国立大学法人 和歌山大学

住宅について

留学生向けの宿舎としては、本学が運営している国際交流会館があります。国際交流会館に入居できない場合や退去後には、アパートなどの民間の住宅を自分で探さなければなりません。国際交流会館の部屋数は限られていますので、現在約80%近くの留学生が本学近隣のアパートやマンションに入居しています。通常、民間の住宅には家具や照明などはなく、また、契約時に家賃3カ月分程度の保証金が必要となる場合が多いです。保証金は退去時に返金されますが、通常は半分程度しか返金されません。部屋の原状回復(清掃や修復)等に充当されます。

1.和歌山大学国際交流会館(留学生寮について(pdfファイル / 148KB)参照) 

   入居申し込み用紙はこちら

  • 募集時期: 1月〜2月(4月入居者向け),7月〜8月(10月入居者向け)
  • 入居期間: 原則として半年〜1年間
  • 室数:24室(すべて単身者用)
  • 設備:ベッド,テーブル,机,ロッカー,靴箱,ミニキッチン,ユニットバストイレ,空調器、インターネット
  • 宿舎費: 月額9,500円[賃料5,900円+共益費3,600円(水道料含む)](宿舎費の改定予定あり)
  • 電気料金:自己負担
  • 所在地:郵便番号641-0051 和歌山市西高松1-7-20 (和歌山市の中心地付近)
    (大学までバスで約30分〜40分:620円)

2.民間住宅(アパート・マンション)

原則的には留学生が自分で探すことになっていますが、ほとんどの人は友人や先輩またはボランティアグループの方の協力を得て探しています。本学では、大学生協において学生向けの住居を斡旋していますので、生協に相談するのも良い方法でしょう。また、国際教育研究センターでも留学生向け住宅の相談に応じています。
日本では、契約の際に、権利金・敷金、保証金、不動産屋への手数料(通常、家賃の半月〜1カ月分)を支払うのが通常です。目安となる金額は下記とおりです。

敷金など契約時に必要となる金額 家賃(月額)
約100,000円〜300,000円 約30,000円〜60,000円

3.生活費

留学生の皆さんが考えている以上に日本での生活費は非常に高くなります。日本への留学を希望する皆さんは、滞在中の生活費について慎重に検討し、十分な経済的準備をした上で、留学するようにしてください。
下記の表は、学生の平均的な生活費です。

住居費 30,000 〜 50,000円
光熱費等 8,000 〜 10,000円
食費(主として自炊) 30,000 〜 40,000円
電話代(インターネット接続含む) 7,000 〜 10,000円
書籍など 5,000 〜 10,000円
その他(交際費など) 20,000 〜 30,000円
約100,000 〜150,000円

4.留学生住宅総合補償制度

本制度は、外国人留学生が民間宿舎等へ入居するにあたり、保証人を探す困難さと保証人の精神的・経済的負担を軽減し、外国人留学生の民間宿舎等への円滑な入居を支援することを目的として平成11年3月より発足しました。
この制度は住宅総合保険と保証人補償基金を組み合わせたもので、外国人留学生が借りている部屋の失火等で家主等に対して損害賠償をしなければならない場合や、家賃の未払い等により保証人が家主から保証債務の履行請求を受けた場合に補償を行うものです。
留学生の皆さんは、民間宿舎(アパートやマンション等)に入居する際に、保証人の問題を抱えている場合には、この『留学生住宅総合補償』に加入してください。加入手続きは国際教育研究センターにて行いますので、申し出るようにしてください。

このページのTOPへ