国立大学法人 和歌山大学

広川町立津木中学校との交流プログラム

2017年12月18日(木)、広川町立津木中学校を本学留学生3名(中国2名、インドネシア1名)が訪問し、津木中学校の中学生と交流プログラムを実施しました。他に、インドネシアからの農業研修生(2名)とニュージランドからのALT(外国語指導助手)2名も参加しました。留学生は、中学生からの質問に応じたり、自国の文化紹介を行ったり、また中学生と一緒にたこ焼きを作って試食したりなど、地元の中学生との交流を深め、楽しい交流会となりました。

このページのTOPへ