和歌山大学基金

ご協力のお願い

和歌山大学基金へのご協力のお願い

和歌山大学の教育研究活動に対し、日頃より格別のご支援を賜り心から御礼申し上げます。

和歌山大学は昭和24年に教育学部(当時は学芸学部)と経済学部の2学部で発足し、平成7年10月に地元の熱き期待を受けてシステム工学部を、そして平成20年4月に観光学部を創設し、現在4学部体制で教育、研究及び地域・社会貢献等、高等教育機関である大学に課せられた使命を果たすべく全力を尽くしているところでございます。

和歌山大学は、地域と一体となった教員や学生の多くの活動から、地域や社会及び各界から厚くかつ深い信頼を得ています。こうした信頼関係をより一層深いものとし、その大きな期待に応え「地域と融合する大学」となるため、全教職員が想いを一つにして邁進しているところであります。

しかしながら、平成16年に国立大学が国立大学法人に組織替えされて以降、教育研究の経費である国からの運営費交付金は年々削減されており、大学に課せられた使命をこれまで以上に発揮するには、多くの方々のご支援をお願いせねばならない事態に立ち至っております。そこで、平成21年1月に「和歌山大学基金」を設立した次第でございます。

また、これまで皆様から受けました基金事業に対する期待や要望を踏まえ、平成27年から「大学活動支援基金」「特定目的支援基金」を、平成28年から「修学支援事業基金」を展開しています。なお、「特定目的支援基金」では、和歌山大学グローバル人材育成、学生諸活動支援、サイバスロンプロジェクト支援など、様々な支援に対する寄附を受け付けています。

本学を取り巻く環境は年々厳しさを増していますが、皆様方のご期待に添うよう、一層の努力を重ねてまいる所存でございますので、何卒、この趣旨をご理解いただき「和歌山大学基金」に是非ともお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

                              学長

                               和歌山大学長 瀧 寛和

このページのTOPへ