和歌山大学岸和田サテライトのホームページ。和歌山大学の保有する高等教育機能を活用して、泉州・南大阪地域のニーズに対応した諸種の高等教育及び生涯学習・地域連携事業を実施しています。

ホーム  >  学部開放授業・大学院授業  >  大学院経済学研究科(科目等履修生)  >  開講科目・シラバス  >  過去の大学院授業  >  【平成25年度後期】租税法英米判例特殊問題(日程変更あり)

【平成25年度後期】租税法英米判例特殊問題(日程変更あり)

授業科目  租税法英米判例特殊問題
単位数 2
授業形態 講義
担当教員 片山 直子  袴田 裕二
実施日・時間
10月 5日(土) 13:00~17:00
10月26日(土) 130017:00
11 2日( 13:0017:00
11月23日(土)  9:00~12:00
12月21日(土)  9:00~12:00
1月11日(土)  9:00~12:00
 実施日変更
1月18日(土) 9:00~12:00
1月25日(土)  9:00~12:00 実施日変更
2月1日(土) 9:00~12:00
講義内容

英米の租税法の判例について、「租税回避」をキーワードに扱います。租税回避についての判例の積み重ねが多い英米の主要な判例を研究しながら、租税回避及び租税回避否認の法理について理解を深めることを目標とします。

前半は片山が英国について、後半は袴田が米国について担当します。
 租税法の大学院生だけでなく、企業で経理・法務を担当している方、税理士・弁護士の方等を対象とした講義を行いたいと思います。

第1回 イギリス判例イントロダクション。イギリス判例研究1。

第2回 イギリス判例研究2及び3。

第3回 イギリス判例研究4及び5。

第4回 米国判例イントロダクション。米国判例研究1。

第5回 米国判例研究2及び3。

第6回 米国判例研究4及び5。

第7回 米国判例研究6及び7。

 

 

テキスト・教材 プリントを配布します。
成績評価・
事前学習

【成績評価】
テスト等は行いません。授業中の討論への参加状況等に基づいて評価します。  

 

【事前学習】
教材について、事前の予習が必要です。