和歌山大学岸和田サテライトのホームページ。和歌山大学の保有する高等教育機能を活用して、泉州・南大阪地域のニーズに対応した諸種の高等教育及び生涯学習・地域連携事業を実施しています。

ホーム  >  学部開放授業・大学院授業  >  大学院経済学研究科(科目等履修生)  >  開講科目・シラバス  >  平成28年度(2016年度)大学院 前期・後期

平成28年度(2016年度)大学院 前期・後期

<前期>
2016年度(平成28年度)前期科目の日程、授業内容等の詳細についてはシラバスをごらんください。

◆「憲法判例から見る日本国憲法」 森口佳樹(経済学部教授)
代表的な憲法判例を輪読することにより、日本国憲法の理解を深め、その諸問題を検討します。

◆「持続可能な現代社会」 
金川めぐみ(経済学部准教授)・岡田真理子(経済学部准教授)・中島正博(経済学部准教授)
現代の経済社会を考察するとき、「雇用・福祉・財政」に関する理解は不可欠です。
「雇用・福祉・財政」の現代社会における特徴を理解し、それぞれの分野が抱える課題について考察します。持続可能な現代社会を構築するために必要な「雇用・福祉・財政」の観点について理解を深めます。

★参考書についてのお知らせ(2016.5.9掲載)
「持続可能な現代社会」を履修する方は、シラバスで指定されている下記の参考書(文献)を指定の回までに読んでおくようにお願いします。
第2回(6月4日・金川先生)
・阿部彩著 『弱者の居場所がない社会-貧困・格差と社会的包摂』(講談社現代新書,2011年) 
第3回(6月11日・岡田先生)
・森岡孝二著 『雇用身分社会』(岩波新書,2015年)
第6回(7月2日・中島先生)
・神野直彦著 『分かち合いの経済学』(岩波新書,2010年)

◆「所得税法特殊問題」 片山直子(経済学部教授)
所得税法における重要判例および論点の分析をとおして、同法について体系的な理解を深めます。
報告者の発表に基づいて議論します。

◆「会社法特殊問題」 清弘正子(経済学部准教授)
「会社法」に関する判例研究を行い、これを通じて、会社法制についての理解を深めます。
担当者による報告および受講者全体による討論によって講義を進めます。報告のテーマは、
原則として、教科書に掲載の判例から選択します。


<後期 >new!
2016年度(平成28年度)後期科目の日程、授業内容等の詳細については、科目名をクリックしてシラバスをごらんください。

連結会計特殊問題 山田恵一(経済学部准教授)
財務会計に関する理論を計算問題を通じて分かり易く教えることを目的としています。単なる暗記ではなく、どうしてそういう会計処理をするのか等をみなさんに伝え、考えさせる講義をします。

消費税法特殊問題 米村忠司(経済学部教授)
消費税法における重要判例及び論点の分析をとおして、同法について体系的な理解を深めます。

租税法実務特殊問題 近畿税理士会
近畿税理士会の講師がそれぞれの専門分野および税理士実務についての授業をおこないます。税理士を目指している方、企業で経理・法務を担当している方、弁護士、公認会計士等の方を対象とします。

授業計画変更後のシラバス「租税法実務特殊問題(変更あり)」

ビジネスモデルデザイン特殊問題 牧野真也(経済学部教授)
システム論の基本やビジネスフレームワークについて学び、その上で、ビジネスモデルやそのデザインについて学びます。