究)
 ・実施機関:旭硝子株式会社 AGC旭硝子リサーチコラボレーション制度事務局
 ・研究主題:「スマートコミュニティ」
         人が「豊かに・安心して・安全に」暮らせるスマート社会に寄与し、学術的インパクトが大きく、
         将来の市場開拓の可能性のある研究テーマを募集
 ・公募対象:国内の国公立私立大学、公的研究機関等に所属する研究者
         複数の研究者の参加によるチーム研究の場合には、代表者から応募いただきます
 ・詳細:http://www.agc.com/collaboration/ (募集月:2016年7月)

2016/9/30
締 切
平成28年度 助成
  ※申請期間は平成28年9月1日〜
 ・実施機関:公益財団法人放送文化基金
 ・助成対象:①技術開発/放送技術に関する研究・開発
         ②人文社会・文化/放送に関する人文・社会科学的な調査、研究、及び文化的な事業
 ・応募資格:放送に関連する調査、研究または事業を行う団体もしくは個人
         (特に助手、大学院生など若手研究者からの自由な発想で次世代の放送につながるような
          プロジェクト申請をお待ちしています
 ・詳細
http://www.hbf.or.jp/grants/article/guideline_grants   (募集月:2016年7月)

2016/9/30
17時締切
国際科学技術基盤整備事業 平成28年度採択予定 日本-台湾研究交流課題募集
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興機構 
 ・募集分野:「超高齢社会における高齢者のケアと支援のためのICT」
         具体的には以下を対象とします
        (1)Utilizing VR and Robot for body augmentation and telewaork of elderly people
        (2)ICT for the support of independent life of elderly people to achieve their aging in place
          (monitoring etc)
        (3)Motioning technology for care of elderly people
 ・詳細:
http://www.jst.go.jp/inter/kiban/taiwan/proposal/announce_taiwan8th.html   (募集月:2016年7月)

2016/9/30
消印有効
平成29年度 日本万国博覧会記念基金助成募集
 ・実施機関:公益財団法人関西・大阪21世紀協会
 ・研究対象:(1)国際相互理解の促進に資する活動
          ①国際文化交流、国際親善に寄与する活動平成29年度重点テーマ
          ②学術、教育、社会福祉、医療及び保険衛生に関する国際的な活動
          ③自然の保護その他人間環境の保全に関する国際的な活動
         (2)文化的活動
          ①日本の伝統文化の伝承及び振興活動平成29年度重点テーマ
          ②芸術及び地域文化に関する活動
 ・詳細:http://www.osaka21.or.jp/jecfund/  (募集月:2016年7月)

2016/9/30
消印有効
第38回(平成28年度)沖縄研究奨励賞
 ・実施機関:公益財団法人沖縄協会
 ・応募要件:(1)沖縄を対象とした優れた研究を行っている
         (2)平成28年7月15日現在、50歳以下
         (3)学協会、大学、研究機関または実績のある研究者から推薦を受けた者
         (4)出身地および国籍は不問
 ・詳細:http://www.okinawakyoukai.jp/ (募集月:2016年6月)

2016/9/30
締 切
平成28年度コニカミノルタ画像科学奨励賞
 ・実施機関:公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団
 ・対象分野:①光と画像に関する材料及びデバイスの研究
         ②光と画像に関するシステム及びソフトウェアの研究
         ③光と画像に関するその他の先端的な研究
 ・応募資格:日本の大学、国公立及び民間公益研究機関に所属する研究者で個人又はグループ
         但し、年齢は40歳以下(平成28年9月30日現在、グループは代表者)とする
 ・詳細:http://konicaminolta.jp/pr/foundation/  (募集月:2016年7月)

2016/9/30
締 切
第28回(平成28年度)加藤記念助成募集
 ・実施機関:公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団
 ・研究領域:(1)メディカルサイエンス分野 
         (2)バイオテクノロジー分野
 ・応募資格:日本国内の大学又は研究機関に所属し以下の条件を満たす研究者
          ①年齢(応募締切日)・40歳以下、ただし以下の例会を認める
                         博士号取得後10年以内であれば40歳以上も可
                         応募時までに産前産後休職、育児休職を取得した経験のある者については
                         性別を問わず一律2年間年齢制限を延長する
          ②除外対象・学生、大学院生
                  ・過去に本助成を受領し2年間経過していない者
                  ・当財団選考委員と同一研究室に所属する者
                  ・国外での研究
          ③重複助成制限・本年に総額で年間1000万円以上の公的助成、又は300万円を超える
                      他財団からの助成金受領が決定(内定)している者は対象外
 ・詳細:http://www.katokinen.or.jp/   (募集月:2016年6月)
 

2016/9/30
締 切
平成29年度日教弘本部奨励金公募
 ・実施機関:日本教育公務員弘済会 (後援:文部科学省)
 ・助成対象:学術、芸術、福祉、国際交流、環境保全等の各分野において、教育機関及び非営利団体が
         次年度(平成29年度)に行う教育の向上発展に寄与する全国規模の有益な研究・活動
 ・応募資格:教育機関(学校を含む))、非営利団体、個人、グループ
         ・応募者が計画の推進に責任を持ち、助成金の管理及び報告を行うことを条件とする
          但し、個人で申請を行った場合についても所属組織が助成金の管理を行う事ができる方
 ・詳細:http://www.nikkyoko.or.jp
   (募集月:2016年6月)

2016/9/30
消印有効
第6回(平成29年度)三島海雲学術賞
 ・実施機関:公益財団法人三島海雲記念財団
 ・対象分野:【自然科学部門】 食の科学に関する研究
         【人文科学部門】 アジア地域の歴史を中心とする人文科学に関する研究
 ・応募資格:【自然科学部門】 国内外の学術誌等に公表された論文、著書、その他の研究業種により独創的で
                    発展性のある顕著な業績を挙げている者のうち、下記条件を満たす若手研究者
                     1)45歳未満の者(平成29年4月1日現在)
                     2)日本在住の研究者(国籍は問いません)及び海外在住の日本人研究者(日本国籍)
         【人文科学部門】 国内外の学術誌等に公表された論文、著書、その他の研究業種により独創的で
                    発展性のある顕著な業績を挙げている者のうち、下記条件を満たす若手研究者
                     1)45歳未満の者(平成29年4月1日現在)
                     2)平成26年8月から平成28年9月に刊行された著書(単著)を有する者
                     3)日本在住の研究者(国籍は問いません)及び海外在住の日本人研究者(日本国籍)
 ・詳細:http://www.mishima-kaiun.or.jp   (募集月:2016年4月)
 

2016/9/30
消印有効
第二十八回(平成28年度)研究助成募集
 ・実施機関:公益財団法人江野科学振興財団
 ・対象分野:ゴムを主体とする高分子化学及びこれと関連する分野の基礎研究、応用研究及び開発研究並びに
         化学、物理、機械、電気などの学際的研究
 ・応募資格:大学及び研究機関に所属する研究グループまたは個人研究者を対象とし、下記の2つに分類します
         (1)「一般研究助成」
             研究者の年齢制限なし
         (2)「田中ゴム科学技術賞」
             ゴムの科学技術(化学、生化学、物理学、工学)における若手研究者の特に優れた研究の支援を
             目的とし、大学院博士課程在籍者を含む36歳未満(平成28年4月1日現在)の方
 ・詳細:http://www.kokoku-intech,com/social/foundation/   (募集月:2016年6月)
 

2016/9/30
消印有効
「倒産・再生報制研究」に関する懸賞論文募集(トリプルアイ・高木賞)
 ・実施機関:公益財団法人民事紛争処理研究基金
 ・募集対象:倒産・再生法制に係る平成27年4月1日から平成28年9月末までに公刊された著書・論文
 ・応募資格:広く倒産・再生法制に関する県きゅを行っている個人(学生[学部学生・大学院生・法科大学院生]および
        一般個人[論文公表時に年齢40歳未満の若手研究者及び実務家])で、自薦他薦は不問
 ・詳細http://www.mhk.or.jp  (募集月:2016年3月)
 

2016/9/30
必 着
平成28年度研究出版助成
 ・実施機関:公益財団法人日本証券財団
 ・助成対象:①大学において学術の研究調査に従事している55歳以下の個人又は代表とするグループ
          なお、グループは複数の研究機関にまたがっていてもよい
          また、代表者は又はこれに準ずる者の年齢は55歳超であってもよい
          大学院学生は、博士課程又は博士課程後期課程に限り共同研究H者になることができる
         ②証券会社及び金融機関等のグループ並びに民間研究機関の研究者
 ・対象分野:証券金融経済分野(証券、金融、財務・会計、企業・経営、法律、経済、社会)
 ・詳細:http://www.jssf.or.jp  (募集月:2016年4月)
 

2016/9/23
17:00締切
共同研究・共同利用公募
   ※申請申込み受付期間が延長されました 平成28年10月7日(金)17:00まで
 ・実施機関:琉球大学国際沖縄研究所
 ・研究課題:A.ダイバーシティ研究
         B.島嶼経済システム研究
         C.対外関係研究
         D.島嶼コミュニティ研究
         E.複合型研究
 ・研究対象:1.国内島嶼・離島地域
         2.海外島嶼地域および関連地域
 ・応募資格:(1)研究組織は国立大学法人・公私立大学またはこれに準ずる学術研究期間の研究者で
           本研究所長が適当と認めた者により構成するものとする。
        (2)申請にあたっては、(1)に該当する複数名による研究グループを形成することと、
           その中に本研究教員1名以上を含むことが必要です。
        (3)研究グループ内の本研究所教員は共同研究者とし、そのうち1名を「本研究所対応教員」
           としてください。本研究所対応教員は共同研究予算の執行手続きや購入した図書・資料等の
           保管などを行います。
 ・詳細:http://www.iios.u-ryukyu.ac.jp/news/2016/08/post-7.html  (募集月:2016年8月)

2016/9/26
消印有効
愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業 わかしゃち奨励賞
 ・実施機関:愛知県・公益財団法人科学技術交流財団・公益財団法人日比科学技術振興財団
 ・募集内容:(1)テーマ「イノベーションで未来に挑戦〜次世代成長産業の創造〜」
         (2)テーマの内容及び対象分野
           「あいち科学技術・知的財産アクションプラン2016-2020」で研究重点分野として位置付けた
           次の次世代成長産業分野において、自らの研究に基づいて、その成長を活用することで、
           将来「産業や社会へ大きな貢献」が見込める夢のある研究テーマ・アイデア
           (すぐに実現・事業化しなくても、企業等との共同研究等により成果の活用が期待できるものや
            新たな研究開発のテーマとなる可能性のあるものを含む)
          【対象分野】新世代自動車分野・航空宇宙分野・ロボット分野・健康長寿分野
                  環境新エネルギー分野・ICT、IoT、「標準化」分野
          【部門】①基礎研究部門:具体的な製品化像はあるが、実験的な研究段階の夢のあるテーマ
               ②応用研究部門:具体的な製品化像があり、実用可能性の検証段階で発展性の高いテーマ
 ・応募要件:(1)日本国内に在住する平成28年4月1日現在40歳未満の、大学院生もしくは修了生で、
           大学または企業、団体等の研究開発に従事している者(愛知県職員を除く)
         (2)個人応募を原則とし、研究テーマ等のアイデアがグループでの提案の場合は
           グループでの応募も可、その場合はリーダーを定めることとし、りーだーを含む
           グループの半数が追うもの要件を満たすこと
         (3)愛知県内の企業等から共同研究の提案があった場合には実施が可能である事
         (4)原則として日本語で記述したものであること、また、優秀者により行われる発表会も
           原則、日本語で行うこととする。
        (5)公序良俗に反しない内容であること
        (6)自らの研究に基づく提案であれば、基となる研究の論文発表等の有無は問わない
           ただし、今回提案のアイデア自体は、初出のものであること
           また同時期に他の公募に同一内容の提案を行っていないこと
        (7)知的財産権に関わる内容については問題が生じないよう応募の段階で関係者の同意を得る
           などの措置を講じておくこと
        (8)提案内容が指導教員の研究と関係する場合は、指導教員の了解を得ること
 ・詳細:
http://www.pref.aichi.jp/san-kagi/kagaku/nurture/pd/ (募集月:2016年7月)

2016/9/23
締 切
マイクロソフトアジア2016CORE共同研究プロジェクト募集
 ・実施機関:Microsoft Research
 ・募集テーマ:・Perception, Recognition, and Interaction: enable users to interact with a computer using speech,
           graphics and vision; allowing people to search for and to be immersed in interactive online shopping,
           education, meeting and entertainment activities through multimedia.
          ・Human and Machine Intelligence: explore new infrastructures, algorithms, tools and applications
           to collect, analyze and mine results for data-intensive business in both the consumer and enterprise
           sectors; applying data-mining, machine-learning and knowledge-discovery techniques to information
           analysis, organization, retrieval and visualization.
          ・Hardware and Software Systems: include areas such as software analytics, networking, mobile sensing,
           applied algorithms, devices, and systems that will have an impact on multiple applications and products.
 ・提案者要件:・提案者は以下のどちらかの機関委所属する必要があります
            文部科学省認定の4年制大学・大学院および国公立研究機関
            非営利の研究機関
          ・昨年度のCORE(CORE12)の採択者以外の提案者
          ・提案者は、研究費の支援を受けたプロジェクトから生じるすべての成果をパブリックドメインにすることで、
            研究期間がプロジェクトから生じた成果に対する所有権を放棄する事に同意する必要があります。
           もし研究機関が生じた成果に対して知的財産権を主張する場合はマイクロソフトに対して事前の通知
           および無償のライセンスを提供しなくてはなりません
 ・詳細:
http://www.microsoft.com/ja-jap/ijarc/core/ifp_current_i.aspx  (募集月:2016年8月)

2016/9/23
締 切
第6回地域産業支援プログラム
表彰事業イノベーションネットアワード2017
 他薦締切 2016/8/22
 ・実施機関:一般財団法人日本立地センター・全国イノベーション推進機関ネットワーク
 ・詳細::http://www.innovation-netwaork,jp/ (募集月:2016年7月)

2016/9/20
必 着
2016年度学術研究助成事業募集
 ・実施機関:公益財団法人全国銀行学術研究振興財団
【研究活動に対する助成(研究助成)】【研究成果の刊行に対する助成(刊行助成)】
 ・研究分野:経済・金融及びこれらに関する法制に係る研究
         (具体例 経済分野:経済理論、経済統計学、敬愛政策、経済史、財政学、金融論
               法律分野:民法、商法、経済法、その他の金融。経済に関する法律)
 ・助成対象:60歳未満(本年12月末現在)の日本の大学教授、准教授、専任講師、助教(外国の大学に在籍している
         日本人研究者を含む)の研究、またはこれらの研究者による共同研究(共同研究者には大学院生、
         外国の大学に在籍している外国人研究者を含む)
         ただし、2015年度に単独または共同研究の代表者として、当財団の研究又は刊行助成を受けた方は
         選考の対象外とする
 ・詳細:http://www.jade.dti.ne.jp/~bankfund/ (募集月:2016年6月)
 

2016/9/20
必 着
第33回(2016年度)井上研究奨励賞受賞者推薦
 【学内1件限り】→学内受付締切ました
 
申請を希望される方は8月1日までに研究協力係にお申し出ください。(この時点では提出書類は必要ありません)
 ・実施機関:公益財団法人井上科学振興財団
 ・推薦対象:2013年4月1日〜2016年3月31日(2013年度〜2015年度)の過去3年間に、理学・工学・医学・薬学・農学等の
         自然科学の基礎的研究において新しい領域を開拓する可能性のある優れた博士論文を提出し、本学で博士の
         学位を取得した研究者で2016年9月20日現在の年齢が37歳未満の者
 ・詳細:http://www.inoe-zaidan.or.jp  (募集月:2016年4月)
 

2016/9/16
消印有効
花博記念協会 平成29年度助成事業公募
 ・実施機関:公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会
 ・助成対象:花博の理念である「自然と人間との共生」の継承発展・普及啓発や
         「花と緑」に関連する科学技術や文化などの発展・交流に貢献する事業
 ・応募対象:①(公益・一般)財団法人、(公益・一般)社団法人など
         ②特定非営利活動法人(NPO)
         ③人格なき社団のうち非収益団体で代表者の定めがあるもの
          (研究グループや実行委員会、活動クラブなど、学生が関わるものも可)
 ・詳細::http://www.expo-cosmos.or.jp (募集月:2016年8月)

2016/9/16
締 切
信楽MU観測所・赤道大気観測所共同利用研究課題
MUレーダー・赤道待機レーダー観測データベース共同利用研究課題
 ・実施機関:京都大学生存圏研究所
 ・応募資格:本共同利用へ応募できる研究者は以下の通りです
         1.学術研究を目的とする国内外の研究機関に所属する者
         2.教育を目的とする国内外の研究機関に所属する者
         3.民間の企業・団体に所属する者
         4.その他、研究所長が適当と認める者
 ・詳細:http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/mu+ear/collaborative.html   (募集月:2016年7月)

2016/9/9
必 着
平成28年度国立歴史民俗博物館共同研究公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館
 ・研究課題:本館の収蔵資料に関連する研究課題
 ・応募資格:大学その他の研究機関に勤務する研究員もしくは、これと同様の研究能力を有する研究者
         (大学院生は除く)
         専任、非常勤については不問
 ・詳細:
https://www.rekihaku.ac.jp/education_research/research/list/joint/public_ad/index.html (募集月:2016年7月)

2016/9/9
締 切
平成29年度(2017年度)寄附講座助成募集
 ・実施機関:公益財団法人発酵研究所
 ・募集対象:微生物の研究を行う寄附講座の設置を希望する日本の国立大学、公立大学および私立大学の
         いずれかに属する部局(研究科、学部又は研究所)
 ・研究分野:微生物学全般
         (大きなヴィジョン、明確な目標がある独創的でチャレンジングな研究を期待し
          研究を通じて若手研究者を育成する)
 ・教員構成:少なくとも教授または准教授が1名、准教授または助教が1名とする
         教員は当該講座の専任とし、他の職あるいは研究室との兼務をしてはならない
         教員は平成29年10月1日の時点で満55歳以下であることが望ましい、休職または出向で当該講座に
         着任する事は可能とする
 ・詳細:http://www.ifo.or.jp   (募集月:2016年6月)

