和歌山大学岸和田サテライトのホームページ。和歌山大学の保有する高等教育機能を活用して、泉州・南大阪地域のニーズに対応した諸種の高等教育及び生涯学習・地域連携事業を実施しています。

ホーム  >  地域連携事業  >  【関連情報を更新】山中吾朗氏追悼特別企画「いま『中世日本の国境地帯』を考える-倭寇「根来・雑賀」から降倭「沙也可」まで-」

【関連情報を更新】山中吾朗氏追悼特別企画「いま『中世日本の国境地帯』を考える-倭寇「根来・雑賀」から降倭「沙也可」まで-」

 //////////////////////////////////////////////////////                   

歴史講座(山中吾朗氏追悼特別企画)

いま「中世日本の国境地帯」を考える

―倭寇「根来・雑賀」から降倭「沙也可」まで―

                              
/////////////////////////////////////////////////////

末尾に関連情報をアップしました(9月30日和歌山リビング新聞社主催講座のお知らせ)

歴史講座は終了しました。
開催レポート海津一朗教授メッセージ(エピローグ)当日のアンケート(ご質問)への回答をアップしました。 

 

 チラシをクリックすると拡大します

当日のプログラム
 

◆日時 2016年8月11日(山の日) 14時~16時

◆場所 岸和田市立浪切ホール4F交流ホール(大阪府岸和田市港緑町1-1) 交通アクセス

◆参加無料 事前申し込み不要 

◆第1部: いま中世日本の国境地帯を考える -倭寇「根来・雑賀」から降倭「沙也可」まで-
 海津一朗 (和歌山大学教育学部教授)/岡村康司氏 (THE BEAT) 

◆第2部: 追悼セッション-歴史学と博物館-
小谷利明氏 (八尾市立歴史民俗資料館館長)
坂江 渉氏 (兵庫県立歴史博物館 ひょうご歴史研究室 研究コーディネーター)
藤田達生氏 (三重大学教育学部教授) <50音順>
コーディネーター:海津一朗

◆第1部概要

紀州は倭の国?――
和歌山大学岸和田サテライトでは、2012年、岸和田市教育委員会郷土文化室・貝塚市教育委員会郷土資料室の協力の下で、「根来出城図」にもとづくマップ「フィールドミュージアム 中世日本の国境地帯」を発行し、紀州が「国内の異国」であった戦国末期の国際情勢を提起した。
この研究視角は、故 山中吾朗氏(岸和田市教育委員会郷土文化室(当時))による泉南地区の根来・雑賀惣国勢力の研究蓄積にもとづいて発見されたものである。
昨年急逝された氏の業績を偲び、和歌山市・貝塚市・岸和田市に日本の国境線があった戦国乱世の時代をいまこそ問いなおしたい。

韓国版「沙也可」―――
韓国大邱広域市にある達城韓日友好館が作成した動画「沙也可」を和歌山大学外において初公開し、国際的な視点から16世紀の日本を見つめなおす。
(沙也可: 文禄・慶長の役当時、朝鮮に帰化したとされる日本人武将。朝鮮名金忠善(キムチュンソン)。紀州雑賀衆・雑賀孫一の嫡男と考えられている。)


◆主催 和歌山大学海津一朗研究室・和歌山大学岸和田サテライト

◆後援 岸和田市教育委員会・貝塚市教育委員会

◆問合せ 和歌山大学岸和田サテライト(岸和田市立浪切ホール2F)
電話  072-433-0875
メール  kishiwadastaff(at)center.wakayama-u.ac.jp  ※(at)を@に変換してください

 

開催レポート(ブログ「岸和田サテライトの毎日」)

海津一朗教授メッセージ(エピローグ 

当日のアンケート(ご質問)への回答 

関連情報 NEW!
9月30日(金)「世界史から戦国時代を読み直す」シンポジウム「降倭 沙也可 の真実」開催のお知らせ
 
(和歌山リビング新聞社主催)