solar2-001-240x160
  • Project 1
    都市近郊農地における
    ソーラーシェアリング導入研究
  • Project 1
  • 名称未設定-1
  • Project 2
    農業・農村「複合化」
    プロジェクト
  • Project 2
  • main1-240x160
  • Project 3
    紀伊半島の生態環境
    利活用研究
  • Project 3
  • z7
  • Project 4
    南紀熊野地域資源
    利活用プロジェクト
  • Project 4
  • 名称未設定-1
  • Project 5
    中山間地におけるエネルギー
    導入可能性研究
  • Project 5
  • 森林資源利活用推進研究プロジェクト
  • Project 6
    森林資源利活用
    推進研究プロジェクト
  • Project 6
  • z3
  • Project 7
    「農」を用いた
    教育プロジェクト
  • Project 7
  • standalone1-240x160
  • Project 8
    農山村型情報通信自立化
    社会システムの技術開発
  • Project 8
  • 2014.04.24

    和歌山大学と紀南の森の中が
    ネットでつながりました

    「農山村型情報通信自立化社会システムの技術開発」プロジェクト(代表:塚田晃司)では、災害時に停電になっても電力を自立供給できる電力インフラ構築技術と、災害に強い自律運用できる無線通信インフラ構築技術の研究開発に取り組んでいます。 read more…

    2014.04.22

    食と農の学校レシピ集が
    紹介されました

    地域資源を活用した地域食材スキル講座、「食と農の学校」の研究成果をまとめたレシピ集「Kumano☆食と農の学校 レシピ集」が紹介されました。 read more…

    2014.04.10

    地域資源活用スキル講座(その1)
    水車小屋づくりワークショップを開催しました

    4月2日(水)那智勝浦町で水車小屋再生プロジェクトのワークショップを開催しました。
    当初は棟上げを予定していましたが、天候不良の為こちらは延期。
    参加者は大工仕事の細かい仕事を学習しました。

    2014.03.31

    Kumano☆食と農の学校
    レシピ集が完成しました!

    「kumano☆食と農の学校」は、平成25年度高等教育機関コンソーシアム和歌山の大学等地域貢献促進事業の助成を受け、和歌山大学と信愛女子短期大学の共同研究「『食と農の学校』運営による若年者育成モデルの開発」として、25年11月より地域資源を活用した地域食材スキル講座を紀南地方で全3回実施してきました。 read more…

    2014.02.21

    講演「災害時の情報配信技術」
    古座川の通信システムを紹介しました

    「農山村型情報通信自律化社会システムの技術開発」プロジェクト研究代表者の塚田晃司准教授が、2月19日京都大学デザイン学大学院連携プログラムワークショップ「災害を観る 9」にて講演し、自身のプロジェクト、古座川の無線LAN装置、通信システムについて紹介しました。

    講演「災害時の情報配信技術」
    当日の配布資料
    京都大学デザイン学大学院連携プログラムワークショップ「災害を観る 9」

    2014.02.13

    和歌山大学地域創造支援機構
    シンポジウム「地域創造への連携2014」を開催しました

    平成26年2月12日(水)、フォルテワジマにて、和歌山大学地域創造支援機構シンポジウム「地域創造への連携2014」を開催しました。
    当日は149人もの参加者があり、大盛況のうちに無事終了することができました。 read more…

    2014.02.04

    湯崎真梨子著『地産地消大学オルタナティブ地域学の試み-序章』
    2月12日刊行

    本プログラムのプロジェクトマネージャーである湯崎真梨子教授の著書
    『地産地消大学 オルタナティブ地域学の試み-序章』が刊行されます。 read more…

    2014.01.11

    地域食材活用スキル講座
    「kumano食と農の学校」成果発表会

    地域食材活用スキル講座「kumano食と農の学校」が開催されました。
    これは,和歌山大学と信愛女子短期大学の共同研究(代表:湯崎真梨子)
    によるもので,熊野エリアに出向き,現地の人たちと「食」を中心とした
    地域の魅力を再発見する研究を行っています. read more…