2016/9/5
必 着
第10回「未来を強くする子育てプロジェクト」募集
 ・実施機関:住友生命保険相互会社
 
【子育て支援活動の表彰】より良い子育て環境づくりに取り組む団体や個人を表彰
 ・募集対象:より良い子育て環境づくりに資する活動を行い成果を上げている個人・団体が対象
 ・募集要件:①子育て支援に資する諸活動を継続的に行っていること
         ②活動内容が社会に認められロールモデルとなり得るものであること
         ③活動の公表を了解していいただける個人・団体であること
         ④日本国内で活動している個人・団体であること
         ⑤震災復興応援特別賞対象については東日本大震災などの大きな災害(激甚災害を目安)に
          おける被災者の支援、復興のために子育て支援活動を行う個人・団体であること
 【助成研究者への支援】子育てと研究の両立を願って、あなたの研究を2年間支援します。
 ・募集対象:現在、育児のため研究の継続が困難な女性研究者および子育てをしながら研究を続けている
         女性研究者を対象とする
 ・募集要件:①人文・社会科学分野の領域で有意義な研究テーマを持っていること
         ②原則として応募時点で未就学児(小学校就学前の幼児)の育児を行っていること
         ③原則として修士課程資格取得者または博士課程在籍。資格取得者であること
         ④2名以上の推薦者がいること(うち1名は従事した、または従事する大学・研究所等の指導教官
          または所属長である事が必要)
         ⑤現在、大学・研究所等に在籍しているか、その意向があること
         ⑥支援を受ける年度に、他の懸賞制度、助成制度で個人を対象とした研究助成を受けていないこと
           (科研費・育児休業給付金などは受給していても応募可)
 ・詳細:http://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/  (募集月:2016年7月)

2016/9/2
締 切
平成28年度「手づくり郷土賞」募集
 ・実施機関:国土交通省近畿地方整備局
 ・募集対象:関西におけるまちづくり・地域づくりの取り組み
         【一般部門】
           地域の魅力や個性を生み出している、社会資本及びそれと関わりのある
           地域活動が一体となった成果
         【大賞部門】
           これまでに「手づくり郷土賞」を受賞した社会資本またはそれと関わりのある
           活動を含む成果
 ・募集団体:地域の社会資本を有効活用し、地域づくりに取り組む活動団体が単体で、又はその社会団体を
         管理する地方公共団体(都道府県、市区町村))と共同で応募するものとする。
 ・詳細:http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/tedukuri/what_furusato/what_furusato.html   (募集月:2016年6月)

2016/9/1
必 着
平成28年度研究助成募集
 ・実施機関:公益財団法人上廣倫理財団
 
・助成趣旨:「若手研究者」「女性研究者」の支援を目的に独自性が高く将来の発展が期待できる優れた
         「倫理」研究に助成
 ・応募要件:(1)日本国内外の大学・学校及びその附属研究所の教育機関に在籍し、在籍する機関より応募の
           承認を得ている事(ただし博士課程に在籍もしくは満期退学及び終了し指導教官の推薦状を
           提出可能な方は所属に関係なく応募可能とする)
         (2)概ね45歳までの研究者
         (3)学術振興会の助成等の公的助成を助成期間中・同じ研究で受けていないこと
         (4)国籍は問いませんが、応募は日本語に限ります
 ・対象研究:(1)人間の「生命」や「生き方」、社会における「共生」に関する哲学、倫理学。教育学、心理学等、
           人文社会科学分野からの研究
         (2)現代の倫理的課題に関する実態研究及び調査
         (3)学校における倫理教育・道徳教育に関する研究
 ・詳細:http://www.rinri.or.jp   (募集月:2016年6月)

2016/9/1
締 切
安倍フェローシップ・プログラム個人研究プロジェクト公募
 ・実施機関:米国社会科学研究評議会(SSRC)
 ・応募資格:・日本国籍または米国市民権の保有者。もしくはその他の国籍保有者で日本または米国に長期にわたる
          研究拠点を有する者
         ・博士号(Ph.D)または専門分野での同等の経験を有する者。学界以外の専門家からの申請も歓迎
         ・語学の習得度については資格上の要件ではありませんが、申請する調査研究の内容からして語学力が
          不可欠と判断されるものについては、プロジェクトを完遂させるために必要十分な語学力の証明書を提出
          することが求められます。
         ・重要な政策課題に関する研究または具体的政策提言を意図する研究の場合、その目的や内容が党派的と
          みられるものは安倍フェローシップの対象となりません
 ・研究課題:(1)個人・社会・国際的な社会保障に対する脅威
         (2)成長と持続的な発展
         (3)社会・科学・文化のトレンドと変容
         (4)ガバナンス、エンパワーメントと市民参加
 ・詳細:http;//www.abefellowship.info   (募集月:2016年6月)

2016/8/31
締 切
日韓の文化・芸術・スポーツ・学術分野の助成
 ・実施機関:公益財団法人韓昌祐・哲文化財団
 ・研究内容:日韓にかかわる文化・芸術・歴史・社会・スポーツ・国際交流の研究、活動
 ・詳細:
http://www.hanchangwoo-tetsu.or.jp/  (募集月:2016年7月)

2016/8/31
締 切
「国際会議論文発表者助成」候補者募集
 ・実施機関:公益財団法人NEC C&C財団
 ・研究内容:C&C分野、及びその関連技術とする
 ・応募資格:①国際会議参加時に日本の大学及びこれに準ずる教育機関に在籍している大学院生(原則40歳以下)
         ②国際会議(査読あるいはセレクション付き、海外開催)での採用が原則として確定している事
          但し、採用未確定の段階でも応募できます、この場合は参加する会議の採用決定の確証を
          後日提出していただくことにより正式な助成決定者といたします
          (応募後に採用が不可となった場合等はその助成規格を失うことになります)
         ③投稿論文の場合は、筆頭著者で、かつ発表者である事
         ④参加する国際会議は、原則学会等の学術団体が主催、協賛、後援するものとします
         ⑤経済的必要性が高いことを原則とします
 ・詳細:
http://www.candc.or.jp/  (募集月:2016年7月)

2016/8/31
締 切
平成29年度全国発明表彰募集
 ・実施機関:公益財団法人発明協会(発明奨励グループ)
 ・表彰区分:【第1表彰区分】
         科学技術的に秀でた進歩性を活かし、かつ、顕著な実施効果を挙げている発明等が対象
         【第2表彰区分】
         科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ、中小・ベンチャー企業、大学及び公設試験研究機関等の
         研究機関に係る発明等が対象
 ・応募資格:(1)応募者は日本国内における当該発明等の権利を有する事
           但し、第2表彰区分においては、共同発明等に係る場合、中小・ベンチャー企業、大学及び
           公設試等研究機関が当該発明等の権利を有する事
         (2)応募案件の発明者、考案者又は創作者は日本国籍を有するか、又は当該発明等を日本国内に
           おいて完成させ発明表彰の趣旨に適合すると当協会が認めた者えある事
           第2表彰区分においては、前記に加え日本国籍を有する者と共同で完成させた外国人であって、
           趣旨に適合すると当協会が認めた者を含むとこができる
         (3)応募案件の発明等で、本発明表彰を受賞していないこと
         (4)当該発明等に関する同一の業績により叙勲・国家褒章を受章していない事
 ・詳細:http://koueki.jiii.or.jp/   (募集月:2016年6月)

2016/8/31
必 着
平成29(2017)年度次世代を担う研究者助成事業 研究テーマ募集
 ・実施機関:一般財団法人日本溶接協会
 ・助成対象:鉄鋼材料を主体とした溶接・接合技術およびその周辺技術の研究
         ただし、国及び他の機関から助成を受けた研究、および企業との共同研究は除外します
 ・応募資格:日本国内の大学、工業高等専門学校の研究教育機関に所属し、日本国内で従事する
         平成29(2017)年4月1日現在で45歳以下の研究者(国籍不問)
 ・詳細:http://www.jwes.or.jp/jp/somu/grant/index.html
   (募集月:2016年6月)

2016/8/31
17時締切
平成28年度「JAXA航空技術イノベーションチャレンジ」
 ・実施機関:国立開発研究法人宇宙航空研究開発機構(航空技術部門)
 ・応募対象:原則としてJAXAと締結をすることができる国内の機関、法人、または公共団体
 ・研究課題:募集するテーマは限定しない
         世界の航空輸送・航空機利用のイノベーションや我が国の航空産業の競争力強化につながり、
         世界をリードできる革新的な技術やアイデアを広く募集
 ・詳細:
http://www.aero.jaxa.jp/collabo/public-invitation/challenge.html  (募集月:2016年6月)

2016/8/31
17時締切
平成29年度(2017年度)日本人若手研究者研究助成金募集
 ・実施機関:公益財団法人中島記念国際交流財団
 ・対象分野:(1)情報科学 (2)生命科学
 ・応募資格:日本の大学・研究機関に所属する若手研究員のうち、主として日本学術振興会の特別研究員経験者
         (若手研究者とは平成29年4月1日現在37歳以下の研究者とする)
           ※特別研究員経験者でなくても、応募は可能
           ※平成29年4月以降、引き続きまたは新たに大学院生であるも者は応募不可
           ※日本永住許可のある外国人も応募可
 ・詳細:http://www.nakajimafound.or.jp   (募集月:2016年6月)

2016/8/31
必着
平成29年度(2017年度)日本人海外留学奨学生募集
 ・実施機関:公益財団法人中島記念国際交流財団
 ・対象分野:(1)情報科学 (2)生命科学 (3)経営科学
 ・応募資格:日本に在住する平成29年4月1日現在30歳以下の者(学生)で、平成29年度中に留学開始し
         かつ次のいずれにも該当する者であること(日本永住許可のある外国人も応募可)
         (1)海外の大学(または準ずる機関)の修士号又は博士号を取得するために留学する者
         (2)学業、人物ともに優秀であって、健康である者
         (3)外国語能力について、留学先での教育研究に支障のない者
         (4)国際理解及び我が国と諸外国との友好、親善に寄与できる者
 ・詳細:http://www.nakajimafound.or.jp   (募集月:2016年6月)

2016/8/31
正午締切
平成28年度 環境事業 環境プロジェクト助成
 ・実施機関:公益財団法人りぞなアジア・オセアニア財団
 ・募集制限:要推薦/海外日本人可/在日外国人可・推薦外国人可(ただし共同研究は日本人を代表者とすること)/

         地域制限(アジア・オセアニア諸国、地域)/年齢制限なし
 ・助成対象:アジア・オセアニア諸国や地域における豊かな緑ときれいな水を守る事業
         当該地域で既に萌芽的な活動が行われ、応募者が既に何らかの形で活動に関与している事業
 ・詳細:http://www.resona-ao.or.jp/ (募集月:2016年5月)
 

2016/8/31
17:00締切
2016年度公募委託調査研究募集
 ・実施機関:一般財団法人全国労働者福祉・共済振興協会(全労済協会)
 ・応募資格:主たる研究拠点が日本国内にあり、下記のいずれかに該当する日本語での申請書・報告書の
         作成と報告が可能な研究者
         ・学校教育法に基づく大学及び同附属研究機関等に所属する研究者
         ・民間の研究機関(民間企業の研究部門を含む)に所属する研究者
         ・大学院博士後期課程在籍者
 ・研究分野:メインテーマ「ともに支えあう社会をめざして」
         ①共済・保険等の私的生活保障に関する調査研究
         ②協同組合組織が果たす社会的機能に関する調査研究
         ③地域社会での新たなコミュニティ機能に関する調査研究
         ④雇用・生活の実態と社会保障制度・政策、特に格差・貧困の拡大に関する調査研究
 ・詳細:http://www.zenrosaikyokai.or.jp/   (募集月:2016年5月)

2016/8/31
締 切
平成28年度 研究助成
 ・実施機関:公益財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団
 ・助成分野:エネルギー・リサイクル分野
         総合防災科学分野
 ・対象分野:電気、電子、情報、通信、土木、建築、機械、化学、バイオ、リサイクル、テクノロジーアセスメント等
 ・詳細:http://www.krf.or.jp   (募集月:2016年1月)

2016/8/26
24時締切
2016年度募集・2017年度採択 人文・社会科学系「研究奨励」
 ・実施機関:公益財団法人旭硝子財団
 ・助成対象:「持続可能な社会の実現に向けた人文・社会科学的な研究」の下記のテーマ
           a.環境と両立する経済社会の形成に関する研究
           b.環境汚染・自然破壊・自然災害などが人間社会にもたらす諸問題に関する研究
           c.持続可能なコミュニティ形成や国際協力に関する研究
           d.持続可能な社会を担うアクター(市民・NPO/NGO・企業・自治体等)に関する研究
           e.人口減少社会のビジョン構築に関する研究
           f.社会的平等を実現するシステム・政策に関する研究
           g.その他、持続可能な社会の実現に向けて、申請者が上記のテーマにとらわれずに提案する研究
 ・応募要件:国内の大学とその附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校に所属し主体的に研究を進めている
         原則常勤の研究者、1970年1月1日以降生まれ、助成及び応募の重複が無い事
         チーム研究の場合には、申請代表者自身も現地調査をする研究計画であること
 ・詳細:http://www.af-info.or.jp  (募集月:2016年6月)

2016/8/25
締 切
「朝日賞」候補者推薦
  【学内で原則1名、最大2名】→学内受付締切ました
 応募を希望される方は7月22日までに研究協力係にお申し出下さい。(この時点では提出書類は必要ありません)

 ・実施機関:朝日新聞社 朝日新聞文化財団
 ・詳細:http://www.asahizaidan.or.jp/index.html  (募集月:2016年7月)

2016/8/22
締 切
平成29年度(2017年度)一般研究助成募集
 ・実施機関:航跡財団法人発酵研究所
 ・応募資格:日本の研究機関に所属し、微生物の研究を行っている個人
         助成期間内に本申請に関連する研究で他から年間500万円以上の助成金・研究費を受けることが
         確定している場合は除く
 ・研究課題:微生物(細菌、アーキア、菌類、微細藻類)の研究を対象とする
         独創的で夢のあるチャレンジングな研究を期待している
         研究課題1 微生物の分類に関する研究
         研究課題2 微生物の応用に関する研究
         研究課題3 微生物の環境に関する研究
 ・詳細:http://www.ifo.or.jp   (募集月:2016年6月)

2016/8/22
締 切
平成29年度(2017年度)若手研究者助成募集
 ・実施機関:公益財団法人発酵研究所
 ・応募資格:1.平成29年4月1日現在、ポスドクとして日本の研究機関で微生物の研究を行う日本人
         2.平成29年4月1日現在、満40歳以下の者
         3.助成期間内に、当財団以外から生活費を受けない者
 ・研究課題:微生物(細菌、アーキア、菌類、微細藻類)の分類に関する研究(分離、分類、保存、生体進化等)
 ・詳細:http://www.ifo.or.jp   (募集月:2016年6月)

2016/8/12
必 着
平成28年度国立歴史民俗博物館共同研究員公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館
 ・研究内容:「北と南から見た古代の列島社会〜列島諸地域の交流・形成と環境変動〜」
         (代表:国立歴史研究博物館・准教授 三上嘉孝
 ・応募資格:大学その他の研究機関に勤務する研究者並びにこれらに準ずる研究者
         (大学院生は除く)
 ・詳細:https://www.rekihaku.ac.jp/education_research/research/list/joint/recruit/index.html
  (募集月:2016年7月)

2016/8/12
24時締切
2016年度募集・2017年度採択 自然科学系「環境フィールド研究 近藤記念グラント」
 ・実施機関:公益財団法人旭硝子財団
 ・対象分野:絶滅危惧種の保護や外来種対策を含む生物多様性・生態系の保全・再生や持続的利用等に関する
         基礎科学から応用科学までを含めた研究分野
         フィールド調査の対象地域は日本並びに周辺のアジア地域とする
 ・応募要件:国内の大学とその附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校に所属し主体的に研究を進めている
         原則常勤の研究者、1956年1月1日以降生まれ、助成及び応募の重複が無い事
         チーム研究の場合には、申請代表者自身も現地調査をする研究計画であること
 ・詳細:http://www.af-info.or.jp  (募集月:2016年6月)

2016/8/12
24時締切
2016年度募集・2017年度採択 自然科学系「研究奨励」
 ・実施機関:公益財団法人旭硝子財団
 ・対象分野:第1分野:化学・生命科学系の研究で、物質・材料、生命・生物に関わる研究、
               およびこれらに関係の深い研究
         第2分野:物理・情報工学系の研究で材料・デバイスシステム、情報・制御ならびに
               設計・生産の基礎に関わる研究、およびこれらに関係の深い研究
         第3分野:建築・都市工学系の研究で人間生活の歴史と現状、将来を視野に置いた
               建築・都市空間い関わる研究
 ・応募要件:国内の大学とその附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校に所属し主体的に研究を進めている
         原則常勤の研究者、1970年1月1日以降生まれ、助成及び応募の重複が無い事
 ・詳細:http://www.af-info.or.jp  (募集月:2016年6月)

2016/7/31
24時締切
第32回リバネス研究費 吉野家賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:五感と感性や行動の関連性を追求する研究
         未来の外食産業を創造する五感に関わるテーマで、人間工学、心理学、農学、栄養学、情報工学、
         機械工学、建築学、環境学など幅広い科学・技術分野の研究を募集します
 ・詳細:https://r.lne.st/2016/06/01/yoshinoya32/  (募集月:2016年6月)

2016/7/31
24時締切
第32回 リバネス研究費 プロト賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:自動車が関係するニーズ・意識等の各種調査・研究及び、将来必要となる自動車関連技術の研究・開発
 ・詳細:https://r.lne.st/2016/06/01/proto/
  (募集月:2016年6月)

2016/7/31
締切(前期)
平成28年度 研究開発助成・国際交流促進助成募集
 ・実施機関:公益財団法人天田財団(天田財団創立30周年記念事業)
 ・募集内容:金属等の塑性を利用した加工及び高密度エネルギー下での諸特性を利用した加工に必要な
         技術の調査・研究に対する助成並びにその国際交流促進のための助成
         【研究開発助成】重点研究開発助成Aグループ研究
                    重点研究開発助成Bグループ助成
                    一般研究開発助成
                    奨励研究助成
         【国際交流促進助成】国際会議等開催準備助成
                       国際会議等参加助成
                       外国人養成助成
 ・詳細:http://www.amada-f.or.jp/   (募集月:2016年5月)
 

2016/7/31
消印有効
平成28年度(第43回)調査研究助成募集(公募)
 ・実施機関:公益財団法人大和証券ヘルス財団
 ・募集課題:中高年の医学・医療、保健及び福祉・介護に関する調査研究
         ※医学の分野においては、臨床医学に沿った調査研究の応募を希望します
 ・応募資格:国内の大学、研究所、病院、その他公的私的団体に属する50歳未満(平成28年7月31日現在)の
         国内在住研究者であること
         ※平成27年度(第42回)の受贈者は、本年度の応募資格はありません
         ※1研究者につき1研究の応募とさせていただきます
 ・詳細:http://www.daiwa-grp.jp/dsh/index.html  
  (募集月:2016年5月) 

2016/7/31
必 着
第5回吉野作造研究賞作品募集
 ・実施機関:吉野作造記念館
 ・応募資格:2016年4月1日時点で40歳以下の者で、政治史・政治思想史・文化史研究等、
         また吉野作造関連の研究を主題とし、未発表であるか、
         または2014年4月1日から2016年3月31日までに刊行された著作又は研究論文を対象とする。他薦も可。
 ・詳細:http://www.yoshinosakuzou.jp/  (募集月:2015年10月)

