和歌山大学岸和田サテライトのホームページ。和歌山大学の保有する高等教育機能を活用して、泉州・南大阪地域のニーズに対応した諸種の高等教育及び生涯学習・地域連携事業を実施しています。

ホーム  >  学部開放授業・大学院授業  >  学部開放授業  >  開講科目・シラバス(学部開放)  >  過去の学部開放授業科目・シラバス  >  【平成25年度後期】地域環境・自然エネルギー革命 ―環境と防災を統合した地域づくり―

【平成25年度後期】地域環境・自然エネルギー革命 ―環境と防災を統合した地域づくり―

授業科目  地域環境・自然エネルギー革命 ―環境と防災を統合した地域づくり―
単位数 2(学部生のみ)
授業形態 講義
担当教員 中村 太和
実施日・時間

10月 5日(土)13001700
10月12日(土)13001700
10月19日(土)13001700
10月26日(土)13001700
11月  2日(土)13001700
11月 9日(土)13001700  
 

 

講義内容

資源・環境問題の深刻化、東日本大震災、フクシマ原発事故を背景に世界的に自然エネルギーが注目されている。これからの地域づくりにおいて自然エネルギーがどのような可能性を持っているのか、その可能性を具体化するためにはどのような取り組みが必要なのか、“環境”と“防災”を統合した地域づくりという視点から考えてみたい。

 

第1回  資源・環境問題の現状

第2回  “フクシマ”から何を学び取るか

第3回  自然エネルギーの可能性

第4回  脱原発と新たなエネルギー政策

第5回  東日本大震災の教訓

第6回  自然エネルギーと地域づくり

 

テキスト・教材

中村太和『環境・自然エネルギー革命:食料・エネルギー・水の地域自給』日本経済評論社、2010

成績評価・
事前学習

【事前学習】
資源・環境・エネルギー・防災に関する新しい動向をニュース・新聞・雑誌などで関心を持って追いかけてください。上記の拙著はテキストとしては使用しませんが、できれば事前に目を通しておいてください。