solar2-001-240x160
  • Project 1
    都市近郊農地における
    ソーラーシェアリング導入研究
  • Project 1
  • 名称未設定-1
  • Project 2
    農業・農村「複合化」
    プロジェクト
  • Project 2
  • main1-240x160
  • Project 3
    紀伊半島の生態環境
    利活用研究
  • Project 3
  • z7
  • Project 4
    南紀熊野地域資源
    利活用プロジェクト
  • Project 4
  • 名称未設定-1
  • Project 5
    中山間地におけるエネルギー
    導入可能性研究
  • Project 5
  • 森林資源利活用推進研究プロジェクト
  • Project 6
    森林資源利活用
    推進研究プロジェクト
  • Project 6
  • z3
  • Project 7
    「農」を用いた
    教育プロジェクト
  • Project 7
  • standalone1-240x160
  • Project 8
    農山村型情報通信自立化
    社会システムの技術開発
  • Project 8
  • 2015.03.03

    和歌山大学地域創造支援機構
    シンポジウム「地域創造への連携2015」を開催しました

    平成27年2月19日(木)、フォルテワジマにて、和歌山大学地域創造支援機構シンポジウム「地域創造への連携2015」を開催しました。
    当日は149人もの参加者があり、大盛況のうちに無事終了することができました。

    山本健慈学長から「当シンポジウムの目的は、大学の地域連携に関わる事業を地域の皆様へ公表し、地域の皆様からご意見をいただき、評価していただくことです」と開会挨拶があり、第1部では、公益財団法人いわて産業振興センター顧問、前岩手大学学長藤井克己氏をお招きし、『3.11を忘れない。大学・研究者の社会的責任を考える』と題し、基調講演を行いました。

    山本健慈学長開会挨拶藤井克己氏基調講演

    続く第2部では、『地域の未来を拓く、地域の実現-環境と経済が両立する低炭素社会に向けて』をテーマとして、和歌山大学産学連携・研究支援センター湯崎真梨子教授が「和歌山大学の調査の現状-自然エネルギーによる地域づくりへ-」と題し、23年度より実施している和歌山大学型グリーンイノベーション創造プログラム事業にかかる8つのプロジェクトの研究報告を行いました。
    その後、和歌山県産業技術政策課よりお招きした来島慎一課長が「和歌山県の取り組み-地域貢献・発展型の新エネルギー促進について-」と題して、和歌山県が展開するエネルギー政策についての報告を行いました。

    湯崎真梨子教授「和歌山大学型グリーンイノベーション創造プログラム」研究報告来島慎一課長報告

    当日は、本学教職員や学生のほか自治体、企業など学内外から多数の参加があり、参加者と講演者の間で今後の展開や問題意識等に関しての活発な意見交換も行われるなど、和歌山大学の取組に対する期待と関心の高さがうかがえました。

    投稿者:グリビン彩子