2016/7/29
締 切
平成28年度 第2回わかやま中小企業元気ファンド事業
 ・実施機関:公益財団法人わかやま産業振興財団
 【地域資源活用分野】
 ・助成対象:和歌山県内に事業所を有し、下記のいずれかに該当する方
         ①中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律第2条第2項の規定に基づく操業を行う者
         ②中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律第2条の規定に基づく
           中小企業者(中小企業。事業協同組合、農業協同組合、漁業協同組合、森林組合、商工組合等)
         ③特定非営利活動促進法第2条第2項の規定に基づく特定非営利活動法人(NPO法人)
         ④上記の資格を有する者によるグループ
 ・対象事業:和歌山ブランドの創出を図るため和歌山県の「農林水産物」「鉱工業品とその製造技術」
         「文化財、自然の風景地、温泉その他の地域の観光資源」を活用した新商品の研究開発・
         試作・新サービスの開発及び開発に付随する展示会出展等の事業
 【新産業育成分野】
 ・応募資格:和歌山県内に事業所を有し、下記のいずれかに該当する方
         ①中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律第2条第2項の規定に基づく操業を行う者
         ②中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律第2条の規定に基づく
           中小企業者(中小企業。事業協同組合、農業協同組合、漁業協同組合、森林組合、商工組合等)
         ③特定非営利活動促進法第2条第2項の規定に基づく特定非営利活動法人(NPO法人)
         ④上記の資格を有する者によるグループ
 ・助成対象:和歌山県経済牽引となる中核企業の育成・振興を図るため、戦略的に位置づけた
         「素材(材料)分野」「産業部材(機器を含む)分野」「食品加工分野」「暮らし分野」「観光分野」の
         5つの重点分野で、県内中小企業等が国・県の公募型研究資金を活用するなど大学・高専・
         公設試験研究期間と連携して行う新製品の開発・試作、新サービスの開発及び開発に付随する
         展示会等の事業
 ・詳細:http://www.yarukiouendan.jp/fund.html   (募集月:2016年6月)

2016/7/29
締 切
第14回(2016年度)生協総研賞「助成事業」募集
 ・実施機関:公益財団法人生協総合研究所
 ・研究領域:・生活協同組合の今日的な課題および事業・・組合員活動における実践的な研究
         ・くらしの実態に関する経済的、社会的、歴史的視点等からの研究
         ・消費社会及び消費者組織、社会運動に関する研究
         ・地域社会、社会政策、福祉政策・事業、地域環境等に関する研究
         ・東日本大震災に直面している実践的な課題に関する研究
 ・募集対象:①個人研究
           大学・各種研究所等の研究者・大学院生、及び生協、NPO、市民組織等の役職員・関係者等による
           個人の研究・調査を主な対象とする
         ②共同研究
           「個人研究」の対象者と同様とする
           但し、申請者(研究代表者)を中心として若干名の参加メンバーによって構成し、研究するもの
         なお、上記①②とも新進・中堅の申請者を優先して採用する
 ・詳細:http://www.ccij.jp/
  (募集月:2016年5月) 

2016/7/29
web締切
公募型オープンイノベーション「COCKPI-T」
 ・実施機関:武田薬品工業株式会社
 ・研究課題:新しい創薬アイデア(創薬ターゲット、創薬技術等)
         重点領域:消化器系疾患、がん、中枢神経系疾患、免疫研究
 ・応募資格:日本国内の大学、公的研究機関、企業等に所属する若手研究者
 ・詳細:https://www.takeda.co.jp/research/openi/cockpit/    (募集月:2016年5月)

2016/7/27
正午締切
平成28年度戦略的創造研究推進事業 
JST AIRネットワークラボ(ACT‐Ⅰ・さきがけ・CREST)研究提案募集
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
 ・研究領域:・平成28年度より開始される文部科学省「AIPプロジェクト(人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティ
           統合プロジェクト)」に係る戦略目標に対応した新規研究領域
           【情報と未来(研究総括:後藤真孝)】
         ・CREST「人間と調和した創造的協働を実現する知的情報処理システムの構築」研究領域
           【イノベーション創発に資する人工知能基盤技術の創出と統合化(研究総括:栄藤稔)】
           【人間と調和した創造的協働を実現する知的情報処理システムの構築(研究総括:荻田紀博)】
         ・さきがけ「社会と調和した情報基盤技術の構築」研究領域
           【新しい社会システムデザインに向けた情報基盤技術の創出(研究総括:黒橋禎夫)】
           【社会と調和した情報基盤技術の構築(研究総括:安浦寛人)】
 ・詳細:
http://senryaku.jst.go.jp/teian.html  (募集月:2016年6月) 

2016/7/25
17:00締切
2017年度 稲盛財団研究助成
  【2017年度分よりweb申請システムを導入】
 ・実施機関:公益財団法人稲盛財団
 ・応募要件:①日本に居住し、当要項を送付した大学・機関に所属していること
         ②常勤で所属機関に正式に雇用されていること
         ③助教相当以上であること
         ④主体的に研究を行っていること
         ※自然科学系では「40歳以下の若手研究者」の応募を優先します
 ・詳細:http://www.inamori-f.or.jp/   (募集月:2016年5月)

2016/7/15
15:00締切
研究助成プログラム「理想の追求」募集
 ・実施機関:キヤノン財団
 ・助成対象:「食に関する研究」
           ①飢餓と飽食
           ②食の安全保障
           ③第6次産業
           ④食の文化と健康、美味しさ
           ⑤食の安全と流通
 ・応募要件:研究代表者は国内の大学および大学院(付属機関を含む)、大学共同利用機関、高等専門学校、
         その他公的研究機関等の何れかに勤務し、当該機関で実質的に研究できる方
 ・詳細:http://www.canon-foundation.jp/aid/information.html 
 (募集月:2016年5月) 

2016/7/15
web締切
研究者育成助成<ロッテ重光学術賞>
 申請書の郵送・・・7月19日(火)12:00までに財団必着のこと
 ・実施機関:公益財団法人ロッテ財団
 ・助成分野:①食料の生産・加工・流通・保存・備蓄・廃棄に関わる技術
         ②食品のマーケティング
         ③食文化
         ④嗜好性
         ⑤栄養
         ⑥食品安全
         ⑦上記①から⑥の複合領域
 ・応募資格:将来、大学および公的研究機関において、「食と健康」に関する広域科学分野での研究で
        中核となることが期待される若手研究者のうち、2016年4月1日時点で以下の要件に該当する方
         (1)30歳以上40歳以下の方、国籍は不問
         (2)申請時点での所属先は国内・国外を問いませんが、助成期間中の所属先は国内のみとする
         (3)助成期間中に所属予定先の機関長(学部長・研究科長・研究所属長)の承認および育成支援員の
            推薦を得て、育成支援員の下に研究の場を確保し、独自のテーマで主体性を保ちつつ研究を
            遂行できる方
         (4)博士号取得者であること。かつ取得後数年の研究実績を有する、または同等の能力を有する方
         (5)テニュア(終身雇用)として勤務していない方とします。なお、現在所属機関等から給与を受けている
            方は、助成開始後の二十給与を認めませんのでご注意ください
         (6)他財団からの助成については、研究課題名の重複や、エフォート管理上、研究費の過度の
            集中が認められた場合は採択しません
         (7)等財団の「奨励研究助成」と重複して応募する事はできません
         (8)2016年11月10日(木)の面接審査および2017年2月16日(木)の贈呈式に申請者本人が必ず
            出席できる方
 ・詳細:http://www.lotte-isf.or.jp    (募集月:2016年5月)

2016/7/10
必 着
グラフィック文化に関する学術研究助成2016年度募集
 ・実施機関:公益財団法人DNP文化振興財団
 ・助成分野:A部門 グラフィックデザイン、グラフィックアート全般をテーマとする研究
         B部門 グラフィックデザイナー、田中一光に関する研究
 ・対象研究者:グラフィックデザイン、グラフィックアートに関する研究を行う研究者の個人又はグループ
           1)大学に在籍する研究者(教員又は大学院生)
           2)美術館学芸員
           3)大学院修了以上の研究者で、大学教授または美術館長の推薦のある者
           4)その他、上記に準ずる者
 ・詳細:http://www.dnp.co.jp/foundation/grants/
   (募集月:2016年5月) 

2016/7/8
17時締切
2016年度「健康科学・予防医学 研究助成」公募
 ・実施機関:山田養蜂場 みつばち研究助成基金
 【予防医学研究助成】
 ・応募資格:大学や研究機関、医療機関等に所属し研究活動を行う研究者(年齢不問)
 ・対象研究:1)「健康寿命を延ばすこと」の実現に向けた心身の健康と美容に関する研究
         2)新たなサプリメントの開発と効果的な活用に関する研究
         3)継続発展研究
 【養蜂研究助成】
 ・応募資格:大学や研究機関、医療機関等に所属し研究活動を行う研究者、
         もしくは環境保護養蜂関係者(年齢不問)
 ・助成対象:1)ミツバチに深刻な被害を及ぼすミツバチ寄生ダニに関する研究(今年度は重点的に募集)
         2)養蜂業の発展に貢献する研究
         3)蜜源の維持・回復に繋がる環境保護研究
         4)ミツバチサイエンス、養蜂技術開発など
 ・詳細:http;//www.bee-lab.jp/grant/   (募集月:2016年6月)

2016/6/30
17時締切
平成28年度「JAXA航空技術部門公募型研究」
 ・実施機関:国立開発研究法人宇宙航空研究開発機構(航空技術部門)
 ・応募対象:原則としてJAXAと締結をすることができる国内の機関、法人、または公共団体
 ・研究課題:1.事業名:静粛超音速機統合設計技術の研究開発(S4)事業
           研究課題:超音速旅客機のインテーク空力設計及び検証技術に関する研究
         2.事業名:静粛超音速機統合設計技術の研究開発(S4)事業
           研究課題:革新型ソニックブーム超音速旅客機概念の検討
         3.事業名:静粛超音速機統合設計技術の研究開発(S4)事業
           研究課題:超音速旅客機の離着陸騒音低減に係る先進空力設計・音響評価技術の研究
         4.事業名:航空機事故防止技術の研究開発
           研究課題;積雪路面の摩擦係数推定手法の研究
         5.事業名:エコウイング技術の研究開発
           研究課題:新形態将来旅客機概念の検討
 ・詳細:
http://www.aero.jaxa.jp/collabo/public-invitation/fy28.html   (募集月:2016年6月)

2016/6/30
正午締切
平成28年度 共同研究・研究集会公募
 ・実施機関:金沢大学環日本海域環境研究センター
 ・対象課題:全国の研究者にセンターの施設・設備を提供し、環日本海域に関連する基礎的研究、応用的研究及び
         学術集会・シンポジウム等の研究集会で下記のいずれかに関連する研究とする
         a)環境汚染や環境変化の検知とその要因に関する研究
         b)環境変化が健康に及ぼす影響に関する研究
         c)生態系と人間社会の共生に関する研究
         d)地球環境の将来予測に関する研究
         e)持続可能な社会育成に関する研究
 ・応募資格:大学及び学術研究機関に属する研究者若しくは博士後期課程学生
         センター長が適当と認めた者
         ※博士後期学生は「若手研究者育成共同研究」にのみ申請者として応募可
         ※共同研究期間終了後2年以内に共同研究により得られた成果を学術専門誌等に発表(投稿)
           することを応募の条件とします
 ・詳細:
http://k-inet.w3.kanazawa-u.ac.jp/inet/jp/co_research/co-research.html   (募集月:2016年6月)

2016/6/30
15:00締切
研究助成プログラム「産業基盤の創生」募集
 ・実施機関:キヤノン財団
 ・助成対象:日本の強い産業を更に強化する、あるいは新たな産業を興すことによって経済発展を促すような
         科学技術分野にあって、独創的、先駆的、萌芽的な研究
         分野としては、将来社会において重要になることが想定されるICT・エレクトロニクス、健康・医療・生命科学、
         バイオテクノロジー、環境・資源・エネルギー、材料・デバイス・プロセス、サービスサイエンスです
         また、社会的に複雑で難しい課題を解決するために、分野間の知的な触発や融合を図る挑戦的な
         振興・融合テーマなども対象として含めます
 ・応募要件:研究代表者は国内の大学および大学院(付属機関を含む)、大学共同利用機関、高等専門学校、
         その他公的研究機関等の何れかに勤務し、当該機関で実質的に研究できる方
 ・詳細:http://www.canon-foundation.jp/aid/information.html 
 (募集月:2016年5月)

2016/6/30
締 切
2016年度「自然に学ぶものづくり」研究助成テーマ募集
 ・実施機関:積水化学工業株式会社
 ・助成対象:①自然に学んだ基礎サイエンスの知見を活かし「自然」の機能を「ものづくり」に活用する研究
           例)天然資源活用、新素材材料開発、環境浄化修復、農業・食品開発、生産製造システム、
              住宅・建築。まちづくり・ライフライン、医療・健康・生活など
         ②ひとつのテーマとして独立した個人研究、または複数人の連携による共同研究
 ・詳細:
http://www.sekisui.co.jp/news/2016/1281774_26476.html  (募集月:2016年5月) 

2016/6/30
消印有効
2016年(第26回)研究助成
 ・実施機関:公益財団法人医療科学研究所
 ・募集対象:(1)医療及び医療薬品に関する経済学的調査・研究
         (2)医薬品等研究開発・生産・流通に関する調査・研究
         (3)医療とその関連諸領域の学際的調査・研究
            ※以下の研究は対象外とする
                ○通常の医学研究ともいうべき自然科学的研究
                ○医師、看護師、薬剤師等の専門技術に関する自然科学的研究
                ○他の助成団体から助成を受けた研究と実質的に同じ内容の研究
 ・詳細:http://www.iken.org   (募集月:2016年5月)

2016/6/30
必 着
医療経済研究機構2016年度(第20回)研究助成募集
 ・実施機関:一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会
 ・募集課題:以下の研究助成(A)または(B)のいずれかを選択
         (A)指定課題研究助成(研究対象となる課題を以下の5つから1つを選択してください)
             ①終末期ケアの費用対効果とその在り方に関する研究
             ②認知症ケアの費用対効果とその在り方に関する研究
             ③前期高齢者医療制度の評価に関する研究
             ④医療保険・介護保険 相互の接続に関する研究
             ⑤介護予防(フレイル、店頭、認知症等)の評価に関する研究
         (B)若手研究者育成研究助成(助成対象は以下の5分野で募集を行います)
             ①医療保険及び介護保険に関する政策的研究
             ②医療報酬及び介護報酬に関する政策的研究(①を除く)
             ③費用便益分析・費用効用分析・費用効用分析を用いた政策的研究
             ④医療・介護産業に関する政策的研究
             ⑤医療・介護の提供体制に関する政策的研究
 ・助成対象:(1)募集課題分野に関する科学的実証的研究を志向する個人又はグループ
            (医療系研究者および社会系研究者との共同研究を歓迎します)
         (2)主たる研究者は国内研究機関に常勤で勤務・所属する研究者・院生を対象とする
         (3)(A)指定課題研究助成について年齢制限はありません
           (B)若手研究者育成研究助成は主たる研究者は40歳以下(2016年4月1日現在。
              但し博士課程、修士課程に在籍の場合は年齢制限を設けませんが、
              別途、前職等の資格について調査します)
         (4)過去に本機構の助成を受けたことが無い方を原則とします
 ・詳細:http://www.ihep.jp/business/grant/  
  (募集月:2016年5月)

2016/6/30
消印有効
ヘルスリサーチ研究に関する第25回助成案件公募
 ・実施機関:公益財団法人ファイザーヘルスリサーチ振興財団
 ・募集内容:【国際共同研究】国際的観点から実施する共同研究
                   海外研究者を1名以上含めること
         【国内共同研究‐年齢制限無】国内での共同研究
         【国内共同研究‐満39歳以下】国内での共同研究
                           同一教室内研究者のみとの共研究は対象としない
 ・対象研究:国内におけるヘルスリサーチ領域の問題解決型の共同研究
         下記6つの重点分野以外でも、保険・医療の受け手の観点から最適な保険医療・福祉の資する
         研究であれば対象とする
           1)制度・政策        2)医療経済       3)保健医療の評価 
           4)保健医療サービス    5)医療哲学       6)保健医療資源の開発
 ・詳細:http://www.health-research.or.jp
  (募集月:2016年5月)

2016/6/30
必 着
平成28年度研究調査助成
 ・実施機関:公益財団法人日本証券財団
 ・助成対象:①大学において学術の研究調査に従事している55歳以下の個人又は代表とするグループ
          なお、グループは複数の研究機関にまたがっていてもよい
          また、代表者は又はこれに準ずる者の年齢は55歳超であってもよい
          大学院学生は、博士課程又は博士課程後期課程に限り共同研究H者になることができる
         ②証券会社及び金融機関等のグループ並びに民間研究機関の研究者
 ・対象分野:証券金融経済分野(証券、金融、財務・会計、企業・経営、法律、経済、社会)
 ・詳細:http://www.jssf.or.jp  (募集月:2016年4月)

2016/6/30
消印有効
2016年度 研究助成募集
 ・実施機関:一般社団法人日本内部監査協会
 ・対象対象:日本国内の教育機関において、会計学、商学、経営学、経済学、法学、情報学等の調査研究に
         従事している個人で申請時点で常勤の准教授、助教授(特任教員を含む)とする。
 ・対象課題:内部監査及び関連諸分野に関する調査研究
 ・詳細:http://www.iiajapan.com/ (募集月:2016年4月)

2016/6/30
消印有効
2016年度 国際会議開催助成公募
 ・実施機関:公益財団法人立石科学技術振興財団
 ・研究分野:エレクトロニクス及び情報工学の分野で、『人間と機械の調和を促進する』ための国際会議の開催を助成
 ・応募要件:①当該会議の開催地は日本国内とし、応募資格者(申請者)は日本人研究者とし次の要件を満たすこと
            応募資格者(申請者)の用件は、当該会議において、組織委員長もしくはプログラム委員長並びに
            これに準じた責任ある役割を担っていること、あるいは国際会議からセッション・オーガナイザー等の
            役割を依頼されてること
            小規模の国際会議(100名未満)で若手の方のご応募を歓迎します
         ②当該会議に対する他の財団からの助成(予定を含む)、または共催または後援等の有無は問いませんが
           申請前に先方での問題の有無をご確認願います
 ・詳細:http://www.tateisi-f.org/ (募集月:2016年4月)

2016/6/30
消印有効
2016年度 後期国際交流助成
 ・実施機関:公益財団法人立石科学技術振興財団
 ・助成対象:エレクトロニクス及び情報工学の分野で、『人間と機械の調和を促進する』ための研究活動を行う研究者の
         海外派遣、特に国際会議での論文発表及び短期在外研究のための海外派遣
 ・応募資格:①日本国に居住する40歳以下(申請時の満年齢)の研究者、国籍・所属機関不問
         ②同一または重複内容で、現在公的機関からの補助金や他の財団から既に助成を受けているか、
          受ける予定のない個人またはグループ
 ・詳細:http://www.tateisi-f.org/  (募集月:2016年4月)

