solar2-001-240x160
  • Project 1
    都市近郊農地における
    ソーラーシェアリング導入研究
  • Project 1
  • 名称未設定-1
  • Project 2
    農業・農村「複合化」
    プロジェクト
  • Project 2
  • main1-240x160
  • Project 3
    紀伊半島の生態環境
    利活用研究
  • Project 3
  • z7
  • Project 4
    南紀熊野地域資源
    利活用プロジェクト
  • Project 4
  • 名称未設定-1
  • Project 5
    中山間地におけるエネルギー
    導入可能性研究
  • Project 5
  • 森林資源利活用推進研究プロジェクト
  • Project 6
    森林資源利活用
    推進研究プロジェクト
  • Project 6
  • z3
  • Project 7
    「農」を用いた
    教育プロジェクト
  • Project 7
  • standalone1-240x160
  • Project 8
    農山村型情報通信自立化
    社会システムの技術開発
  • Project 8
  • 2014.07.18

    地域資源活用スキル講座(その5)
    水車小屋づくりワークショップを開催します

    自力で地域資源を活用する能力(スキル)を学習する連続講座「水車小屋再生プロジェクト」、今回は小屋の屋根葺き材の調達をテーマに実習を行います。

    2014年 和歌山大学&みんくま 共同企画
    地域資源活用スキル講座(その5)「水車小屋再生プロジェクト」
    ―間伐と杉皮、桧皮の調達―
    read more…

    2014.06.17

    第4回和歌山大学自然エネルギー研究会を開催します

    2014年最初の自然エネルギー研究会は自然エネルギーを活用した地域のエネルギー自立/自給の取り組みを取り上げます。岐阜県の山村での事例をもとに、活発なディスカッションを広げます。自由にご参集ください。

    第4回和歌山大学自然エネルギー研究会
    「自然エネルギーと地域自治」 read more…

    2014.06.16

    地域資源活用スキル講座(その4)
    水車小屋づくりワークショップを開催します

    和歌山大学型グリーンイノベーション創造プログラムとみんな笑顔の熊野プロジェクト(みんくま)が共同で進めている「水車小屋再生プロジェクト」の現場において、屋根葺きや壁張りを学びます。 read more…

    2014.04.10

    地域資源活用スキル講座(その2)
    水車小屋づくりワークショップを開催します

    天候不良のため延期になっていました水車小屋の建前、棟上げワークショップを4月20日(日)の大安に開催します。
    和歌山大学型グリーンイノベーション創造プログラムとみんな笑顔の熊野プロジェクト(みんくま)が共同で進めている「水車小屋再生プロジェクト」の現場において、小屋の棟上げと屋根づくりを学びます。 read more…

    2014.03.25

    地域資源活用スキル講座(その1)
    水車小屋づくりワークショップを開催します

    那智勝浦町での水車小屋再生プロジェクトも5年目を迎えました。
    巨大水車の設計図を作り、直径約3メートルの木質水車を完成させました。
    プロジェクトは第4期に入り、水車小屋の再生に入っています。
    地産地消を標榜するのであれば、自ら地域資源を使いこなせなくては。
    そういう思いを込めて、来る4月2日に水車小屋の建前、棟上げワークショップを開催します。 read more…

    2014.02.03

    和歌山大学地域創造支援機構シンポジウム 地域創造への連携2014
    -和歌山大学の研究と地域の未来-を開催します

    和歌山大学で取り組んでいる研究をご紹介するとともに、地域と大学が協働し実践する「地域創造」への方法論を来場者と共に考えるシンポジウムを開催します。 read more…

    2013.12.09

    地域食材活用スキル講座「kumano食と農の学校」
    成果発表会への 視察ツアー参加者募集

    和歌山大学と信愛女子短期大学の共同研究プロジェクト「kumano 食と農の学校」は,紀南エリアをフィールドに,地域食材の調理スキルを学び,地域食材を活用したレシピ開発を通じて,地域の魅力を再発見しようという取り組みです。この成果発表会への視察ツアー参加者を募集します。 read more…