solar2-001-240x160
  • Project 1
    都市近郊農地における
    ソーラーシェアリング導入研究
  • Project 1
  • 名称未設定-1
  • Project 2
    農業・農村「複合化」
    プロジェクト
  • Project 2
  • main1-240x160
  • Project 3
    紀伊半島の生態環境
    利活用研究
  • Project 3
  • z7
  • Project 4
    南紀熊野地域資源
    利活用プロジェクト
  • Project 4
  • 名称未設定-1
  • Project 5
    中山間地におけるエネルギー
    導入可能性研究
  • Project 5
  • 森林資源利活用推進研究プロジェクト
  • Project 6
    森林資源利活用
    推進研究プロジェクト
  • Project 6
  • z3
  • Project 7
    「農」を用いた
    教育プロジェクト
  • Project 7
  • standalone1-240x160
  • Project 8
    農山村型情報通信自立化
    社会システムの技術開発
  • Project 8
  • 2013.07.27

    第1回和歌山大学自然エネルギー研究会を開催しました

    7月27日、和歌山大学産学連携・研究支援センターにおいて、第1回和歌山大学自然エネルギー研究会が開催され、21名が参加しました。本研究会は、和歌山の資源である木材・木質材料による産業の発展ならびに木質バイオマスによる発電の可能性を考える場として発足しました。

    和歌山大学型グリーンイノベーションプログラムコーディネータの湯崎教授による概要説明の後,石橋幸四郎氏((株)石橋)より、「和歌山の林業・木材産業とバイオマス発電の可能性について」と題して話題提供をいただきました。和歌山県の森林資源の現状や課題、森林資源利活用に関する各種事例紹介の後、出席者間での活発な質疑応答が行なわれました。

    次回は,バイオマスパウダーの生産/活用モデル施設である,御坊市,日高川町での現地研究会を予定しています。

     

    投稿者:admin