2016/6/30
締 切
2017年度「金融・証券のフロンティアを拓く研究助成」
 ・実施機関:公益財団法人野村財団
 ・助成対象:国内外の金融・証券分野に関する経済学・法学等の倫理的研究、
         データ分析に基づく実証的研究、
         幅広い学問分野にまたがる学際的研究、
         海外の研究者も加えた国際的研究など、
         金融・証券分野の発展に資する画期的、意欲的な研究プロジェクトに対する助成
 ・応募資格:我が国の大学等において常勤の職に就き社会科学分野の研究に従事する個人、
         または当該資格を有する者を研究代表者とするグループとする
         共同研究者の資格は特に制限しない
 ・詳細:http://www.nomurafoundation.or.jp/social/so_koubo/frontier.html
  (募集月:2016年4月) 

2016/6/24
17:00締切
平成28年度 第1回先駆的産業技術研究開発支援事業公募
 ・実施機関:和歌山県産業技術政策課
 ・補助対象:和歌山県内に事業所を有し、以下の要件を満たす事業者
         (1)補助事業の主たる実施場所が県内に所在すること
         (2)補助事業において自らが主体的に研究開発を行うこと
 ・対象事業:商品化に向けた技術を確立するための研究開発事業が対象(大学・公設試との連携による事業も可)で、
         第二次産業基本計画に基づく以下の分野を優先的に採択します
          ①ロボット等加工・組立技術分野
          ②化学分野
          ③医療・福祉分野
          ④バイオ・食品分野
          ⑤エネルギー・環境分野
          ⑥IT・ソフトウェア・情報技術分野
          ⑦農業・林業・水産業分野
          ⑧航空・宇宙分野
 ・詳細:http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/063100/senku/senku.html   (募集月:2016年5月) 

2016/6/24
web締切
奨励研究助成
 申請書の郵送・・・6月27日(月)12:00までに財団必着のこと
 ・実施機関:公益財団法人ロッテ財団
 ・助成分野:①食料の生産・加工・流通・保存・備蓄・廃棄に関わる技術
         ②食品のマーケティング
         ③食文化
         ④嗜好性
         ⑤栄養
         ⑥食品安全
         ⑦上記①から⑥の複合領域
 ・応募資格:「食と健康」に関する広域科学分野での独創的・先端的な研究を行う若手研究者のうち
         2016年4月1日時点で以下の要件に該当する方
         (1)40歳以下の方、国籍は不問
         (2)国内の大学・短期大学・高等専門学校および公的研究機関(以下「研究機関」)に勤務する研究者で
            博士号取得者又は後期博士課程単位取得退学者
         (3)助成申請にあたり所属機関長(学部長・研究科長・研究所長)の承認を得られる方
         (4)原則として個人研究が対象ですが、申請者が研究の代表者であり、申請課題を遂行する上で
            必要である場合に限り、共同研究を認める
         (5)一度採択された方は、助成初年度から数えて3年間は「奨励研究助成」の再申請を行うことはできない
         (6)他財団からの助成については、研究課題名の重複や、エフォート管理上研究費の過度の集中が
            認められた場合は採択しない
         (7)当財団の「研究者育成助成(ロッテ重光学術賞)」と重複して応募する事は出来ない
         (8)2017年2月16日(木)の贈呈式に申請者本人が必ず出席できる方
 ・詳細:http://www.lotte-isf.or.jp    (募集月:2016年5月)

2016/6/23
必 着
平成28年度 住宅・建築技術公募化事業公募
 ・実施機関:国土交通省住宅局住宅生産課
 ・公募対象:(1)環境対策・健康向上に資する技術開発
         (2)ストック活用、長寿命化対策に資する技術開発
         (3)防災性向上、安全対策に資する技術開発
 ・応募資格:共同して技術開発を行う複数の者(民間企業、大学等)、単独での応募は不可
         国及び地方公共団体は、応募者の構成員となることはできません
 ・詳細:
http://www.hyoukakyoukai.or.jp/kokko_hojyo/about/28_koudoka_boshuu.html   (募集月:2016年5月) 

2016/6/20
締 切
大学発ベンチャー表彰2016
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興機構/国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
 ・応募要件:大学等の研究開発成果を活用して起業したベンチャーであること
         応募時点で上場していない、概ね設立10年以内のベンチャーであること
         過去の本表彰における文部科学大臣賞、経済産業大臣賞を受賞していないこと
 ・応募方法:推薦または他薦
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/aas/  (募集月:2016年5月)

2016/6/20
正午締切
大学発新産業創出プログラムSTART 【プロジェクト支援型】
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興機構
 ・応募要件:応募時点において研究代表者が、申請の核となる技術シーズの発明者である、もしくは発明に関わった者
         であること。なお、シーズとは特許(出願中のものを含む)、プログラム等をいいます。
         申請の核となる技術シーズについては、本プロジェクトを通じて創出されるベンチャー企業の実施に関して
         その技術シーズの発明者、技術シーズが帰属する機関等の同意が得られていること
 ・詳細:
http://www.jst.go.jp/start/boshu/index.html   (募集月:2016年4月) 

2016/6/17
消印有効
平成28年度 日本ガス協会大学等研究助成金募集
 ・実施機関:一般社団法人日本ガス協会
 ・研究分野:都市ガス業界の発展を先導する可能性がある革新的技術
 ・申請資格:日本に居住し、大学・機関に所属する研究者で正式部局員で40歳以下の若手研究員
         営利企業等関係者は対象外
 ・詳細:http://www.gas.or.jp  (募集月:2016年4月)

毎月第三水曜2016/6/17
締  切
平成27年度 研究設備の試行的利用課題募集
 ・実施機関:国立研究開発法人学技術振興機構
                 
←クリックで拡大
 ・詳細:http://nanonet.mext.go.jp/shikou/h27/   (募集月:2015年11月)

2016/6/16
締 切
平成28年度 戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)提案募集
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興機構/社会技術研究開発センター
 ・研究開発領域:「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」
 ・詳細:http://www.ristex.jp/pp/index.html   (募集月:2016年6月)

2016/6/16
メール締切
2016年度 環境研究助成
  ※郵送書類締切:6月30日※
 ・実施機関:公益財団法人住友財団
 ・助成分野:理学(数学・物理学・科学・生物学)の各分野及びこれらの複数にまたがる分野の基礎研究で、
         萌芽的なもの(それぞれの分野における工学の基礎となるものを含む)
 ・詳細:http://www.sumitomo.or.jp (募集月:2016年4月)
 

2016/6/16
メール締切
2016年度 基礎科学研究助成(一般研究/課題研究)
  ※郵送書類締切:6月30日※
 ・実施機関:公益財団法人住友財団
 ・助成研究:【一般研究】環境に関する研究(分野不問)
         【課題研究】「喫緊の環境問題解決のための学際研究または国際共同研究」 
 ・詳細:http://www.sumitomo.or.jp (募集月:2016年4月)
 

2016/6/15
消印有効
2016年度ニッセイ財団高齢社会助成 
実践的研究助成・若手実践的課題研究助成
 ・実施機関:公益財団法人日本生命財団
 ・助成内容:「高齢社会助成対象分野・テーマ」に対する課題を明確にした実践研究
         1)「いつまでも地域で高齢者が安心した生活が送れるまちづくり(地域包括システム)の推進」
         2)「高齢者の生きがい・自己実現。就業支援」
         3)「認知症の人が地域で安心した生活ができるまちづくり」(恒久分野)
 ・対象者:実践的課題研究助成は研究者または実践者
       若手実践的課題研究助成は39歳以下の研究者(※)または実践家
        ※以下に該当する者も助成対象者(代表研究者)及び共同研究者とする
          ①大学院博士課程(博士後期課程)に在籍している者で、指導教員の推薦を受けた者
          ②大学院博士課程(博士後期課程)を修了、または単位取得退学した者で定職に就いていない者
 ・詳細:http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp  (募集月:2016年3月)

2016/6/15
必 着
平成28年度「研究助成」「研究集会スタートアップ助成」
 ・実施機関:公益財団法人泉科学技術振興財団
 ・助成分野:「高度機能性材料及びこれらに関連する科学技術の基礎的研究分野」
 ・詳細:http://www.izumi-zaidan.jp/  (募集月:2016年4月)
 

2016/6/13
正午締切
新学術領域研究「先進ゲノム支援」の支援対象課題公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人
 ・対象課題:2016年度文部科学省研究費補助金(新規・継続)に採択されている研究課題
 ・支援内容:次世代シーケンサーによる配列決定に基づく多様な技術による支援を実施
 ・詳細:http://www.genome-sci.jp/  (募集月:2016年5月)
 

2016/6/10
締 切
平成28年度国際会議・研究発表会等の参加及びシンポジウム等開催助成第Ⅰ期
 ・実施機関:公益財団法人八洲環境技術振興財団
 ・助成内容:環境負荷低減、環境保全等の環境に関する技術の普及・啓発を目的とした
         シンポジウム・後援会等の参加、開催を支援(開催期間:10月1日〜翌3月31日)
 ・詳細:http://www.yashimadenki.co.jp/zaidan/index.php  (募集月:2016年4月)
 

2016/6/10
必 着
平成28年度研究開発・調査助成
 ・実施機関:公益財団法人大川情報通信基金
 ・助成分野:①基礎分野(情報・通信に関する基礎的な調査・研究)
         ②通信・インターネット分野(情報通信・通信技術等に関する調査・研究)
         ③コンピュータシステム分野(情報システム・コンピュータ科学等に関する調査・研究)
         ④人工知能分野(知識処理、認知科学等に関する調査・研究)
         ⑤バイオ分野(バイオ技術に関連する研究のうち主に情報・通信に関連する調査・研究)
         ⑥応用分野(A)(主に情報・通信に関する工学的な応用調査・研究)
         ⑦応用分野(B)(医療、福祉、教育、芸術等における情報・通信技術の適用に関する応用調査・研究)
         ⑧人文、社会科学分野(情報・通信、メディア等の社会への普及、影響等に関する調査・研究)
 ・詳細:http://www.okawa-foundation.or.,jp  (募集月:2016年4月)
 

2016/6/10
正午締切
A-STEP 平成28年度課題提案募集(ステージⅢ・Next-Bタイプ)
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
 ・目的:研究開発型企業による大学等の研究成果に基づく研究シーズの実用化開発を支援
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/a-step/  (募集月:2016年3月)
 

2016/6/8
正午締切
平成28年度第1期 CREST研究提案募集
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興機構
 ・研究領域:1.光の特性を活用した生命機能の時空間技術の開発と応用(研究総括:景山龍一郎)
         2.計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用
           (研究総括:雨宮慶幸)
         3.量子状態の高度な制御に基づく革新的量子技術基盤の創出(研究総括:荒川泰彦)
         4.新たな光機能や光物性の発現・利活用を基軸とする次世代フォトニクスの基盤技術
           (研究総括:北山研一)
         5.微小エネルギーを利用した革新的な環境発電技術の創出(研究総括:谷口研二)
         6.多様な天然炭素資源の活用に資する革新的触媒と創出技術(研究総括:上田渉)
         7.環境変動に対する植物の頑健性の解明と応用に向けた基礎技術の創出(研究総括:田畑哲之)
         8.統合1細胞解析のための革新的技術基盤(研究統括:菅野純夫)
         9.二次元機能性原子・分子薄膜の創製と利用に資する基礎技術の創出(研究統括:黒部篤)
 ・詳細:http://www.senryaku.jst.go.jp/teian.html   (募集月:2016年4月)
 

2016/6/1
正午締切
平成28年度第1期 さきがけ研究提案募集
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興機構
 ・研究領域:1.生命機能メカニズム解明のための光操作技術(研究統括:七田芳則)
         2.計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用
           (研究統括:雨宮慶幸)
         3.量子の状態制御と機能化(研究統括:伊藤公平)
         4.光の極限制御・積極利用と新分野開拓(研究統括:植田憲一)
         5.微小エネルギーを利用した革新的な環境発現技術の創出(研究統括:谷口研二)
         6.革新的触媒の科学と創製(研究統括:北川宏)
         7.理論・実験・計算科学とデータ科学が連携・融合した先進的マテリアルズインフォマティクスの
           ための基盤技術の構築(研究統括:常行真司)
         8.フィールドにおける植物の生命現象の制御に向けた次世代基盤技術の創出(研究統括:岡田清孝)
         9.情報科学との協働による革新的な農産物栽培手法を実現するための技術基礎の創出
           (研究統括:二宮正士)
        10.社会的課題の解決に向けた数学と諸分野の協働(研究統括:國府寛司)
        11.統合1細胞解析のための革新的技術基盤(研究統括:浜地格)
 ・詳細:http://www.senryaku.jst.go.jp/teian.html   (募集月:2016年4月)
 

2016/6/1
正午締切
革新的先端研究開発支援事業公募(AMED-CREST、PRIME)
 ・実施機関:国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
 ・研究領域:1.微生物叢と宿主の相互作用・共生の理解と、それに基づく疾患発症のメカニズム解明
         2..メカノバイオロジー機構の解明と医療応用に向けた基盤技術の創出
         3.画期的医療品等の創出をめざす脂質の生理活性と機能の解明
 ・詳細:http://www.amed.go.jp/koubo/010720160323.html  (募集月:2016年4月)
 

2016/5/31
締 切
社会科学助成募集
 ・実施機関:公益財団法人野村財団
 ・募集対象:国際交流助成(研究者の海外派遣)
         国際交流(研究者の招聘)
         講演会等助成
         「女性が輝く社会の実現」をテーマにした講演会等助成
 ・詳細:http://www.nomurafoundation.or.jp/category/social   (募集月:2016年4月)
 

2016/5/31
必 着
第34回(平成28年度)研究助成候補者推薦
          ※基本テーマのみ推薦件数が1学部3件までとなりますので応募を希望される方は
          前もって研究協力係までご連絡ください。(その時点で申請書類等をお渡しします。)
 
 ・実施機関:公益財団法人カシオ科学振興財団
 ・対象分野:特別テーマ「産業の活性化を促す新技術研究」(自然科学・人文科学の全ての分野)
         基本テーマA.電気工学・企画工学を中心とした15分野
                B.健康維持・増進を目的とした電子工学と医学/
                  生理学の異分野からなる学際的研究を中心とした4分野
                C.人材育成・人間問題を中心とした2分類に該当するテーマ
 ・助成対象:大学研究機関が推薦する研究グループの代表研究者または個人研究者であり、
         常勤の教授・准教授・講師・助教・助手に限る
 ・詳細:http://casiozaidan.org/entry/  
  (募集月:2016年4月) 

2016/5/31
消印有効
2016年度ニッセイ財団高齢社会助成 地域福祉チャレンジ活動助成
 ・実施機関:公益財団法人日本生命財団
 ・助成内容:地域包括ケアシステムの展開につながる次の4つのテーマのいづれかに該当する活動
         1)認知症(「若年認知症」を含む)の人の地域でのせいかつを支えるチャレンジ活動(恒久分野)
         2)サービスの創出に向けてのチャレンジ活動(独自財源づくりを含む)
         3)インフォーマルサービスとフォーマルサービスの連携による地域づくりに貢献するチャレンジ活動
         4)医療・介護・福祉・保健の連携を実現するためのチャレンジ活動
 ・詳細http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp  (募集月:2016年3月)
 

2016/5/31
締 切
平成28年度研究助成
 ・実施機関:公益財団法人山崎香辛料振興財団
 ・研究範囲:香辛料の基礎的研究並びに香辛料の原材料や応用などの関連分野に関する研究
 ・詳細:http://yamazakispice-promotionfdn.jp  (募集月:2016年3月)
 

2016/5/31
必 着
公益信託エスペック地球環境研究・技術基金/エスペック環境研究奨励賞
 ・実施機関:公益信託エスペック地球環境研究・技術基金/みずほ信託銀行株式会社
 ・目的:地球環境保全に関する化学的、技術的な知見を高める各種活動又は地球温暖化に対する一つの
      処方としての緑化の重要性を教育・啓発するための費用の一部または全部を助成することにより、
      地球環境問題の克服に寄与すること
 ・応募資格:以下の全てを満たすことが必要となります
          <地球環境研究・技術基金>
             ・実施しようとするテーマは、地球温暖化に対する一つの処方としての具体的な緑化教育・
              啓発活動であること
             ・緑化活動について、各種の学校またはNPO棟が主催(又は団体として参加)するもの
          <エスペック環境研究奨励賞>
             ・実施しようとするテーマは、地球環境問題の解決に資する調査研究、及び技術開発に
              関するものであること
             ・助成対象は、大学、大学院および工業高等専門学校並びにそれらに付属する研究期間の
              構成員、またはそのグループであること
             ・同一テーマで他の基金などから、二重に助成を受けているまたは受ける予定のないこと
 ・詳細:https://www.espec.co.jp/csr/fund/  (募集月:2016年4月)
 

2016/5/31
締 切
2016年度環境助成研究募集
 ・実施機関:公益財団法人鉄鋼環境基金
 ・応募資格:<一般研究助成>日本国内の組織に所属する研究者
         <若手研究助成>日本国内の組織に所属する研究者で満39歳以下の者
 ・対象課題:鉄鋼製造に関連する環境保全技術課題
 ・詳細:http://www.sept.or.jp (募集月:2016年4月)
 

2016/5/31
15時締切
平成28年度採択 戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
 ・研究領域:日本-イスラエル共同研究「レジリエントな社会のためのICT」
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/sicp/announce_is6th.html (募集月:2016年4月)
 

2016/5/30
正午締切
大学発新産業創出プログラムSTART 技術シーズ選抜育成プロジェクト〔IoT分野〕
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興機構
 ・応募要件:(1)大学等に所属する研究開発チーム(1チーム4名程度を想定、チームリーダー1名を置くこと)
           但し大学の産学連携部門の支援等が得られ、目標達成を見込めるのであれば、個人申請も可
         (2)チームメンバーに、シーズの創出に関わった(シーズが特許の場合は、その発明者、
           もしくは発明に課かわった)若手研究者も含めること
         (3)チームリーダー及びチームリーダーが所属する大学等との連名で申請すること
           なお、チームリーダーが学生の場合、指導教官がサポータ―となること
         (4)申請時点でベンチャー企業の創出の核となる研究成果(特許権(出願中を含む)、著作権等)
           (以下「原権利」というがあり、当事者による研究成果の実用化に関して、原権利を所有する
           大学等による同意が得られていること。もしくは、研究開発中に知的財産を形成する目処があること
 ・対象研究:『センサー』『知能・制御系』『駆動系(音・画像情報含む)』の要素を少なくともひとつ備えた装置で
         以下のうち少なくともひとつの機能を有すること
          『自律機能』(自ら学習し行動する機能や人工知能)
          『情報端末機能』(様々なデータを自ら蓄積・活用することにより新たなサービス等の付加価値の
                     源泉となる機能)
          『ネットワーク』(それぞれが相互に結び付き連携する機能)
 ・詳細:
http://www.jst.go.jp/start/iot/jigyo/index.html   (募集月:2016年4月) 

