和歌山大学 後援会

 

---

      

BD15132_ 学長からのメッセージ  トップ画面へ戻る

 

---

 

   BD15134_ 和歌山大学長

 後援会の皆様には、学生の課外活動をはじめ、様々な学生活動・大学行事にわたり、物心両面において、ご理解とご支援を頂き、厚く感謝申し上げます。本学をご支援頂いている後援会は、学生の学びの環境の向上と大学の発展において、かけがえのない存在です。

少子高齢化・人口減少、グローバル化、社会システムの情報化により、大学を取り巻く環境は激変しています。また、各国立大学法人は、均一な運営ではなく、独自性を持って、質の高い教育環境を構築することが求められています。そのような環境変化の中、大学の社会での存在意義が大きく変わろうとしています。

瀧 寛和

H27.4.1〜)

和歌山大学は、高度な知識教育だけでなく、社会への適合性と柔軟性を兼ね備えた学生を育成し、複雑に変化する社会での永続的で自主的な学びから様々な課題を解決できる学生を送り出していく教育組織として、また、教育、学術研究、地域貢献でバランスの良い国立大学法人として、さらなる発展を目指して不断の改革に取り組む所存であります。

今後とも、学生がその能力を発揮でき、深い学びが可能な環境を整えていくことに注力してまいりたいと存じますので、本学の活動・取組等に対する後援会の皆様のご理解とご支援を宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

---

 

このページのTOP

 

---