2016/5/27
15時必着
平成28年度未来企業育成事業募集
 ・実施機関:公益財団法人わかやま産業振興財団
 ・助成対象:連携体を構成する中核企業
         なお、中核企業を及び連携体を構成する「産」「学」「官」は以下の通りです
         ・中核企業とは、和歌山県内に主たる事業所を有する中小企業者
         ・「産」とは、和歌山県内外の中小企業者、大企業、金融機関で所在地は不問
         ・「学」とは、和歌山県内外の大学、国立工業高等専門学校で、所在地は不問
         ・「官」とは、和歌山県内外の公設試験研究機関、国立研究機関等で所在地は不問
 ・対象研究:大学・公設試験研究機関等が有する研究成果・技術を有効に利用でき、新事業の創出、事業化に
         結びつく研究開発であり、連携体において、事業化の可能性と予定時期、事業化計画と資金計画、
         開発した製品等の市場性、連携体を構成する企業の売り上げ予測と予定販路等について十分に
         検討されている共同研究
         また、第二次和歌山県産業技術基本計画に定められた以下の重点分野を優先対象とします
         ①「ロボット等加工・組立技術分野」
         ②「科学分野」
         ③「医療・福祉分野」
         ④「バイオ・食品分野」
         ⑤「エネルギー・環境分野」
         ⑥「IT・ソフトウェア・通信技術分野」
         ⑦「農業・林業・水産業分野」
         ⑧「航空・宇宙分野」
 ・詳細:http://www.yarukiouendan.jp  (募集月:2016年4月)

2016/5/27
16時締切
平成28年度農林水産政策科学研究委託事業公募
 ・実施機関:農林水産省農林水産政策研究所
 ・研究テーマ:「医療分野との連携による農業・農村の活性化とその波及効果及び体系支援のあり方に関する研究
 ・詳細:http://www.maff.go.jp/primaff/kenkyu/koubo/index.html(募集月:2016年3月)
 

2016/5/27
正午必着
平成28年度研究開発型ベンチャー支援事業
シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援公募
 ・実施機関:国立研究開発法人新エネルギー・産業施術総合開発機構
 ・対象技術:次の①〜③の要件をすべて満たすことが必要
         ①経済産業省所管の鉱工業技術(例えば、ロボティクス、AI、エレクトロニクス、IoT、クリーンテクノロジー、
           素材、医療機器、ライフサイエンス、バイオテクノロジー技術、航空宇宙等、但し、原子力技術は除く)
         ②具体的技術シーズであって、研究開発要素があることが想定されること。例えば、スマートフォンの
           アプリ開発のためのソフトウェアのコーディングなど、研究開発要素が薄いものや、既存製品(輸入品)を
           利用しただけのものについては対象外とする
         ③競争力強化のためのイノベーションを創出しうるものであること
 ・詳細:http://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100107.html
 (募集月:2016年4月) 

2016/5/25
午後5時締切
平成27年度戦略的国際共同研究プログラム 日本‐EU共同研究課題提案募集
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興機構
 ・研究分野:「パワーエレクトロニクス」「希少元素代替材料」
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/sicp/announce_eujoint_03_GeneralInfo.html  (募集月:2015年12月)

2016/5/23
締 切
平成28年度共同研究公募
 ・実施機関:公益財団法人若狭湾エネルギー研究センター
 ・研究分野:エネルギー・環境分野 レーザー技術を応用した除染技術、切断技術の開発
                        廃炉段階で役立つ情報の収集・整理・分析と技術の開発
                        放射線計測技術の開発
                        未利用エネルギーの利用技術開発
                        生物作用を利用した環境浄化・修復技術の開発
 ・詳細:http://www.werc.or.jp/support/kyoken_jigyo/ (募集月:2016年4月)
 

2016/5/20
締 切
平成28年度研究者招聘・留学助成募集
 ・実施機関:公益財団法人発酵研究所
 ・助成対象:1)微生物に関する研究を行う目的で来日する外国人研究者
         2)微生物に関する学会で発表する目的で来日する外国人研究者
         3)微生物に関する研究を行う目的で外国へ留学する日本人研究者
         いずれも微生物(最近、アーキア、菌類、微細藻類)の分類に関する研究(分離、分類、保存、生態、
         進化など)を対象とし、平成28年8月〜平成29年3月までの間に開始する者
 ・詳細:http://www.ifo.or.jp  (募集月:2016年4月)
 

2016/5/18
正午締切
平成28年度安全保障技術研究制度公募
   <情報を掲載いたしますが、大学として推奨していません>
 ・実施機関:防衛装備庁
 ・詳細:http://www.mod.go.jp/atla/funding.html (募集月:2016年3月)
 

2016/5/13
締 切
平成28年度第1回わかやま農商工連携ファンド助成事業募集
 ・実施機関:公益財団法人わかやま産業振興財団
 ・概要:「元気で活力ある和歌山経済の実現」に向け、和歌山県内の中小企業者と農林漁業者が互いの強みを
      活かしながら、通常の商取引関係を超えて連携して行う、単独ではなし得なかった新たな商品やサービスの
      開発等の活動支援
 ・助成対象:県内の中小企業者等と農林水産事業者の連携体
 ・詳細:http://www.yarukiouendan.jp
    (募集月:2016年4月) 

2016/5/12
締 切
平成28年度第1回わかやま中小企業元気ファンド募集
 ・実施機関:公益財団法人わかやま産業振興財団
 ・概要:「活力あふれる元気な和歌山経済」を目標に「地域経済を支える中小企業を育成・振興し、足腰の強い地域産業の
      創出・育成」の実現をめざします
 ・助成対象:地域資源活用事業
         新産業育成事業
         産業支援機関事業
 ・詳細:http://www.yarukiouendan.jp
    (募集月:2016年4月) 

2016/5/11
17:00締切
「頭脳環境を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム」平成28年度公募
 ・実施機関:独立行政法人日本学術振興会
 ・対象分野:人文学、社会科学及び自然科学の全分野
 ・詳細:http://www.jsps.go.jp/j-zunoujunkan3/     (募集月:2016年2月)

2016/5/10
正午締切
A-STEP 平成28年度課題提案募集(ステージⅡ・シーズ育成タイプ)
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
 ・目的:顕在化したシーズの実用性検証から、中核技術の構築を目指した本格的な産学共同研究開発までを支援
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/a-step/  (募集月:2016年3月)
 

2016/5/6
23:59締切
第16回(平成28年度)材料科学技術振興財団山崎貞一賞候補者推薦
 ・実施機関:一般財団法人材料科学技術振興財団
 ・対象分野:①材料
         ②半導体及び半導体装置
         ③計測評価
         ④バイオサイエンス・バイオテクノロジー
 ・詳細:http://www.mst.or.jp/Portals/0/prize/japanese/prize/prize.html (募集月:2016年3月)
 

2016/5/6
締 切
平成28年度研究課題に係る研究協力機関公募 他
 ・実施機関:独立行政法人国立特別支援教育総合研究所
 ・研究課題:「特別支援学校(知的障害)に在籍する自閉症のある幼児児童生徒の実態の把握と指導に関する研究
         -各部間の連続性を踏まえた指導の検討-」」
 ・詳細:http://www.nise.go.jp/cms/news/detail.8.11452.html 
    (募集月:2016年3月) 

2016/5/6
消印有効
平成28年度助成金給付対象者募集
 ・実施機関:公益信託奥村建設間協技術助成基金(受託者)株式会社りそな銀行
 ・助成対象:(1)自然環境および生活環境の保全、修復および創出に関する研究
         (2)建設副産物などの循環資源のリサイクル、処理・処分に関する研究
         (3)緑化、街づくり、ミチゲーションに関する研究
         (4)環境管理システム、環境影響評価に関する研究
         (5)その他、わが国の建設にかかる環境技術の進歩の実現に寄与することを目的とした研究
 ・詳細:http://www.okumuragumi.co.jp/kouekishintaku/  (募集月:2016年3月)
 

2016/5/6
消印有効
平成28年度助成金給付対象者募集
 ・実施機関:公益信託奥村建設間協技術助成基金(受託者)株式会社りそな銀行
 ・助成対象:(1)自然環境および生活環境の保全、修復および創出に関する研究
         (2)建設副産物などの循環資源のリサイクル、処理・処分に関する研究
         (3)緑化、街づくり、ミチゲーションに関する研究
         (4)環境管理システム、環境影響評価に関する研究
         (5)その他、わが国の建設にかかる環境技術の進歩の実現に寄与することを目的とした研究
 ・詳細:http://www.okumuragumi.co.jp/kouekishintaku/  (募集月:2016年3月)
 

2016/5/4
締 切
教育の質的転換を目指すICT利用ICT利用による教育改善研究発表会発表募集
 ・実施機関:公益社団法人私立大学情報教育協会
 ・応募要件:以下の全てを満たしているもの
         (1)大学、短期大学の教員が主体の研究発表であること
         (2)個人・グループの取り組み、または学部・学科などの組織的取り組みであること
         (3)学部、学科の教育目的・目標の達成に寄与しているものであること
         (4)ICTの利用により教育改善効果がみとめられるもの
 ・発表内容:教育改善の目的・目標、教育改善の内容と方法、教育実践による教育効果
 ・そ の 他:<日程> 平成28年8月9日(火)
        <場所> 東京理科大学 森戸記念館
        <発表時間> 1件につき20分(発表13分、質疑応答5分、機材準備2分)
 ・詳細:http://www.juce.jp/LINK/houhou/
    (募集月:2016年3月) 

2016/5/2
必 着
「新潟市里潟学術研究事業」募集
 ・実施機関:新潟市環境部環境政策課
 ・研究目的:里潟の保全、持続可能な利用等につながる研究
 ・研究内容:研究内容の円滑な実施が見込まれるとともに、その実現可能性が高いこと
         団体にあっては、これまでの活動と同様(継続的)な内容となっていないこと
 ・詳細:http://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/kankyo/seikatukankyo/shizenfureai/manifesto_top/satogata_kenkyu
/H28_satogata.html
    (募集月:2016年3月) 

2016/4/30
24:00締切
第31回リバネス研究費 マイクロテック・ニチオン賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:ゼーダ電位測定装置ZEECOM ZC-3000を活用するテーマ
 ・助成内容:ゼーダ電位測定装置ZEECOM ZC-3000の無償貸与(期間は�要相談)及び研究費(上限50万円)
 ・詳細:https://r.lne.st/2016/03/01/31th-microtech-nition/   (募集月:2016年3月)

2016/4/30
24:00締切
第31回リバネス研究費 池田理化学再生医療研究奨励賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:ESC、IPSC、MSC等の幹細胞やその他の細胞を用いたヒト臨床を伴わない研究、
         再生医療の基盤を構築する上で必要な基礎研究
         (分子細胞生物学、細胞生物学、発生工学、組織工学、材料工学名等)
         再生医療の実現に必要な細胞製造・加工プロセスに関わる基盤技術研究、
         創薬技術への利用や病態解析等の応用研究の他、新規のアイデア
 ・詳細:https://r.lne.st/2016/03/01/ikeda-rika/   (募集月:2016年3月)

2016/4/30
必 着
平成28年度 生命保険に関する研究助成
 ・実施機関:公益財団法人 精米保険文化センター
 ・対象テーマ:生命保険及びこれに関連する分野の研究
 ・詳細:http://www.jili.or.jp/research/josei/index.html    (募集月:2015年12月)

2016/4/28
20時締切
戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)研究交流課題募集
 ・実施機関:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
 ・募集対象:「食料及びバイオマスの生産技術(Food Crops and Biomas Production Technologies)」
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/sicp/annouce_cj3.html
      (募集月:2016年3月) 

2016/4/22
必 着
平成28年度共同利用研究公募
 ・実施機関:千葉大学環境リモートセンシング研究センター
 ・研究種別:(1)プログラム研究
         (2)一般研究
         (3)研究会
         (4)国際共同利用研究
 ・詳細:http://www.cr.chiba-u.jp/japanese/index.htm  (募集月:2016年3月)
 

2016/4/22
締 切
第32回国際生物学賞受賞候補者推薦
 ・実施機関:独立行政法人日本学術振興会/国際生物学賞委員会審査委員会
 ・本年の分野:「多様性の生物学(Biology of Biodiversity)」
 ・詳細:http://www.jsps.go.jp/j-biol/index.html  (募集月:2016年2月)

2016/4/15
締 切
平成27年度第2回国際交流助成
 ・実施機関:公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団
 ・助成対象:国際交流 ゲームに関する国際科会議への参加者
 ・詳細:http://www.nakayama-zaidan.or.jp/   (募集月:2016年1月)
 

2016/4/15
必 着
平成28年度国立民族学博物館共同研究募集
 ・実施機関:大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立民族学博物館
 ・募集課題:課題1.文化人類学・民俗学及び関連諸分野を含む幅広い研究。
              基礎研究や萌芽的研究も含まれます。
         課題2.本館の所蔵する資料(標本資料、文献資料、映像音響資料等)に関する研究

 ・詳細:http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/project/iurp/offer   (募集月:2016年1月)

2016/4/13
17:00必着
第13回(平成28年度)日本学術振興会賞受賞候補者推薦
 ・実施機関:独立行政法人日本学術振興会
 ・対象分野:人文学、社会科学及び自然科学にわたる全分野
 ・詳細:http://www.jsps.go.jp/jsps-prize/   (募集月:2016年2月)

2016/4/11
消印有効
2016年度「人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成」
「地域文化活動の実勢者と研究者によるグループ研究助成」募集
 ・実施機関:公益財団法人サントリー文化財団
 ・対象研究:「人文科学・社会科学に関する学術的グループ研究」
         「地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究」
 ・詳細:http://suntory.jp/foundation  (募集月:2016年2月)
 

2016/4/6
電子申請締切
第32回(平成28年度)村田学術振興財団研究助成等募集
 ※電子申請:2016/4/6締切 書類提出2016/4/11必着
 ・実施機関:公益財団法人村田学術振興財団
 ・研究助成:【自然科学】エレクトロニクスを中心とする研究分野に関する研究
         【人文・社会科学】国際化に伴う法律、経済、社会、文化等の諸問題に関する研究

 ・研究会助成【自然科学】エレクトロニクスを中心とする研究分野に関する日本国内で開催される
                 研究会・学会
         【人文・社会科学】国際化に伴う法律、経済、社会、文化等の諸問題に関する日本国内で
                    開催される研究会・学会

 ・海外派遣援助:【自然科学】エレクトロニクスを中心とする研究分野に関する海外での研究活動、
                   あるいは海外で開催される国際会議、シンポジウム等で研究発表する場合の
                   海外派遣
            【人文・社会科学】国際化に伴う法律、経済、社会、文化等の諸問題に関する海外での研究活動、
                       あるいは海外で開催される国際会議、シンポジウム等で研究発表する場合の
                       海外派遣
 ・詳細:http://www.murata.co.jp/zaidan/  (募集月:2016年3月)
 

2016/4/5
締 切
WEC応用生態研究助成
 ・実施機関:一般財団法人水環境センター
 ・指定課題:「ダム貯水池に係わる生態系・水環境(上下流・周辺を含む)に関する研究」
         「応用生態工学的アプローチを考慮したダム貯水池に係わる土砂動態に関する研究」
 ・詳細:http://www.wec.or.jp/support/season/index.html  (募集月:2016年2月)
 

2016/4/4
消印有効
平成28年度ニッセイ財団環境問題研究助成募集
 ・実施機関:公益財団法人日本生命財団
 ○学術的総合研究:課題「人間活動と環境保全との調査に関する研究 -自然環境の保全と農山村の再生・持続可能な
              地域づくり、都市・生活環境の改善と持続可能な社会づくり-」
 ○若手研究・奨励研究:特に課題を設定しませんが、「人間性豊かな生活環境の確立」に役立つ着想豊かな
                新しい分野への挑戦的研究を期待します

             応募資格:45歳以下(昭和46年4月1日以降生まれ)
 ・詳細:http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp    (募集月:2016年2月)

2016/4/1
17:00必着
平成28度総合地球環境学研究所実践プロジェクト
IS(インキュベーション研究)及びFS(フィージビリティ研究)公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
 ・公募説明会についてはこちら
 ・詳細:http://www.chikyu.ac.jp/rihn/project/recruitment/    (募集月:2016年2月)
 

2016/3/31
24:00締切
第30回リバネス研究費 日本マイクロソフト賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:データ分析を行う、あらゆる研究テーマ(工学、医学、経済学など分野不問)
 ・助成内容:1.研究費50万円+1200万円相当のMicrosoftAzureクラウド利用権(1件)
         2.1200万円相当のMicrosoftAzureクラウド利用権(数件)
         3.90万円相当のMicrosoftAzureクラウド利用権(申請者全員)
 ・詳細:https://r.lne.st/2015/12/01/microsoft/  (募集月:2016年3月)
 

2016/3/31
締 切
平成28年度・第37回石橋湛山賞受賞候補作品推薦
 ・実施機関:一般財団法人石橋湛山記念財団
 ・推薦対象:現下の政治・経済・社会(教育・文化を含む)の国民的な課題を真正面から採り上げた時評、政策評論
 ・詳細:http://www.ishibashi-mf.org/index.html  
      (募集月:2016年2月) 

2016/3/31
必 着
山下太郎学術研究奨励賞募集
 ・実施機関:一般財団法人山下太郎顕彰育英会
 ・応募資格:次の3条件を満たしている個人
          (1)秋田県出身、または秋田県内の研究機関等に所属する者
          (2)平成28年4月1日現在において満40歳未満である者
          (3)専攻する学術分野において独創的で優れた業績をあげ、原則として最近5年間に専門の
             学術研究誌等に発表するか、権威ある展覧会・発表会において入賞・入選等の実績がある者
 ・詳細http://yamaiku.jp
        (募集月:2016年2月) 

2016/3/31
締 切
第23期学術の大型研究計画に関するマスタープラン「学術大型研究計画」の公募
 ・実施機関:日本学術会議科学者委員会
 ・詳細http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/ogata/23-koubo.html
     (募集月:2016年2月) 

2016/3/31
締 切
フジサンケイビジネスアイ「第30回独創性を拓く 先端技術大賞」
 ・実施機関:フジサンケイビジネスアイ
 ・募集対象:企業・産学部門、学生部門
 ・公募分野:A.エレクトロニクス
         B.バイオ、生体・医療、医薬、食品
         C.材料
         D.環境・エネルギー
         E.機械・土木・建築
         F.化学
         G.ノンセクション

 ・詳細:http://www.fbi-award.jp/sentan/  (募集月:2016年1月)

2016/3/28
締 切
平成28年度大阪市イノベーション創出支援補助金
           ※産学連携した研究開発に取り組む大学募集 
           
大学の研究シーズをもとにした研究開発の実用化を応援します!
 ・実施機関:大阪市経済戦略局
 ・補助対象者:国内の大学(大学の研究者)
 ・補助対象事業:以下の全てに該当する事
           ・産学連携による研究開発事業
           ・研究成果、技術の実用性を検証する事業
           ・大阪市内に事業所を有する民間企業または個人との連携事業
           ・同一の研究課題について他の補助金を受けていない事
 ・詳細:http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000341169.html   (募集月:2016年2月)
 

2016/3/18
17:00締切
平成28年度「JAXAオープンラボ公募」
 ・実施機関:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
 ・応募条件:①提案者の技術・研究成果が、それぞれ申し込むフェーズで求められている研究レベルであること
            フィジビリティスタディフェーズ:基礎研究以上のレベル
            開発フェーズⅠ:応用研究以上のレベル
            開発フェーズⅡ:実用研究以上のレベル
         ②共同研究終了後もJAXAの求めに応じて、研究成果を用いた研究開発、事業活動状況について報告
          すること
         ③「開発フェーズⅠ」「開発フェーズⅡ」を選択の場合
          共同研究終了後の事業プランが提案されており、事業化を担当する企業が提案グループ(提案者又は
          その委託先等を指す)に含まれていること
         ④「開発フェーズⅡ」を選択する場合
          オープンラボ公募における採択実績を有し、事業化を目指す事業分野が、宇宙航空関連事業であること
 ・詳細:http://aerospacebiz.jaxa.jp/jp/topics/2016/topics160125.html     (募集月:2016年2月)
 

2016/3/17
17:00締切
「第14回産学官連携功労者表彰」(つながるイノベーション大賞)
           ※応募をご希望される方は研究協力係までご連絡ください※
 ・実施機関:内閣府総合科学技術・イノベーション会議事務局
 ・表彰対象:(1)企業等と大学等との共同研究・受託研究等による成果の事例
         (2)大学等の研究成果である特許・ノウハウ等を企業等へ技術移転を行い製品化した成果の事例
         (3)大学等の研究開発成果を活用したベンチャー創出等の成果の事例
         (4)地域における産学官連携による成果の事例
         (5)その他産学官連携による優れた成果の事例
 ・詳細:http://www8.cao.go.jp/cstp/sangakukan/sangakukan2016/koubo2016.html   (募集月:2016年2月)
 

2016/2/29
締 切
第28回(平成28年度)加藤記念国際交流助成募集
 ・実施機関:公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団
 ・助成対象:平成28年4月1日〜平成29年3月31日の期間に、海外で開催されるバイオサイエンス分野の学会、
         シンポジウム等で、自己の研究成果を発表する日本国内在住の研究者(外国籍含む)。
 ・応募資格:応募締切日に35歳以下の研究者
         ①本財団から直近の助成を受けた人は対象外
         ②他財団等の類似助成に応募することは構わないが、同一学会等で重複助成を受ける場合は何れかを
          辞退すること。ただし、当財団の助成金で経費が不足する場合は、他の経費で補填しても構わない。
 ・詳細
http://www.katokinen.or.jp  (募集月:2016年2月)

2016/2/29
17:00締切
中部電力原子力安全技術研究所2016年度公募研究
 ・実施機関:中部電力株式会社 原子力安全技術研究所
 ・応募資格:①全国の大学、公的研究機関で科学技術研究に従事している研究者で、研究対象領域に関する研究が
          遂行可能な研究者または研究グループのリーダー
         ②静岡県内に本社または支社(事業所)があり、研究対象領域に基づいた研究が遂行可能な企業
 ・研究対象領域:1)原子力の将来技術に資する基礎基盤的研究
           2)原子力発電所の安全向上に資する研究
           3)浜岡原子力発電所1、2号機の廃止措置の改善に資する研究
           4)浜岡原子力発電所3、4、5号機の保守性・作業性の向上に資する研究
 ・詳細:http://www.chuden.co.jp/corporate/study/stu_torikumi/tor_koubo/koubo_subject2015/index.html
          (募集月:2016年1月)
 

2016/2/29
必 着
国際会議論文発表者助成者募集
 ・実施機関:公益財団法人NEC C&C財団
 ・研究内容:C&C分野、及びその関連技術
 ・応募資格:①日本の大学及びこれに準ずる教育機関に在籍している大学院生(原則40歳以下)
         ②国際会議での採用が確定していること
         ③投稿論文の場合は筆頭著者でかつ発表者であること
         ④参加する国際会議は原則学会等の学術団体が主催、協賛、後援するものとする
         ⑤経済的必要性が高いこと
 ・詳細:http://www.candc.or.jp/  (募集月:2016年1月)
 

2016/2/29
締 切
平成28年度 国際交流活動助成
 ・実施機関:公益財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団
 ・助成分野:エネルギー・リサイクル分野
         総合防災科学分野
 ・助成種類:研究者海外渡航(国際会議、研究発表会等に出席する際の渡航費助成)
         海外研究者招聘(国際会議等において論文発表を行う海外研究者の招聘費助成)
  ※第2回公募締切は平成28年(2016)7月29日(金)
 ・詳細:http://www.krf.or.jp   (募集月:2016年1月)
 

2016/2/29
締 切
平成28年度 国立天文台特別共同利用研究員受入
 ・実施機関:大学共同利用機関法人自然科学研究機構国立天文台
 ・応募資格:大学院に在学し、天文学及びこれらに関連する分野を専攻する者
 ・受入人員:光赤外研究部        若干名
         太陽天体プラズマ研究部 若干名
         理論研究部          若干名
         電波研究部          若干名
         その他研究施設       若干名
    ※10月受入は別途公募【2016年(平成28年)8月29日締切】
 ・詳細:http://www.nao.ac.jp/about-naoj/educate.html     (募集月:2016年1月)

2016/2/29
12:00締切
平成28年度 委託研究公募
 ・実施機関:国立研究機関法人情報通信研究機構
 ・公募課題:(1)高い環境耐性を有するキャリアコンバータ技術の研究開発
         (2)脳機能補完による高齢者・障がい者の機能回復支援技術の研究開発
         (3)空間多重フォトニックノード基盤技術の研究開発
         (4)光トランスポートNWにおける用途・性能に適応した通信処理合成技術の研究開発
         (5)未来を創る新たなネットワーク基盤技術に関する研究開発

 ・詳細:http://www.nict.go.jp/collabo/commission/20160112kobo.html   (募集月:2016年1月)

2016/2/29
24時締切
第30回リバネス研究費 L-RAD賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:科学技術に関するあらゆる研究テーマ
 ・詳細:http://rceer.com/grant/  (募集月:2015年12月)
 

2016/2/26
12時必着
平成28年度「産学連携サービス経営人材育成事業」に係る補助事業者募集
          (大学等における「サービス経営人材育成」教育プログラム開発) 
 ・実施機関:経済産業省商務情報政策局サービス政策課
 ・対象分野:経済用語におおけるいわゆる「サービス」やこれを取り扱う「サービス産業」(第三次産業を指す)に
         関する経営を対象とするもの
 ・詳細:http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/k160129002.html    (募集月:2016年2月)
 

2016/2/17
必 着
平成28年度国立歴史民俗博物館共同研究員公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人人間文化研究機構l国立歴史民俗博物館
 ・共同研究課題:「中世日本の地域社会における武家領主支配の研究」
            「中世日本の国際交流における海上交通に関する研究」
            「中世文書の様式と機能および国際比較と活用に関する研究」
 ・詳細:https://www.rekihaku.ac.jp/education_research/research/list/joint/recruit/index.html   (募集月:2016年1月)
 

2016/2/25
締 切
NCCベンチャーグランプリ2016
 ・実施機関:ニッセイ・キャピタル株式会社
 ・応募資格:企業や新規事業立ち上げに興味がある個人もしくはグループ(学生可、未成年は除く)
 ・詳細:http://www.nissay-cap.co.jp/business-idea-contest.html    (募集月:2015年12月)
 

2016/2/15
締 切
若手専門家の発信力強化および米国派遣プログラム2016年度参加者募集
 ・実施機関:米国社会科学研究評議会(SSRC)
 ・応募資格:・日本国籍または永住権を持つ
         ・日本の研究・教育機関・シンクタンク等にフルタイムで所属する学者、研究者、政策に関わる専門家で
         米国での政策対話や公開プレゼンテーションの機会に興味がある
         ・最近10年以内に博士号または当該分野の最終学位を取得している、あるいは同年代で同党の専門的な
          経験を有する
         ・上記の政策課題に関わる民間所属の実務家・専門家の応募も可
 ・詳細:http://www.ssrc-nvj.info/     (募集月:2015年12月)

2016/2/12
17:00必着
平成28年度戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)
 ・実施機関:総務省
 
・公募対象:(1)若手ICT研究者等育成型研究開発
         (3)電波有効利用促進型研究開発
         (4)地域ICT振興型研究開発
 ・公募説明会:【開催日時】平成26年1月12日(火)14:00から
          【開催場所】総務省近畿総合通信局 4階 会議室
                 (大阪市中央区大手前1-5-44大阪合同庁舎第1号館)
          【申込方法】近畿総合通信局 情報通信部 情報通信連携推進部 宛に必要事項をご記入のうえ、
                  電子メール(renkei-k〔at〕soumu.go.jp  atを@に置き換えてください)または
                  FAX(06-6920-0609)でお申し込みください。
                  ○必要事項 件名:H28 SCOPE 公募説明会参加申込
                          本文:参加者の(1)氏名(ふりがな)
                                   (2)所属(会社・団体名および部署)
                                   (3)連絡先(電話番号、メールアドレス)
          【申込締切】平成28年1月8日(金)正午
                  (定員40名に達し次第締切)
          ※説明会に出席されなくても提案の応募は可能です。
 ・詳細:http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/scope/   (募集月:2015年12月)
 

2016/2/5
締 切
平成28年度北海道大学情報基盤センター共同研究公募
 ・実施機関:国立大学法人北海道大学 情報基盤センター
 ・公募事項:(1)領域番号A1 ハイパフォーマンスコンピューティング
         (2)領域番号A2 インタークラウド、システムデザイン
         (3)領域番号A3 ネットワーク、サイバーセキュリティ
         (4)領域番号A4 コンテンツ、データ、メディア教育
 ・詳細:http://www.iic.hokudai.ac.jp/kyodo_kenkyu/kyodo_kenkyu1.html     (募集月:2015年12月)
 

2016/1/31
必 着
県農林水産試験研究機関が取り組む平成28年度新規研究テーマ募集
 ・実施機関:和歌山県農林水産部農林水産総務課研究推進室
 ・研究項目:(1)新品種の開発
          (2)高品質生産技術の開発
          (3)低コスト・省力化技術の開発
         (4)温暖化対応技術の開発
         (5)その他
 ・詳細:http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/070109/index.htm   (募集月:2016年1月)
 

2016/1/31
24時締切
第30回リバネス研究費 Pall ForteBIO賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:分子間相互作用解析装置BLItzを用いた研究
 ・詳細:http://rceer.com/grant/  (募集月:2015年12月)
 

2016/1/31
24時締切
第30回リバネス研究費 タイムズ賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:駐車場およびモビリティの利便性向上に繋がるテーマ
 ・詳細:http://rceer.com/grant/  (募集月:2015年12月)
 

2016/1/31
消印有効
大阪ニュークリアサイエンス協会賞(ONSA賞・ONSA奨励賞)募集
 ・実施機関:一般社団法人大阪ニュークリアサイエンス協会
 ・助成対象者:資格:関西・北陸地区の企業、学校、研究機関において、放射線及び放射性同位元素の総合的研究
          並びに利用の促進又は普及を図り、学術の振興と産業・医療の発展及び教育に寄与する研究・開発を
          行った者(個人)または団体
           1)ONSA賞・・・特に顕著な業績をあげた者又は団体を称える、年齢不問。
           2)ONSA奨励賞・・・優れた業績をあげた40歳未満の者(個人)、震災対象は過去5年間の成果・実績
 ・詳細:http://onsa.g.dgdg.jp/  (募集月:2015年10月) 
 

2016/1/29
締 切
鳥取大学乾燥地研究センター平成28年度共同研究公募
 ・実施機関:鳥取大学乾燥地研究センター
 ・研究種目:A.特定研究   B.重点研究   C.一般研究   D.若手奨励研究   E.研究集会
 ・詳細:http://www.alrc.tottori-u.ac.jp/japanese/activity/kyoudo.html   (募集月:2015年12月)

2016/1/29
必 着
平成28年度学術研究奨励金
 ・実施機関:公益財団法人 三島海雲記念財団
 ・対象分野:(ア)自然科学部門:食の科学に関する学術研究(食品素材、製造・加工・調理、発酵・微生物利用、
                     栄養・嗜好・生理機能、食の安全、疾病予防など)
         (イ)人文社会科学部門:アジア地域を対象とし、史学・哲学・文学を中心とする人文社会科学分野における
                        学術研究
 ・助成の種類:(A)個人研究奨励金:個人研究対象
          (B)共同研究奨励金:複数の研究機関または異なる部局の研究者が共通の課題について
             共同して行う研究
 ・詳細:http://www.mishima-kaiun.or.jp   (募集月:2015年12月)

2016/1/27
必 着
日中韓フォーサイト事業 平成28年度分募集
 ・実施機関:独立行政法人 日本学術振興会
 ・研究対象:「ケミカルバイオロジー」
 ・詳細:http://www.jsps.go.jp/j-foresight/index.html   (募集月:2015年11月)

2016/1/14
必 着
平成28年度共同研究公募
 ・実施機関:国立情報学研究所
 ・応募資格:①国内の民間企業に所属する研究者
         ②国内の大学・短期大学・高等専門学校及び大学共同利用機関等に所属する研究者
          並びにそれらに準ずる研究者
 ・詳細:http://www.nii.ac.jp/research/collaboration/    (募集月:2015年11月)
 

2016/1/14
締 切
ひらめき★ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI企画募集
 ・実施機関:独立行政法人日本学術振興会
 ・詳細:http://www.jsps.go.jp/hirameki/     (募集月:2015年11月)

2016/1/12
登録締切
平成28年度統計数理研究所共同利用公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
 ・研究種別:共同利用登録・一般研究1・一般研究2・重点型研究・共同研究集会
 ・申請方法:本研究所「共同研究情報システム」トップページの「申請システムログイン」から手順に従い
         申請内容の登録をしてください。登録完了後、同サイトより承諾書をダウンロードして、必要事項を
         記入・押印の上、本研究所宛に郵送してください。【郵送締切;平成28年1月18日(月)必着】
        ※電子申請システムURL▶ http://kyodo.ism.ac.jp/login
 ・詳細:http://www.ism.ac.jp/kyodo/index_j.html   (募集月:2015年12月)

2016/1/12
必 着
第8回ドイツ・イノベーション・アワード「ゴッドフリード・ワグネル賞2016」
 ・実施機関:ドイツ・イノベーション・アワード事務局
 ・対象分野:1.マテリアル
         2.輸送システムと自動車
         3.エネルギーとインダストリー
         4.ライフサイエンスとヘルスケア
 ・応募資格:応用志向型の研究で、現在進行中の研究、または過去2年以内に完了した研究成果
 ・詳細:http://www.german-innovation-award.jp/?JA    (募集月:2015年11月)
    

2016/1/12
必 着
2016年度国立遺伝研究所共同研究・研究会公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所
 ・詳細:http://www.nig.ac.jp/nig/ja/  (募集月:2015年10月)

2015/12/31
締 切
平成28年度「乳の学術連合」学術研究公募
 ・実施機関:乳の学術連合/一般財団法人Jミルク
 ・助成分野:「牛乳乳製品健康科学」
             研究対象:「牛乳乳製品の価値向上に繋がる医学・栄養学・食品科学・体育学等の分野の課題」に
                    係る学術研究
         「乳の社会文化」
             研究対象:「乳の社会文化価値」に係る学術研究
         「食と教育」
             研究対象:乳を活用した「食に係る教育の新たな知見」に関する学術研究
 ・詳細:http://m-alliance.j-milk.jp/  (募集月:2015年10月)

2015/12/24
消印有効
平成27年度 第12回「コンソーシアム研究開発助成金」公募
 ・実施機関:株式会社池田泉州銀行 先進テクノ本部
 ・応募資格:①大阪府、兵庫県、京都府、和歌山県に主たる事業所を置く企業または在住の個人
         ②大学・公設研究機関が有する高度な技術研究成果や知見と、自らが持つ技術開発・商品開発ニーズ
          を融合し、早期に結実させることを目指していること
         ③大学・公設研究機関等と研究開発を行うための契約を結んでいる、または締結する予定であること
 ・詳細:http://www.sihd-bk.jp/houjin/chiikiokoshi/consocium.html    (募集月:2015年11月)

2015/12/20
締 切

2016年度 前期国際交流助成公募
 ・実施機関:公益財団法人 立石科学技術振興財団
 ・助成対象:エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動を行う研究者の
         海外派遣
         特に国際会議での論文発表及び短期在外研究のための海外派遣に対し応募者本人に助成
 ・応募資格:①日本国に居住する40歳以下(申請日の満年齢)の研究者とし、国籍・所属機関は不問
         ②同一または重複内容で、現在公的機関からの補助金や他の財団等から既に助成を受けている、
          または受ける予定 になっていないこと     (募集月:2015年8月)
 ・詳細:http://www.tateisi-f.org/

2015/12/18
17:00締切
国際科学技術共同研究推進事業 平成27年度採択日本‐中国共同課題募集
 ・実施機関:国立研究開発法人 科学技術振興機構(戦略的国際共同研究プログラム)
 ・募集課題:「ICTを利用したスマートシティの観点からのアプローチを含むもの」
         「学際的(トランスディシプリナリティ)な取り組みであってステークホルダーとの連携により社会実装を
         強く意識したもの」
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/sicp/announce_ch_MOST1st.2015.html     (募集月:2015年11月)

2015/12/17
締 切
生産性研究助成
 ・実施機関:公益財団法人日本生産性本部
 ・対象:若手研究者(2015年4月1日において年齢40歳以下)で、広く経営、労働、生産性などに関する領域を
     研究する個人
      またはグループ(所属、国籍不問)。グループでの応募の場合、代表者が上記年齢基準を満たしていること。
 ・詳細:http://www.jpc-net.jp/academy/josei.html    (募集月:2015年11月)

2016/1/14
必 着
平成28年度共同研究公募
 ・実施機関:国立情報学研究所
 ・応募資格:①国内の民間企業に所属する研究者
         ②国内の大学・短期大学・高等専門学校及び大学共同利用機関等に所属する研究者
          並びにそれらに準ずる研究者
 ・詳細:http://www.nii.ac.jp/research/collaboration/    (募集月:2015年11月)
 

2015/12/14
必 着
平成28年度共同研究公募
 ・実施機関:大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所
 ・研究テーマ:戦略研究公募型・・・情報学の動向を踏まえて本研究所が戦略的に設定した下記の研究課題を
                       選択の上、具体的な研究テーマを自由に設定
                      ①次世代学術情報基盤のための革新的アーキテクチャー
                      ②SINET上での新サービス・新基盤機能の実験・検証
                      ③オリンピックのためのIT
                      ④ITによる食と健康
                      ⑤教育とIT
                      ⑥実世界理解のためのフィールドインタラクション
                      ⑦自然言語処理と人工知能技術を融合する手法
                      ⑧ダイナミック環境下における推論・学習
                      ⑨地方自治体と大学群と企業の協働による社会データ駆動型政策科学
                      ⑩ICT基盤を変更させるアーキテクチャ
          研究企画会合公募型・・・下記の少なくとも一方を満たす研究テーマを自由に設定し、
                         会合(交流会、対話型議論、実習、打ち合わせ等を実施
                         ・異分野と情報学との連携
                         ・情報学同士の連携強化
         自由提案公募型・・・申請者が自由に研究テーマを設定し実施
 ・詳細:http://www.nii.ac.jp/research/collaboration/   (募集月:2015年10月)

2015/12/11
必 着
海外研究留学助成
 ・実施機関:山田科学振興財団
 ・助成対象:2016年4月〜2017年3月に出発する者(6ケ月から1年間の海外研究留学助成)
 ・詳細:http://www.yamadazaidan.jp  (募集月:2015年10月)

2015/12/11
締 切
パブリックヘルス科学研究助成金2016
 ・実施機関:公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター
 ・助成対象:ストレス科学
            募集テーマ ストレスマネジメント
            キーワード 地域社会、社会環境、少子高齢化、生活習慣、対処
         生命医科学
            募集テーマ 小児の発達と健康
            キーワード 精神神経疾患、感染症と免疫、小児がん、代謝性疾患、発達障害
 ・詳細:http://www.phrf.jp/josei/oubo.html  (募集月:2015年10月)

2015/12/10
締 切
平成27年度国際会議・研究発表会等の参加及びシンポジウム等の開催助成
 ・実施機関:公益財団法人 八洲環境技術振興財団
 ・助成対象:日本の大学等の研究機関に従事する研究者
 ・応募受付期間:(Ⅱ)平成27年10月10日〜12月10日 (募集月:2015年4月)
 ・詳細:http://www.yashimadenki.co.jp/zaidan/

2015/12/8
締切(2次募集)
平成27年度金沢大学環日本海域環境研究センター全国共同利用研究公募
 ・実施機関:国立大学法人金沢大学 環日本海域環境研究センター
 ・公募研究課題:a)環境汚染や環境変化の検知とその要因に関する研究
            b)環境変化が健康に及ぼす影響に関する研究
            c)生態系と人間社会の共生に関する研究
            d)地域環境の将来予測に関する研究
            e)持続可能な社会創成に関する研究
 ・詳細:http://k-inet.w3.kanazawa-u.ac.jp/inet/jp/co_research.html    (募集月:2015年11月)

 2015/12/2
締 切
平成27年度研究開発等助成テーマ募集
 ・実施機関:公益財団法人 天田財団
 ・助成内容:国内の大学、高専、学協会及びこれらに準ずる研究機関で行われる金属材料の塑性加工及びレーザ
         プロセッシングに必要な技術に関する研究開発助成・国際交流助成
 ・応募受付期間:(後期)平成27年10月1日〜12月2日 
 ・詳細:
http://www.amada-f.or.jp   (募集月:2015年5月)

2015/11/30
締 切
第27回(平成28年度開催分)加藤記念研究助成募集
 ・実施機関:公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団
 ・助成対象:平成28年度(平成28年4月〜平成29年3月)に国内で開催されるバイオサイエンス分野の
         基礎的研究に関する学会・研究開・シンポジウム(以下、学会等)で、以下全ての条件を満たすもの。
          ・原則として参加者が500人以下のもの
 ・応募資格:学会等の開催責任者、選考委員は対象外
          ・クローズドでなく外部/新たな参加者を認めるもの
 ・詳細:http://www.katokinen.or.jp   (募集月:2015年11月)

2015/11/30
締 切
平成28年度河川基金事業募集
 ・実施機関:公益財団法人河川財団
 ・助成対象:1)河川の治水・利水・環境に関する新たな科学的知見への取り組みや新技術の開発へ向けた調査・研究
         2)河川に係る課題解決に向けNPO等の多様な団体、研究者、行政等の活動とその連携
         3)河川・流域を通じて防災や環境等を学習する河川教育
 ・詳細:http://www.kasenseibikikin.jp/  (募集月:2015年10月)

2015/11/30
締 切
2015年度 研究助成募集
  【各分野学内1件限り】申請を希望する方は10月30日(水)までに研究協力係にお申し出ください。
                 (この時点では提出書類は必要ありません)

 ・実施機関:公益財団法人国際科学技術財団
 ・対象分野:「物質、材料、生産」分野 「生物生産、生命環境」分野
 ・応募資格:1)2015年4月1日現在で35歳以下
         2)国内の大学、公的研究機関等に所属し、2016年助成期間を通じ当該研究を継続することができること
         3)所属組織の長(研究科長、学部長、研究所長)の推薦を受けられること
          (但し各組織の長からの推薦は分野ごとに1件を限度とする)
 ・詳細:http://www.japanpreize.jp/subsidy_yoko.html   (募集月:2015年9月)

2015/11/30
締 切
平成28年度 研究助成、国際交流助成
 ・実施機関:公益財団法人池谷科学技術振興座員団
 【研究助成】
 ・助成対象:先端材料及びこれに関連する科学技術
 【l国際交流助成】
 ・助成対象:1.派遣・・・過去に当財団の研究助成を受けた者のうち、海外でその研究成果を発表するための派遣
         2.招聘・・・先端材料及びこれに関連する科学技術分野において研究活動を行う研究者の招聘
 ・詳細:http://www.iketani-zaidan.or.jp   (募集月:2015年9月)

2015/11/30
消印有効
平成27年度 研究助成
 ・実施機関:公益財団法人SBS鎌田財団
 ・助成対象:物流の振興・発展に資する ①学術研究 ②研究集会、シンポジウム、セミナー等の開催
         ※学術研究のテーマ例・・・物流の効率化を進める取り組み
                          貨物輸送の安全向上を図る取り組み
                          物流の仕組みの改善を通じて地球環境負荷の低減(CO2排出の削減)を図る
                          取り組み等
 ・対象者:大学・大学院・その他研究機関に在籍し、物流分野に係る研究活動に従事する個人または団体
 ・詳細:http://www.sbs-kamatazaidan.or.jp/   (募集月:2015年9月)

2015/11/30
必 着
平成28年度 TASC助成研究募集
 ・実施機関:公営財団法人たばこ総合研究センター(TASC)
 ・助成対象:①嗜好品、あるいは嗜好品に関連する産業や企業に関する歴史・文化等の研究
         ②嗜好品の摂取・利用が、人間の心理・行動・価値観・欲求・健康観・幸福感、
          あるいは社会に与える影響の研究
         ③上記①、②以外の人文科学・社会科学の分野における嗜好品に関する研究
 ・対象者:日本国内の大学、研究機構、博物館等に所属する研究者(非常勤での在籍者、大学院生も可)
 ・詳細:http://www.tasc.or.jp/  (募集月:2015年10月)

2015/11/30
締 切
第29回リバネス研究費 ENERGIZE人文・社会科学賞
 ・実施機関:株式会社ENERGIZE
 ・対象分野:人、組織、社会の成長に関わるすべての研究
         (社会学、教育学、心理学、経済学、経営学、政治学、哲学、人類学、歴史学などの分野)
 ・詳細:http://energize-group.co.jp/  (募集月:2015年9月)

2015/11/30
締 切
第29回リバネス研究費 知育賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:未就学児を対象にしたあらゆる研究分野
         (発達心理学、認知科学、教育学、小児科学、脳科学、ロボット工学などあらゆる分野)
 ・詳細:http://rceer.com/grant/  (募集月:2015年9月)

2015/11/30
締 切
第29回リバネス研究費 レイコップ GOOD SLEEP研究賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:睡眠に関わるすべての研究
         (睡眠科学、睡眠医学、神経科学、脳科学をはじめ、アレルギー、睡眠障害、睡眠環境、建築、寝具、
          睡眠と音量、睡眠と香り(アロマ)に関する研究など、睡眠に関する研究であれば分野は不問)
 ・詳細:http://rceer.com/grant/  (募集月:2015年9月)

2015/11/30
締 切
第29回リバネス研究費 植物科学研究推進賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:すべての植物研究
         ただし、モデル植物であるシロイヌナズナおよびイネを用いた研究は対象外とします
 ・詳細:http://rceer.com/grant/  (募集月:2015年9月)

2015/11/30
締 切
2016年度 笹川スポーツ研究助成募集
 ・実施機関:公益財団法人笹川スポーツ財団
 ・研究対象:①スポーツ政策に関する研究
         ②スポーツとまちづくり関する研究
         ③子ども・青少年スポーツの振興に関する研究
 ・詳細:http://www.ssf.or.jp  (募集月:2015年9月)

2015/11/30
締 切
2015年度「貴金属に関わる研究テーマ」募集
 ・実施機関:一般財団法人田中貴金属記念財団
 ・募集対象:貴金属が貢献する新しい技術や製品の実用化に向けた研究・開発テーマ
 ・応募資格:国内の教育機関あるいは公的研究機関に所属されている方
 ・詳細:http://tanaka-foundation.or.jp  (募集月:2015年9月)

2015/11/30
締 切
神戸大学大学院海事科学研究科附属練習船深江丸共同利用公募
 ・実施機関:国立大学法人 神戸大学大学院海事科学研究科
 ・詳細:http://cs.maritime.kobe-u.ac.jp/tsf/
    (募集月:2015年8月)

2015/11/30
締 切
平成27年度ユニフォーム基礎研究助成事業募集
 ・実施機関:公益財団法人 日本ユニフォームセンター
 ・募集テーマ:A)地球温暖化防止につながるユニフォームに関わる研究
          B)防災・セキュリティに関連するユニフォームの研究
          C)オリンピック・パラリンピックに関連するユニフォームの研究
          D)諸外国におけるユニフォームの調査
          E)職場における女性活躍推進などに関するユニフォームの調査研究   (募集月:2015年7月)
 ・詳細:http://www.nuc.or.jp/inverstigation/index.html

2015/11/30
締 切
第35回研究助成候補者推薦
 【学内2件限り】申請を希望する方は9月30日(水)までに研究協力係にお申し出ください。
           (この時点では提出書類は必要ありません) 

 ・実施機関:公益財団法人 スガウェザリング技術振興財団
 ・詳細:http://www.swtf.or.jp/
    (募集月:2015年7月)

2015/11/30
締 切
第34回スガウェザリング財団表彰候補者推薦
 【学内1件限り】申請を希望する方は9月30日(水)までに研究協力係にお申し出ください。
           (この時点では提出書類は必要ありません) 

 ・実施機関:公益財団法人 スガウェザリング技術振興財団
 ・詳細:http://www.swtf.or.jp/
     (募集月:2015年7月)

2015/11/27
17:00必着
平成27年度学術奨励金募集
 ・実施機関:公益財団法人 二十一世紀文化学術財団
 ・募集分野:経済・政治・文化・社会学及びそれに関連する分野の学術研究
 ・詳細:http://www.kikawada21.com/homepage/index.htm 
  (募集月:2015年8月)

2015/11/17
締 切
平成28年度公募助成
 ・実施機関:JRあんしん社会財団
 ・概要:心身のケアなど事故や災害に起因する身近な「いのち」を支える活動・研究を応援
 ・詳細:http://jrw-relief-f.or.jp  (募集月:2015年10月)

2015/11/16
必 着
第9回「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」
 ・実施機関:資生堂女性研究者サイエンスグラント事務局
 ・対象分野:自然科学分野(理工科学分野、生命科学分野)
         界面・コロイド化学の応募を積極的に歓迎
 ・応募資格:助成対象期間中に日本国内の大学・公的研究期間で、自然科学分野の研究に従事する女性研究者
 ・詳細:http://www.shiseidogroup.jp/rd/doctor/grants/science/   (募集月:2015年9月)

2015/11/13
消印有効
平成27年度研究助成
 ・実施機関:一般財団法人第一生命財団
 ・対象分野:わが国の住宅、都市、土地に関し、経済、社会、法律、歴史、制度、計画およびこれらの複合的視点から、
         住生活の改善向上をはかるための研究
 ・対象者:「一般研究」・・・大学、その他の研究機関に専任又は有期専任の身分で常勤にて在籍し研究究活動に
                 従事している研究者
       「奨励研究」・・・上記に同じ、ただし申請時に40歳未満の若手研究者
 ・詳細:http://group.dai-ichi-life.co.jp/dai-ichi-life-foundation/  (募集月:2015年9月)

2015/11/10
必 着
『音楽研究への助成』公募
 ・実施機関:公益財団法人花王芸術・科学財団
 ・趣旨:美術・芸術を中心に芸術文化活動を幅広く助成することにより、日本の文化の向上発展に寄与します
 ・助成対象:平成28年4月〜平成29年3月末までの1年間の、音楽を対象とする専門的研究活動
 ・詳細:http://www.kao-foundation.or.jp   (募集月:2015年9月) 

2015/11/6
締 切
第12回ヘルシー・ソサエティ賞 候補者推薦
 ・実施機関:公益社団法人日本看護協会、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
 ・趣旨:より健全な社会づくりを目指し、献身的に素晴らしい活動を行っている方を顕彰
 ・詳細:http://www.heslthysociety-sho.com   (募集月:2015年9月)

2015/11/6
必 着
第8回ゆめまちづくり賞
 ・実施機関:国土交通省近畿地方整備局
 ・応募資格:関西におけるまちづくり・地域づくりの取り組みであること
 ・応募対象:応募主体・・・個人、団体、企業、行政等
         「地域が賑わい、人が集まるまちづくり〜街と人とのコミュニティ〜」をテーマに、先進的事例として
         全国に発信できるまちづくり・地域づくりの取り組みのうち、以下のキーワードに関するものを対象とする
         キーワード・・・まちおこし、ふるさとづくり、地域再発見、地域ブランド、コミュニティ、住民参加、
                  循環型社会、安心・安全
 ・詳細:
http://www.kkr.mlit.go.jp/plan/yumemachi/  (募集月:2015年9月)

 2015/11/2
正午必着
NICT海外研究者招へい 平成28年度支援
 ・実施機関:国立研究開発法人 情報通信研究機構
          ※ICT分野の海外研究者招へいを支援
 ・詳細:
http://www.nict.go.jp/int_affairs/int/invitation.html  (募集月:2015年9月)

2015/10/31
締 切
第29回リバネス研究費 SCREENホールディングス賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:Cell³ iMagerを用いて細胞(凝集魂)のイメージングを行う研究全般
 ・詳細:http://www.screen.co.jp/pd/products/3d/cell3_imager/index.html  (募集月:2015年9月)

2015/10/31
締 切
第29回リバネス研究費 三井科学賞
 ・実施機関:株式会社リバネス
 ・対象分野:豊かな食を創造する研究
 ・詳細:http://rceer.com/grant/  (募集月:2015年9月)

2015/10/31
締 切
2015年度野口遵研究助成金募集
 ・実施機関:公益財団法人野口研究所
 ・助成課題:1.ライフサイエンスの進展に資する物質やデバイスに関する研究(健康、医療など)
         2.エネルギー・資源・環境の革新に寄与する新プロセスや新材料に関する研究(蓄エネルギー、電子材料、
           バイオマス、水処理、グリーンサスティナブルケミストリーなど)

 ・詳細:http://www.noguchi.or.jp/  (募集月:2015年8月)

2015/10/31
消印有効
2016(平成28)年度 外国人研究者等招致助成募集
 ・実施機関:公益財団法人平和中島財団
 ・趣旨:海外の大学・研究機関等の外国人研究者等で、我が国の大学等において特定の課題について研究する者
      (国際研究集会、シンポジウム、セミナー、学会、後援会等の後援者等として招致する者及びこれらへの出席を
      主目的として招致する者を除く。)に対して助成を行う。
 ・詳細:http://hnf.jp/
  (募集月:2015年8月)

2015/10/31
消印有効
2016(平成28)年度 アジア地域重点学術研究助成募集
 ・実施機関:公益財団法人平和中島財団
 ・趣旨:我が国及びアジア地域の大学。研究機関等の研究者からなるアジア地域に関する学術の共同研究
      (国際研究集会、シンポジウム、セミナー、学会、講演会等の会議の開催及び参加を除く)に対して助成を行う。
 ・対象分野:アジア地域(中近東、シベリア等を含む)に関するもの

 ・詳細:http://hnf.jp/   (募集月:2015年8月)

2015/10/31
消印有効
2016(平成28)年度 国際学術共同研究助成募集
 ・実施機関:公益財団法人平和中島財団
 ・趣旨:地球環境問題への対処や社会の新しい枠組みの構築等の提言を行う、国際規模の共同研究(国際研究集会、
      シンポジウム、セミナー、学会、講演会等の会議の開催及び参加を除く)に対して助成を行う

 ・詳細:http://hnf.jp/   (募集月:2015年8月)

2015/10/31
消印有効
2016年度 研究助成(A)(B)(C)公募
 ・実施機関:公益財団法人立石科学技術振興財団
 ・助成対象:エレクトロニクス及び情報工学の分野で人間と機械の調和を促進するための研究
 ・応募資格:①(A)(B)は日本国内に居住する研究者
         ②(C)は日本国内に居住する博士課程後期の学生
         ③(A)(B)(C)とも同一または重複内容で、現在公的機関からの補助金や他の財団等から既に助成を
          受けている、または受ける予定になっていないこと
 ・詳細:http://www.tateisi-f.org/  (募集月:2015年8月)

2015/10/31
消印有効
2016年度 特別助成「研究助成(S)」公募
 ・実施機関:公益財団法人立石科学技術振興財団
 ・助成対象:(1)「人間と機械の融和」のあるべき姿を想定または提示し、統合技術及びプロトタイプの開発と機能検証、
            さらに可能ならば実証実験を目標とする研究プロジェクト
         (2)人材や知見を広く内外に求めて多様性に富む連携体制をとるプロジェクトを優先
         (3)2016年度の助成対象
            ①ヘルスケア・介護 ②交通・物流 ③農業・環境
 ・詳細:http://www.tateisi-f.org/  (募集月:2015年8月)

2015/10/31
締 切
第11回児童教育実践についての研究助成
 ・実施機関:公益財団法人博報児童教育振興会
 ・助成対象:「lことばの教育」に関する研究
         児童教育実践の質を向上させる研究
 ・応募資格:日本の大学・研究機関に所属する研究者
         日本の学校・教育機関に所属する教育実践に携わる方
 ・詳細:http://www.hakuhodo.co.jp/foundation/
   (募集月:2015年7月)

2015/10/31
締 切
国外公募 共同研究とそれを組織する外交人研究員の公募
 ・実施機関:大学共同利用機関法人人間文化研究機構国際日本文化研究センター
 ・応募資格:共同研究の代表者となる者の応募資格は2017年4月1日現在、満65歳以下で外国の大学
         その他の外国の研究機関の研究者、またはこれと同等以上の研究能力があると所長が認めた者
 ・詳細:http://research.nichibun.ac.jp/ja/employment/team.html
  (募集月:2015年5月)

2015/10/31
締 切
平成27年度 研究開発・調査研究
 ・実施機関:公益財団法人八洲環境技術振興財団
 ・詳細:http://www.yashimadenki.co.jp/zaidan/  (募集月:2015年4月)

2015/10/31
必 着
東京工業大学基金による助成募集
 ・実施機関:国立大学法人東京工業大学
 ・助成対象者:日本国内の大学に在籍し平成28年4月1日現在満30歳以下の大学院生、助教または研究生で、
           平成28年度において引き続き当該大学で研究を行う若手研究者
 ・詳細:http://www.rpd.titech.ac.jp/rpdiv/somu/exterior/rikoh/H28/index.html  (募集月:2015年7月)

2015/10/26
正午締切
SATREPS「地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム」平成28年度課題募集
 ・実施機関:文部科学省 科学技術・学術政策局 
 ・対象分野:JST・・・環境・エネルギー/生物資源/防災
         AMED・・・感染症
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/global/koubo.html  (募集月:2015年9月)
 ※SATREPSは政府開発援助(ODA)との連携事業委であり、相手国研究機関から相手国のODA担当省庁えを通じ、
  日本政府に対する技術協力要請が行われる必要があります。ODA要請書の外務省到達締切は公募締切と同じく
  10月26日となります

2015/10/23
必 着
第九回(平成27年度)風戸賞公募
・実施機関:公益財団法人風戸研究奨励会
 ・対象研究者:電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡に並びに関連装置を用いた研究において
          優れた業績を挙げられた満45歳以下(応募締切ぼ現在)の研究者
 ・詳細:http://www.kazato.org/  (募集月:2015年7月)

2015/10/20
締 切
第48回市村学術賞候補者推薦
 ・実施機関:公益財団法人新技術開発財団
 ・詳細:http://www.sgkz.or.jp/  (募集月:2015年7月)

2015/10/19
正午必着
INICT国際研究集会開催支援 平成28・29年度支援
・実施機関:国立研究開発法人情報通信研究機関
 ・概要:ICT分野の国際研究集会の開催を支援
 ・詳細:http://www.nict.go.jp/int_affairs/int/conf-support.html  (募集月:2015年9月)

015/10/15
消印有効
平成27年度助成金・補助金応募
 ・実施機関:公益財団法人科学技術融合振興財団
 ・募集課題:〈研究助成〉
             課題A・・・シュミレーション&ゲーミングに関する調査研究
            課題B・・・①情報技術、ネットワーク技術を応用したシュミレーション&ゲーミングによる
                    学習用ソフトウェアの試作
                   ②社会に役立つシリアスゲームの調査研究
         〈補助金〉
            課題C・・・シュミレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究
 ・詳細:http://www.fost.or.jp/  (募集月:2015年7月)

2015/10/15
締 切
調査研究並びに助成研究募集
 ・実施機関:公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団
 ・助成分野:1)助成研究A・・・ゲーム分野の研究
         2)助成研究B・・・「人間と遊び」に関する各種研究
         3)国際交流(参加)・・・遊び・ゲームに関する国際会議等への参加
          ※大学院博士課程在籍者も指導教官の推薦があれば応募可
 ・詳細:http://www.nakayama-zaidan.or.jp/  (2015年7月)

2015/10/10
締 切
東日本大震災復興支援特定研究助成2015
 ・実施機関:公益財団法人新技術開発財団
 ・概要:復興支援のため、新技術開発、特定研究、理科教育に対して特別助成プログラムを実施
 ・詳細:http://www.sgkz.or.jp/  (募集月:2015年7月)

2015/9/30
締 切
2016年度米国人対象フルブライトスペシャリストプログラム国内受入機関募集
 ・実施機関:フルブライトジャパン(日米教育委員会事務局)
 ・詳細:http://www.fulbright.jp/index.html  (募集月:2015年7月)

2015/9/30
必 着
「外国人研究員助成」2016年度支給公募者募集
 ・実施機関:公益財団法人NEC C&C財団
 ・助成分野:C&C分野及びその関連技術
 ・資格:①助成開始時(2016年4月または2016年10月)に日本国内の大学院博士後期課程に在学中
      ②外国人で、C&C分野及びその関連技術の研究に携わっている研究者(原則として40歳以下)
      ③研究内容が優れていること
      ④経済的必要性が高いこと
 ・詳細:http://www.candc.or.jp/  (募集月:2015年7月)

2015/9/30
消印有効
2015年度助成
 ・実施機関:公益財団法人韓昌祐・哲文化財団
 ・詳細:http://www.hanchangwoo-tetsu.or.jp/  (募集月:2015年7月)

2015/9/30
消印有効
平成28年度日本万国博覧会記念基金助成事業
 ・実施機関:公益財団法人関西・大阪21世紀協会
 ・助成対象:1)国際相互理解の促進に資する活動
           国際文化交流、国際親善に寄与する活動(※平成28年度重点テーマ)
         2)文化的活動
 ・詳細:http://www.osaka21.or.jp/jecfund/  (2015年7月)

2015/9/30
締 切
2015年度公募型産学共同研究 AGC旭硝子リサーチコラボレーション制度
 ・実施機関:旭硝子株式会社
 ・対象研究主題:スマートコミュニティ
             人が「豊かに安心して・安全に」暮らせるスマート社会に寄与し、学術的インパクトが大きく、
             将来の市場開拓の可能性のある研究テーマを募集
 ・詳細:http://www.agc.com/collaboration/  (募集月:2015年7月)

2015/9/30
締 切
第37回(平成27年度)沖縄研究奨励賞推薦募集
 ・実施機関:公益財団法人沖縄協会
 ・応募資格:1)沖縄を対象とした優れた研究を行っている
         2)平成27年9月30日現在、50歳以下
         3)学協会、大学、研究機関または実績のある研究者から推薦を受けた者
         4)出身地及び国籍は問わない
 ・詳細:http://homepage3.nifty.com/okinawakyoukai/  (2015年7月)

2015/9/30
締 切
平成27年度助成
 ・実施機関:公益財団法人放送文化基金
 ・助成対象:1)技術開発/舗装技術に関する研究・開発
         2)人文社会・文化/放送に関する人文・社会科学的な調査・研究、および文化的な事業
 ・詳細:http://www.hbf.or.jp/grants/article/guideline_grants  (募集月:2015年7月)

2015/9/30
締 切
平成27年度コニカミノルタ画像科学奨励賞
 ・実施機関:公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団
 ・基本テーマ:「光と画像領域での新たなる挑戦」
 ・対象研究分野:1)光と画像に関する材料及びデバイスの研究
            2)光と画像に関するシステム及びソフトウェアの研究
            3)光と画像に関するその他の先端的な研究
 ・応募資格:平成27年9月30日現在で40歳以下の研究者(グループの場合は代表者)      (募集月:2015年6月)
 ・詳細:http://www.konicaminolta.jp/about/csr/contribution/corporation/research/foundation/index.html

2015/9/30
正午締切
大学発新産業創出プログラム(START)平成27年度【事業プロモーター支援型】
 ・実施機関:国立研究機関法人科学技術振興機構
 ・詳細:http://www.jst.go.jp/start/  (2015年6月)

2015/9/30
締 切
平成28年度日教弘本部奨励金公募
 ・実施機関:公益財団法人日本教育公務員弘済会
 ・詳細:http://www.nikkyoko.or.jp/  (2015年5月)

2015/9/30
消印有効
「第3回(平成28年度)三島海雲学術賞」(顕彰)行為輔車推薦
 ・実施機関:公益財団法人三島海雲記念財団
 ・対象分野:自然科学部門・・・食の科学に関する研究
         人文科学部門・・・アジア地域の歴史を中心とする人文科学に関する研究(但し日本を中心とする研究は除く)
 ・詳細:http://www.mishima-kaiun.or.jp/   (募集月:2015年4月)

2015/9/30
消印有効
「倒産・再生報制研究」に関する懸賞論文募集(トリプルアイ・高木賞)
 ・実施機関:公益財団法人民事紛争処理研究基金
 ・詳細:http://www.mhk.or.jp/  (募集月:2015年3月)



締切日 事業名等 実施機関等 HP・内容 募集月
2015/9/29 Connecting Bright Innovations in Japan(CBI Jpan) ディー・エス・エムジャパン株式会社 Homepage
【応募資格】
有効に設立された全ての法人(個人は不可)
※大学の研究室単位の応募は可
【募集テーマ】
①新しい健康機能性素材
②科学技術
③ビジネスモデル
2015/8
2015/9/18 平成28年度花博記念協会助成事業公募 公益財団法人
国際花と緑の博覧会記念協会
Homepage
【助成対象】
花の万博の理念である「自然と人間との共生」の継承発展・普及啓発や「花と緑」に関連する科学技術や文化などの発展・交流に貢献する事業
2015/8
2015/9/18 第二十七回(平成27年度)研究助成募集 (公)江野科学振興財団 Homepage
【助成対象分野】
ゴムを主体とする高分子科学及びこれと関連する分野の基礎研究、応用研究及び開発研究並びに化学、物理、機械、電機などの学術的研究
2015/5
2015/9/17
(他薦締切2015/8/17)
イノベーションアワード2016
第5回地域産業支援プログラム表彰
一般財団法人
日本立地センター
全国イノベーション推進機関ネットワーク
Homepage 2015/7
2015/9/15 正午必着 研究成果展開事業
世界に誇る地域発研究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス)推進プログラム
国立研究開発法人
科学技術振興機構
Homepage 2015/7
2015/9/14 必着 2015年度学術研究助成
2015年度刊行助成
(公財)全国銀行学術研究支援財団 Homepage
【助成対象】
経済・金融およびこれらに関する法制に係る研究ならびにその研究成果の刊行に対して。
【申込資格】
60歳未満の日本の大学の教授、准教授、専任講師、助教の研究またはこれらの研究者による共同研究。
2015/5
2015/9/11 必着 平成28年度 国立歴史民俗博物館
公募型共同研究募集
大学共同利用機関法人
人間文化研究機関
国立歴史民俗博物館
Homepage 2015/7
2014/9/9 第9回未来を強くする子育てプロジェクト募集
 子育て支援活動表彰
 女性研究者支援
住友生命保険相互会社 Homepage 2014/7
Type1:4〜9月の毎月第3水曜日
Type2:2015/6/17
Type3:10月以降募集予定
文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム
平成27年度 研究設備の試行的利用課題募集
ナノテクノロジープラットフォームセンター Homepage
Type1:一般・新規
Type2:若手・女性
Type3:成果産業化
2015/4
2015/9/2 AM6:00
(米国東部標準時2015/9/1 PM5:00)
安倍フェローシップ個人研究プロジェクト募集 国際交流基金日米センター
米国社会科学研究評議会
Homepage
【研究課題】
・個人・社会・国際的な安全保障に対する脅威
・成長と持続的な発展
・社会・科学・文化のトレンドと変容
・ガバナンス・エンパワーメントと市民参加
2015/7
2015/9/1 正午 平成27年度戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)提案募集 国立研究開発法人
科学技術振興機構
社会技術研究開発センター
Homepage
[安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築研究開発領域]
2015/7
2015/9/1 必着 研究助成募集 公益財団法人
上廣倫理財団
Homepage
【対象となる研究】
1)人間の「生命」や「生き方」、社会における「共生」に関する哲学、倫理学、教育学、心理学等、人文社会科学分野からの研究
2)現代の倫理的課題に関する実態研究及び調査
3)学校における倫理教育・道徳教育に関する研究
2015/7
2015/8/31 必着 平成27年度「エネルギー・環境新技術先導プログラム」公募 国立研究開発法人
新エネルギー・産業技術総合開発機構イノベーション推進部
Homepage
【対象となる研究開発領域】
A.地熱発電次世代技術の開発
B.CO2フリー水素研究開発
C.CO2低コスト回収技術開発
D.画期的なエネルギー貯蔵技術の研究開発
2015/7
2015/8/31 必着 国際会議論文発表者助成候補者募集 公益財団法人
NEC C&C財団
Homepage 2015/7
2015/8/31 当日消印有効 平成28年度全国発明表彰募集 公益社団法人
発明協会 発明奨励グループ
Homepage 2015/6
2015/8/31 17:00 必着 2015年度公募委託調査研究募集 (一)全労済協会 Homepage
【研究募集メインテーマ】
「社会連帯への架け橋」
2015/6
2015/8/31 必着 平成28年度(2016年度) 日本人若手研究者研究助成金募集 (公財)中島記念国際交流財団 Homepage
【対象分野】
1)情報科学
2)生命科学
【応募資格】
日本の大学・研究機関等に所属する若手研究員(H28/4/1現在37歳以下)で、主として日本学術振興会の特別研究員経験者。
2015/6
2015/8/31 当日消印有効 科学技術社会論・柿内賢信記念賞 科学技術社会論学会事務局 Homepage 2015/6
2015/8/31 24:00 リバネス研究賞
町工場賞
株式会社リバネス Homepage
【募集分野】
装置・機器等(事件補助装置・機器等も含む)の試作を伴う研究テーマ(研究分野、活用方法は問いません)。
2015/6
2015/8/31 タケダオープンイノベーション2015
RINGO-T
武田薬品工業株式会社 Homepage 2015/5
2015/8/31 東北大学 知のフォーラム
2017年度 開催プログラム募集
東北大学知の創出センター Homepage
【対象分野】
・社会科学・人文科学
・物理化学・生命科学
2015/5
2015/8/28 平成27年度募集・平成28年度採択
人文・社会科学系「研究奨励」
(公)旭硝子財団 Homepage
【助成対象研究】
持続可能な社会の実現に向けた人文・社会科学的な研究
【応募要件】
年齢:1969年1月1日以降生まれであること  他
2015/6
2015/8/28 必着 平成27年度環境事業
環境プロジェクト助成
(公)りそなアジア・オセアニア財団 Homepage
【テーマ】
アジア・オセアニア諸国や地域における水や緑をテーマにした自然環境の保護や整備を目的とする支援事業
2015/4
国際交流活動助成
 第1回 2015/2/27
 第2回 2015/7/31

研究助成
 2015/8/28
 
平成27年度助成事業
 第24回エネルギー・リサイクル分野
 第21回総合防災科学分野
(公)関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団 Homepage
エネルギー・リサイクル分野:電気エネルギーの供給・利用技術、電気エネルギーに係る資源リサイクル技術等に関する研究
総合防災科学分野:被災時における電力供給をはじめとするライフラインの早期復旧に資する研究
2015/1
2015/8/17 平成27年度 金沢大学環日本海域環境研究センター先刻共同利用研 国立大学法人金沢大学
環日本海域環境研究センター
Homepage 2015/7
2015/8/14 正午 女性の健康の包括的支援実用化研究事業公募 国立研究機関法人
日本医療研究開発機構
Homepage 2015/7
2015/8/10 正午 平成27年度フューチャー・アース構想の推進事業提案募集 国立研究開発法人
科学技術振興機構
社会技術研究開発センター
Homepage
[フューチャー・アース:課題解決に向けたトランスディシプリナリー研究の可能性調査]
2015/7
2015/8/7 平成27年度募集・平成28年度採択
自然科学系「研究奨励」
(公)旭硝子財団 Homepage
【対象研究分野】
第1分野:化学・生命科学系の研究
第2分野:物理・情報系の研究
第3分野:建築・都市工学系の研究
【応募要件】
年齢:1969年1月1日以降生まれであること  他
2015/6
2015/8/7 平成27年度募集・平成28年度採択
「環境フィールド研究 近藤記念グラント」
(公)旭硝子財団 Homepage
【助成対象分野】
絶滅危惧種の保護や外来種対策を含む生物多様性・生態系の保全・再生や持続的利用などに関する基礎科学から応用科学
フィールド調査の対象地域は日本ならびに周辺のアジア地域
【応募要件】
年齢:1955年1月1日以降生まれであること  他
2015/6
2015/8/4 正午 平成27年度革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST、PRIME) 国立研究機関法人
日本医療研究開発機構
Homepgae 2015/6
2015/8/3 必着 平成28(2016)年度 次世代を担う研究者助成事業 研究テーマ募集 一般社団法人
日本溶接教会
Homepage
【助成対象】
鉄鋼材料を主体とした溶接・接合技術およびその周辺技術の研究。
【応募資格】
平成28年4月1日現在で45歳以下の研究者
2015/6
2015/8/3 当日消印有効 平成27年度 第16回「ニュービジネス助成金」公募 (株)池田泉州銀行
先進テクノ本部内 地域おこし 事務局
Homepage 2015/6
2015/7/31 平成27年度 家庭・地域社会教育の研究助成 公益財団法人
前川財団
Homepage 2015/7
2015/7/31 大学発新産業創出プログラム(START)
平成27年度技術シーズ選抜育成プロジェクト[ロボティクス分野]
国立研究開発法人
科学技術振興機構
Homepage 2015/6
2015/7/31 24:00 リバネス研究賞
吉野家賞
株式会社リバネス Homepage
【募集分野】
未来の外食産業を創造する研究
2015/6
2015/7/31 24:00 リバネス研究賞
ビクトリノックス脳科学賞
株式会社リバネス Homepage
【募集分野】
手作業に関する脳科学研究、発達研究(刃物に限った研究でなくても可)。
2015/6
2015/7/31 24:00 リバネス研究費
CSTジャパン賞
株式会社リバネス Homepage
【募集分野】
ウェスタンブロッティング、免疫組織染色、免疫蛍光染色、フローサイトメトリー、クロマチン免疫沈降など、抗体を用いた研究。
2015/6
2015/7/31 当日消印有効 2015年度生協総研賞・助成事業 (公)生協総合研究所 Homepage
【対象研究領域】
・生活協同組合の今日的な課題および事業・組合院活動における実践的な研究
・くらしの実態に関する経済的、社会的、歴史的視点等からの研究
・消費社会及び消費者組織、社会運動に関する研究
・地域社会、社会政策、福祉政策・事業、地球環境に関する研究
・東日本大震災に直面している実践的な課題に時間する研究
2015/5
2015/7/31 当日消印有効 平成27年度(第42回)調査研究助成 (公)大和証券ヘルス財団 Homepage
【応募課題】
中高年・高齢者向けの医学・医療、保健及び福祉。介護等に関する調査研究。
【応募資格】
50歳未満(平成27年7月31日時点)の方で少なくとも2年以内に成果が期待されうる研究課題であること。
2015/5
2015/7/31 17:00 タケダオープンイノベーション2015
COCKPI-T(コックピット)
武田薬品工業株式会社 Homepage 2015/5
2015/7/31 必着 第8回(2016年度)井上リサーチアワォード募集 (公)井上科学振興財団 Homepage
【対象】次の全ての事項に該当すること
1.自然科学の基礎的研究で博士の学位を取得した研究者で、学位取得後9年未満(2016年3月31日現在)であること。ただし、出産又は子の養育のために、やむを得ず研究活動を中断した場合には、その中断期間は学位取得後の年限は含めないものとする。
2.国内の国公私立大学並びに大学共同利用機関に所属する研究者又は所属予定の研究者であること。
2015/4
学内受付締切ました
2015/9/17 必着
  学内1件限り